FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更GTX285をOCして遊ぶの巻

1年ほど前に買って特にOCとかすることもなく使っていたわけですが、やっぱりROとかのかくかくっぷりは気になったり、PCSX2の動作時、ちょいちょいがくがくするなぁ、と思ったのでGPU-Zで動作クロックを見てみるとやっぱりクロックが最低レベルですよ。ROはともかく、PCSX2なんて常時フルで動いてくれてもいいようなもんなのに。実際はLow Power 3Dでの動作になっててがくがくしておったりします。

で、これを何とかならんもんか、と思ったのが初めなんだけど、色々よくわからん。最初はゲームするときだけでもRiva TunerやATIToolで2D/Low3D/High3D全部最高クロックで固定にしときゃいいじゃん、と思ってたらこれができない。特に2D設定。3Dと同じクロックにするとフリーズしまくり。なんでやねん。っていうか、設定するだけならいいとして、ROすると速攻フリーズする。なんでやねん。

ちなみにうちのGTX285は3DMarkがちゃんと動くのは大体コア720MHz/メモリー1350MHzあたりでここらが実用限界。あんまり耐性ない。でもだがしかし、500MHzそこそこでフリーズはないだろうと。なんだけど、少しだけど試したところ、コア500MHzを越えるともうあやうい。2Dと3D処理とでは使ってる部分か何かが違うんだろうか。

そいや、RivaTunerでは450MHzまでしか設定できない。メモリーは150MHzまで。Low3Dは設定不可。ATIToolなら自由自在。が・・・フリーズしまくりだからRivaTunerでは変更不可にしてるんだろうか。謎だ。

結局、2D設定は500/500、Low3Dが550/1000、High3Dが650/1250ってところがROも3Dも動く無難なところっぽい。3Dはともかく、2Dはいっぱいいっぱいな気配も。ただ記憶が曖昧だけど。

で、今更気がついたんだけど、RO中において普通は最低クロックで動作しているんだけど、長時間定格最高クロックで動かすとこれもやっぱりフリーズ。やっぱり挙動がよくわからないなぁ。

とりあえずROってDirectX7世代だっけ?8だっけ?とにかく古すぎるから今の進化しまくりのグラフィックカードとか今時の環境とじゃ正直相性が悪いんだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

アマゾンのバナー復活させてみたの巻

特に意味もないけど、アマゾンバナー付けてみました。

っていうか、以前付けていたんだけど、個人情報が抜かれ放題問題が出た時期に外してそのままでござんした。

で、なにゆえ復活させたのかというと、なんとなくです。理由も特にないのですが、ランダムで何か変わるものが付けたいなぁ、と。俺様を楽しませるために。プレビュー時にしか見ないですけど。

ちなみに、うちのブログでアマゾンのアフェリエイト収入は今までで153円でございます。もちろん、俺様がリンクを張って買っての自作自演アフェリエイトもございます。むしろ半分以上はそれでございます。あー、思い出した。先月、簿記用ソフトが5万円くらいだったんだけど、アフェリエイト経由させるの忘れてた。しょんぼり。

カルミナ・ブラーナ探索の巻

今から15-20年位前にTBS系列でビートたけしと所ジョージがやっていたバラエティ番組で、「ドラキュラが狙ってる」というものがありました。立川談志もよく出ていてとても好きだったんですが、今回ネタにするのはこの番組のことではなく、この番組の1コーナーで使われていた曲。

コーナー名は「ドラキュラ裁判」。このコーナーはゲストをポリグラフC4(ポリフィックC4?何かそういう感じの名前)という嘘発見器にかけるという趣旨なんですが、それはおいといて、その嘘発見器の紹介時の曲。

当時は全然知らなかったんですが、今何となく思い起こすに、カルミナブラーナというか、「O Fortuna(おお、運命の女神よ)」だと思うんですよ。思うんだけどなぁ。まちょっとは覚悟しておけ。

で、その「おお、運命の女神よ」ですけど、ハイハット音がチキチキしているようなハウスだかテクノだかのミックスだったかと。かなりかっちょいい曲だったんですが、番組中やエンディングクレジットにも曲名表示が無かったので謎でございました。

そのことを突然思い出して、今のネットワークが発達した世の中なら何かあるんじゃね、ってゆーか、ようつべでも探せばあるんじゃね? 的に思って探してみました。

みましたが、最初に言っておきますがどれか分かりませんでした。

だっていっぱいあるし。もっと大問題として番組で使われていた曲をはっきり覚えていない。カルミナ・ブラーナってのも「今思えば」ってだけだし。そんな中でそれっぽいのを。

Apotheosis - O Fortuna (Apocalypse Chorus Mix)


リリースが1991年らしいので年代的にもこれな気がするなぁ。チキチキ言ってるし。俺様記憶の中では最も近い音です。

つーか、当時はジュリアナが流行るか流行るちょっと前くらいだと思うんですが、音的には完全にそんな感じですよね。少なくとも90年位までは日本の音楽は海外のちょっと遅れで流行ってましたからねー。電子楽器の隆盛とか無駄にオーケストラヒット使いまくりとか。もっと前になるとビートルズとかなるんだろうけどそこら辺まで行くと興味なし。って、Apotheosisはどこの国の人だろう。

テーマ:テクノ・エレクトロニカ - ジャンル:音楽

TV見まくりの巻

HDUCというへっぽこチューナーを買ったからにはとりあえず地デジりまくるぞ、ということで結構TV付けっぱなしにしております。もう10年位は録画か狙った番組しか見ない生活をしておったわけですが、こんな感じのTVの見方は本当に久しぶりでございます。

で、いつも見るのねぇねぇ言っていたわけですが、面白い物は面白いですね。

というか、ブラタモリがとても面白かったってことなんですけど。こんなおもしろいものを見逃していたとは。感じとしてはNHK製タモリ倶楽部って感じで、特筆すべきは多分これ、NHKにしては珍しくというか、ほとんどないと思うんだけど、アドリブ取材というか脚本とかそういうものがない番組っぽい。そこら辺もなかなか楽しい。テーマが秋葉原ってところも引きつけられた要因だったんだろうけどいい温度の番組でようがした。

あとはなー、オリンピックくらいだろうか。積極的に見たいと言うほどでもないんだけど、見れば見ちゃうなー。ジャンプでアマンすげーみたいな。っていうか、ジャンプの本試合の前にNHKがアマン特集みたいな番組流しやがって。そりゃアマン贔屓にもなりますわな。ってか贔屓というより圧倒的強さで本当にすげぇ人なんだなぁと思うだけだったわけですが。あと映画以外の5.1chって初めてな気がしてきたけど中々いいなー。まだ慣れてないからびっくりするのがいい。観客が物を落としたのか何かぶつけたのか、そういう音が後ろからすると一番びっくりできて楽しい。

あとなんだろー、今まで見てなかった鋼の錬金術師を試しに見てみたら面白そうな気配を感じた。ってかいつか見ようと思っていたんだけど、途中から見るとあれだなーと思ってずるずると年月が経ち、気がつけばもはや見られないということになっていたのでこの際、ということで見てみた系。やっぱり見ると面白いな。がしかしきっとかなり前からやってるだろーこれー。どうしよう。束でごっそり大人借りか。

あと何みたかな。あんまり覚えがない。やっぱりTVそんな見なくてもいいか、とは思った。

がしかしだ、H264とかに変換しておきたい。なんせ10分1GBのファイルサイズはうぜー。MP4系で10分100M位でおさめておきたい。多分再生に関しても録画したソフトじゃないと見られないんだろうし。よくわからんけど。とりあえずMPCにtsファイル放り込んだら、こんなファイルしらねーって言われるし。

こうしてTVみまくりで段々HDUCの不具合とかも感じるようになってまいりました。たまに予約しているわけでもないのにチャンネルが変わる。たまにというか、一度か二度そういうことがあった。

それからPCSX2なるPS2エミュレータを動かしながらTV見てると、たまに10秒くらいフリーズすることがある。そうするとPCSX2の音が壊れたり、HDUCの音が無くなったりする。これに関しては誰が犯人かわからない。むしろPCSXのせいな感じがしないでもない。しかしサウンドブラスターなのかもしれない。わからんちん。

ROやりながらのTVはまだそんなにやってないのでまだ不具合は見てない。ただ、GvGに出ながら龍馬伝の録画はちゃんとできていた。大して負荷のかかるようなことでもないのでこの位は軽々やっていただきたし。

となると、PT2が欲しくなってまいりました。CSアンテナ&契約とか契約したらすげぇ買う気にもなるんだけどなー。どうしようかなー。

ということをTV見ながら書いてみた今日この頃。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

地デジチューナーを買ってみたの巻

USB接続でお手軽な安いチューナーを買ってみました。

SK-netのMonsterTV HDUC。7800円位だった気がする也。

TS抜きとかそういうのは対策され済みモデル。まっとうにしか使えないのですが、とりあえずどんなもんか、ということで買ってみました系。元々は独立したチューナーかレコーダーか、そういうのを液晶ディスプレイに直づけしてやろうかと思っていたのですが、高いですね、その手のもんって。それなのに特に見たい番組もないんじゃそりゃいまいち買う気も起きないというもんで。

そして店で買う直前まではHDU2というWチューナータイプのものを買おうとしていたんですが、やっぱり上記の理由から録画したうえで別の物見たいとかそういうこともねぇなぁ、と。そりゃいつかはあるかも知れないけど。なんせB-CASをまじめに使っての録画って編集とか再エンコードとかできないんでしょ? よくわからんのだけど。だったら別に適当なのでいいよと。

で、結局一番シンプルなモデルに行き着いたわけですが、十分ですね。バラエティーとか特番とか1時間以上TV見るなんて正月前後くらいだけな生活を数年やってたもんで、すっかりTV見る癖がなくなって。アニメばっかですよ。マンガだらけですよ。まんだらけですよ。きてみろりんですよ。そういや飯島愛も亡くなったんだったなぁ。というのは脱線で。

で、別にオリンピックだから買ったとかそういうのでもなく、何となくなので付けてみたところで特にこれといって見る物もなく、かといってせっかく買ったんだから何か見ようということで、オリンピックを見ていたんですが、ちゃんと5.1chで出力されるんだなー。観客の声が後ろから聞こえて誰だ! とか思ったらそういうことでござった。俺は江戸時代の人か。

スピードスケートの紐パンすけすけは凄まじい、とかカーリングよくわかんねーけど見れば見続けられるなぁ、とかそんな具合でぼーっと見ている寸法でございます。

しかし地デジってもそんな綺麗なわけじゃないのね。例えば政治家のスーツとか暗い部分って何かこうちらちらしてるじゃないすか。他でどうかは知らないですが、するんですよ。多分これがすぱっと見えるようにするには何らかのフィルターを通さないと駄目なんでしょうけど。いかにも圧縮動画だなー的な。それでもアナログのノイズ&ゴーストに比べたら綺麗ですけど。

まぁ見るだけならそこまで気にしないので普通に見らればいいんだけど、録画はやっぱり問題だ。管理しづれー。1分100Mのファイルなんておいておけねー。移動不可とかもだりー。

CS入れたりでもしたらそこら辺自由にできるもん買おう。地上波はこれでいいや。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

サブPCのHDDを新しく・・・古くしてみたの巻

HDDを新しくしたんですが、7年前の物をこの間までメインPCの起動ドライブだった5年まえの物にしたことを新しくしたというわけにもいかないので、そういうことですよ。倉庫用HDDが3年前のものだし。だがSATAなHDDです。サブPCに3台付いているHDDでは唯一のSATAデバイスですよ。そんな寄せ集めにもほどがあるうちのサブPCですよ。

で、こんなへっぽこHDDに載せ替えるのはいいとして、だがその程度の物にOS入れ直しするのもめんどくせー話ですので、HDDコピー系ソフトを使ってみた。

EASEUS Todo Backup 1.1
EASEUS Partion Master 5.0.1 Home Edition

この二つ。
フリーウェアなのに市販製品にも劣らない高機能っぽいという素敵なソフトウェア。

使い方はぐぐると丁寧に解説してるところが一杯あるのでそっちにおまかせ。

バックアップとる方のソフトでHDDのイメージファイルを作成して、それを別HDDにリストアする、的なやり方。しかしそうすると、元のHDDとの使用状況の違いでパーティションが全部使わなかったりもする。今回は元のHDDがシステムドライブに20GB、その他100GB位がデータ用と分けていた。そして新しく使うHDDは80GB。そのままリストアすると60GB位の未使用パーティションができてしまう。

それゆえのパーティションなんちゃら。パーティションなんちゃらを使うとWindows上からパーティションのサイズ変更が出来る。こりゃ便利。

リストアする際にMBRとか元に戻すかどうかにチェック入れないと起動ドライブとして使えないはずなので注意。

そして普通に使えているでございます。

で、何が変わったかというと・・・多少余裕のある運用ができるようになったかな程度。というか、システムドライブに20GBでいいだろ、的な時代からのパーティション構成なのでOSとVMwareでもう手狭感はあったりした。そこへいくつかゲームいれるともう狭すぎる。

元は起動ドライブだったパーティションにはVMwareとキャッシュ系のファイル置き場に。どうせVMwareなんて断片ファイル製造マシンなんだから使用状況は似たようなもんであろう、的な。ってかシステムドライブとVMwareは分離すべきだなぁ、と何年も思いながら使って今やっと変えるというのもなんですけど。

ちなみにベンチとってみたら新旧のHDDの読み書き能力はほとんど同じでやんの。まぁよし。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

アチャDOPカードがでねぇの巻

カヴァク=イカルス狩りに関しては何度か書いてるし、やり方変えたわけでもないので、特に書くこともないかと思っていたんですが、あまりの出なさっぷりにぶちきれたので愚痴を書くことにしましたよ。

基本はSpP Lv1による一確狩り。それだけです。以前と違って回復アイテムに魚ではなくアイスを使うようになったため、経費が大幅節約。さらに正月に買っておいたモチを使っているため、1回(25分前後)の出撃コストは60k前後。

そんなもんだから、お手軽にやれるなーと、お手軽にちょこちょこやっておったのですが、出ないんですよ。野郎のカードが。どのくらいでねぇかと言えば、
ro2010021501.jpg
この位でねぇでございます。

鋼鉄の矢筒といえば、1%のドロップ率。それが118個ということは大体12000匹前後を倒していることになるのでございますが、出やがりません。矢筒も完全に全部拾っているわけでもないのに、全く困ったもんですよ。

結構前から本当にお手軽に始めたんだけど見事などつぼですよ。さくっと1枚拾ったら、小銭を手に入れて、あとは放置していた騎士かプリをまったりあげようかと思っていたのに。もはや引くに引けなくなって参りました。こんなことになろうとは・・・。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

SSD用ケースを買ってみたの巻

インテルのSSD、X-25Mと同時購入した2.5インチ>3.5インチへの留め具が全然合わなくてそれでも無理矢理くっつけていたんですが、本日、PC屋をぶらぶらしていたら素晴らしげなものを発見しました。

技あり!楽ラック!2.5(CERS25-BK)

まさに俺様にあつらえたような製品。SSD2台でRAIDしている人に最適。2980円でご購入。

2.5インチのHDDやSSDを3.5インチのFDDとかHDDとかの装着部にぴったりはめられるHDDラックであります。しかも二台収納可能。電源が入ると前面のLEDが光るので、FDDポジションに装着するのが最適かと。まぁ光ったところで何だ、って話もありますが。別にアクセスランプみたいに光るわけでもなく通電してるってことがわかるだけですから。

と、思ったら説明書によるとアクセスランプも兼ねているらしい。とりあえずX-25Mじゃ反応なし。普通のHDDなら反応するのかも。

しかし、買うときは微妙に躊躇した。2.5インチHDD/SSDに最適としか箱に書いてない。何mm厚なのかが書いてないんですよ。がしかし、そうそう一杯規格もねぇだろう、大丈夫だろう、と楽観主義を発動させて買ってみたらHPには9mm厚のみ対応と書いておりました。箱に書いとけコノヤロウ。説明書にも書いてないじゃないか。

ともあれ、X-25Mはちゃんと規定サイズなのではまります。

奥には電源とSATAコネクタがあって、ドライブを嵌めるとさって、電源とSATAコネクタはこのラックに差すことになります。電源は一本で二つに分けるご様子。SATAはそれぞれ1/2ともケーブルを差すところが御座います。御座らなかったら困ります。

で、このラックにはめると前面はいつでも取り外しができるような感じになっており、ホットプラグとかできるようにもなっているんですけど、私の場合はRAIDなので間違って蓋を開けてしまったらドライブが抜けて悲惨なことになりそうなので、付属の鍵でロックしておきました。鍵と言っても六角のねじ回しで空くような鍵なんですけど、少なくとも謝って開けちゃったとかは防げそうです。鍵は無くさないようにしないと・・・。

ただのケースなので予定通り装着できてしまえばもうなにもすることはないんですが、少なくともちゃんと固定されて良かった。さすがにサイズが合わずネジ二本止めってのはどうかと常々思っておりましたので。

あと、ついでに埃でも払ってやるかと思ったら埃どころか、もはやタンブルウィード。もしくはまっくろくろすけ。本体下面の空気取り入れ口が凄いことになっていた。そりゃ気がつけば速攻ファンが埃だらけにもなるわな。

ファンといえば、蓋を閉める前の動作テスト時に、くろすけを取ろうとして背面ファンで手を擦った。擦り傷はほっときゃ治るのでどうでもいいんですが、異音がするようになった。しょぼーん。お前も勝手に直ってくれよ。まぁいい加減、排気ファンも5年以上使ってるんだから何とかしてやれクラスなんですけどね。

さらにファンでついで。コルセアのメモリー買ったときに付属してきたけどほっぽってたメモリークーラーを付けてみた。三連装ファンなのでうるさそうで付けてなかったんだけど、どうも最近、メモリーまわりが調子悪い気がして。はっきり言えないけど、いままでお手軽にOC出来てたあたりだとよくフリーズするようになってきた。というかPCSX2でプレステ2エミュレートしてるとかなりの頻度で落ちる。原因がよくわからん。わからん時は熱かな、と。

で、付け方よくわからんのですが、メモリー外す時に開くところに引っかけりゃいいんですよね。風向きはダウン方向なのでとにかく上にくっついてりゃいいと思うのでそれでいいとは思うんですが。

ファンの回転数は5800rpm位? 多分これだとおもうんだけど、回りすぎ。が、別にそこまでうるさくもないからいいか。どうせ静かなマシンでもないし、音楽流してりゃ気づきもしない。

しかし謎のフリーズ現象は前々からあったものの、大抵はROとPCSX2を同時起動してる時くらいだったのでほっといてたのですが、Windowsの起動でもこけるのはどうなのか。

その前にBIOSのメモリーテストでもこけることもあった。Memory Checkと出るところがMemoで少し止まってリブート。BIOSのデフォルトでは普通に起動するんだけど。それからメモリーチェックの時にMeで少し止まるんだけど、前からこうだっけかなぁ。記憶がないなぁ。動けばいいんだけどさー。気になるなぁ。

原因不明のフリーズが解決する日はくるのだろうか。正直、心当たりが多すぎてめんどくせくなってるのもまた事実。故にこれでいいのだ。

音関係のソフトをいろいろの巻

Exact Audio Copyを新しくしてみた。
インストーラーで言えばeac-0.99pb5.exe。4年ぶりの更新ですよ。この手のフリーウェアは中々更新をさぼりがち。そもそもあんまりCD買わないし、コピーするってこともあんまりないし。

がしかし、手持ちのMP3がむかーし作ったものばかりだからビットレートが128kbpsだったり、少し時が経ってHDDに余裕がでてきたせいか、192kbpsだったり、320kbpsだったりそんなもんだからここは21世紀らしくAACでエンコードしてみようかと思ってみた次第。

正直、iPod使ってるならiTunesでエンコードしときゃいいじゃないか説もあるんだけど、あのソフトの設計思想が嫌いなのでEACで。というか、iTunesでもエンコードしてみたんだけど、ファイル名がいい加減で、データベース接続もCDDBに記録されてるのが適当というか、大文字小文字がちゃんとしてないのが許せなかった。

使用CDは電気グルーヴのアルバム、UFO。B.B.E.はいいね。最高だね。というのはおいといて。

iTunes
mu2010020901.jpg


EACでのfreeDB(http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi)
mu2010020902.jpg

ま、正直、タイトルによりけり、って話でござんすな。

ちなみに別のCD入れるとやっぱりものによった。flying DOG アニメコレクション テーマソング・アーカイブ 80's PartIIですけど。これはiTunesのほうがよさげ。と、作曲者もちゃんと記録されてるなぁ。いいなぁ。やっぱEACやめてiTunesまかせ・・・がしかし、何でもかんでもApple様頼みなご時世もむかつくのでEACでやる!

ま、正直、自分で入力しろ、って話でござんすな。

で、話がそれたEACは本家サイト、Exact Audio Copyからいただいてくる。

それから外部エンコーダーとしてNeroAACをいただく。こっちも地味にバージョンアップしてるなぁ。これは中身のWindows用のexeファイルを取り出して適宜どっかに置いておく。

外部エンコーダーを使用する設定にして、問題はオプション。色々試した結果、

エンコードにしようするプログラムに、
C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

オプションに
/c C:\WINDOWS\COMMAND\neroAacEnc.exe -q 1 -if %s -of "%a [%g] %n %t.m4a" && C:\WINDOWS\COMMAND\neroAacTag.exe "%a [%g] %n %t.m4a" -meta:artist="%a" -meta:album="%g" -meta:track="%n" -meta:title="%t" -meta:genre="%m" -meta:year="%y" -meta:totaltracks="%x"

当然パスはそれぞれの環境に合わせて。
ってのが良い感じがするんだけど、なんかダサイ気もする。ってか、%dの変数が途中からテンポラリファイル名になっちゃったりして最終的にこれだと思った通りのファイル名で出力されるようになった。

ファイル名に関しては人それぞれ流儀があるだろうからそこら辺も適当に。通常は、"%a [%g] %n %t.m4a"を%dにすると、普通に"曲名.m4a"になる。しかしファイル名が曲名のみだと全部まとめてディレクトに放り込めないんだよな。それはそれでうざい。がしかし、ものによるか。ああ、考えれば考えるほどファイル名とか置き場所とか気にくわなくてもiTunes任せで見て見ぬふりしてすごすのが幸せな気がしてきたぞ。困った。もう流れに身を任せてしまおうかなぁ。

でもファイラーからファイル一覧で見られないのは面倒なんだよなぁ。と思ったがこの間から使い出したEverythingというファイル検索ソフトがあるな。いよいよiTunesでいい気もしてきた。

つーか、さんざん無理矢理目の敵にしてきたiTunesメインでEACをサブで使うのが楽な気がしてきた。いよいよ俺様の反骨精神も終わりがきたようだ・・・。無念。

おけ、iTunesメインの体勢を築くぞ! ジョブズ様マンセー!

ログインうぜーの巻

ワンタイムパスワードが導入されて以来、Internet Explorer6ではパスワードが記録されず、いちいちコピペせにゃならんのでうぜーと思っておりました。しかし、PC構成が微妙に新しくなったのを機にIEを8にしてみましたとさ、って話。

ところが、IE8ではROで2PCやったりとかのアカウント切り替えが超うぜー。まじうぜー。普通にアイコンダブルクリックから立ち上がるIE8は同一セッションらしく、IEを二枚立ち上げても後から認証した方に統一されてしまう。何か上手く言えてない。つまり、IE6ではIE二枚動かしてそれぞれ別アカウントで認証してあとはゲームスタートを押せばどっちでも立ち上げられる、ってやっていたけど、それができねーって話です。

解決方法は、IE8を立ち上げる際、1枚目は何でもいいんですが、2枚目はIEのメニューから「別のセッションで~」ってやつを立ち上げる。そうすると二枚別のアカウントでログイン状態をキープできる。

がしかしだ、IE8は1枚起動ROログインタブ1枚でも2プロセスで合計50MBのRAMを使用なさる。それが2枚となっちゃ4プロセスでメモリー使用量も100MBですよ。いわゆる100メガショックですよ。ただのログインするだけのものに1GBしかないメモリーを10%も使われちゃかなわん、ということであれこれやってみたのですが、同一セッションで別アカウントのキープは結局できなそう。知らないだけかもしれないんですけど、もっと良い方法を発見したので。

RO WebLoginですよ。ログインするためだけに100MBもメモリー食われるのが馬鹿らしくなりますよ。このソフトウェア単体では30MB弱のメモリー消費で済みますよ。意外と食うな。しかしIE2枚よりは遙かにマシですよ。しかもブラウザなんていらずに簡単ログインできますよ。これは素晴らしいですよ。今更知ったことを後悔するくらいですよ。言ってよ!

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

リニューアル旧PCの巻

Athlon64 3500+ から Athlon64x2 4200+ へ変更、グラフィックボードをRADEON HD5770に、さらにマザーボードのコンデンサやばすぎに伴い、同モデルに交換、という素直に新規システムにしろよ的な変更を行った、旧PCというかサブPCですが、ちぐはぐっぷりは感じつつも、怪しげなところもなく動いているご様子。

どこら辺がちぐはぐかというと、グラフィックボードですよ。なんせマザーボードがPCI-Express1.1なのに刺さってるのは2.0(多分)。転送レート的にもフルで出てないんじゃないかな。HD5770が1.1の帯域一杯使うかどうか知らないけど。

あとはメモリーが1GBにグレードダウン。認識してくれねぇんすもん。もうしょんぼり。

だけど、動いてます。

最初、HD5770を付けた直後は、.NET Frame workだかそこら辺が全く入っておらず、ドライバを入れ終わってから、インストーラーから.NET入れろ馬鹿野郎、みたいなことを言われたので、すみません今入れます、といれたのですが、そのあたりでラグナロクオンラインを試しに起動させていたとき何度かフリーズしました。

しかしその後WindowsUpdateで.NET関係がバージョンUPされてからはフリーズしたときと同一の行動をとってみましたが、大丈夫っぽいです。多分。まぁ一週間程度しか動かしてないのでなんともなところはあるんですけど。

ちなみにHardware Monitorという温度表示ソフトを動かしつつ、ROを動かすと高確率で落ちてました。

あ、あとケース。Cooler MasterのSileo500という静音系のケースにしたんですが、確かに静か。ただし、HDDへのアクセスが無い場合。HDDのアクセスがあるとゴリゴリ響いてうるせーです。たしか6年物の7200rpmな古いHDDを使っているので遅いわうるさいわカチャンと音するわで今となっては駄目っ子HDDなんですよね。低速回転の静音HDDならいいんだろうか。中のファンの音とかは随分静かになったんですけどね。っても以前使ってたとりあえずなケースよりはマシなのは確かです。そう思わなきゃやってらんねーぜ! と言うと無理矢理思ってそうですが、静かは静かです。

これをいつまで使うかは謎ですが、しばらくは使うことになりそう。

あとはこの際、ということで、IE8を入れてみたでやんす。

と、書こうと思ったけど、話的にRO関係になりそうなので分けよう。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

RDT271WLMのスピーカーつないでみたの巻

そういえば最近SSDを買ったりOSの設定いじったりしていたりした都合で、その間の再起動の暇つぶしとしてサブマシンで動画再生とか割としていたわけですが、スピーカーはメインPCのほうで音が出ない、困った、そういえばRDT271にはスピーカーが付いていたじゃないか、これを使おう、となり使うことがないであろうと思われていたRDT271のスピーカーを使ったがあまりにも糞スピーカーすぎたな、という話です。

結論を初っぱなから出したうえで、日本語でおk、な文章ですが、そういうことです。駄も駄、駄スピーカーです。とりあえず音も出ないこともないよ、程度です。むしろ懐かしい感じの音です。25年前にうちにあったラジカセの音です。ステレオ感とかもないです。しかもスピーカーは背面上部にあるらしくこもって聞こえます。まぁそんなもんです。

どうせならば、RADEON5770からのHDMI接続ならどうなるか、ということを書こうと思ったがHDMIケーブルを持っていなかった。うーむ、RDT271に何かケーブル付いてきた気がしていたが、Dsub15ピンとDVIだけであった。しょんぼり。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

@PEDIAうぜーの巻

検索エンジンの上位にがんがん出てくる癖に、ページを開けば、
「~~~」はまだ編集されていません
とかうぜーぞ馬鹿野郎ってだけの話なんです。それだけです。

つーか、@PEDIAって書かれているページを見たことないんだがなんだねこれは。Wikipediaと何が違うのか。棲み分けを模索しているのか、多様性を目指しているのか、何にせよ、開けば「くそったれ」と思ったことしかないです。きっとgoogleと提携してるか何かなんでしょうけど、うぜー。

ってか最近こういうページやたら増えたなぁ。ある意味フィッシングサイトだな。うぜー。

SSDの寿命を考えるの巻

SSDを導入してみて一番気になることは寿命。きっと他の人も多かれ少なかれ思っているに違いない。たぶん。

そこで、実際どんくらいの寿命があるもんなのか、俺理論に基づき考えてみることにした。

うちのSSDはインテルのX-25M 80GBを2つRAID0で接続している。ということは実質160GBのドライブとして考えていいに違いない。ということで160GBのSSDとして考えていこう。

MLCタイプのフラッシュメモリーは書き換え可能回数が約1000回と言われているので、総書き込み可能量では160,000GB、っていうか、160TB。

X-25Mは記録セルがかぶらないようにやってくれるそうなので、160GB分の書き込みが完了したところでSSDの寿命回数券が1回使用されると考える。回数券の数は当然、1000。

追記 10000回だったかも。追記しといて調べないのは流石俺様。

1日に1GBのデータが書き込まれると仮定すると、16万日、即ち、438年。うむ、ありえねーな。しかし1日の書き込み回数が10GBとしても44年位持つのか。うーむ・・・JMicronチップ用のユーティリティーに寿命予測ソフトがあるけど、普通に使ってる人によれば2年とか半年とか現実的な数字なんだけどなぁ。ウェアレベリングとか言う平均化書き込みの有無の差なんだろうか。

じゃ実際、どれくらいSSD/HDDに書き込まれているのかをEverythingなるファイル検索ソフトを使って調べてみた。

前もって断っておくと、これは物凄く個人差のあるところだし、具体的に何を使ってどうしたとか言わないと意味もないんだけど、そんな細かいことをやりだしたらきりがないしめんどくせーので、俺様が8時間普通にPC使った結果、としか言わない。

すごく普通の日に8時間動作させた後、SSD/HDDで更新/作成されていたファイル。
735ファイル 60MB

うち、SSDに書き込まれた物のみ。
384ファイル 2.2MB

思った以上に書き込まれないもんだなぁ。SSDのシステムドライブに書き込まれているのはほとんど細々とした設定ファイルの類とカスペルスキーの更新ファイル。

この調子じゃ計算するまでもなく、現在使っているSSDが陳腐化するまで使えそうだ。むしろ死ぬまでどころか、三代先でも使えそうな勢いだ。

がしかし、それはあり得ない。そもそもフラッシュメモリーである以上、ほっときゃいつかはデータが消えるはず。これは書き込み寿命より早く来るような気がするんだけど。ものによってはある程度時間が経過したファイルがあればSSDのコントローラーの方で書き直ししてくれるらしい。そこら辺、インテルのSSDってどうなんだろうね。そういや知らない。

と、まぁ、雲を掴むような皮算用をしてみましたが、本当はもっと厳しいのは違いない。何故なら、一度書き込んだらまず更新しないファイルというものも結構あるわけで、というか、データ量からしたらそういうファイルがほとんどなわけで、例えばそれが50GB分あるとすると、うちの残り容量は110GB。つまり、この残り容量で書き換えとかも起こるわけだ。ってことは最初の方にした皮算用では160TB分の総書き込み可能量としたものが110TBということに。寿命がぐっと減ります。

結局、結論としては寿命はどうか使ってみなけりゃわからんですな。なんだそりゃという結論ですが、おらの頭じゃわからんぜ。個人的には5年位持ってくれればありがたいかなーと。

日本HDD協会では1日20GBの書き込みで20年(PDF)とか言ってるし。他のメーカーもMLCタイプで似たような数字上げてるし吹いている数字でもなさそうだ。

というか、書き換え回数気にするくらいならがんがんSSDの高速っぷりを堪能していたほうが良いような気がしてきたぞ。書き換え回数の前に別の理由で寿命を迎えそうな気もするし。現状の、一時ファイルとかはRAMDISKにおまかせってのは継続だけど、インストールするかしないか躊躇とかはもうやめやめ。わりと普通にHDD感覚で使う所存なり。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

逝ってしまわれたコンデンサの巻

pc2010020301.jpg
A8N SLI Deluxe
PCIスロットを挟んで上二つが正常なものです。

下二つがもっこりしている、あわわわなコンデンサです。
特に左側のやつは微妙に黄ばんでいて液漏れの跡が残っております。この写真じゃちょっと分かりにくいですが。

まぁ6年もほぼぶっ通しで動いてりゃこうもなりますだわね。

ちなみにうちのA8Nはメモリースロット近辺にあるものが特に酷いです。ほぼ全部ふくらんでます。ネットではCPU周りのコンデンサーには気をつけろ的なことが書いてありましたが、CPU周りはなんともないです。少なくとも見た目は。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

新生サブPCの巻

見よこの威風堂々とした構成を!

A8N SLI Deluxe
Athlon64x2 4200+
DDR 500MHz 1GB
HD5770
HDD PATAのなにか

これが2010年に新稼働したマシンの有様ですよ。しょんぼりですよ。返す返すも、何故、プレミア価格(という程でもないけど)が付いているような無駄に高くて古いマザーとCPU買うくらいなら+1万円しても新しい奴らを買わなかったのか問いつめたい、否、問いつめられたい気分ですよ。もう責められなきゃやってられませんよ。

グッドアイディアとばかりにAthlon64x2を中古で買ったところがケチのつき始めですよ。いや違うな。買う前に使用していたA8N SLI Deluxeがぶっこわれ寸前だということにすら気付いていれば良かったんですよ。それだけで良かったんですよ・・・。

HD5770だけが2010年的な、それ以外は全て5-6年前のものという、かなりのちぐはぐっぷりですが、まぁ、動いております。

しかし問題も多少。

第一の問題はA8N(以下略)のチップセットファン。この位置が最近の長いVGAには困りもので見事に干渉する。しかしA8Nはチップセットにヒートシンク程度じゃ熱で止まりまくる。一度ファンが壊れたことがあって速攻熱フリーズしまくっていたので外すわけにもいかない。よって、付属のヒートシンク&ファンを外し、別の薄型ファンを付ける必要がある。

厚さ的には5mm程度のものでギリギリ。運良く何か思うところあったのか買っていたファンがあったので取り付けてこの問題は回避できた。確かパソコン工房かどこかで買ったものな気がする。ただし、取り付け穴に全然合わないので両面テープ的な、サーマルテープって言ったっけ?それで固定・・・というのは烏滸がましい程度の取り付け。多分落ちないであろう位はくっついてるから大丈夫でしょう、きっと。

そういえば最初買ったA8Nと今回中古で買った日本語マニュアル付きのものではチップセットファンが別の物だった。BIOSも1002から1015になっていた。さすがに細かいところは修正されているもんなんだなぁ。ただしその他は多分同一。

それから同じMBだからそのままWindowsXPも動くだろうと思ったら新しいハードウェアとして認識されているご様子。ハードウェアIDとかが違えば別物とするんだろうか。でもドライバは同一の物なのでそのまま再起動して使えるように。

だが、ノートンのウイルス防壁(多分2005)が「てめぇアクティベートしろや」というのでそのままはいはいやってたら「てめぇ別PCで使ってんだろヴォケが」と怒られて使えなくなった。まぁよし。どうせあと数日で期限切れするところであった。また消して入れ直せばよいのだよ。と思ったんだけど、普通に毎年更新しているカスペルスキーが2ユーザー対象になったんか? なったんならカスペ使うんだけど。気のせいかな。ATOK2010買おうか買うまいかジャストシステムのサイトで迷っているときにそんな記述をみたような見ないような。後で確認せねば。

と、そこら辺はいいとして、大問題。

CPUをAthlon64 3500+からx2 4200+に変えたらメモリーが1GBしか使えなくなった。3500の時は512MBx4で使えていたのに。何でだ? メモリーコントローラー内蔵なCPUだから相性とかそこら辺? でもMBの説明書ではRAM2枚で使うならA-1とB-1に差して使えとか書いてあるのにその挿し方だと「ピーピピ」とメモリーエラー発生でBIOS画面すら拝めず。全く起動しないでやんす。A-2とB-2のデュアルチャンネルならOK。しかしそこへ3枚目を空いてるスロットに差すと、Installed Memoryには1.5GB認識されているのにUsable Memoryは512MB。1.5GB刺さってるよ、でも512MBしか使わせないよという意地悪をされる。なんでやねん。もう一つの空いているスロットにさしても同じ(起動不能だったかも)。そして4枚全部デュアルチャンネルな条件は満たすように差すと前述の通りエラー。

そりゃ2枚ずつ2種類のRAMではあるけど・・・。色々調べるとどうやら初期のAthlon64x2はメモリー周りに厳しいらしい。さらに4枚差しはかなり挙動不審であると。それが異種混合ならなおさらであると。全く困った話だ。

新しいの買っておけばよかった、という思いを一気に加速してくれました。もうしょんぼりですよ。WindowsXPはたしかに1GBでもわりと収まったりしますが、それでもぎりぎりで、2GBあればうちの使い方では余裕が結構ある感じで、2GBは必須条件と思っていたのにこの仕打ちですよ。もうどうしよう。

XFX HD-577A-ZNFCは良い感じです。いまのところ。ドライバは何も考えずに最新の物を最初から。10.1かな。巷ではカーソルがでかくなるとか応答しないとかフリーズだとか言われておりますが、今のところ無いです。発生すると日に何度もなるらしいので多分ここら辺は大丈夫。

あとRADEONの流儀を知らなかったので苦労したあたりはHDCPの関係なのか、HD Audioドライバというものを入れなければならないというのを知らなかった。つーか、これ入れないと音でないんならドライバの中に最初から入れておけと。なんで別ファイルなんだと。そうなんす、入れないと音でないんす。出し方もあるかもしれないんですが、入れたら出たのでそういうもんなんだろうなぁ、と。別にHDCP通すような使い方もせず、普通にオンボード音源のAC97からラインアウトでメインPCのラインにつないでるだけなんですけどね。

HD5770のクロックはアイドル時というか、ゲームとか動画再生とかしてないときはコア157MHz、メモリー300MHzとかでした。ゲーム(2Dなゲームのラグナロクオンラインでも)時は850MHz/1200MHzで動くご様子。さすがにGT210の時のようながくがくはしない。ってかRO如きでする方がどうかしてる。

ついでにROといえば、Athlon64x2にHD5770だとC2Q+GTX285でもやたら重い認証直後の鯖選択あたりの重さがない。Athlon64 3500時代も凄く重かった。何でだろう。ただし、そのあたりの時はCPUが2コアともほぼ100%稼働状態。暫く待つと2コアとも50%前後に。つーかROはマルチスレッドでもないだろうに何故2つとも同じ位でコアが働いてるんだろう。謎だ。


最後にぶっこわれコンデンサの秘密画像・・・は別口で書くことにしよう。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

どう考えても・・・の巻

A8N SLI Deluxのコンデンサがぼろぼろなのにぶち切れて勢い余って即座にパソコン倶楽部で買ってしまったわけですが、どう考えてもですね、今更Athlon64x2とA8N以下略を中古で2万円も出して買うより、新しめの安いCPU、MB、DDR2メモリーを揃えた方が良かったと思いまくり。

むしろ、デュアルコアで省電力ならセレロンでもそれなりに動くわけで、2万円もだしたらお釣りがきちゃいますよね。馬鹿だなぁ。

と、こんなことをうじうじ考えるのはパソコン倶楽部が土日休みでさっさと発送してくれないからですよ。こんなことを考えさせる隙を与えるとはまだまだなり。平日のレスポンスは早かったのに。

しかしどうしよう、本気でSocket775+Celeron+DDR2にしたくなってきた・・・。

あとRADEON HD5770であるところのXFX HD-577A-ZNFCがご到着しました。最初はMBが来たら一緒に変えようと思っていたのですが、辛抱たまらず変えてみた。3D Mark06のスコアは8558。2015だったGF210の時より随分上がった。というかGF210が駄目すぎた。シングルAthlon64 3500+(2200MHz)から同クロックだけどデュアルコアなAthlon64x2 2400+に変えた影響もあるかもしれないけど。

ついでにXFX HD-577A-ZNFCのことをもう少し触れてみる。メモリーはhynix。ぐぐってみると5770の一部製品ではサムスンメモリーが使われていてそれがどうも良くないんじゃないか説というのがあったので一安心。あとはファンが静か。負荷のかかることをやらせていないからだろうけど。アイドル時の消費電力が18Wというのもよさげ。MAXはいくらだっけ。100Wくらいだっけか。まぁあとで。

で、とりあえず普通に動いているけど、謎のフリーズも。何が原因かは不明だから5770のせいとは言えず。正直、一番の原因となりうることはマザーボードの死にかけコンデンサだし。ってゆーか、よくよくみると、随分前から液漏れしていた形跡のあるコンデンサもあったし。周囲が酸化して錆ちゃってるよ。むしろよく動いていたなぁ、と。

あとまだあるけど眠いから寝る。明日A8Nが来るだろうから付けてから続きの予定。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。