FC2ブログ

Latest Entries

ランダムクエの報酬まとめの巻

レベル46の途中以降から記録していたランダムクエストのEXPと報酬のエンチャントアイテムの記録をまとめてみた。

Lv46
335298 パルサイアジェム
437868 パルサイアジェム
390672 自然の水晶
393048 パルサイアジェム
Lv47
387966 自然の水晶
612009 夜色の珠
527235 属性磁石
426441 パルサイアジェム
368424 ジルコン
551817 属性磁石
463824 自然の水晶
421785 里安の石
311232 夜色の珠
384696 巫術の水晶
337914 変化のジェム
388932 属性磁石
327945 属性磁石

Lv46の時も属性磁石とかそれなりに出ていて、たまたまパルサイアジェムのSSが残っていただけで、Lv46の時の方がパルサイアは出やすいとか無いと思う。Lv46時代の最後の方からの記録だし。

Lv47からは意識してSS取るようにしてるから報酬の記録はほぼ残ってると思う。多分全部。

こう見るとEXPは350k以上を目安に狙って行った方がよさげなような気はしますね。でも550kでも属性磁石とかの生産可能などうでもいいジェムが出たりするので、それぞれのジェムに確率が設定されてるんであろう気配。というか属性磁石出過ぎ。やっぱり需要がありそうなジェムは意図して出現率が抑えられているのかな?

とはいえ、レベルが上がった分、使えるまでのジェムが増えて行くようなので、単純に分母が増えることにより、狙った物が出にくくなる気はしたりも。その分でなくなるものもあるかもしれませんが。となると例えばパルサイアジェムが欲しい場合、使える=出てくるようになるLv46の時がパルサイアジェムが一番取れやすい時期だとは思いますけどね。どうなんでしょうね。
スポンサーサイト



テーマ:ルーセントハート - ジャンル:オンラインゲーム

Lv39だけど40装備の祈りの杖を作ってみたの巻

ただの祈りの杖には興味がないぜ! 現状の覚醒の杖が高品質だからノーマル品じゃそんなに差がないしな! 最低でも高品質、できれば精錬、もしかして完璧、否、レア狙いで!

lh2008103001.jpg
うむ、依頼するには完璧なお方だ。おながいします。

lh2008103002.jpg
祈りまくりもしまくり。生産者に対してじゃないから意味無い気もするけど。

lh2008103003.jpg
そして材料も完璧。成功率50%UP薬も使った。手は全て尽くした。いわゆる盤石の体制。

lh2008103004.jpg
プギャー

カプラクエストをやりなおす3の巻

そんなこんなでAR取った。
フルボッコにされた時計塔上層へれっつらごー。

前世の金メダルマラソンで鍛えた得意のAR逃げが出来て良い塩梅だ。それについにリリアが素殴りと応急手当以外のことをできるように。ここまでいてもいなくても戦闘にはほとんど関係のない、あえて言うならダメージ分散用のデコイキャラだったからなー。

ここが突破できれば半人前卒業試験ではここより大変なところは無かった記憶だけどどうだったかなぁ・・・

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

フィゲル日報の巻

あー眠す眠す。睡眠睡眠睡眠睡眠睡眠不足。

今日は変動買いが1-5。単が適当。しかし単が全く当たらないという有様。そんな日もあるさ。

887/936枚。

1000枚が近づいてきたけど目標が1500枚なのでまだまだこれから。日に50枚だとしても約11日。ってか50枚/dayは結構大変。なかなかどうして楽してがっぽりとはいかないもので。

ついでにクリエイターでINT+10料理を使って騎士団1Fで深淵狩りなんかやってみた。EXPは深淵のみ倒す方式なのでたいしたことは無し。目的は何かよさげなレアってかそれなりの値段するのはカードなんだけど、でねぇかなぁと。

1時間で100体程度だったかな。しまったど忘れ。しかし思ったより倒せない。ってか、やった後に思ったのがゲフェニアのが良かった気がする。騎士団だと確か時間沸きだから。まぁ期待値としてはインキュバス狙いのが良さそう。問題は特攻ADSやったところでレア出て拾えるのかと。ゲフェニアのモンハウは辛すぎる。それこそ白連打で全ADSするくらいの覚悟が必要そう。まぁカード出たら必死にやるであろうけど。

経費は時価だと1.5Mくらいだろうか。まぁ以前の自家製がまだ残ってるからその当時の製造費で言えば550k位だけどたけぇよこの野郎。赤字赤字。超赤字。これならPT用にとっとけばよかた。もうやんねー

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

部屋掃除しなきゃなぁの巻

俺様は掃除をしないことにかけては三国一なわけですが、どうしよう。まぢで。

そろそろ歩くところが無くなってきて割と物を踏んづけている。チューハイとかの缶も割とバベルの塔。震度3位の地震で倒壊するね。そうやって崩れたら神の怒りに違いない。その時は掃除をしよう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

エウレカセブンを最後まで見たの巻

なんか色々だったなぁ。
しかし見た後、用語とかいまいち分からないところがあってwikipediaの項を読んでしまったから余計な知識が付いて感想を言いづらくなってしまった。

ま、見終わった記念に適当に書こうみたいな。

テーマは多分、戦争・宗教・テロリズム・生命とかそんなあたり。正直重くなるのも仕方がない。しかもどれも結論なんてまぁ出ないだろうなぁ的テーマ。

レントン少年とエウレカコンビがかなり最後までならないと落ち着かないあたりはどうしようかと。鬱ストーリーにもほどがある。ってか、このアニメ、2/3の話は鬱話。いや、俺感覚で。故に見ていて結構辛かった。しかし引き込まれるところがある話だから見続けたんだけど。

竹田菁滋氏が企画に絡んでいるからこんな感じなんだろうと安易に考えてしまったりもするんだけど、さすがに氏が一人で作った物じゃないんだから一人のせいにもできないが、しかし、氏の絡むアニメはどうしてこう、過剰にきな臭く残虐なんだろう。あ、私は彼の考えているであろう事や表現の仕方は嫌いなことが多いです。いつも感じるのは達観した視点でどうせ人間なんて~と説教されている気分になってくる。しかも個人的には突っ込み所満載で何でそんな考えが当然という流れになっているのか、と言いたくなること山の如し。それでも大抵見てしまうのはやっぱり魅力ある物を作ってるんだろうなぁ。別に単純に好き嫌いの問題でどっちが正しいとかいうことでもないし。

そんな中で終盤でのアネモネの変わりっぷりに激萌え。ツンデレとするには意見が分かれそうではあるけどそんな感じに。その鱗片は感じていたというか感じさせられていたから収まるところに収まった感。これには随分救われた。というか、このアニメで一番救われた。

ラストのBGMは電気グルーヴの「虹」。使われているらしいという事は知っていたけど、最後に使われていたのか。合うような合わないような微妙なところだ。というのも私は電気グルーヴだけはメジャーデビュー時から出すCDは多分全部買っている人なのでそれなりに聞いているから勝手に世界観ができてしまっているからこれは致し方ないところ。

そしてラストの月の意味はwikipediaで知った。そういう意図だったのかぁ。へぇ。しかしそれ以上の感想はでない有様。

割と短期間で全部見たんだから結構楽しんでいたことは事実。しかしわだかまりが残ったのもまた事実。哲学話ってことらしいけど、哲学自体をよく理解してない俺ちんには少々難しかったようだ。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

おらが村にHDDがやってきたの巻

本日、というか日付変わっているから先日、ツクモからHDDが届いた。ネットとクレジットカードさえあれば即座に物が頼めて買えるって凄い時代になったなぁ。下手すれば24時間かからずに届くとか昨今の物流の速さは異常。凄すぎる。そりゃ速いのはうれしいけど、これで辛い仕事をしている人がいるんじゃないかと思うとちょっとそこまでは求めてない、と思わないこともないんだけど、でも凄いしうれしい。

昔、それ系の会社のバイトで仕分け作業ってのをやったことがある。トラックで荷物を運んでそれを集積所に集めて再び送るという、荷物が集まるところの仕事。18時から翌朝の7時まで13時間(1時間休み)労働で毎日が修羅場のようだった。これで日当1万円ってのは正直安い。しかし、学生が纏まった金を得るには悪くは無かった。いや、悪かった。なんせ次の日学校をさぼること山の如し。ってか無理。出れば出るほど講義をさぼることに。そんなことを思い出したりもする。仕分けの人、配達の人、ありがとう。

で、そんな修羅の道を通過して届いた日立の320GB、PATAという時代遅れなHDDですが、ちゃんとフォーマットもできたしおけです。

壊れ寸前のHDD(壊れたって言ってるけど実際は何とかぎりぎり運が良ければ動かなくもない状態)に入っていたデータも何とかサルベージできた。必要なファイルを全部コピーした直後にHDDがかっこんかっこんがっちゃんがっちゃんで駄目になってしまったときは「貴様の生き様、とくと見せて貰った、天晴れ」と思った。こっちもありがとう。もう5年は使ってたし24時間稼働機だから天寿としても問題なかろう。

そんなわけでPC2機体制の正常稼働復活。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

もしかしてROブームなのかもの巻

思ったがどうやらここひと月ほどROブームだったようだ。なんだかんだでやってる。しかし実際起動すると大してやることねぇなぁとか思うから困りもの。やはり惰性なのだろうか。

GvGがあったので21時頃から出たけど特におもしろげなこともなくイカす動きができたでもなく終了という感じで。

その後のフィゲルレースもやってた時間の割りには増えず。
743/812枚。

併せて1500枚ってことで串くれよぅ。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

エウレカセブン27話までみたの巻

30分アニメを連続してみると大体で16話で疲労困憊になる傾向があるようで、今回もそのようだ。決して狙ったり意識したりしているわけではないんだけど、何回かあるから自分的にそういうもんなんだろう。

ということで12-27話まで見た。

やはり竹田青嗣氏が絡んでいるだけあって結構無駄にグロいシーンがあるなぁ。さすが俺様の敵。しかしくやしいかな、引き込まれることは確か。主役のレントン少年が敵ロボットを狂乱中に過剰破壊した際のちぎれた腕とか別の表現でも可能なはず。そこをあえて直接表現するのが竹田青嗣流。とかいいつつ、このシーンに彼の意思が反映されているかどうかは知らないけど。

それにしても鬱展開三昧だなぁ。日曜の朝っぱらからこんなの見る子供はたまったもんじゃないな。とかいいつつ、話には引き込まれるから困った物だ。これに比べたら同じ日曜朝のロボットアニメのグレンラガンの健全なこと山の如し。

決してエウレカセブンを否定するわけじゃない、というか、正直面白いんだけど、何だろう、日曜朝枠で本当にこんなんでいいのかなとは思わなくもない。何か救われない話が多すぎる。佐藤大め。いや、好きなんだけど、繰り返しになるけど日曜朝枠という時間帯を考えるとどうしても抵抗感が出てしまう。深夜帯の枠ならこんなことは思わないんだろうな。制作局もスタッフも(無駄にグロい・鬱的展開)傾向も似ていたコードギアスはこんなこと思わなかったし。

まだ27話だから今後どういう展開があるかは分からないけど、救われない話だなぁ、というのが今のところの感想。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

エウレカセブンを見るの巻

ROのフィゲルレース中の暇つぶし。
否、メインかもしれない。

エウレカセブンを見てなかったので見てみることに。前回見ようかとか書いたときにプロデューサーが嫌いとか言いましたが、嫌いな人はプロデューサーじゃなく企画の一人だった。

竹田青嗣氏なんですけどねっ。

彼のしつこいまでの反米思想とか反権力思想というか、ねじくれ曲がった似非反帝国主義は正直疲れる。その割りにガンダムSEED何とかで主役ガンダムがフリーダムとかジャスティスとかそれは嫌味なのですかと。特にインフィニットジャスティスなんて9.11後のアフガン侵攻時にアメリカが立てた作戦名じゃないか。主役級MSの名が何故そのネーミングなのかかなり未だに謎だ。本当は敵にしたかったのだろうか。

ま、そんなエウレカセブンですが、あ、何も触れてない。
とりあえず11話まで見た。

OPの出だしが電気グルーヴのシャングリラっぽく感じてしまうのは気のせいなのでどうでもいいとして、やはり軍は敵か。竹田青嗣が絡むといつもこうだ。いや、これはもっとどうでもいい。

確かこれ去年の今頃の日曜朝とかやってたよなー。記憶がおぼろげだけど。やはり日曜朝アニメとなると、私の地元的記憶としては「まいっちんぐマチコ先生」か「キャプテン翼」なわけですが、エウレカセブンはどっちかと言われると「まいっちんぐマチコ先生」。割とお色気有りだからという何ともストレートな感想。ま、良い感じの緩い小学生向けな感じなのでお色気にもならないんですが。

ま、割と普通に面白いかも知れません。ってか、今更言うのもあれですが、基本的に少年向けロボットアニメです。主役が良い感じの中坊っぽさを醸し出していて好感が持てる。「ぼくらの」とは違った、少し前の、若しくは所謂普通の中坊感。「ぼくらの」に出てくる中坊は少し現代風味が強すぎ。さすがにあそこまでとんがってるのは少数派だろうて。あれはあれで良い感じではあるけど。

あと何かテクノ臭が。
と思ったらタイトルがテクノの曲から頂きパターンだったのね。

4クール分、全50話なので先は長いですが、割と見続けられそうではある。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

«  | HOME |  »

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード