FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDFとかFlashとか見づらくね?の巻

もうWEBがHTML以外のもので表現されることが多くなって大分経つ。特に顕著なのが、企業HPにおけるFlashと、官公庁によるPDF。はっきり言って誰がこんなの望んでるんだ?

まず、Flash。延々実のないデータをダウンロードさせられて糞みたいなエフェクトの付いたページに大変身。見た目が派手で動きがあれば良しっていかにもネットを使わない重役が好みそうなもんだ。実際そういう感じで、「絵や動きを入れて」という発注で作られていることも多い。見る側の利便性なんてお構いなしだ。

あんな互換性や閲覧性がただの文字に圧倒的に劣り、単に項目の選択がグラフィカルになるだけが取り柄のFlashなんて見る側は望んじゃいない。全く悪しき風習が蔓延してしまったもんだ。

それからPDF。企業が外向けに出す資料や、官公庁の公文書を電子化したものは大概PDF。しかし、これ見づらいだろ。こんなのなら只のテキストを段落付けて出してくれた方が見やすい。まぁ表組みがあったりするなら仕方ない部分もあるしフォーマットが崩れると困るものもあるから単純に文句を言うわけにもいかないが、利便性は悪い。まぁPDFの場合は、Acrobat Readerの圧倒的なインターフェースの糞さが一番の原因ではあるが。

全く、馬鹿な糞親父連中を持ち上げるだけの為に酷いWEBになったもんだ。ま、ページ作る側がFlash使うと仕事の単価が上がるってこともあるけどね。どっちにしても見る側はそんなものは一切望んでない。
スポンサーサイト

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

ベクシルを見るの巻

VEXILLE 2077 日本鎖国
話を要約すると鎖国して謎に満ちた日本に米国の特殊部隊が潜入する話。

見ました、ベクシル。そして困った。

何に困るって、キャラの造形的にはリアル目指してるわりにトゥーンシェーダで3Dグラフィックスをアニメ塗り風に加工してるのはいいとして、造形がキャラ毎にかなり差がありすぎてそこが大変困る。同じトゥーンシェーダを使ったアップルシードはアニメキャラをアニメ塗りで、って感じでデザインも統一されていたが、これはちょっとちぐはぐ感。例えて言うなら、格闘ゲームの鉄拳2のキャラとバーチャ2のキャラがいっしょにいる感じ。3Dモデリングがキャラ毎に別々の人の造形なんだろうか。

あと単純に3Dキャラきもい。カット割りの間の悪さでより引き立つきもさに。演技のない3D人間は3秒持たないと思うのであります。

他に困ると言えば、声優さん。マリア役の松雪泰子は結構いいんだけど、主役の黒木メイサが飛び抜けて「初めての声優チャレンジです」的しゃべりなのがどうにも。一番しゃべるであろう主役なのによくこれで通したな。びっくりした。でもまぁそれでも極端に酷いってわけではない。しかし異様に変に聞こえる。理由はメインキャラ三人が若者向け俳優、その他が職業声優だから。おかげで一緒のしゃべりになると違いが際だちまくる。特に中盤のメインキャラ、ベクシル・マリア・タカシ(朴璐美)の会話がどうにもこうにも。

まぁ、でも声優さんはいい。慣れようと思えば慣れられる。それどころじゃなく一番困ったのがストーリー。日本が鎖国しているってところまでは割と心躍る展開だったのだが、真実が展開されたところでもうげんなり。

大和重鋼なる巨大企業により、同企業の傀儡らしき日本政府が新型ウィルス蔓延を理由に国民全員へ予防接種を実行する。しかし新型ウィルスは欺瞞で、これは体内細胞を機械化するウィルス、しかも未完成品で日本人は全滅したのだった。

お話的にはあらゆる点で一切の妥協無く度を超して酷いストーリー。小学生レベルも危うい。ここまで酷い短絡的で実も蓋もない話は30年前に絶滅したはずだと思っていたのにまだ現存していたとはびっくりした。正確には全滅ではなく、大和重鋼のトップだけが生身。もう何て言っていいやら。しかも日本人が全滅したから次のターゲットはアメリカだとさ。そのうえ自分を神と言い自己陶酔されても。

アメリカの介入の理由もあまりにあまり。ってか、日本が鎖国政策を取る原因となる国連の規制や国際協定違反って何事だよと。それが合法非合法って。そのころには世界統一機構にでもなってるのか? そういうストーリーの土台となるべく世界観とか説明されることもなく、世界平和のために漠然と悪い日本に乗り込むぜ的なよく分からない展開。

そしてこの手の日本が何かやらかす話での定番パターン、最終的には日本人は蚊帳の外で外国人の手により解決、めでたしめでたし。またかよと。要は悪い日本人か日本政府、虐げられる日本国民、そして世界の平和を守ったアメリカ人。戦後教育における太平洋戦争の構図そのものを忠実に踏襲しました的な。いわゆる海外市場を視野に作りました系。日本人はここら辺の自国の扱いにルーズというか、日本自体をどんなに酷い扱いにしても、それに対して憤慨することは悪だ右翼だと教育されているから国内市場ではある程度受け入れられるとの算段なんだろう。でも海外だろうとここまでつまらんものは媚びようが何しようが売れないって。

ついでに言うと、この作品における日本の扱いが酷いというのは悪の国にされていることではない。日本である必要性が全くない。意味もない。だからどの国でもいいポジション。でも設定を外国にするとトラブるし、市場的にもよろしくないから悪玉は日本で、そんな感じの物。ならばいっそのこと、全てを架空のものにしてもよかったのじゃなかろうか。現実の延長線であることを感じさせるガジェットも何一つないんだから。

さらに驚いたのか、突っ込み所満載のストーリー展開に対し、制作側自らが裏ベクシルとかいうサイトを作って見た人同士で、あれはどういうことだった、というのを客同士で解決させようとしてる。ぼろくそな話を見せてあとは見た側で自己補完してくれという。いや、本質的に視聴者側が解釈を色々展開させるのは正しい姿なのだが、それを運営者によって「さぁどうぞ」ってのは違うだろうと。馬鹿にしてる? まぁ少なくとも作った側としてもあり得ないほど酷い話であることの自覚はあるようだ。

それでもどこかに見所があるのではと探してみた。

メカ。最後の方でバギーにロケットエンジンを積んで飛ぶシーンがあるのだが、ハンドルで操縦。お前はザブングルか。しかも翼がないのに飛行方向を変えられる。最大限譲歩して考えるとベクタードスラストということか。勿論そんな推力偏向的描写は一切無し。他のメカとしてはパワードスーツが終始でるけどこれといって特筆すべき点もない普通なもの。どこかで見たような見ないような、そんな特徴がないのが特徴。

そしてエンドロールを見ながらこれらの不平不満が納得へと変わった。TBS。TBSはやたら映画に絡んでくるくせに出す物出す物見事に外す天才。そういえば、アップルシードもTBSで、この間続編のDVDがでてたんだっけ。そっちも見なければ。嫌がらせに。

罵詈雑言だらけだけど、見る人が見たら見所があると思わないこともないかもしれない気もしなくもない可能性の存在を議論することにやぶさかではないこともないかもしれない。

それでも何とか他に良い点を見いだすと斉藤役の大塚明夫さんはかっちょよかった。以上。

個人的には久しぶりに酷い物を見たという感想だけが残った作品であった。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

アフェリエイト審査に落ちたの巻

きーくやしー。

という絶望的な悔しさから開始なわけですが、マイアフェリエイトだったかそんな感じの名前の所に乞食ポイント目当てで申請してみたものの、落とされました。前々からアフェリエイトのことを批判的に言ったりデジタル乞食と言ったりしてたのが悪かったのか。否、このブログ内容が悪いからに決まっております。

で、ご縁がなかったメールには、サイト内容を変更した場合には再審査で参加できる場合もございますって、なめるなと。お前の判断基準など知ったことではない。ここは俺様が俺様の思ったとおりの事を書くだけの場所である。変える気などあるわけがない。デジタル乞食の親玉の分際で偉そうにほざくなと。そう別方面でのデジタル乞食は思うのであります。

まぁそんなわけで相も変わらず駄文を書いてgoogleにどこらへんが引っかかるのかを楽しみにする日々です。でも検索に引っかかりやすくするためにあえて同義な名詞へ変えたり数字と漢数字を混ぜたりするような姑息なことはちょこちょこやってます。てへ。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

驚愕の50万の巻

いつの間にやら大金持ちですよ。総金歯ですよ。愛車はキャデラックですよ。今夜はビフテキですよ。ガウンにブランデーグラスですよ。ブラインドを指で拡げて煙草をくゆらせますよ。

wlo2008032501.png
WLOやってて最高金額ですよ

南極生活における竜鱗魔髄とか売ってたらここまで貯まったですよ。お魚も調理して売却ですよ。NPCに。さすがに大量の回復剤で小銭を得るのはインベントリ的に大変。しかしそのかいあって夢のハーフミリオンですよ。

しかし金の使い道はどうしようかという問題もあるけど、正直このクラスの金なんて錬金でもしたらあっさり無くなりそう。錬金本IIIを全力買いしても20冊かそこら。売れるような物を作るとなると1つの装備に付き2つは使う。さらに成功率的なところを考えると半分できればいい方だから5個の装備が得られるかどうかってところか。そう考えると全く大したことがないという説も。モールで現生使った場合で考えると1000円ほどか。うーむ、やはり大したことはなかった。

個人的には邪霊ネックレスに全力アタックをしかけてみるかと思ったりもするんだけど、厳しいかなぁ。20等級クラスの草も作らなきゃならないのがなかなかどうして。そのまま得るものもなく終了ってパターンもあるからなぁ。素直に露店で買えよって話もあるけど。しかしこのゲーム、錬金でもしないとやることないから。まぢで。いつか作ろう。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

イデオンを見るの巻

その昔、小学生くらいの頃、イデオンはあまり魅力的なものではなかった。理由は簡単で地元ではTV放送していなくて、プラモや本でしか存在を知らなかったことと、主役がアフロのアムロにしか見えなかったので、どうせガンダムのパクリだろうと思っていたから。ガンガルとかガルダンみたいな偽ガンダムがあったから。やっぱガキっつーのは公式とか本物を求めるものなのだよ。

しかし、色々オタ知識を仕入れていくと、イデオンは純然たるオリジナル作品で、アニメの歴史的に見ておくべきだと思うところが多々あり、見てみようということになった次第。まぁイデオンがパクリじゃないと知ったのは小学生のうちではありましたが。

要は板野一郎氏のインタビューを見たからなんですけどね。板野一郎といえばマクロスでかっちょいいバルキリーやミサイルを飛ばす絵を描いていた人。

そーいや、偽ガンダムのガルダンを作っていたアリイはマクロスの公式プラモを作っていたっけ。バリが多くてスケールが小さかったからイマイの方が好きだったけど。でもイマイは結構後にバンダイに金型を売ったらしく、中身が同じで箱だけ違うスーパーバルキリーがバンダイから売られてたっけ。記念に買うだけ買って放置プレイしてたけどまだ探せば押し入れのどっかにあるかも。

まぁそんな感じでマクロスじゃなく、イデオンですよ。相変わらず主役のコスモはアフロを被ったアムロにしか見えないことを確認して一安心したり、シェリルさんの顔の色の変さにカラー足りなかったのかなぁと心配してみたりしつつ鑑賞ですよ。

初代ガンダムと同じくらいの全39話なのでいつ見終わるかわからないけど、だらだら見ていこう。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ノートン先生からカスペルスキー工作員に乗り換えたの巻

ノートン先生の賞味期限が切れてしまった。しかも2005。まぁこのまま延長してもいいんだけど、ここは一つ別の奴に乗り換えてみることにした。

Norton Anti Virus2005は良くも悪くも無難なウィルス防壁だったと思う。あくまで"Anti Virus"なのでネット関係の処理(ブラクラとかポップアップとか)は最低限のスクリプト遮断程度だったけど、それは分かってあえてInternet Securityではなく、単品のこっちを使っていた。つまり、私がウィルス防壁に望んでいたのはウィルスの実行をブロックしてくれればそれでよかったってことなのだす。

しかし今日日はそうも言っていられなくなってきた。というのも、ネトゲ系掲示板に多い、罠URL、IDやパスワードやクレジットカード番号とかそういうのを盗むためのウィルスへ誘うURLがやたら中国人等により書き込まれる今日この頃、少しでも危険性を減らすために、ウィルス防壁としてだけでなく、ファイヤーウォールとしての機能も必要になってきたなぁと思ったりしておったんですばい。

新種が出た場合、ウィルス防壁としての対応速度もカスペルスキーは早いようだ。ユーザーからの情報をかなりとりあげて即対応してくれているご様子。ということで、「カスペルスキーインターネットセキュリティー」へと乗り換え。

といっても、実際の所は、お試し版というのを三ヶ月前から使っていた。その賞味期限が切れたので本格的に使うべく、年貢を納めようって寸法たい。

機能で思ったこと。

プロアクティブディフェンスは対ウィルスとしては強力かも知れないが、プログラムがDLL等の外部プログラムを呼び出す度にぶーぶー怒られるからうざいったらありゃしない。外部プログラムを起動するソフトなんて腐るほどあるんだから。外部プログラムがウィルスだった場合に出陣して欲しいでありんす。とはいえ、いきなり全削除を実行するソフトとかもありそうだから警備側としてはそうも言ってられないのかね。

それからネトゲ系とはやっぱり相性悪いご様子。特にROとかで使われているnProtect。ってゆーか、nPro自体がウィルスみたいなもんだから仕方ないんだけど。これに関してはカスペよりnProうぜーって話なんですが。もっとおとなしいものを作れなかったのかね。まったくこまったでやんす。そんなわけで、ネトゲするときはカスペ自体をOFFに。ゲームの動作自体もかなり重くなるし。

その他のカスペの設定としてはアンチバナーはOFFにしないと方々のWEBサイトで画像が表示されないことに。これは単にURLの文字列としてbannerとか含まれていたら遮断ってだけなのに正直誤作動が多すぎる。

あと、評価が微妙なのがアンチスパム。これはあくまで機械的にメールに記述されている文字コードやURL等からスパムかどうか判断しているのでやっぱり誤作動することもある。誤作動でゴミ箱行きになったメールなんて一生見ないこともあるだろうからやっぱりこの機能もOFFでいいかもしれない。一応まだ個人的なところでは微妙なところなので一応ON。でもスパム対策は他のソフトでメールボックス内を覗いて削除する方式をとっているのでそのうちOFFにしそう。

便利な機能としてはネットワークモニター。現在確立している接続やどこのコンピュータとどのくらい送受信されたか分かるので、何かのソフトが怪しい挙動をしていても原因を突き止める重要な手がかりになりそう。昨今話題になることが多い、個人情報ばらまき系ウィルスはどこかに自分の情報を送信しているので、そういうのは見つけやすい。通常、普通にネットを使っているだけなら受信に比べて送信はずっと少ないものだから。比率で言えば100:1も普通な位に。

そんなわけで、まずまずいいかなって感じのカスペルスキー工作員。ってゆうか、開発者が元KGBだから工作員という安直な考えはどうかと思うという自問自答はいいとして。

でもやっぱりウィルス防壁ってのは普段は存在を感じさせないような慎ましいのがいいんだけどなぁ。どうもちゃんと動いているのかどうなのか心配になる人へのアピールなのかデフォルト設定だと大変うざい。どのソフトでもそうだけど。危険なときだけ動作してあとは黙っていて欲しい。難しいところだろうけど。

少なくとも時間が来ると自動的に走査するってのはネトゲ中に作動でもされたら目も当てられない。自動アップデートも同じ。でもここら辺はノートンに比べると軽いっぽい。特に自動アップデート。ノートンは馬鹿みたいに処理能力食って大変迷惑だった。更新を完全手動にしてたくらい。

とにもかくにもウィルスが入り込まないように働いてくれればそれで大体おっけーではありますけどね。そういえば昔、チェルノブイリがメルトダウンした日、4月26日にPCのHDDをデータ的に壊し、あろうことか、特定マザーボードのBIOSを破壊するという鬼のようなウィルスにかかったことがありまして。確かPE_CIH、チェルノブイリ。それ以来まじめに防壁を入れるようになった思い出。まったくあれは酷い目にあった。

まぁ今日日流行の個人情報流出系ウィルスの色んな意味での破壊力はそれ以上って気もしますが、とにもかくにも皆さんお気をつけあれ。なんつー無難なまとめ方。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

パーフェクトブルーを見たの巻

いつもと違ってネタバレ全開でいく所存。
この作品は色々に解釈でき、ストーリーを解釈するのは難解な部類に属する。だからここで私が言ってることが正しいとかではなく、私にとってはこういう話だったということで。逆に間違っててもしらんぷり。ぷりぷり。

パーフェクトブルーは1998年公開の劇場用アニメ。監督は今敏。アニメ制作はマッドハウス。

何故今更的な気もするけど、気にしてはいたが見ていなかったものの一つだった。ジャンル的にはサイコスリラーらしい。まさにスリルショックサスペンス。

話の概要は、主人公である未麻が弱小芸能事務所の三人組アイドル歌手ユニットを脱退し、女優として育つ過程の話。

アイドルとは言っても、遊園地やデパートなどのドサ回りが多く、モー娘みたいな誰でも知ってるアイドルというわけではなく、アイドルマニアに支持されているという、(ちょっと前の?)AKB48みたいな感じ。アイドルとしてのスタイル的には80年代のステレオタイプといったところ。まぁモー娘とかもそんな感じだったけど。

アイドルを引退した未麻が女優としてドラマの端役を事務所社長の努力により得たものの、元アイドルであるマネージャーのルミは快く思っていない。それでも未麻がマネージャーを説得し、女優としてがんばろうとするが、なんせ端役。台詞も少なければカット数も少ない。そこで社長は脚本家に頼んで出演シーンを増やして貰おうとするが、そこはぽっとでの元アイドル、お色気(乳だし襲われ)シーンに使われる。自分がアイドルとして成功しなかった代わりなのか未麻を一流アイドルとして育てようとしていたルミは慚愧に堪えないご様子で悔し涙。

自ら望んで女優になったとはいえ、現実にはドラマのお色気担当や週刊誌のヌードモデルとなっている自分を考えると、アイドルとしての未練を見せる未麻。そこに自分の理想たるHPを見つけてしまう。そこには自分や近しい人しか知り得ないであろう情報や心情が日記として書き込まれており、現実とどっちが本当の自分か分からなくなる未麻。さらに常に誰かに見張られている気配、幻覚か深層心理かもう一人のアイドルとしての自分が未麻を苦悩させる上に、自分の関わった仕事のスタッフが次々殺され精神的に追いつめられていく。

下手だね、話まとめるの。びっくりした。

以降は見た前提で解説。よくいるよね、TVのサスペンスドラマを見ながら、こいつはXXXだからXXXになる、故に犯人だ! とかって言う奴。うざいね。てめぇ黙って見れ!とか思うよね。それを書く!



内田について。未麻のストーカー。"アイドルとして"の未麻の熱狂的ファン。にしてもあまりに醜いキャラデザインだ。めちゃくちゃな歯並び、ヒラメ目、汚いロンゲ、しかしそれこそが目くらまし作戦。ここまであからさまな格好であからさまな行動をしていると犯人はこいつだと誰もが思ってしまう。ここらへんの設定は上手いと思った。でも警備員としての仕事は給料以上にやっていたり、そもそも警備員として働いていたりすることからアグレッシブで引き籠もりとは真逆のアクティブオタなようだ。

未麻の女優化に反対するルミは、そんな内田を利用する。彼はルミが未麻になりきって作成する未麻のHPを見ており、さらに未麻を騙るルミからメールを貰ったりしており、内田は未麻そっちのけで偽未麻の望む行動を実現すべく活動する。しかし徹頭徹尾あくまで内田自身は未麻のためを思っている。

内田は元々ストーカーの気はあったものの、純粋にキモイだけの人畜無害なアイドルオタだったのだろうが、ルミ(未麻のなりすましメール)の籠絡により、理想のアイドルとしての未麻をとりもどすべく、未麻への嫌がらせや果ては未麻のレイプ未遂へと至る。最期は未麻を襲った際に反撃され気絶、後にルミに殺される。詳しい描写はないが、社長の田所もこの時ルミに殺されたようだ。

ルミについて。本物語の真の主役。内田と同じくヒラメ顔。未麻のマネージャーをしているものの、未麻の脱アイドル路線を妨害すべく行動する。嫌がらせFAXや郵便爆弾を含め、未麻への数々の嫌がらせもルミ本人の手によると思われる。内田はブラフ。まさに火曜サスペンス。

後に精神に異常が頂点を極め、ルミ本人が未麻だと思いこむことで度を超した行動を起こし、レイプシーンを書いた脚本家や、ヘアヌード写真を撮ったカメラマンを殺す。果ては内田へ騙っていた虚構を自分でも思いこむようになり、本物の未麻を偽物として排除すべく殺そうとする。第一弾の刺客として放った内田は前述のように失敗、粛正する。社長も殺したが何故殺したのかは謎。正体がばれたのかもしれない。社長はやや利益優先気味なところはあるけど、それでも結構いい人な感じに描かれてるのに。社長かわいそす。

最終決戦では本人が未麻のコスプレをして対峙。カツラを被ると絵面的には未麻になる。はずすと小太り中年がミニスカニーソのアイドル衣装を身にまとっているというおぞましい図。最強。

劇中ではアイドル衣装を着た未麻=ルミと思えば大体いいようだ。これはアニメという表現手段を利用したもので、最後まで一連の真犯人を分からなくしている。また、ルミ本人と分かった後でも未麻と同一の姿だったりすることから、未麻から見えた、又はルミの思いこんでいるものとして描かれているようだ。ただ、鏡やガラスに映る虚像をどう解釈するかは難しいシーンが多々ある。ルミは未麻に対して何らかのマインドコントロールや記憶の刷り込みのようなことをしているのかもしれない(そういった描写はないが)。

ルミの犯行特徴は凶器がアイスピックで、眼球等体中をめった差しにすることであるから、劇中の殺人犯は全てルミであると考える。内田は未麻を襲った際にナイフを凶器にしていたことからも内田が手を掛けた殺人はないと見る。そしてルミは犯行時に使用した返り血付きの衣類は未麻の部屋のクローゼットへ隠していたようだ。

ルミの最後は、カツラをむしられ割れたショウウィンドウの奥へ落ちたカツラを拾う際にガラスで腹部を切るが、問答無用でカツラを被って復活、恐るべしルミちゃん。しかしその後自らトラックに轢かれようとする寸前、未麻に助けられ、以降重度の精神病患者として病院生活へ。

総括として、内田は思わせぶりなキャラを演じているが、最後のレイプ未遂以外は特にこれといって悪事をはたらいているわけではないご様子。全てはルミちゃんの仕組んだ罠というかルミちゃんワールド。略してるーみっくわーるど。


話のことは以上でそれ以外。
っていうか、長くだらだら書きすぎて何書いたかわからん状態に。もう箇条書きも辞さない感じに。


話としてはそれこそ毎週放送されるサスペンス劇場と同じ質の話ではあるけど、アニメでやっているのはあまりなく・・・ん?コナンとか金田一とかあるじゃん! でもまぁ、結構良い感じにできてる作品ですよ。動画としても1998年といえばセルとコンピュータ動画の過渡期。これはセルアニメーション最後期の作品であるところにも意義があるかと。

予算的に余裕がある映画であるからか、背景美術がかなり見ていて楽しいです。細かいところまで書き込まれています。背景が細かいアニメは見ていて楽しい。アキバの様子とかオタクのスタイルとかこの年には既に完成されてたんだなぁとか。とはいえ、話にのめり込むと疎かになってしまうからどうしても何度か見かすはめになるんだけど。

エロシーンは毛が書き込まれまくりだけど、当時の映倫基準なのかな。とはいえ、毛の有無で猥褻か否かを分ける風習があるからどうなんだろうという気はしなくもない。けど、今時のエロ本とか関係ないしなぁ。謎い。

アイドル時代の振り付け。しっかりとアイドルっぽい感じの動きと振り付けだなぁと思ったらエンドロールにちゃんと振り付け師の名があるご様子。それからドサ回り中のヒーローショーの会場の司会、ショッカーO野。素晴らしい。こういうところをちゃんとしてる作品は素敵だ。

声優さん。主役は岩男潤子。話の性質上、ダントツで台詞が多そうだけど、熱演しておられます。そういえば最近あまりみない。というか、見なかったけどちょいちょい見るようになってきたってのが正確なところか。何やら色々あったご様子だけど、声優業はまだまだやりそうなのでよし。色んな声出せる人だから今後も色々な役を聞けそう。一時期、好きなアニメの魔法使いTai三人娘がみんな消えてしまった時期があってしょんぼりしてたんじゃよ。同世代の方々なので活躍してほしい所存なりよ。

あと声優さんといえば知らなかったんだけど、新山志保。急性白血病で本作の2年後にお亡くなりになられていたようで。人の不幸ってのはこっちもしょんぼりしてしまう。ご冥福をお祈りします。今更ながら。

そーいやスタッフの企画協力の中に大友克洋の名があるけど、何やってたんだろ。謎い。

そんなパーフェクトブルーです。
いつにもまして凄い閉め方だ。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

CLANNADおわた、否あと一週の巻

あと1週あるけど、番外編っぽいから履歴代わりに書いてしまおう系。

原作のゲームはやったことがないけど、Kanonのそれ系だろうとかそういう認識はあったし、京アニ制作なので押さえで見ておいた系なのですが、思ったよりは面白かった。

しかし、この手の作品は見ているとわりといらつくことも多い。主にしゃべりの点で。CLANNADに限らず思うのは主役級の男のしゃべりが気障すぎるということ。それが端的に表れるのが台詞。語尾が強すぎる。例えば「俺はXXXなんだ」という台詞の場合、「だ」の部分が一番強く発音される傾向が強い。普段の会話でそんなしゃべりはまずしない。何故ならそこで会話が区切られてしまう感がでてしまい、スムーズな会話にならないからだ。

ということで音響監督は誰か調べてみた。ここら辺が気になってしかたなかった京アニ作品、AIR、Kanon、CLANNAD、ハルヒを調べたら全部鶴岡陽太氏だった。このしゃべり方は音響監督の指導なんだろうか。しかし正直耳障りでしかない。アニメしゃべりと言ってしまえばそれまでなのだけど・・・。

ヒロイン系のしゃべりに関してはもう完全に諦めている。語尾を変えてキャラクター色を出すというのは方向性は分かるが好きにはなれない。文字ベースのゲームが元で、ゲーム内で誰が話しているのか分かりやすくするための工夫、というのは分かってはいるが・・・実際に声優さんがしゃべるとかなりきつい。恥ずかしくなる。そんなやつぁいねーよ!いたら気違いだ!みたいな。これはゲーム系に限らずハーレム作品での傾向とも言えるけど。だから基本的に私はこの手の作品は苦手なのだ。

でもお話自体は割と良かったと思う。作品自体のテーマとしては家族とか、人との関わりとかなんだと思っているけど、肝心の主役と親父との関係はあれで解決なのか? そりゃねぇだろー。ラスト1週でどんでん返しなのか? どうなのだ!

うむ。番外編らしいとはいえ、最終回放送してから書けば良かった。よくよく考えてみたら風子問題が解決してないし。

そういえば、渚が演じていた劇中劇の話っぽいシーン、あそこやたら指の動きや服のなびき方とか動きが細かくて凄く見えたんだけど何か特殊な演出なんじゃろか。アンリミテッドアニメっぽい。

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

うっかりうさみみを買ってしまったの巻

wlo2008032201.png

性能的には全くもってして人気無しなこと間違いなしのうさみみですが、VIPカードを買う際に入れた金がデジタル乞食のあぶく銭なせいもあってうっかりご購入。300円也。宵越しの金は持たねぇぜ。さすが俺様大富豪。

wlo2008032202.png

しっぽもあるのね。猫耳付属しっぽより目立たないけどまあよし。垂れすぎな気がするけどそれもまぁよし。いいじゃん。ローマ兜のモヒカンより。

wlo2008032203.png

いつも思うけど、このゲームのおパンツ、Tバックすぎる。もうちょっとケツもも包み部分を描いてやれと。まさに褌。

性能的にはもう、何というか、あってもなくてもいいようなMDEF10。強化しようがしまいがどうでもいい系。とはいえ、何となく強化してみたい気もするけど、MDEFなんて基本的にボス戦の時用で削られまくりだからそういうときは装備したくないってもんでこまったもんだ。そもそも強化しなければLv20相当の低レベル装備だし。まぁ+1くらいならいいか。さすがにチケットはゲーム内で買うけど。

まぁよい。最近メイド頭にも飽きていたところ。魔法使いにはいいけど、近接系にはお飾りだったから今後はうさみみ重視の政策を貫く所存であります。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

実験錬金の巻

長きにわたる南極生活で無駄に魔翡翠石が貯まったので実験してみた。

魔法材料である魔翡翠石の4等級上には魔結晶というものがあり、これ自体は存在する。しかし、制作材料が果てしなく厳しく、実際に作るのは非現実的なレベル。しかし4等級なら合成が大成功した場合にできるのではないかということでやってみた。ちなみに魔翡翠石+垂直尾翼+本なんかするとたまに魔翡翠石がでてくることがあるのでこちらは合成で作れるかも知れない。まぁこっちは素直に製造した方が果てしなく楽そうだけど。

そんなわけで、魔翡翠石+垂直尾翼の合成しまくりました。約50回。
その結果がこれ。
wlo2008032101.png
魔結晶を錬金で作るのは不可能なようだ

普通、等級+4になる合成は2割程度なので約50回の合成でたまたま出ないということはちょっとありえないので合成で作ること自体が不可能とみていいっぽい。もうしょんぼり。

ついでに錬金で出来る装備の性能が±3されるという仕様変更の様子をみてみることにする。中々でないとはいえ、南極で拾った本IIといくつかの本と買って合成合成。

最終的に完成した品 []内は標準性能との差

風魔忍者着 SPD26 [±0]
壁雪アームガード MATK15/MDEF12 [MDEF-1]
雲煙アームガード SPD15/DEF9 [DEF-3]
波刃青銅剣 ATK28/SPD26 [SPD-2]
波刃銅剣 ATK28/SPD25 [ATK+1/SPD-2]
オークキングの戟 ATK49 [ATK-1]

標準性能以下なものばかりができあがってしまった。これはひどい。合成に成功するだけでも結構なハードルなのに困ったもんだ。こうなると風魔忍者が±0なことがうれしくなってしまう。銅系列は雲煙を狙っていたんだけど、DEFが思いっきり最低値という有様でしょんぼりっく。

サンプルが少ないから結論なんか出せないとは思うが・・・せめて純粋に均等な確率で±がつくならまだしも、プラスになる確率自体が低そうだ。まったく酷い仕様になったもんだ。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

ふざけんなこのやろうの巻

1週間ぶりに錬金本IIでたー
2PCなPTなのに1つしかふえてねー
死ねこの野郎!
そんな穏やかな日々を過ごす今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

しかし本当にドロップ率低いっすね、錬金本。もう打ち止めなのかと思うくらい出ない。まぁ3個セットで100円という値段で売っている以上、ほいほい出すわけにもいかないのもわかるけど、出なさすぎる上に錬金本の他にレアいのがないのが致命的。どうやらIIIやIVもどの敵かが落とすようだけど未だに南極。結局南極。大冒険。前も言った気がしてきた。

そんな南極ですが、ここでの重要な収入源、オオカミの牙。これは売って良し合成して良しの優れものですが、それゆえに中々他の狩り場に移れず。というか、竜鱗をためておきたくて。

というのも以前、魔法の手袋を書無しで作ったら2個の手袋を作るのに50個全部つかいきっちゃいまして。できねぇにも程があるぞこの野郎。ってなことで大量に貯めてやるという方向でしつこく南極生活。レベルは77/75。他の所に移った方がいいくらいのEXPになってまいりました。

しかし深刻な本不足な一方で、突然今週は竜鱗フィーバー。
wlo2008032001.png
これほど一度にできるのも珍しい。

wlo2008032002.png
これ以外にも各種材料製造・製造待ち中。

これだけあればもう相当余裕そうだ。ってゆーか、使い切れるわけもないから売る方向に。魔翡翠石なんか書無しだとゴミしかできないし。

全部売れたらかなり儲かりそうではあるけど、正直、使ってきたオオカミの牙の数を考えると、とんとんくらいなきもしなくもないが、気がつかなかったことにせざるを得ない。

それにしてもいよいよ放置だけのゲームになってしまった。一応、NPC共々Lv80越えたら女神スキル取得してみようかなとかは思ってるんだけど、相当先のことだし。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

ねとげブログとかでの設定に関しての巻

たまにネトゲ系のブログ見てるとやたら多いのがどうみてもアカウントハッキングサイトへのURL付きのコメント。一切がん無視を貫く漢な感じのところもあるけど、それじゃ被害者だしてしまう可能性があることを考えると寝覚めが悪い。

これらの対応策としては発見次第削除、IP/ホスト規制とかあるけど、そんな後手策より簡単で根本的な解決方法がある。

リンクを禁止、又はFC2だと"://"という文字列を禁止ワードに設定してしまえばいいのだ。

この手の罠URLは踏んでもらってこそ効果がある物で、必ずリンクが張られることを逆手に取る。このブログでも"://"という文字列は禁止ワードに設定しているのだが、おかげさまで主にシナ人が仕掛けてくるハッキングサイトへのリンクやエロサイトへの誘導、商売目的の書き込みなども一掃できている。そもそもそれ以外の書き込みが行われていない説もあるがよし。

つーか、コメントでURLとかあんまりかかねーっしょ。書いてもhttp://とか付いて無くても伝わるっしょ。いらねーじゃん。

え?自分のブログ持ってたらホームURLも書くだろうって?

ne-yo.png

指切りの巻

http://gogen-allguide.com/yu/yubikirigenman.html
指切り・・・おそろしす。指切り自体の元は本当に切ってたんだろうなぁとは思っていたけど、「げんまん」は拳万で1万HITコンボパンチのことだったとは。まぁ針千本と同様、後付けの大言壮語的な感じの言葉遊びみたいなもんだろうけど。

だから何って、なんでもねーよ!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ホワイトデーだかなんだかのいけすかねぇイベントの巻

そりゃもうやさぐれますよ。何がホワイトデーだこのやろうですよ。

そんなやさぐれおっさんはいいとして、気がつけば変なリボンだの包み紙だのがインベントリに入ってましたよ。どうやら前回のバレンタインイベントのドロップ率が不評だったのかあれよりはドロップ率いいっぽい気配。

だがしかし、このリボンとかは紙・箱・リボンと三つ集めてプレゼント箱と交換するシステムなので何もせずとも完成するわけではないご様子。使用キャラによってドロップが紙、箱、リボンと固定制なので、3PCでたまたま別々のドロップとかじゃなければ他人から買うか何かしないとプレゼントボックスは作れない様子。あーめんどくせー。

とはいえ、露店を見ると割とそれらのアイテムが売ってある。なもんで、手持ちキャラじゃ拾えない箱を露店で買ってプレゼント箱を作ってみた。作ってというか、交換か。

とりあえず50個。500の箱を50個買ったので25000円投資。何が出るかは知らないが、とにかくあけてみよう。連打連打。

あ、SS取るの忘れてた。

基本的にはゴミだらけ。出た物で使えそうだなってのは、SP削り芋が2個、四つ葉のクローバーが1個、仲間1%経験が1個。うむ、割とびみょい。投資額に見合うかと言われると大変びみょい。が、クローバーが200円なんだっけ?これでカバーしてる気がしなくもないのでよしとしよう。がしかしそもそも200円の価値なんてねーじゃん説も捨てきれないがよしとせざるを得ない。

ついでにクローバーも使ってみた。効果は2時間ドロップが2倍。ドロップ率じゃないよ。出た物が倍に増えて得られる方式。モールでも同じ物が売っていたと思うけど、買って使うほどの価値はない。間違いなく。200円ってことはゲーム内では6万くらい。何をどうやってもドロップで6万とかならないって。仮に錬金本が4つドロップしたところでやっととんとんというありえなさ。つーか、2時間の間に錬金本とかのレアい奴がでるわけもなく。本当に買って使うような価値はない。がしかし、ただで貰ったってんならこれはいいものだ。もさもさアイテムが増えていく。ちなみにイベントアイテムのリボンとかも2倍。

しかしあれだ、このゲーム本当に起動しているだけの存在になってきたなぁ。錬金本がもっとドロップするならまだいろいろ作ったりしたいものとかあるんだけどなぁ。正装コンプリートとか。しかし今日も今日とてオオカミさんは本をくれないのであった。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

RDT261WH様に慣れてきたの巻

三菱の25.5型ワイド液晶ディスプレイであるRDT261がおらが村にやってきて1ヶ月程経ちます。そこまで経ってないけど経ちそうです。経ってることにしよう。そんなわけで、大体このディスプレイを使ってみての感じをば。

まず、基本的には不便なところもなく良い感じに映像を映してくれております。ってもPCのモニターとしてしか使っていないので、このディスプレイの特徴の一つである、何でもかんでも映せちゃうよ的なところはさっぱり堪能していないのですが。その上で思ったところ。

まずまぶしい問題。工場出荷時設定だと本当にまぶしい。私はあまり日差しの強いところとか晴れた雪道とかまぶしい物が苦手なのですが、まさにそんな感じ。1時間も画面を見ていると目が乾くというか瞬き回数があからさまに増えます。

しかしここはブライトネスとコントラストを最低まで落とせばそんなこともなくなります。しかしそうるとやっぱり暗い。白が黄ばんでる感じ。そこで現在の設定ではテキストモードで、ブライトネスを29.8%、コントラストを25.0%にしたうえで、ECO2(明るさ自動調整)にして使用しております。これだと私にとってはまぶしいと感じることはないです。

ただ、白が白くない。黄ばんでいるというか、くすんでいる感じ。それが気になるような動画や画を見るときは、ECOモードをOFF。そうるとずっとみてるとさすがにまぶしい感じがしてくるけど、白が白くて目の疲れが我慢出来る範囲。変えるのはECO設定のみなのでブライトネス/コントラストをいじらずにモニターのボタンだけで切り替えられるので、今のところこれが最も良い感じの設定になっております。

それから、買ってすぐあたりになった謎の解像度変事件。1921x1200とか画面にノイズみたいのが出る状態になってしまったことがあったのですが、あれ以降なっていません。今となってはなんでそうなったのかは謎です。一応ぐぐってみたけど、それらしいところは探せず、特殊なケースだったのかもしれないけど・・・謎だ。

そういえば、付属のドライバ(でもないか、補助ソフト)Visual ControllerがあればDDC/CIパワーで明るさとかディスプレイ調整がWindows上から行えます。テストパターン表示も出来るので、ドット欠けチェックも他に何も用意しなくてもできるって寸法。改めてちゃんと見てみたけど、うちのはドット欠け無くて良かった良かった。

そういえば、動きの速いシューティングゲームとかやってないな。液晶の残像感とか調べるためにあとでやろうと思っていたんだけど。でもそういう残像とかは気になったことがないから多分シューティングとかも問題ないとは思う。

他に気になるところで言えば、HDMI端子がないことだろうか。最近のVGAには割とHDMI端子が付いていたりPS3以降、割と搭載機種が増えているらしきHDMIですが、DVI変換で著作権信号がうんにゃらかんにゃらってのも通るらしいのでDVI-HDMI変換ケーブルで問題ないらしいのですが、気になると言えば気になるところ。まぁ地デジとかBlu-rayプレイヤー程度なら大丈夫じゃね?くらいに思ってます。http://wiki.nothing.sh/page/RDT261WH%A4%DE%A4%C8%A4%E1によると、その程度のことは問題なくできそうだと思いますが。

もう発売から1年以上経過しているものなので、新機種の噂も絶えないRDT261ですが、その分割とお安くなっているので今から買うかどうするかとなると後は個人の趣向ってな感じでしょうか。

そんなRDT261ですが、大枚叩いただけあって性能自体に欠点は見えないので当分はこれで戦えそうです。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

錬金が変わったらしいの巻

http://gamespace24.net/wonderland/main/info/maintenance/detail00072.html
らしい。

何というか、しょんぼりな変更だ。そりゃ強くなる可能性もあるんだろうけど、ただでさえ売れ線以外の装備はあんまり売れないのにマイナス補正の付いた物が出た日には材料にしか使えないじゃんかと。元々錬金自体本必須だし、そんなにやれねーよ、と。

何か試してみようかとも思ったけど、本がねー! オオカミが本くれねーんだもの。本なんて24時間稼働で3日に1回あればいいようなもんでさっぱりだす。牙は合成で魔竜鱗を狙うのであんまり直接お金も入ってこないから現金収入も少なく、買っても大して得られないという。困った困った。

困ったと言えば、どうやらWLOにも違法クレカ使用者らしき露店がでてたなぁ。強化チケット数百枚とか金菩薩数百とか常識的にあり得ない量のものが論点で売ってあるでやんの。いくらリアル金持ちってもそこまでのゲーム内の金を必要な人もいないだろうしあからさまに怪しい。だってこのゲーム、大金持ってても使い道がないもの。状況からすると十中八九、中国人あたりがスキミングやフィッシングで不正に得たクレジットカード情報を使っての違法使用であろうと。中国人って決めつけもどうかと思うが、この手のことをするのはまずほぼ中国人だから現状そういう扱いで問題なし。

ネトゲってのは法律的なごたごたを回避するために運営用の仮想マネーを買った後にさらにゲーム用の仮想マネーを買う物がほとんどなので、こういう不正なクレカから現金化する場合にネトゲを使うと良い感じで自動的にマネーロンダリングができてしまう。勿論最後の現金化はそれ系サイトやヤフオクなんかでRMT。これでクレジットカードから金を得られるという寸法。ここら辺がRMTいくないとよく言われる所以であります。

こういう話がでると、「このゲームのRMT相場なんて」とかいう話がでたりしますが、そんなもんは関係ないのですよ。何せ相手は元手0から金が得られるのでどんなに安かろうが早く現金化ができてしまうことが重要。どうせカード保有者に今月の利用明細書が送られてくるのは2ヶ月程先の話。

前ちょこちょこやってた女神転生オンラインとか酷い物で。運営も一切対処してなかったな。カード利用者からの通報で不正が発覚すれば運営はクレジットカード会社にその分を返すんだけど、まぁ、いちいち明細書見ない人もいるだろうから結構な人が気がつかずにそのままなんじゃなかろうか。不正分は返すと言っても未通報分は運営も儲かるわけで。そりゃ運営も全然対策しないわけだわな。

だけど、そういう不法行為のとばっちりで現実にやってもいないゲームの金を払わされている人もいるわけで。いくら露店で安く買えてもラッキーなんて思っちゃいかんぜよ。とはいえ、証拠もないし、それっぽいなぁと思うだけだろうし、関係ねーしとか思っている人が結構いるのもまた事実。

けど、少なくともこんなのがいつまでも続いたり増えるようなら私はWLOも止めるだろうなぁ。さすがにそういう不法行為をありがたがるプレイヤーだらけのゲームは気持ちが悪すぎる。メガテンオンラインのように。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

Amazon、やってくれてるなぁの巻

Amazonの一部利用者何やら悲惨なことになってますね。あまりにかわいそうなのでニュースのリンクとかも無し。

どういうことになっているかというと、アマゾンを使って欲しい物リストを作っていた人は設定によっては本名やある程度の住所やメールアドレスや買っていた恥ずかしい物、欲しい物まで公開されてしまうという。そりゃないぜとっつぁん。恐ろしいことにワイルドカードでメールアドレス指定もできていたようで、個人情報屋はウハウハな予感。

実は何年も前からリスト自体は見えたらしいですが(基本的に機能自体が他者に公開する前提みたいなところがあるので)、仕様変更でさらに個人情報が見えるようになってしまったと。今現在はアマゾンからの検索はできませんが、google大先生が過去に収拾した分は厳然として存在しており今でも閲覧可能という。

さらにアマゾンにログイン状態だとCookieから個人情報を引き出す罠URLまで登場してますます悲惨に。うぁあああああとしか言えない状態になっております。アマゾンへログイン状態の人は利用時以外はログオフ状態にしておいたほうがいいようです。「○×さんじゃない場合はサインイン」みたいなところからサインインするとログイン状態の解除ができるはずです。

まぁ、正直アマゾン自体はあんまり使わない、必要のない機能とか登録しないので、個人的には今のところ実害はありませんが、何というか、晒されている方々は、もう・・・

だがしかし、それでも見たくなるというのが人情という物でいくつか恥ずかしいとされるリストをみてみたりもした。同志よ!と熱い握手を交わしたくなる人もおられます。趣味合うねーみたいな。そんな感じなのでばっちり恥ずかしい趣味を晒してしまった人も気を落とさないで、密かに応援している人もいるよということで。まぢで。

ってゆーか、アマゾンや、こりゃまぢで駄目だろ。あまりに難儀なのでAmazonのバナーは消しておきます。

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

ヘルシングおもしろいの巻

HELLSING。話では聞いていたけど、実際に見たことはなかった。そこでOVAの4巻がでたのでまとめてOVA1-4を見てみた。

簡単に言うと、対ヴァンパイア組織とナチス残党との戦いの話っぽい。

簡単に言ってみたらあまり面白くなさそうな話に聞こえてしまいそうだけど、これが実に素晴らしい。絵もしっかりしてて声優さんも好きな人だらけでこりゃたまらんと。特にインテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングこと主役の親分が榊原良子さんというのがたまらんちん。思う存分榊原さんの声を聞くことができます。

榊原良子演じるところのキャラってのは大抵、ガンダムのハマーン・カーンや攻殻機動隊SACの茅葺首相、パトレイバーの南雲さんみたいな、知的で落ち着いているリーダー格の女性という印象が強いので、絶叫したりどなったりということはあんまり記憶にないのですが、ヘルシングでは怒ると声が裏返りそうになるくらいの勢いで熱演されております。かっちょよすぎる。お嫁さんになりたいです。

しかし若本規夫氏演じるところの狂信的強力牧師、アレクサンド・アンデルセンはねちっこすぎやしねぇですか、と思わなくもない。というか、最近の若本役はみんな特報王国っぽいしゃべりばっかりな気が。ハヤテのごとくとか。トップをねらえのオオタコーチみたいな若本的ではあるけど普通なしゃべりのが好きなんですけどねー。しかし狂気な感じがしてこれはこれでいいんですが、難しいところだ。

あと忘れちゃいけない、ヘルシングを見るきっかけになった台詞、「諸君、私は戦争が好きだ」、「よろしい、ならば戦争(クリーク)だ」というイカス演説をぶちまけてくれる少佐を演じる飛田展男。良い味出してます。正に狂気。常にニタ付いた顔にぴったりな声具合。カミーユとはひと味違うぜ。丸尾末男どころかもちろんウリバタケとも。ちなみに例の演説は第四巻の最後の方で拝聴できます。いいっすねー。それから第三巻の終了間際に何故かTOM★CATのタフボーイの頭の部分を歌ってます。北斗の拳2のOPテーマ。ナウなヤングにバカウケですね。そういえばTOMさんはいつだったか随分前だけどTVのあの人は今みたいな番組で町工場みたいなところで溶接してた。イカス。歌手としては引退した人だけど、この人も声がかっちょよくて好き。

無論、主役であるアーカード演じる中田譲治も相当なはまりっぷりで。豪快に笑いまくってます。そうそう、アンデルセン牧師の上司役は速水奨。マクシミリアン・ジーナスですよ。相変わらず渋い声ですが、内容的には下品なことを言いまくりでライバル的なところであるインテグラと対峙する時には声の調子が変わるくらいの感じで敵意をむき出しにしておられます。個人的な好みのところで言えば、榊原、中田、若本、速水の掛け合いとかおしっこもらしちゃうくらい素敵ですよ。

声の話が長くなりすぎてる気がするので内容的なところ。

グロテスクというか血や肉片が飛び散る描写が多いのですが、不思議と気持ち悪さはありません。いや、抵抗ある人はあるんだろうけど、そんなことより、ははは、こりゃすげぇや、みたいな感じしか思わないというか、なんでしょ。よく分かりません。

そういう内容な上にナチが絡む話なのですが、海外でも結構うけているようで。さすがにドイツ本国では公の場でハーケンクロイツ(鍵十字)を用いること自体が犯罪になってしまうので(たしか)、違うマークに変えているようですが。こういうのを聞くと日本で良かったなぁと思いますだ。どんな歴史的経緯があろうと封印したり禁忌的扱いにするのはよろしくないと思うのですよ。臭い物には蓋をしろみたいな。ある意味特別扱い。そんなことをしても何の意味もないと思うんだけどなぁ。まぁかといって日本で使えないネタってのもあるんでしょうけど。そこらへんは色々か。

そんなヘルシング、っていうか、今カタカナ表記を見て思ったけど何かヘルシーでさわやかだ。どうでもいいですね。HELLSINGですが、暇があったら見た方がいいっす。絵も音も声もいいから見ていて楽しいでやんす。何やら一度作ったけど出来がいまいちだったから作り直したりしてるとか。おかげで発売日が延びたりとかはしているようですが、さすがにクオリティーは圧倒的なものがあります。今年度に見たOVA/TVアニメの中ではダントツじゃなかろうかと思う次第。

まぁとにかく、見れ!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

名無し島パッチがきていたの巻

何やら新パッチですよ。新マップに行くにはクエストしなければならないのですが、前提クエストは既に終わっているのでどーんと待ちかまえていたのですよ。

伊豆の飛行船に乗って指定場所にいったのに何故かクエストが始まりませんよ。やったふりしてやってなかったのですよ。なんてこった。あれー。

よく遊ぶキャラは全部やってたと思ってたんだけどなぁ。しかも緑ハーブ地獄のクエストをやっていないキャラまでいたとは。しょんぼりにも程がある。

やったふりしていたけど全くやっていなかったのはアサシン。VITLKは火山基地潜入は終わっていたけど歴史学者が終わっていないだけだった。AGILKは・・・見てないけど多分終わっているはず・・・。EXP目当てでやった・・・。やったと思う。やったんじゃないかな。まちょっと覚悟はしておけ。

そんなわけでほぼソロ行動役のアサクロのクエをやる。歴史学者・誘拐事件・火山潜入と3つやらなければならないのだが、どれも中々大変。特に後ろの二つが鬼クラス。トール火山の敵の強さもさることながら消費アイテムというか緑ハーブ使いすぎ。このクソラクダめ。文句言ってもしかたないのでやりましたよ。EXPはわりと貰える。どれも1Mとかそれ以上は貰えたはず。

そんなわけで、名無し島に突撃取材。

島はフィールドマップみたいな感じで修道院が中央にあってそこが主戦場な感じに。島に出る敵も割と強い。バンシーいるし。何か変ないやらしいスキル使ってきよる。

うむ。島の時点で前衛がソロで来るようなところじゃねー! しかしせっかくなので修道院の中に入ってみる。

バンシーが無駄に強くて怖い。雑魚は雑魚だけどゾンビなんとかも結構強い。SB怖い。スタン怖い。ネクロマンサーが鬼のように強くて怖い。ここらで一つ熱いお茶が怖い。

あまりに怖いのでVITLKでPT組んで行ってみた。3Fに。

特にネクロマンサーの強さというより、厄介さは群を抜いてる。いやらしい攻撃が多すぎる。致命的な傷とかいう、HP回復手段が全て弱まるという酷いスキルを使ってくる。ヒール貰っても白スリム飲んでも何やってもいつもの半分位しか回復しないという。しかも常時RS張る、謎の全物理攻撃耐性、QM、TS、詠唱延長?。あーうざー。複数体来ると割と死が見えまする。今までなら多少敵の攻撃力が過剰でも根性白ぽ連打で乗り切れたのですが、ここでそれやると速攻白ぽが尽きます。最初行ったら白スリム100で1時間持たなかった。前衛的にはかなりきびしいっす。

逆にSGは良く効いている様子。何やらネクロマンサーは物理耐性を上げて魔法耐性が落ちるスキルを使っているようで。こっちが下手に手を出してもRSで反撃されちゃうからもう壁に徹するのがいいような感じが。

そしてなにより名無し島の修道院で一番うざいのが、視点制限。室内視点。トール火山2Fより酷い。これのおかげで満足に動けもしない。視界外から狙撃されたり前進んだらモンハウだったりもう大変。正直二度と行きたくなくなるくらい遊びにくい。なんじゃこりゃ。こんなんで難易度調整ってそりゃねーべよ。

あ、名無し島フィールドマップに出る敵にヘルプードルというわんこがいらっしゃいます。地獄からいらっしゃったプードル。そのわんこ、攻撃してHPが減るとHELPエモを出して逃げ回ります。

HELPードル。

責任者出てこい!

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

EXP2倍期間が終わったのでイノシシ狩りの巻

寄り合いで焼き肉食いに行ったまではいいけど、そのあとぐだぐだ二次会が始まった上に帰りは主催者の車で送り迎えな至れり尽くせりなおかげで、逆に帰りたくても帰れない、そんな陸の孤島に拉致されてしょんぼりな今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、WLOに関しては放置しかしないのでいようがいまいが一切無関係ですのでこれに関してはいいのですが、辛かった。二次会。12時間。飲み過ぎて頭が痛くて死ぬかと思った。

そんなどうでもいいことはおいといて、WLOですよ。

二倍期間は氷山3Fで狼やクマーと戯れておりました。おかげさまでレベルは66>70、69>72に上がりました。最初はNPCのレベルが53と1レベル足りなかったので雪だるま狩り。54になって即オオカミ。正直雪だるまの方がずっと強いです。ドロップは雪だるまも結構良いのですが、レアが錬金百科Iなので何か勿体ないというか微妙というか、やっぱり貰えるならIIの方がいいじゃないすか。IIIは誰が落とすか知らないし。

そんな感じでオオカミで放置したまま飲んだくれていたのですが、錬金百科はノードロップでしょんぼり。しかしNPCが57まで上がったので一度ぼこられて逃げるようにして帰ったイノシシ牧場にいってみることにする。

イノシシはマヤの街に隣接するマップ。とにかくイノシシらしく数が多い。うり坊三昧。最初の数が多い上に増援も有りなので回復専門役がいないと正直無理なご様子。火近接+加奈子、水補助+加奈子という手持ちのキャラの中ではHPが一番多いメンツでいってみた。

マヤを北に抜けて最初のマップからイノシシがわんさか。ここで出るイノシシはLv72。しかしここはとりあえず通るだけで奥に行ってみる。

奥は肥イノシシとイノシシキング。最高レベルは75。相変わらず子だくさん。見た中では最大7匹登場するので初回フリーズ+レインアロー、以後フリーズ+素攻撃という作戦で。とはいえ、2ターン目以降はあんまりフリーズも使う暇もない。数が数な上に攻撃力も割とあるのでHP1000ある加奈子さんでもたまにお陀仏する。もっとも常にHP全快から開始していたわけではないけども。

しかしレベル差なのかSPDの差があまりないのか連携率が大変悪く、EXPドロップ共にいまいちだった。レア的には半透明の魔晶石を落とすらしい。正直いらない。ドロップする物は野菜だらけ。最大でも5等級なので、料理素材を拾うっていうんじゃなければしょんぼりもすぎるドロップ内容。

数時間放置してみたけど、やっぱりいまいちなうえに消耗が激しい。常に癒しの水を展開しているような感じ。これはよろしくないということで、街隣接マップまで戻ることに。

こちらで放置してみると、イノシシキングの方よりずっと稼げるご様子。なんせ連携率が全然違う。通常ドロップは大差ないんだけど、9等級の豚肉が出るし、何より錬金百科IIがでるのでこちらのほうがよさげ。野菜もいらないのでリサイクルして蒸しパンにしてから麺へ加工することに。どうせ半日で拾った野菜を全部売っても6000程度だったし。本はうまく連携したときにでたので3冊頂けて良かった良かった。

しかし、結論としてはまずかった。激まずと言っても良い。基本的に等級が2-5のものばっかりなのでさっぱりNPCから金を引き出せない。EXP的には狼熊よりはいくばくかいい程度。ドロップ分のがっかり感をひっくり返せるほどではないと見た。

結局氷山や南極に戻ることに。結局南極大冒険ですよ。

テーマ:Wonderland ONLINE-暗黒の禁術- - ジャンル:オンラインゲーム

«  | HOME |  »

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。