FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD焼き祭の巻

もうせこせこファイルをDVDに焼く生活は嫌だ、HDDごとまるまる交換してやる! とは思っていたんですが、見つけちゃいました。以前買って放置していた50枚入りDVD生ディスク。せっかくあるのに使わないのは勿体ないのとHDDの空きを作りたいのとで久しぶりにDVD焼いてみようかなぁと思った次第。

しかし問題が。DVD焼きソフト。NERO6だかはあるけど多分結構古い。多分Windows7でも動くんだろうけどちょっと回避したいかなぁと。それならなんかよさげなフリーウェアはないものか、と思って調べたら、ImgBurnというのが現在も更新中で高性能なものらしい。日本語化用ファイルもあって使いやすそう。

何となくインストールして使って見ると確かに使いやすそう。適当にフィーリングでオプション決めてフィーリングでそのまま思った通りに動いてくれた。素晴らしい。やっぱり使いやすいソフトは素晴らしい。

特に連続でまとめてISOイメージを作ってから連続で書き込むという作業がやりやすい。そりゃNEROとか他のでも作業的に同じようにはできるけど、ウィンドウ開いたり閉じたりされるのがうざい。そういうのがないしディスクのラベルの数字を増やしていくだけという単純作業もしやすい。焼く時は作ったISOファイルをドロップしていくだけ。これなら50枚のうち数枚残して40枚ちょっとのDVDを流れ作業で焼くのもやりやすい。

そんな単純作業をだらだらやってはや数時間。ディスク的に最大16倍速書き込みで作業しつづけて、30枚完了。あと13枚。1時間ちょっとくらい。っていうか、暇つぶしでこれ書いてます。だって今みたいTVも特にないしー。と思ったら録画分消化せねば。消化消化。
スポンサーサイト

TVTestが0.7.2になってたの巻

http://2sen.dip.jp/dtv/のHDUS アップローダにTVTest ver.0.7.2が上がっておりました。

PT2付けてから0.6.9を使っていたのですが困ることもなく使えていたのであまりバージョンアップも気にしていなかったのですが最近ばたばたっと上がったご様子。

個人的に良い感じな機能はまずロゴかなぁ。なんかいいっすよね。家電TVっぽい。069でも地デジのロゴは対応していたのですが、BS/CSは何も出ていなかったんですがついにフルチャンネル対応ですよ。readmeによるとBS1に合わせてほっとけばいつかは取得できるっぽい。

設定はEPG/番組情報のところにある放送局ロゴ。多分、ロゴデータ用にディレクトリを作っておいたほうが良い気がしたのでTVTestの配下に「DATA」ディレクトリ作ってそこに入れてもらう感じに。ついでにEPGとか既存の地デジのロゴデータもそっちに。

でも多分、「ロゴデータをファイルに保存する」というところにチェック入れてファイル名指定すればそれでいいと思う。BMP~とか生データ~ってのはチェック入れなくていい気がする。ちゃんと試して書かないのが俺様。

tv2010042901.png
これで放置プレイ。

ロゴ保存ディレクトリをファイラーで開いてたら10分ほどで一気にデータが落ちてきた。BMPデータも保存とかチェック入れてるもんだから1176個?のデータがどーんと。ちゃんとディレクトリ設定しといてよかった。

タイムスタンプからするとロゴ取得開始から2秒でコンプリート。しかもBS/CS込み全部。どうやらどーんと全衛星局のロゴが送られてくるっぽい。と思ったらNHKのBS1/2とhiのロゴが送られてこねー。NHKに合わせていたのにNHK以外が全てそろうとはこれ如何に。しかしこのこともreadmeに書いてる。DTV板見ても普通っぽい。NHKのロゴを取得できたのできないのあるから、ほっとけよ的なところっぽい。ま、いつかはそろうだろう。MAGネットとか見てる間にいつか拾ってくれるだろう的な。

tv2010042902.png
NHK以外そろた。CSの方はTVTestのメニューバーからのチャンネルリストには出ないご様子。でもだがしかし、OSDもどきを設定しとけば普通のTVみたく表示されるのでよし。

他の機能としては、さかのぼり録画機能。どうやらこの機能を有効にすると常に指定量のメモリーにデータを保存しつづけ、さかのぼり録画で録画するとメモリーに確保されているものも含めて録画するっぽい。

つまり、普通にTVを見ていて、「あ、いまのところ録画せねば!」となった場合、普通はもう過ぎ去った物を録画なんてできないわけですが、この機能で過ぎ去った場面も録画できるわけです。具体的には、「パンチラが見えたような気がするけどどうなんだ、見えたのか見えなかったのか! よし今すぐ録画だ!」という感じで使う機能ですね。多分。

で、どのくらい戻れるかというと最大メモリー割り当て量が1024MB。放送内容にもよりますが、地デジの1秒当たり2MBの放送だとすると、最大の1024MB(1GB)を割り当てていると512秒(8分32秒)前の分から録画される感じっぽい。e2のAT-XみたいなSD放送の情報量が少ないやつだと1GBもあると1番組分確保されたりされなかったり位。

設定は録画の所にさかのぼり録画のメモリー割り当てサイズの指定をして、メニューバーの録画のところを右クリックするとそれらしき項目があるので有効にする。この指定をしたときからメモリーに番組が蓄えられていく感じっぽい。10分位ほっておくとたしかにタスクマネージャーからTVTestのプロセスを見ると使用メモリーが1GB越えに。

つまり、この機能はメモリーがたんまり積んである人専用機能。メモリーの空きが厳しいなら使わない方がよろしいかと。それでも今日日はメモリー4GBが最低ラインって感じのご時世だからわりとMAX割り当てでいける人も多そう。だがしかし、複数のTVTestでこの機能使ってると厳しくなりそうだから油断大敵。あとAviUtlでエンコードしてると余裕で2GB以上メモリー使ってたりするし。

そんな感じで便利なTVTestが超便利になって素晴らしいざます。

現状の録画ファイル名変換用Perlスクリプト戯れ言の巻

現状の録画ファイル名変換用Perlスクリプトの巻

現時点での録画ファイル変換用Perlスクリプトを張ってみましたが、こりゃ汎用性も糞もないですね。そのうえまったくもって見事なPerl4風ですよ。まさしく俺専用。

前も書きましたが、ここら辺の録画ファイル名をどうしたいかは人それぞれすぎるんですよね。汎用性を上げるならそれこそちゃんと誰でも設定しやすくするように考えるか設定用のGUI作るかとかしないともうわけわかんないですよ。それにしてもPerlの正規表現って後から見るとわからないったらありゃしませんね。もはや謎の文字列ですよ。

少なくとも、いくらファイル名を変えたいという人がいてもこれをそのまま使えるって人は皆無でしょう。最低でもTvRockの録画ファイル名を「@MST@TT@SB@NB (@CH @YY-@MM-@DD-@SH@SM)」にしなければなりません。

ってゆーか、しかしこれもよく分からないで指定してます。いつか変えるかもしれません。@NBっているの?とか思ってます。話数の#1とかそういうのがEPGのタイトルに付いているのか何に付いているのかも分かってません。そんな人が書いたスクリプトで、書いてみたらそれっぽく動いているからいいかとか思ってる、そんな有様です。

そんな感じのものなので、誰かこのまま使えるだろうと思って出してる訳じゃないです。作ってみたからネタもないし晒してみただけです。実際、使おうとするなら部品取り的な使い方がせいぜいでしょう。それでもサブルーチンあんまりないし使いにくいですが。

その上、アニメ各局とそれ以外的な分岐の仕方。がんばればもっとうまいことまとめられると思うんだけど、増築してたらもう面倒くさいったらありゃしない。やっぱり果てしなく俺様専用。

さらに何か録画する毎に、って程でもないけど、まだそれに近いくらいの勢いで修正しまくり。(二)の扱いが気にくわなかったり (#1)とかいうのがうまく扱えてなかったり、ヒストリーチャンネルって略称ないのかなぁ、Historyでいいか、いやHistoryCHにしようか、でも長くね?とか。

でも大体思ったとおりの感じにファイル名を変えてくれるようにはなってきました。

返還前
(新)(二)サイエンス・ワールド7 「月の無い地球」 (ナショナル ジオグラフィック チャンネル 2010-04-27-1000).ts

返還後
サイエンス・ワールド7 「月の無い地球」 [二] (NGC 2010-04-27-1000).ts

みたいな感じで。

あ、でも今試してみたら前はちゃんとやれてた
ワンピース( #180 ) (BSフジ 2010-04-25-1030).ts

ワンピース( #180 (BSフジ 2010-04-25-1030).ts
とかおまぬけな感じになってる。直さなきゃ・・・。

そんな程度のスクリプトですので、なんというか、Perlでファイル名変換させると色々かってにやれますよ、的な。

現状の録画ファイル名変換用Perlスクリプトの巻

2011/05/05




#!/usr/bin/perl
use strict;

my $Title = "";
my $Num = 0;
my $Num2 = 0;
my $Station = "";
my $Date = "";
my $OutFileName = "";
my $SubTitle = "";
my $FilePath = "";
my $LOOP = 0;

my $FileName = $ARGV[0];
my $OrgFileName = $ARGV[0];


# 扱いやすいように整形
$FileName = &DelSpace($FileName);
$FileName =~ s/^(\w+:\\.+?\\.+?\\)//; # \x5Cに困った末 X:\xxx\xxx\ファイル名.tsじゃないと困る
$FilePath = $1;

unless ($FilePath =~ /^[A-Z]:\\.*/i) { exit }

# AT-X アニメ女子部/乙女部 削除
$FileName = &OtomeATX($FileName);

if ($FileName =~ /^(.+?)\s+\#(\d+) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
# AT-X/KIDS/ANIMAX サブタイトル無し ナンバリング #1 系
#PROGRAM TITLE #1 (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
# $Num = sprintf("第"."%02d"."話",$2);
$Num = sprintf("#"."%02d",$2);
$Station = &StationName($3);
$Date = $4;
if (length($5) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num $5 ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num ($Station $Date).ts";
}

} elsif ($FileName =~ /^(.+?)\s*\#(\d+)(?:\Q・\E|\-)(?:\#?)(\d+) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
# AT-X/KIDS/ANIMAX サブタイトル無し ナンバリング #1・#2 系
#PROGRAM TITLE #1・#2 (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
# $Num = sprintf("第"."%02d"."話",$2);
$Num = sprintf("#"."%02d",$2);
$Num2 = sprintf("#"."%02d",$3);
$Station = &StationName($4);
$Date = $5;
if (length($6) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num-$Num2 $6 ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num-$Num2 ($Station $Date).ts";
}

} elsif ($FileName =~ /^(.+?)\s*\#(\d+)(?:\Q・\E|\-)(?:\#?)(\d+) (.+) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
# AT-X/KIDS/ANIMAX ナンバリング #1・#2 サブタイトル
#PROGRAM TITLE #1・#2 SUB (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
# $Num = sprintf("第"."%02d"."話",$2);
$Num = sprintf("#"."%02d",$2);
$Num2 = sprintf("#"."%02d",$3);
$SubTitle = $4;
$Station = &StationName($5);
$Date = $6;
if (length($7) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num-$Num2 $SubTitle $7 ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num-$Num2 $SubTitle ($Station $Date).ts";
}

} elsif ($FileName =~ /^(.+?)\s*(?:\(|\[|\Q「\E)*\s*\#(\d+)\s*(?:\)|\Q」\E)*\s*(.*?) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
# AT-X/KIDS/ANIMAX サブタイトル付き 新とか
#PROGRAM TITLE #1 SUB TITLE (STATION 0000-00-00-0000).ts
#PROGRAM TITLE 「 ( [ [ #1 ] ] ) 」 SUB TITLE (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
# $Num = sprintf("第"."%02d"."話",$2);
$Num = sprintf("#"."%02d",$2);
$SubTitle = $3;
$Station = &StationName($4);
$Date = $5;
# 修復( 」欠けのみ対応)
$Title = &TitleRepair($Title);
if (length($6) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num $SubTitle $6 ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num $SubTitle ($Station $Date).ts";
}

} elsif ($FileName =~ /^(.+)\Q第\E(\d+)(?:\Q話\E|\Q回\E)(.*?) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
#BS11 Anime
#PROGRAM TITLE 第1話「SUB TITLE」 (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
# $Num = sprintf("第"."%02d"."話",$2);
$Num = sprintf("#"."%02d",$2);
$SubTitle = $3;
$Station = &StationName($4);
$Date = $5;
my $tmp = $6;
# かっこ残り対策 EX.'TITLE(第181話) (BSフジ 2010-05-02-1030).ts'

if ($SubTitle eq ')') {
$Title =~ s/\($//;
if (length($tmp) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num $tmp ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num ($Station $Date).ts";
}
} else {
if (length($tmp) > 0) {
$OutFileName = "$Title $Num $SubTitle $tmp ($Station $Date).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title $Num $SubTitle ($Station $Date).ts";
}
}


} elsif ($FileName =~ /^(.+) \((.+?) (\d{4}-\d{2}-\d{2}-\d{4})\)\s*(\(?\d+\)?)?\.ts$/) {
#汎用
#PROGRAM TITLE (STATION 0000-00-00-0000).ts
$Title = &DeleteInfo($1);
$Station = &StationName($2);
if (length($4) > 0) {
$OutFileName = "$Title $4 ($Station $3).ts";
} else {
$OutFileName = "$Title ($Station $3).ts";
}

} else {
exit;
}


$OutFileName = &DelSpace($OutFileName);
$OutFileName = "${FilePath}${OutFileName}";

&FileRename($OutFileName);


exit;
#################################################################################

sub FileRename {
$LOOP++;
my $OutFileName = shift;
my $FileTmp = $OutFileName;
if (-e $OutFileName) {
$FileTmp =~ s/\.ts$//;
$FileTmp =~ s/\d+$//;
$OutFileName = "$FileTmp$LOOP.ts";
if ($LOOP > 100) { exit }
&FileRename($OutFileName);
} else {
rename("$OrgFileName", "$OutFileName") or die ("File not found:\nORG: $OrgFileName\nREN: $OutFileName\n");
}
return;
}


# ファイル名を整形
sub DelSpace {
my $str = shift;
$str =~ s/^\x20+//; # 先頭の半角スペース
$str =~ s/ / /g; # 全角スペース
$str =~ s/\x20+/ /g; # 半角スペース連続
$str =~ s/\Q#\E/#/g; # #
$str =~ s/\Q(\E/\(/g; # (
$str =~ s/\Q)\E/\)/g; # )
$str =~ s/\Q[\E/\[/g; # [
$str =~ s/\Q]\E/\]/g; # ]
$str =~ s/\Q【\E/\[/g; # 【
$str =~ s/\Q】\E/\]/g; # 】
$str =~ s/\Q-\E/\-/g; # -
$str =~ s/\x81\x5c/\-/g; # ―
$str =~ s/^無料≫//; # AT-X
return($str);
}


sub TitleRepair {
my $Title = shift;
if ($Title =~ /\Q「\E/) {
unless ($Title =~ /\Q」\E/) {
$Title .= '」'; # 閉じ括弧追加
}
}
return($Title);
}


sub DeleteInfo {
my $Title = &DeleteInfo2(shift);
$Title = &DeleteInfo2($Title);
$Title = &DeleteInfo2($Title);
return($Title);
}


sub DeleteInfo2 {
my $Title = shift;
$Title = &DelSpace($Title);
$Title =~ s/^(?:\(新\)|\[新\])//;
if ($Title =~ s/^(?:\(二\)|\[二\])//) {
$Title .= ' [二]';
}
if ($Title =~ s/^(?:\(字\)|\[字\])//) {
$Title .= ' [字]';
}
return($Title);
}


sub OtomeATX {
my $str = shift;
if ($str =~ /アニメ乙女部\s*「(.+)」\s*(.*\))\.ts$/) {
return("$1 $2.ts");
} elsif ($str =~ /アニメ女子部\s*「(.+)」\s*(.*\))\.ts$/) {
return("$1 $2.ts");
}
return($str);
}


sub StationName {
my $Station = shift;
if ($Station eq 'キッズステーションHD') {
$Station = 'KIDS-HD';
} elsif ($Station eq 'キッズステーションHD') {
$Station = 'KIDS-HD';
} elsif ($Station eq 'アニメシアターX') {
$Station = 'AT-X';
} elsif ($Station eq 'アニマックス') {
$Station = 'ANIMAX';
} elsif ($Station eq 'ファミリー劇場') {
$Station = 'ファミリー劇場';
} elsif ($Station eq 'カートゥーン ネットワーク') {
$Station = 'CartoonNet';
} elsif ($Station eq 'トゥーン・ディズニー') {
$Station = 'DisneyXD';
} elsif ($Station eq 'チャンネルNECO') {
$Station = 'NECO';

} elsif ($Station eq 'NHK衛星第一') {
$Station = 'NHK-BS1';
} elsif ($Station eq 'NHK衛星第二') {
$Station = 'NHK-BS2';
} elsif ($Station eq 'NHKハイビジョン') {
$Station = 'NHK-hi';

} elsif ($Station eq 'NHK BS1') {
$Station = 'NHK-BS1';
} elsif ($Station eq 'NHKBSプレミアム') {
$Station = 'NHK-BSP';

} elsif ($Station eq 'BS日テレ') {
$Station = 'BS日テレ';
} elsif ($Station eq 'BS-TBS') {
$Station = 'BS-TBS';
} elsif ($Station eq 'BSフジ') {
$Station = 'BSフジ';
} elsif ($Station eq 'BS朝日') {
$Station = 'BS朝日';
} elsif ($Station eq 'BSジャパン') {
$Station = 'BS-J';
} elsif ($Station eq 'BS11') {
$Station = 'BS11';
} elsif ($Station eq 'TwellV') {
$Station = 'TwellV';

} elsif ($Station eq 'スター・チャンネル') {
$Station = 'StarCh';
} elsif ($Station eq 'WOWOW') {
$Station = 'WOWOW';
} elsif ($Station eq 'WOWOW2') {
$Station = 'WOWOW2';
} elsif ($Station eq 'WOWOW3') {
$Station = 'WOWOW3';

} elsif ($Station eq '日本映画専門チャンネルHD') {
$Station = '日本映画専門ChHD';
} elsif ($Station eq 'ムービープラスHD') {
$Station = 'ムービープラスHD';
} elsif ($Station eq 'TAKARAZUKA SKY STAGE') {
$Station = '宝塚';
} elsif ($Station eq 'J sports 1') {
$Station = 'JSports1';
} elsif ($Station eq 'J sports 2') {
$Station = 'JSports2';
} elsif ($Station eq 'J sports Plus ハイビジョン') {
$Station = 'JSportsPlus';

} elsif ($Station eq '日テレG+') {
$Station = '日テレG+';
} elsif ($Station eq '日テレプラス') {
$Station = '日テレ+';
} elsif ($Station eq 'TBSチャンネル') {
$Station = 'TBSch';
} elsif ($Station eq 'テレ朝チャンネル') {
$Station = 'テレ朝ch';
} elsif ($Station eq 'フジテレビNEXT') {
$Station = 'フジTV-NEXT';
} elsif ($Station eq 'フジテレビONE') {
$Station = 'フジTV-ONE';
} elsif ($Station eq 'フジテレビTWO') {
$Station = 'フジTV-TWO';

} elsif ($Station eq 'スーパー!ドラマTV') {
$Station = 'ドラマTV';
} elsif ($Station eq 'AXN') {
$Station = 'AXN';
} elsif ($Station eq 'FOX') {
$Station = 'FOX';
} elsif ($Station eq 'FOX Plus') {
$Station = 'FOX-Plus';
} elsif ($Station eq 'LaLa TV') {
$Station = 'LaLaTV';

} elsif ($Station eq 'Music Japan TV') {
$Station = 'MJTV';
} elsif ($Station eq 'スペースシャワーTV') {
$Station = 'SSTV';
} elsif ($Station eq 'MTV') {
$Station = 'MTV';
} elsif ($Station eq '大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア') {
$Station = 'MusicAir';
} elsif ($Station eq 'MUSIC ON! TV') {
$Station = 'M-ON';

} elsif ($Station eq 'ディスカバリーチャンネル') {
$Station = 'Discovery';
} elsif ($Station eq 'ヒストリーチャンネル') {
$Station = 'History';
} elsif ($Station eq 'ナショナル ジオグラフィック チャンネル') {
$Station = 'NGC';

} elsif ($Station eq 'e2プロモ') {
$Station = 'e2プロモ';

} elsif ($Station eq 'スカチャンHD799') {
$Station = 'スカチャンHD799';
} elsif ($Station eq 'スカチャンHD800') {
$Station = 'スカチャンHD800';

} elsif ($Station eq 'スカチャン801') {
$Station = 'スカチャン801';
} elsif ($Station eq 'スカチャン802') {
$Station = 'スカチャン802';
} elsif ($Station eq 'スカチャン803') {
$Station = 'スカチャン803';
} elsif ($Station eq 'スカチャン804') {
$Station = 'スカチャン804';

} elsif ($Station eq 'NHK総合') {
$Station = 'NHK-G';
} elsif ($Station eq 'NHK教育') {
$Station = 'NHK-E';
}
return $Station;
}


録画したファイルのリネームどうしようの巻

TvRockからの予約で録画したファイル名ですが、TvRock単体でのファイル名置換フォーマットでも十分といえば十分です。だがしかし、微妙なところで几帳面というか神経質な俺様的にはちょっとむかつく。そこを何とかしようという試みですよ。

現状のTvRockのファイル名は「@MST@TT@SB@NB (@CH @YY-@MM-@DD-@SH@SM)」なんですけど、これをベースにどうにかしようと。

どこら辺が気に入らないかというと、全角英数字全開というあたりですよ。ファイル名にするともっさいです。これを素直に解決するなら多分、TvRockのチャンネルリストを直接編集するのが一番スマートだと思う。がしかし、TvRockのチャンネルリスト編集は面倒くさいにも程があるんですよ。手軽に設定ファイルだけ変えればいいような感じにも思えないし。というか、設定はレジストリ+EPG用のデータ保存場所のファイルだし。それはまたどうにかなるかもしれませんが、しばらく録画がない時間を見計らってやらないとすぐにできそうなもんでもないあたりが一番面倒。動き出した録画しまくりモードは止められないのである。である。である。である。

そしてチャンネル名よりさらにファイル名用にもっと短い名前を使いたかったりもする。例えばチャンネル名表示では「アニメシアターX」でもいいんですよ。しかしこれがファイル名となるともっさい。AT-Xにしときたい。

さらに、主にアニメの話数の数字。二桁揃えにしたい。ファイラーからの並びだけならWindowsの設定で「数値として評価する」という設定にすればいいんだけど(多分フォルダの設定あたり)、プレイヤーのリストのソートは気が利かなかったりすると2より先に10が来たりするわけですよ。だからファイル名時代も#02とかしたいわけですね。

話数の頭の「#」も統一したい。EPGから得られるのは大抵#だけど、番組によっては「第1話」とかいうのもあるし。世の中では、というか、動画サイトやP2P系で流通してるのは第xx話方式っぽいけど、#xxの方がすっきりして見やすいかな。ここら辺も少なくともTvRockから録画する限りは番組毎で統一されるから気にしなきゃなんてことはないけど、気になり出すと気になりまくって変えたくなった。

ついでに二ヶ国語を表す、「(二)」みたいのも消したい。ファイル名の頭にあるのは邪魔邪魔邪魔。せめてケツの方にもっていくとか。ここら辺はいろいろやって良い具合の所を探っていこう。まぁあまりエンコードまでしよう、ってのもそんなないとは思うけど。

もひとつおまけにTvRockでのフォーマットに例えば「@NB」に情報がない(スペースがはいってる?)とファイル名中にスペースが二つつながったりする。「ほげほげ[全角スペース][半角スペース]#1 (AT-X 2010-04-24-0000).ts」とかなることがあるわけです。そういうのもかっちょわるいのでなんとかしたい。

で、これらを全部解決するにはどうするかってことになるんですが、こうなると外部プログラムを使用するしかない。TvRockには録画終了時などに特定コマンドを実行可能なのでこの機能を使うことになる。がしかし、お好みのフォーマットにしてくれるプログラムがない。すなわち、作るしかないというわけですよ。

一応、適当に探ってみたところ、DTV関係ツールにあるSCRename3.0.zipが、多分、俺様が望むことは大体できそう。だがしかし、大前提として、しょぼいカレンダーという人様のサイトから情報を取得する形らしい。これはいかん。

どのあたりがいかんかというと、もしそのサイトが終わったらもう使えなくなる。そんな人様依存極まる物はちょっと使いにくい。そして多分、アニメ専用。そうなるとちょっと方向性が違う。・・・けど適当にreadme流し読みした程度なので実際はどうかは知らないです。

ということでPerlスクリプトを作ることに。

そもそもそんな大げさなものじゃないからさくっと10分もありゃ作れるだろ、と思っていた時期が僕にもありました。現在、すげぇ苦労しております。

一番の原因は文字コードの扱い。PerlスクリプトをShift-Jisで書くと色々面倒なことがあるんですよねぇ。マッチ演算子中の「ー」とか。かといってスクリプト側をUTF8にするとファイルの文字コードがShiftJisだから出力が面倒。というか、色々やってみたんですが、うまくいかんのですよ。use Encodeでやる場合、UTF8に一度変換したりしなければならないっぽくて、それをShiftJisにすると「~」が潰れたり。CPANからモジュール入れようとしたらコンパイル環境がないと駄目なタイプだったり。ちょーめんどくせー!

あ、いや、私の知識不足ですけどね。かなり久しぶりにPerl書いてるし。スクリプトとOSの文字コードの違いはきっとEncodeでなんとでもできるはずなんですよ。圧倒的知識不足&めんどくせーで、できませんでしたが!

こうなると、大文字小文字変換をモジュールでざくっとやることができなくなってしまった。ならばifとeqで振り分け。まさにごり押し。
if ($Station eq 'キッズステーションHD') {
$Station = 'KIDS-HD';
} elsif ($Station eq 'アニメシアターX') {
$Station = 'AT-X';
} elsif ($Station eq 'アニマックス') {
$Station = 'ANIMAX';
}
チャンネル名変えの一部分。ださいなぁ。でもむしろ個別に好きなチャンネル名を割り当てられるからこれはこれでいいかな、とか。ちなみにマッチ演算子だと「ー」が問題に。でもたしか昔もここら辺で困って何か解決策を得た気がするんだよなぁ。何だったかなぁ。

けどまぁ思った通りになればよし。どうせ完成してしまえばもう見る事もあるまい。いつ完成するかは謎ですが。

tv2010042302.png
ファイラーのSS。横幅考えて無かった。

このファイラーのSSで言えばGTOやメジャー、銀魂の上の方がPerlからファイルをリネームしたものです。それ以外がTvRockから出力されたままのファイル名。あんまり差がないですけどね。ってか、TvRockが最初からこう出力できればいいんですけどね。

SS見て思ったけどメジャーのような「1#15」は分離したいなぁ。「1st #15」みたいのもいいけど「1 #15」に離す程度でいいか。こういう処理をするなら番組個別でそういう番組毎にスクリプトを書かなきゃいけなそうだけど、それはそれで面倒か。離す程度で。

スクリプトをここにアップロードしようとしたらLZHが駄目なのか画像以外アップロードできないのか知らないけど、FC2から蹴られた。がしかし、こんなもん誰も使わないな。間違いなく。TvRockのファイル名フォーマットを今更変更して、Perlがインストール済みで、かつそれを普通に使える人なんて必要ならとっくに自分でなんとかしているだろう的な。単に面倒になったとも言う。

暫く使いつつちょいちょい修正していく所存。

スカパー無料体験が終わりそうの巻

タイトルだけで言いたいことが終わってしまいました。そういうことです。だがしかし、我が軍にはもう一発のB-CASカードがある。これで勝つる!

実際にはあと2日くらいの余裕があるんだけど、どうせぎりぎりまでやったところで、来月頭の本契約まで持ってくれればいいので。録画予約スケジュール的にも途切れないようにするにはEMM処理に余裕持ちたいし。

というか予約スケジュールが酷すぎる。キーワード検索予約追加してたらTVRockの予約リストが縦1200ピクセルの1画面に収まらなくなってしまった。困ったもんだ。

で、今のところ、本契約は基本パック+AT-Xになりそう。もっと長いこと加入してたらもっと傾向がはっきりするかもしれないけど、今のところ色々見る事は見る。アニメ系の他にディスカバリー、ナショジオ、ヒストリーのドキュメンタリー系、映画もたまには見るし。今のところ主に勝新だけど。今のところこれらが見られないとなるとちょっとしょんぼりかな。そうなるとだまって基本パックかなと。と、同じようなことを前回の無料キャンペーン申し込みの時に書いたような気がしてきた。ってことはやっぱりこれでいきそう。

TvRockの設定いじるの巻

PT2使用時から使ってはいるものの、実のところまだよく分かってないんですよ、TvRockの使い方。大体は感覚でできるんだけど、チャンネル設定とかちょっと分かりにくい。

と、チャンネルあたりとかそこら辺は
http://samani.blog40.fc2.com/blog-entry-85.html
ここの方がのおっしゃるとおりにして乗り切りました。おかげさまでCSのチャンネル設定が最新状態に。ってこのことって前書いたっけ? 忘れた。書こうと思ったんだったか実際書いたんだかもうさっぱり。どっちにしても人任せ。

そして録画したTSファイルのネーム問題。どうしたもんかと今でも思っております。導入当初は「@YY@MM@DD_@SH@SM@SS_@TT」というものを使っていたんですが、これだとちょっと使いにくいし分かりにくい。俺的にですけど。そこでreadmeを読んで考えた末、「@MST@TT@SB@NB (@CH @YY-@MM-@DD-@SH@SM)」というものに。ただしまだ確定ではなし。が面倒くさくなって確定ということにしてしまいそうな感じも。と、変数並べても分かりにくいですね。

@YY@MM@DD_@SH@SM@SS_@TT
20100418_220000_[二]ザ・宇宙 ~神秘と驚異~「銀河最強の嵐」.ts
20100416_220000_るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 #11.ts

@MST@TT@SB@NB (@CH @YY-@MM-@DD-@SH@SM)
(二)NASA50年 宇宙開発の光と影1 (ディスカバリーチャンネル 2010-04-20-0700).ts
るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 #13 (キッズステーションHD 2010-04-19).ts

こんな感じです。色々何でもかんでも録画するなら前者のがいいような気もするんですが、録画日付順で変えたいならファイラーで日付ソートすりゃいい話なのでどうでもいいかなぁ、ということでタイトル毎にまとまるように後者に変えてみてるという。やっぱりチャンネル名付けないと分かりにくいし、アニメとかドラマのように話数があるものは探すの面倒ですから。

ってか@NBって実際どんな値なのか、#11とか実は@TTに付属?とかそういうのもよく把握してません。何となくそれっぽくなってるからこれでいいかなと思ってるだけです。

あとマッチ演算子じゃないけどそういう感じで一部文字列を抽出する@Cだかそういうのもあるっぽいけどそこは手つかず。あまりファイル名長くするのもあれかなぁという感じとかもあるし。でもタイトルとか番組内容の情報を利用したいことはあるかも。二カ国語の「(二)」とかも外したいし。うまく使えば外せそうな気配が。まぁ細かいことはあとだあとだ。めんどうだ。

ただ、これでもまだいまいちな感じがしなくもない。ファイル名に全角文字が入ってるのってあまり好きじゃないし。文字の置き換えに関してはTvRockではやれなそうなので外部プログラムを使用するしかなさそう。使うならPerlあたりかな。それなりに使える言語ってPerlくらいだし何より楽だし。でもまだ手つかず。ってゆーか今思っただけ。これもあとだあとだ気が向いたらだ。

NL-Means Light for GPU恐ろしいの巻

NL-Means Light for GPUはいいノイズフィルターだと思うんだけど、あまりに負荷が高くて途中でフリーズするんですよね。エラーコード124のブルースクリーンエラーで具体的に何が悪いって出るわけじゃないんですけど、エンコード時以外は出ないし、エンコードもNL-Means Light for GPUを使用した場合の方が発生率高いし。

そこでAfterburnerの可変ファン設定を変更してGTX285の温度を80度以下にしてみたらフリーズしにくくなってきた気がする。GPUの温度は75度くらいからファン回転数を100%になるように。

SS1267227109.png
これでどうだこの野郎。超うるさいぜ。だがしかし、すげー働いてる感もびりびり出てくるからこれはこれでいいことにしよう。

ファンの回転数が100%だと気温にもよるだろうけど、今のところ80度未満で落ち着いているっぽい。でもこれから気温が上がっていくと分からなくなるなぁ。

このプラグインを使ってる間、PCは使用不能なくらい重いのでPV等の数分程度のソース位しか使いにくいです。CPUの使用率はそんなでもないのにがくがく。なんでそうなるのかよく分からないんですけど、昔からこんな感じのものはありますだよね。特定のデバイスの処理が重くなるとCPUの使用率に関係なくそれに引っ張られてPC自体の動作ががくがくするという。

でもNL-Means Light for GPUを使わなくてもフリーズすることがあるからCPUクーラーの交換も本気で考えねば。


---その後
CPUクーラー買ってないんですけど、これがいいかなぁ的設定。

空間範囲4
時間範囲2
輝度分散30
色差分散30
モード2

空間と時間範囲はreadmeによると空間範囲1~4,時間範囲0~3ってのが処理時間的によさげっぽいからその範囲で。

ノイズフィルターの具合としては輝度と色差をいじる感じ。極端に言うとこれらの数値を上げるとのっぺり気味に、小さいとノイズ処理無しに近くなる感じ。普通ですね。やっぱり数値を上げるとGPUの処理負担が上がる感じで温度上昇も高い気が。

でも60でもやっぱり重いのでもう少し処理自体手加減できればいいんですけどね。色差分散を下げると負担は下がるんですがフィルターとしての特性も変わるし。そこら辺で良い具合が60かもう少し下あたりかなぁと。

とか言っていたんですが、30/30で良いぐらいかも。汚いソースで試してみたら輝度の数値を30から上下させるくらいでいいかなぁみたいな。っていうか色差の方はよくわかんなかったからもっと下げてもいいかな。まったく用語とかわからんからやってみなけりゃ分からないという。

やはり一番の問題は熱でござんすね。これは元記事のようにファンぶんまわすしかなさそう。CPUクーラーもOC状態だと厳しいので何とかしたいんですけど。

あとは電源。微妙に足りないんじゃないかという気がしないでもない。650W電源だけど色々乗ってるし。というか、コンセントからの電気供給が不足しているかもしれない。なんせNL-Means Light for GPUを使用すると蛍光灯がちょっと暗くなるし。別系統のところからコンセント引っ張ってきてみようかな。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

えんこえんこの巻

まだまだエンコードの試行錯誤中。

今注目している項目はシャープフィルター。AviUtlに標準装備されているもの。ソースが綺麗なら使う必要もないんですが、なんせAT-Xの録画物はぼけぼけっぷりがあまりに酷いからどうしたものかと。試しにシャープにしたら随分いい感じになったもので。

設定はとりあえず
強さ:256
範囲:3
下限値:0
上限値:500
プレビューみながら適当にぐりぐりしております。

弊害としては目立たなかったノイズも目立つようになってしまう。それゆえノイズフィルターも併用したほうがいいっぽい。

そして最大の弊害は処理時間が随分伸びる。25分のソースで変換時間は3時間越え。シャープフィルター使わない時は2時間程度だったと思う。が、綺麗に残したい物は3時間程度いいか、とも思ったり。しかし元がそんな綺麗な訳じゃないからそこまでせずともと思ったりもする。まさに痛し痒し。

でもまぁいいですよ3時間くらい。我慢しますよ。NHKのオタ番組、それもBShiから録画したMAGネットだかを1920x1080のままでエンコードしようとしたら10数時間ですよ。そのうえ進捗率97%でフリーズ落ちですよ。ブルースクリーンエラー124ですよ。なんだよ124て。調べてもよくわからんでやんの。

このエラー124はうちのところでは長時間のエンコード時にたまに発生する。熱暴走なのかもしれないし、AviUtlかプラグインのバグかもしれないし他の何かかもしれないし。全く分かりません。でも多分熱暴走。

CPUファンをC2Q9550の標準装備なやつじゃなく他のもっとマシなやつ付けようかな。CPU温度も70度近くというか一時的にでも70度いったりするんですよね。エアフローがいまいちだったりメモリークーラー外したせいもあるんですけど。そういやメモリーの熱暴走説もあるなぁ。それほど暑い地域でもないので冬場や寒い時期ならあまり気にしないんですが、暑くなる前に何とかしなきゃならないなぁ。あ、でも暖房付けっぱなしだからむしろ冬も油断できない説もあるな。

と、とりとめも付かなくなったところで、日々量産されるTSファイルを新たな設定でエンコードしていくことにしよう。

エンコード勉強中の巻

録画した番組で、保存しておきたい物をどうやって確保するか、という問題がございます。うちでは基本的に一度見ればいいやというものはTSファイルのままで見て削除。残しておきたい物はMP4(H264/AAC)で保存する方針なのですが、どういう設定が良いかというのはまだ確定しておりません。

というのも主に残したい物ってのはアニメや映画なのですが、これらの作品は基本的には24fpsだったりするのでエンコード時にAviUtlで24fps化したりしていますが、どうやらアニメの中には本編は24fpsだけどOP/EDは30fps、テロップは60i(インターレース)とかあるようで。

先日、キッズステーションの絶対可憐チルドレンを録画して、それを今まで通りによく使う設定でエンコードしたらエンディングががくがくするわテロップが微妙にかすむわでいまいちでして。どうしたもんかと。

するとどうやら絶対可憐チルドレンは、というか、そこの制作会社(SynergySP)は前述のような本編24fps、OP/ED30fpsとなっているらしい。それでエンディングががくがくだったのかと。特にパンアップとかスクロールすると相当ながくがくっぷり。

それはそれでいいんだけど、問題はいちいちソースによって設定を変えるのは面倒くさい。となるとわざわざ24fps化しての間引きとかはもはやしなくていいんじゃないかと思ってきた。詳しく知らないけど、過去24fps化は綺麗に保存する際の定番設定な感じを受けているんだけど、それはコンテナがAVIだった時代だからじゃなかろうかと。今時のMP4方面のものなら可変フレームでも問題ないわけだし勝手にうまいことやってくれるんじゃないかろうかと。いや実のところさっぱり分かってないんですけど。言い回しも漠然としてるだけはありますよ。

うちではインターレース処理と24fpsの処理を自動フィールドシフトでやっていたんですが、この設定でチルドレンのエンディングを24fps有効/無効とかしてエンコードしてみたんですが、フレームレートは弄らないのが一番綺麗に見えます。エンディングは30fpsというのを知る前に一生懸命やってたんですけど。ええ無駄ですけど。しかし結果的に24fps化しちゃいかんものもあるんだなぁということは分かりました。おk、フレームレートはいじらない所存。

でも色々試したところ、スクロールのスムーズっぷりを比較すると
間引きON スムージングON
間引きOFF スムージングOFF
間引きON スムージングOFF
という順でスクロール場面のがくがく度が増していきました。つまり自動フィールドシフトの設定的には
フィールドシフト
間引き
スムージング
YUY2補間
の4つをONにするのがいいかなと。

ってな感じで色々エンコードしてみたところ、自動フィールドシフトはそれだけで24fpsなところは24fps、30fpsのところは30fpsとかそういうのを自動的にうまくやってくれてたりもするっぽい。オプションにある24fpsってのは何が何でも強制的に24fpsってことなのかな。おいこらマニュアルちゃんと読め! と言われそうです。あ、はい。

でもエンコードした物によってはほぼ常時30fpsってこともあるようで。よくわかりませんが、がくがくつきはしないので基本、上記の自動フィールドシフト設定にして他はフレームレート関係は弄らなくていい方針に。昔のAVIならともかく、今時MP4なら可変フレームレートもOKなんだからきっと大丈夫さ!

念のため言っておきますが、本当によく分からず言ってますよ。ソースによっても最適設定は変わるだろうし。

あ、基本的には最適設定よりどのソースでも無難に良い具合というところを目指してます。だって番組毎に設定変えるとか面倒だし。たまにはそんなのがあってもいいけど毎回はちょっとねー。でも気になってしまったりしたらどうしようもないみたいな。まぁまだ試行錯誤中ですし。

と、結論が出たような出ないようなところで、どうでもいいこと。いや元からどうでもいいことだったりするけどそこは気にしないと言うことで。

それにしてもキッズステーションのHD番組画質いいですね。しかもいつのまにか1440x1080から1920x1080のフルHDなってるような。最近放送開始したばかりの絶対可憐チルドレンは1920x1080。先週見た番組は1440x1080だったような。っていうかロザリオとバンパイア2。録画した元TSファイルを消してしまったので確認できませんけど。何となくBS11より綺麗な気がしなくもない。けどそれはソースによるか。

キッズステーションで録画したファイルのビットレートを元にちゃんと計算してみた。いややっぱりちゃんとしてない。大雑把な計算。途中、音声のレート計算でbyte-bitの扱いを1000にしたか1024にしたか忘れてしまったくらいいい加減。焼酎飲みながらやってんだから勘弁してけれ。と言い逃れ。

---録画ソースのファイル
・20100416_000000_ロザリオとバンパイア CAPU2 #2.ts
 4,174,048,192 byte (1,829秒)

キッズステーションの音声は256kbps(AAC/48kHz)という情報がぐぐったら出てきたのでそれを適用すると、録画した映像部のビットレートは18Mbpsくらいなようです。ファイルサイズでいえば3.9GB位。音声部は映像に比べたら誤差レベルなのでいいんですけど多分単体だと58MB位。これは凄い。多分凄い。きっと凄い。BSのフルHDなデジタル放送は25Mbpsなのですがそれに迫りそうな勢い。実際、BSで30分録画すると4GBちょっとという印象があります。正直最近衛星が見られるようになったので基準がさっぱり分かってないんですけどね。凄いに違いない。

で、帯域はキッズステーションと同じトランスポンダで同居している、無駄にフルHDで綺麗な通販番組でおなじみのショップチャンネルと丁度分け合ってる感じっぽいです。TvTestでの受信レートは両番組合計で36-38Mbpsの半分ですので。

全てのチャンネルがここまで綺麗ならいいんですけどねー。未来テレビって感じなんですけどねー。ただでさえ帯域不足と言われているe2ですから難しいんでしょうかね。どうやらキッズステーションは他のスカパーe2番組と比べて頭一つ抜けて綺麗らしいですよ。それどころかスカパーHDのキッズステーションよりもずっと綺麗らしいです。そもそも解像度からして本来お手軽系なはずのe2が1920x1080でHDでハイクオリティなはずのスカパーHDが1440x1080らしいですから。逆転現象が起きてるっぽいです。お願いだからe2をわざと劣化させるような馬鹿なことだけはやめてほしいもんですね。

というのも、e2はまだしもスカパーHDのAT-Xでさえも画質が汚いらしいってのはもはやわざとでしょう。見てるのはe2ですが、絶対わざと汚くしてるなって番組ばっかりですし。ムシウタとか汚すぎて輪郭線すらよくわかりませんでしたよ。納品された映像が元々汚いのか放送する帯域が少ないのかはわからないんですけど。

本当ならキッズステーションではなく(あ、いやキッズステーションが綺麗なことは大歓迎どころか涎たれまくりなくらい嬉しいんですが)、月1890円も取るAT-Xがこれくらい綺麗だったら良かったんですけどねぇ。スカパーHDとの差別化やDVD/BDの売り上げの都合上、むしろあまり綺麗にするわけにもいかないんでしょうかねぇ。予定としてもe2のAT-XがHD化する予定は見当たりません。逆にe2は画質より多チャンネルを目指すというスカパーの主張は読みました。しょぼーん。HDだと録画してエンコできねぇんだよぅ。D4端子とか海外製のボードとか使えばできるらしいんですけど。よく分かりませんが。きりよく2000円でいいからe2のAT-XがHD化してくれんかなぁとは思いまくりです。

そしてe2の中でちょいちょい見る他のアニメチャンネル、アニマックスは近い将来BS波にお引っ越しするようです。BSなら間違いなく現状より遙かに高画質になってくれるでしょう。普通に考えれば時代の流れに沿ってフルHDか最低でも1440x1080じゃなかろうかと。きっと。旧作多いからどれほど変わるのかって気はしなくもないですけど、新作もあるんだから良いに決まってます。

となると現状の発表されている計画からすると、アニオタ御用達チャンネルではしばらくe2 AT-Xだけが糞画質で取り残されそうです。他の三倍も視聴料が高いのに。しょんぼりです。コンテンツが良ければ、という考え方もあるかもしれませんが、SDの汚れた映像を今時のフルHDなモニターに映すと汚い部分まで拡大されてさらに汚くなって見るに堪えないんですよ。本当に。きっと一番普及しているんじゃないかと思われる安めのデジタルTVで解像度1366x768/32インチ位なTVで見た方がきっとまだマシ。あ、そうか、PCで録画して画質云々言う方が異端なのか。そりゃそうか。でも上記条件のTVでちょっとは見ましたけど汚いものは汚かったっす。マシってだけで。

と、愚痴はいいとして、キッズステーションくらい綺麗なソースだと当然エンコード時のフィルターもできるだけ減らした方が速くなるしむしろ綺麗だったりも。最低限必要なクリッピングとリサイズ、それとバンディング低減くらいでよさそう。他にもよさげなプラグインがあるのかもしれないけど、まだそこまで手が回っておりませぬ。

結論としては遊べるおもちゃがあるのはいいもんだというよく分からないまとめで。

現状の問題点・TV編の巻

この数ヶ月、急激にPC環境を増強していったので放りっぱなしになっている問題もいくつかございまして。しかしその問題もちょいちょい忘れまして。それで忘れないように書いておこうかなと思った次第。しかし思い出せるのは一番最近に導入したPT2関係というかTV方面な予感。

☆TV視聴録画関係
・TVRockでCS番組情報の更新がうまくできない問題
これはなんだろう。6時間くらい「番組情報取得スケジュール」で予約録画っぽくしてみたんだけど、どうも全チャンネル取得できてない。勿論、スクランブルがかかっていないチャンネルで。何か指定を間違ってるんだろうか。

→TvRockの右クリックメニューから「インテリジェント>番組情報取得」を選択して出る設定でCS系のチャンネルのチェックボックスが外れていたことが原因だったっぽい。チェックONにして情報取得を予約からやってみていますが、うまく更新できて今まで見ないチャンネルだったところもがんがん埋まっております。なんてことだ。こんなところにも設定があるとは。設定は一ヵ所にまとめてほしいけど、でも素晴らしいソフトウェアなので良し。こまけぇこたぁ気にしねぇ! ついでにやっぱり情報取得には長時間かかるところも気にしねぇ!

→それからスカパーe2ではチャンネル構成もちょいちょい変わっているようで、TvRockのデフォルトのチャンネル構成とも変わっているので修正する必要があるらしい。正直キッズステーションがHD化してチャンネル変わったってのしか気がつかなかった有様だった。ここら辺は「大好き様似 - PT1 PT2 黒Friio とかの目次みたいなとこ」で「PT1とPT2を使った TvRock設定備忘録(BS/CSのみ)」を見ると大体解決しそう。その他にも有益な情報がたくさんあるのでおすすめ。


・録画したステレオ以外の番組の視聴がめんどくさい問題
二カ国語、5.1chあたりの番組をtsファイルのまま再生させるとステレオ-5.1chの切り替えとかをプレイヤー側がうまく解釈してくれなくてどっちかが無音になったりする。Media Player Classic Home CinemaとVLCを使ったりしているけど、そんな感じ。どっちが良いとも言い切れず、どっちか良い案配な方で再生させている現状。MPC-HCは基本的にはいいんだけど、二カ国語のナショジオのCMが無音だったり、二カ国語だけど切り替えできずにL日本語、R英語とかなるのでXonarのミキサーから右チャンネルの音量落としたりして擬似的に二カ国語+英語状態に。VLCは駄目な物は駄目。どうしたものか。新たなソフトを探すか、現状でも再生できないことはないからこれで諦めるか、再生するだけなら何の問題もないTVTestでファイル再生するか、どうしたものか。

ただのステレオ放送なら使い慣れたMPC-HCで、5.1chとかのTSファイルなら録画した本人のTVTestで再生するのが鉄板かな、という感じに。なんせ音声チャンネル、多言語、キャプション、全て放送時のように完璧に扱えますから。ただし単純に関連づけして実行してもオプションが引き渡されないのでファイル再生は行われない(直前のTVTestでファイル再生してればされるけど)。

そこでダブルクリック時(とプログラム指定起動時)にレジストリから引数を渡して起動するようにしてみた。
1.ファイルを右クリックしてプログラムから開くからTVTestを指定してダブルクリックで開くようにしておく
2.レジストリの「HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\TVTest.exe\shell\open\command」にある
「"G:\Software\TV\TVTest\TVTest.exe" /d BonDriver_File.dll "%1"」
にする。当然TVTestのパス(実行ファイルの場所)はそれぞれの環境通りに。
要はオプションと引数を渡せればいいのでなんか適当に。

ただ、ダブルクリックはMPC-HCに関連づけだけど、特定の物はTVTestというような方が使いやすいかも。大抵の番組はただのステレオ放送で、MPC-HCで特に問題ないし基本的にはMPCのが使いやすいし。その場合はTSファイルを右クリックした場合のコンテキストメニューにTVTestから起動できるようにした方がいいのかも。


・5.1chの番組をエンコードする時の音声どうしよう問題
これはまだ調べが付いて手つかず。少なくともステレオにダウンミックスは無し。そんな勿体ないことはやってられない。BonTsDemuxでチャンネル毎のWAVに分割できるからどうにかできそうだけど、まだ具体的にはどうするんだろうレベル。

現状ではエンコードせずTSファイルのまま保持している感じに。それはそれでいいかなぁ、と。字幕情報とか多言語も(あれば)放送時のまま保持されているわけだし。

・電気帝国問題
TV録画はいいんだけど、そのせいでメインPCまで常時稼働状態に。サブPCは能力的に低いし、各種サーバーも兼ねているのでいかにSpinelを使用したところでもちょっと荷が重そう。まぁやってもいないで言うのもなんだけど、試しでやるには面倒だし。それは仕方がないんだけど、停止させられる時間が少ない。休止状態からの録画開始もできることは確認したけど、エンコードさせてたりするとフルタイム稼働状態。これを解決するにはもう一台TV専用マシンをこしらえなければならないという何ともな解決策しか思いつかないのでもう電気消費三昧を甘受せざるを得なさそう。

諦めた!

・デュアルディスプレイ問題
TV視聴だけってわけでもないけど、実質TV・動画再生用になりつつあるRDT271(セカンダリディスプレイ)の入力を切り替えたり電源をON/OFFしたりするとプライマリディスプレイへの入力も一時的に切れて点灯したりするのがうざい。そしてON/OFFするとセカンダリディスプレイのデスクトップにあるアイコンやウィンドウがプライマリの方に移動してきて、実質セカンダリに固定で配置できない。もはやこれはこういうものということで諦めるしかないのかなと思い中。

諦めた!!

よし、やっぱりこの方面しか思い出さなかった。じゃタイトルをTV編に。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

何となくチャンネルの傾向を掴んできたの巻

田舎の公共放送2+民放4というチャンネルだったのですが、衛星アンテナ生やしたら一気にチャンネルが増えて手が付けられなくなっておりました。どこをみていいやらですよ。確実に知っていたチャンネルなんてAT-Xやアニマックス、キッズステーションくらいなもんですよ。正味の話。それがBS+CSですよ。そりゃ手が付けられませんよ。

しかしB-CASの無料タイムを消化してスカパー無料体験に申し込んだ今日この頃、やっと漠然とつかめてきた。とはいえ、普段あまり見ないスポーツ系は未だよく分かってませんけどね。あんまりみねぇんですよね。

だがアニメ、ドキュメンタリー、映画、環境ビデオ用音楽番組の俺的視聴率あたりは大体把握した。

それからすると、やはりスカパーe2は基本パック+AT-Xが盤石。まだ迷ってるんですけどね。なんせ高いから。そりゃ払えないこたぁないですよ、さすがに。金ならある! あるけど! 6000円! タバコ2カートン相当か。その上秋から値上げか。というのはいいとして、本当に微妙な価格だ。まぁCSの方はまだチャンネル確定まで無料体験x2があるのでおいおい。

他にはアニメ的にBSも侮るわけにはいかないことを知った。なんせTBSが1440x1080という地デジサイズである以外は全てフルHD。すなわち1920x1080。AT-Xやアニマックスの糞画質なんて目じゃないですよ。当然同じ番組があればBSを優先すべきであると。

ただ、やっぱり画質は番組にもよりますね。BS11でちょいちょい見てみましたが、さすがにBD並とはいかないご様子で。ブロックノイズの類は見えます。むしろフルHDサイズだからこそ目立つ的な感じで。って何見たんだっけ。生徒会の一存とかなんとかいうやつかな。それでもCSのSD放送に比べたら遙かにいいんですが、エンコードして保存するにはサイズを落としてお得意の1280x720位にしていた方がサイズ的エンコード時間にも良い感じ。将来的に横2560ドット位のディスプレイを使うようになったらまた違うかもしれないですけど。

あとBSのアニメもなかなかやるな、というのはいいんですけど、土曜日深夜に固まりすぎてませんか。いわゆるアニオタ向けのやつなんですけどね。ってもTBS-BSとBS11でかぶってるだけなので2チューナー搭載のPT2の敵ではないです。がしかし番組表をよく見たらNHKのBShiでアニメ系情報番組が。BS2でも違う時間帯でやってるので最悪、大丈夫ですが、フルHDで確保したい場合は面倒そうだ。

がしかし、まぁ金曜深夜に集中してるよりはいいか。金曜だと0時からBSフジのTop Gearとかぶったりした日にはますます番組選択が面倒だ。ってかTop Gearが恐ろしく面白い。とてもイギリスの公共放送が作っている番組とは思えない有様で。番組内でスピード違反取り締まりカメラを潰すには云々とか、割と人様に迷惑をかけるような公道とかお構いなしで。それが大変面白い。きっとコメディー大国(と思ってる)イギリスだから許されるんでしょう。

日本じゃ絶対無理。もしNHKが同じ内容の番組作ったら苦情電話は鳴り響き、ネットでは速攻祭が開催されるであろう。まぁNHKならなおさらって感じなのはおいといて、ネットで大きくなる声って精錬潔癖な人徳者みたいなものが主流になりますからね。この発言は犯罪幇助だとか人に迷惑かけるなとか。いや、当然の話なんですけどね、犯罪云々とか人に迷惑かけるなとか。だが当たり前すぎるのはおいといて、そんな些細な的な、俺的にはそれはどうでもいいだろ的なものでも人徳者からするときっと許せないんでしょう。そこまでつるし上げなくても、という勢いで叩かれてる人々ってのはネット上では日々よくみかけますね。ご愁傷様ですとしか言いようがないです。まぢで。まぁ同情できねぇなってのも多いし、そもそもてめぇ何上から言ってんだよ的なところでもあるんですけどね!

ってなんかずれてきたな。

とにかく世の中にはたくさんのTV番組があることは分かった。てめぇら昔からこんなチャンネルに囲まれて生きてきたのか! 的に思ったりもしますが、やっと俺様も世間様に追いついた感は感じております。つーか、アンテナなんて安いんだからさっさと立てりゃよかったなぁ、とも。がしかし画質的に今くらいから衛星デビューで丁度良いかなとも。

そんな感じで飽きるまではTV見まくり生活を続けてみようかなと思う今日この頃です。何このまとめ。そうだよTV見ながら文章的に成立しているかも分からずに書いていたんだけどついに飽きたんだよ!

おい、時間ずれてんぞ!の巻

気がついたらずれてますよ。時間ですよ。驚愕の新事実ですよ。

タイマー録画させてたんだけど、30秒前録画開始で余裕あるはずなのにぎりぎりなんですよ。おかしいですよ。とおもったらこの有様ですよ。

元々XP時代にはTClockでNTPサーバーから時刻合わせをしていたんですが、どうやらWindows7は、というか、Vistaからこの手のソフトは大変難儀なものになっていたようで。TClock自体はx64対応のバージョンを使っているんですが、何故か時間合わせ機能が付いて無くて仕方ないのでWindows標準のサービス、Windows Timeを使用しておりました。

だがしかし、WindowsTimeは更新間隔が長い。どうやらデフォルトだと1週間に1度更新。これじゃ長すぎる。そこで、

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\W32Time\TimeProviders\NtpClient]
にある
SpecialPollInterval
の値を10進数で秒指定。例えば900とすれば15分毎にNTPサーバーに問い合わせをするようになる。3600なら1時間毎更新。基本的には相手サーバーに負担を掛けないように気遣うべきっぽい。

NTPサーバーアドレスはレジストリから弄っても良いと思うけど、尻によくわからんデータも付加されているのでタスクバーの時計当たりを右クリックして「日付と時刻の調整>インターネット時刻>設定の変更」。同期するにチェックを入れてサーバーの入力には「ntp.dnsbalance.ring.gr.jp」。このアドレスを指定すると自分の使用プロバイダーから距離的によさげなNTPサーバーを自動的に割り振ってくれるのでサーバーへの負担も軽減されるし距離も短くなるから時間も正確になる・・・はず。多分。そんなだと思った。少なくともデフォルトのtime.windows.comより遙かにまし。ってゆーか、以前time.windows.comにアクセスしたら蹴られたんだけど。そもそも生きてるのか?

念のため書いておきますが、当然サービスの「Windows Time」を自動開始せにゃなりません。急ぐようなもんでもないので遅延開始でいいと思います。

ついでにどうも日付と時刻の調整のダイアログウィンドウを開いてると自動調整してくれないっぽい。開きっぱなしにするようなもんでもないのでどうでもいいんですが、気になるからといって開きっぱなしだといつまでたっても更新してくれない予感。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

スカパーの16日無料体験の巻

ついにB-CAS無双が終了しました。B-CASカードで初めてスカパーe2やWOWOW等を見てから1週間の無料モードが発動するのですが、終わってしまいました。日付が変わって0時きっかりにスクランブルの解除ができなくなりました。

WOWOWは今のところ入る予定が無いのでこれにて終了。さようならWOWOW。しかしまだスカパーe2の無料タイムがある。そこで早速WEBから申し込むことに。

登録は普通にやりゃいいんだけど、最大の難関はEMM処理。すなわち、衛生からスクランブル解除の許可を頂かなければならない。

っていうか、前々から疑問だったんだけど、B-CASやNHKの登録とかどうなってるのか疑問だった。こっちから信号出すわけじゃないのになんで特定の端末を判断できるのかと。

どうやら、何であろうが一度、WEBや電話、郵送等で登録しなければならない。これが大前提。まぁそりゃそうですわな。問題は何故解除されるのか。ぼんやりしながらググってみた結果、どうやら申請した情報を元に「こいつはスクランブル解除しておk」という信号を衛星から送っているようだ。そしてその信号が自分のB-CAS番号と合致した場合に「解除するざんす」となるっぽい。それゆえにその信号を受けるためにB-CASをさしっぱにして信号を受けるまで1-2時間待つ必要があるのだと。まさに超絶ごり押し。そんな仕組みになっていたとは。NHKの登録しれメッセージも同様っぽい。まぁよくよく考えるとたいしたデータ量じゃないだろうからなぁ。

話がそれた。で、問題のEMM処理ですが、普通はPT2から普通にできるらしい。うちで使っているTVTestでは設定の一般のところにある「契約情報の更新(EMM処理)を行う」というやつにチェックして何らかのe2番組を見てればいつかは衛星様が認可の信号を送ってくれるらしい。グーグル様での結果をみると何故か「C-TBSウェルカムチャンネル」を薦めているところが多い。スカパーe2本家では「有料放送」としている。要はどこでもいいっぽい気が。でもまぁ先人の言うことには理由があるのだろうということで「C-TBS」にして就寝。

何故C-TBSなのかという理由に当たりそうな文言を発見。どうやらC-TBSは周波数が高く、出力信号が弱いという、受信環境的には厳しい条件の信号で、これが映るなら他はなんでも映るだろう、的なところからC-TBSを推奨しているっぽい。

がしかし、解除されていない。何故だ! 坊やだからさ! というわけでもなくどうやら録画予約を止めるのを忘れていた。つまり、TVTestが予約開始>終了って感じっぽい。スクランブル解除されていないものだから当然ゴミファイル。そのうえEMM処理されてない。しょんぼり。一応予約開始まで2-3時間あったんだけど。処理されてない。これはもしかしてうちの環境じゃPCからやれないのかなぁ、ということでAQUOSにPT2で使ってるB-CASカードを突っ込むことに。

AQUOSでe2プロモにチャンネルを合わせて1時間ほど放置。そういや衛星メールがどうのとかあったなぁ。確認してみよう。なんかきてる。無料体験受け付けましたみたいのが。これ来てるならOKなんだろう、ということでB-CASカードを抜いてPT2の方へ。

映らねー! 衛星メールきてるから認可を受けたというわけではないっぽい。まったくいつ来るか分からないメッセージを受信するってのは厄介なもんだ。

またAQUOSにさしにいくのも面倒なのでPT2にさしっぱなしで色々ぐぐってみることに。その情報によると、TVTestのスクランブル解除にSSE2を使用していると駄目らしい。しかしこれは本当だろうか。ちょっと謎っぽい。古いバージョンではそういうのがあったのかもしれないけど、SSEだからってことはないと思うんだけどなぁ。他に有力っぽい情報は、何かe2の番組を録画しておいて、そのファイルをMulti2Decに読み込み、契約情報更新処理をする、という手もあるっぽい。

とかなんとかやっている間にEMM信号を受信した。きたー。なんかスクランブルがかかってたAT-Xが突然動き出しやがりました。たまたま信号を受け取れなかっただけなようだ。なんたるまぬけっぷり。

あとはスターチャンネル。ここはCSではなくBS衛星を使用しているのでこれはこれで別に処理をしなければならないらしい。多分。これもほっときゃいいだろう、ってなもんでスターチャンネルにセットして放置。数分で解除。速い。たまたま録画していたのでそのファイルを元にMulti2Decで契約更新処理も試してみる。たしかにEMM処理のところに"1"と出た。なるほどなるほど。そういうことですか。

これでスカパーe2のチャンネルの無料体験手続きは完了。思ったより手間取ってしまった。しかしタイミングによっては速攻終了しそう。っていうか、慌てる乞食はもらいが少ないぜ、じっくり構えろ的な感じのものなようだ。

映ってしまえば苦労もなんのその、忘却の彼方なんですが、チャンネルどうしよう。まだ契約方針に迷うという。基本的にはアニメが主軸なんですが、一番扱いに困るのがAT-X。

AT-X。たけー上に画質が悪い。ものによっては悪いというより酷い。ぼんやりしすぎ。ブロックノイズモスキートノイズなんでもござれ。わりとONにしていたりするXonar HDAVのSplendid機能を有効にすると超汚い。この機能は綺麗なものをさらに綺麗な感じにするものなのでHDなチャンネルの番組なら綺麗な感じに見えるんだけど逆もまたしかり。作品によっては綺麗なものもあるんだけどなぁ。いちばんうしろの大魔王とか新しめの物は割と綺麗。がしかし、新しくても恋姫は汚い。総じて8割は汚い。輪郭線とかテロップがぶよぶよしすぎ。なんてこった。

そのうえ、萌えアニメばっかりで。嫌いと言うこともないけどカロリー高すぎなんですよ。最も視聴率が高そうな時間帯にこれらの番組が固め打ちされているのできっと大多数の視聴者のニーズに沿った編成なんでしょうけどね。高い視聴料、偏った内容、新しいのに汚いSD画質。うーむ。ただ地方の愚民的にはこれしかないんですよね。首都圏のUHF系番組とか見られるのは。この一点のみでも入るべきかなって感じではあるし、現状では入る予定ではありますが。

キッズステーションはHD化したけど番組編成が微妙すぎる。HD化したかいがありそうな新しい番組もそんなないし。見たい番組もそんなにない。見始めりゃ見そうなのはあるんだけど。ただ安いから入りやすい。基本パックに含まれてるし。

アニマックスも見ようと思えば見るようなのはある。けど汚い。しかし古いのが多いからそういうもんということで割り切ることは可能。内容的にも一番バランスとれてると思う。ただ長いシリーズが多いから途中から見づらいってのはあるけど。あんまり録画してエンコードしてって内容ではないんだけど、いつか昔見てたものが始まらないかな的なリクエスト番組みたいな期待感は一番高いかな。これも基本パックに含まれてる。

と、散々文句は言っておりますが、e2なんてお手軽多チャンネルがうりのものなので綺麗さ云々とかお門違いということも言えなくもないんですが、地デジが普及してHD画像になれた今日日じゃどうにも感は拭えないわけですよ。

と、e2本契約は来月にする予定なので暫くどうしようどうしようと考えながら日々暮らそうと思います。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

フィラー番組だーいすきの巻

諸君、私はフィラーが大好きだ。

どうも突然すみません。フィラー番組愛好会のものです。何? フィラーって何?だと? よかろう。教えてしんぜよう。えろくはないぞ。

フィラーとは深夜のTVとか番組の間とかにある、時間余ってるから埋めておこう的な、NHKの深夜とかにみかける海の中の映像を垂れ流したりしてるような番組。フィラーの正しい定義は知らないけど、多分こんなところで合ってるはず。多分。とりあえずWikipediaのリンクでも張ってお茶を濁す作戦。

で、大抵の場合はおトイレタイムで無視されたり誰も見てない時間帯のものだったりするんですが、これがなかなか素晴らしい。

うちのPC環境、というかTV視聴環境とか音楽鑑賞環境とか何でもかんでもPC依存なのですが、メインディスプレイはPCの画面で、サブディスプレイは動画を流す、というスタイルなのですが、これにフィラー番組はびしっとはまる。そりゃ基本的には何らかの番組や動画を流していますが、時には当たり障りのない映像が見たいこともあるんですよ。天ぷらに添えられているおろし大根みたいなもんなんですよ。

世の中には下手な番組より視聴率が高いんじゃないかという気がする大人気のフィラー番組もありますけどね。多分、一番人気が高いのはNHKの深夜、たまにやったりやらなかったりのMusic Boxでしょう。70年代や80年代等のヒット曲に乗せて当時の町並みの映像をただ流しています。ですがこの番組が放送中の時、2ちゃんねるの実況板に行くととんでもなく盛り上がってたりします。ほんと凄いですよ。

MusicBoxは大好きですが、滅多にやってくれません。最近は音沙汰もない気がします。それ以外では海の中を熱帯魚とか珊瑚礁とか摩天楼の夜景とか綺麗っぽいのが好きです。この映像の無難さ。そして耳障りにならず心地よいゆるい音楽。最高です。むしろチャンネル変えたいと思ったけどフィラー番組のせいでチャンネルを変えるのを渋ったりします。勿論フィラーが終わったら変えますが。

最近導入した衛星放送でもフィラー番組はたくさんありますね。しかし、大抵は後番組の番宣が主です。これらは視聴者の気を引こうという熱気を感じてしまい、あまり好きではありません。感じとしてはCSよりBS系で良い感じのフィラーが多いような気がします。

あとAT-Xのフィラー番組(の範疇だと思う)ケツ犬はおもしろいですね。番組表にでないのでいつやるか分からないのが困りものですが。かといってあればかりを30分見たらどうかと言われたら多分ダレる。あの短さだからいいにちがいない。

そんな感じで普通の番組以外でもすっかりTV星人になってしまいました。やばい。

あ、そうだすっかり忘れてた。なんでフィラーがどうのって言いたくなったかというと毎度毎度AT-Xのケツ犬が面白かったからだ。前も言ったような気もしてきたけど。それだけです。はい。

今更思うんだけど・・・の巻

ここのブログを管理ページで書いて更新すると「更新終了」みたいなページにスポンサー広告が表示されるんですが、もしかしてこれって書き込んだ内容に合わせて表示されてる?

今過去記事にちょっと追記した際に表示されたのはスカパーe2の加入勧誘。この広告は過去に見た覚えがない。それから以前、ATOKの事を書いていたらATOKの広告がでた。2件で判断するのもどうかってもんだけど、もしかするとそういうもんなのかもしれないなぁ。でもたまたまかなぁ。

ってゆーかさー、ATOKを買ってから書いたときに思ったんだけど、書いた本人にしか見えない広告って意味なくね。だってATOKの話する人って既にATOK買って持ってる人でしょ。そんな人にATOK今お買い得とか出されても。スカパーも同じだろうて。

と思ったけど、まだ契約してねー! っていうかもうまもなくB-CASの無料見放題モードが終了してしまう! そうか、そういう俺様みたいな奴らを狙い撃ちにするための広告か! なんて狭いところを突いてくるんだ!

っていうかどうしよう、スカパーe2。まだ無料16日分があるし、AQUOSの方のB-CAS番号も使えば合わせてひと月はまだ大丈夫ではあるけど、申請から視聴できるまでどれくらいかかるかとかそういうのもまだ調べてない。

とりあえずAT-Xは確定。後は基本パックにするか個別にアニマックス、キッズステーションとMUSIC ONあたりを追加するか。しかし単品だとお得感が全くないなぁ。そのほかにもヒストリーチャンネル、ディスカバリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックもちょいちょい見ているので何も考えずに基本パック+AT-Xが一番なんだけど、約6000円も出してそんないろいろ見るのかという疑問も。微妙な値段だよなぁ、6000円。ほぼうちの携帯の料金に近い。基本料+パケホなんだけど。うーむ、毎月DVD1本買うと思えば・・・って毎月かわねぇよ!

あーでも6000円ってひと月の間食代くらいはありそうだ。絶賛デブりんぐ中メタボりんぐまくりなので、間食禁止令ということでその分をスカパーに割り当てるか。なんせ金が無いと思えば食えないからな! 焼酎代さえあればなんとかなる!

メモリーたりねーの巻

メモリーが足りんのですよ。微妙に。

XP時代から今まで総搭載RAM8GB、うち4GB(XP時代は4.5GB)をRAMDISKに割り当てておりました。なぜならば4GBもあればそれで十分間に合っていたんですよ。Windows7はメモリー使用量が増えましたがそれでも間に合ってました。普通、起動直後のメモリー使用量は1.5GB程度。起動時からの常駐ソフトは結構多いです。だが余裕。それでよかった。そう、aviutlでエンコードをするまでは!

そうなんす、よくみりゃaviutlのメモリー使用量って結構凄かったのね。かなりぎりぎり。エンコード中になんとなくタスクマネージャーでメモリー使用量見たらRAMDISKの4GBと合わせて7.8GBを使っておりました。なんてことだ。ぎりぎりじゃないか。

そうなればRAMDISKから削ってメインメモリーに割り当てなければ。そもそもRAMDISKに4GB使うかと言われれば使わないんですよね。Master of Epicなるネトゲする時くらいでしたでしょうか、4GB以上のRAMDISK領域が必要だったのは。まぁMoEはやってた時点で4.5GB近く必要だったんですけどね。XP時代の話です。それもWindows7に乗り換えてからMoEやってないので、というか、なにやらWin7ではあまり相性がよろしくないようで。詳しくは知らないんですが、ちょいちょいマップ切り替えでエラーが起きるとかなんとか。そういうこともあってMoEももういいかなー的な。

ってことで、RAMDISKに使っていた4GBから2GBメインメモリーに移すことに決定。

インストール時の設定みたくramdisk.exeからRAMDISK使用領域を2GBに設定。
そして念のため、レジストリの
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\RRamdisk\Parameters\Image
を削除。これはRAMDISKのディスクイメージ(多分)。起動時にRAMDISKのフォルダとかを元通りにしているのはこれのおかげ。しかし4GB時代のイメージで次回起動したらどうなるかよくわからなかったので消してみた。
そして再起動。

RAMDISKが2GBになってるのを確認してからフォーマットして必要なディレクトリを作成してrdutil.exeでさっきのレジストリにイメージを保存。期待通りの通りになってるか再起動して確認。おk。

これでメインメモリーに6GBを割り当てたことに。基本的にうちのRAMDISKの使用状況はエンコードの出力先とかテンポラリファイルとかそういうの用なので2GBもあれば大体おっけーなんですよ。今はしばらくやってないけど、またROとかやり始めても2GBあれば十分だろうし。たしか1.5GB程度だと思ったから。

これで滅多なことではメモリーを食いつぶされることもなかろう。というか6GBを食いつぶされたらそれはもう仕方ないでやんす。っていうかエンコードやりはじめるとPCに求めるスペックが青天井になるのは昔と何も変わらないなぁ。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

NL-Means Light for GPUの巻

前回ちょっと触れましたが、適当に録画してみたアニメから動きの速そうなものをaviutlのプラグイン、NL-Means Light for GPUでエンコードしてみた。ブツはロザリオとバンパイアの13話エンディング。最終回だったのでこれが本来のEDなのか本当はOPなのかそういうのは知らない! それの1コマで動いていたシーンで比較してみた。

FC2ブログってファイルのアップロードが500KB制限があるからサイズを640x360にした上でPNGで圧縮。2倍に拡大するとジャギーが目立つけどノイズ的な雰囲気は大体同じだからまぁいいか方式。

録画したままのTSファイルを再生してのスクリーンショット
roza_ed_TS2.png

ノイズフィルターにNL-Means Light for GPUとクリッピング・サイズ変更・ワープシャープ有効
roza_ed_NL-Means2.png

比較としては条件的にアレですが、かなりノイズが消滅しています。星の回りや輪郭近くに出ているノイズ具合がかなり綺麗さっぱりになっております。一番違いが分かるのは文字ですけど。なんでこういうことができるのかもはや全く分かりませんよ。ええ。凄いもんですよ。

ただ、本来、編み目みたくなっている模様やエフェクトとかもノイズとして解釈され、模様無しになったりもします。あ、そのシーンのSS取るの忘れてた。てへ。そういうところはオプションでエフェクトのかけっぷりを弱めたりすれば良い具合になるかも。いや詳しくは知りませんよ。あたぼうですよ。

問題はこの90秒の動画ファイルの変換にかかった時間は1時間。この調子で1話分25分の動画を変換したら16.6時間位になりそう。長いぜ。辛いぜ。厳しいぜ。

それゆえ、OPとかEDとかPVとか、せいぜい5分程度の動画じゃないとちょっとエンコード時間が長くなりすぎてしまってしょんぼりなんですけど、選択肢としてはありかなと。

まぁ夢はありますよね。GPUの能力を使用して高度な処理をしているわけですから。きっとCPUでやればもっと時間かかるんでしょう。よく知りませんけどそうに違いない。ゆえにもっとGPU処理系の動画編集ソフトとか出てくれば嬉しいんですけどね。他力本願すぎですけど。

よし、NL-Means Light for GPUのすごさは分かったからエンコード的に普通の感じのところを勉強するか・・・。

エンコード難しいの巻

色々エンコード設定を変えてやってみていますが、難しいですねぇ。

そりゃただ単に綺麗にするとかは楽だと思う。時間とビットレートを増やしてよさげなフィルターかければ綺麗になるに違いない。がしかし、現状では時間がかかりすぎる。x264のプリセットで高画質+αの1パスVBRで25分物をエンコードして3時間。こりゃちょっと長いよなぁ。綺麗にしたい一品ものならいいんだけど、とりあえず的な動画向きじゃないなぁ。ってかちゃんとやるなら2パスでいきたいしなぁ。でもそうなるとさらに倍か。CPUとか相当強まってるとおもっていたけど見事に粉砕された気分。頼みのGPGPUを使ったaviutlのフィルターですら全然性能足りない感醸し出してたし。全く上を見ればきりがない。

お手軽にさくっと変換できるけどそこそこ綺麗、ってな感じの落としどころが難しい。こればかりは他人様をあてにするわけにもいかないし。なんせ主観の問題だし。俺的にはここまでは許せるってのが個人によって違うだろうから色々たくさんエンコードしてみるしかない。

そういや最低気味画質でエンコードしてみたことないな。まずはそこからだろうという気がしてきた。標準的な設定でも結構綺麗なんだから案外いいかもしれん。うむ。まずは試してみよう。

ってゆーか、いい加減、腹くくってオプションとかちゃんと調べるしかないですね。あ、はい。すみません。でも正直ヘルプとかreadmeとかじゃそんな理解できそうにないから物を知っている人のサイトを見るしかないなー。

音ずれ対策の巻

前回の続きみたいなもんですが、TVTestで録画したTSファイルをMP4に変換すると音がずれちゃうんだけどなんでだろう問題の話。

暫く様子見してみたところ、どうやらやはり音ズレの原因はHaaliだったようで。つまりエンコード時の問題ではなかったっぽい。というか、Media Player Classic+Haaliというか。ここら辺はとにかくHaali Media Splitterの最新版を使えばそれで解決っぽい。

Haaliのインストールは単体で使ってる人は何も考えずにインストールでいいと思うんですが、うちの場合はコーデックをそろえるのがめんどくせーので、K-Lite Codec PackからHaaliを入れてる場合はどうしたもんか的な。何せインストールパスが"C:\Program Files (x86)\K-Lite Codec Pack\Filters\Haali"にあるし。そのうえK-Liteは頻繁にバージョンアップするくせに付属するHaaliは古い物が入っている。

となるとHaaliだけ単体で最新版をインストールしたいところだけどデフォルトのままインストールするとK-Liteとパスが違うために二ヵ所になってしまう。そうなるどシステムからどう扱われるのか分からない。ということでHaaliはK-Liteでインストールされる、上記のパスに上書きインストールしてみることにしてみた。ただインストーラーの行儀がちょっと悪くて後ろに余計なディレクトリを掘ろうとしてくるのでインストール時のパスに気をつけないといけない。でもそこさえちゃんとして上書きインストール完了。

Haaliのファイルもちゃんと更新されてるし再生テストもOK。音ズレしてた自作MP4ファイルも正常に再生されるように。

これで問題は解決したわけですが、しかし、エンコードの設定もいろいろ弄ってかなりシンプルにしたりしていたのでそのせいもあったのかも。つまり問題が複数あったけど知らぬ間に解決していたものがあったのかも的な。でもどうやら犯人は古いHaaliっぽいけど。

さらにaviutlは自動フィールドシフト+拡張x264出力の自動フィールドシフトを使用するとエラーで使えなかったので再構築することに。ってゆーか、aviutlとか随分使われずに放置されていた。古いファイルの日付的には6年前ですよ。そりゃ最初っからやりなおせクラスですよ。VHSからキャプチャーしたブルセラビデオにフィルターかけることくらいでしか使ってなかったですからね! それはともかく、謎のエラーの類はaviutlをシンプルに再構築、これに限るっぽい。

・PT2で録画後に使用するソフトウェア
TVTest+TVRockは大前提として。というかtsはき出せれば何でもいいというか。

・使用ソフト
BonTsDemux
aviutl
TSファイルからCMカットなどをしてMP4へ変換する場合、基本的にはこの二つで十分だと思う。aviutlには拡張x264出力とか各種プラグインとか必要になってくるけど。最低限、大本のソフトとしてはこの二つということで。

・TSファイルをBonTsDemuxでm2v+wavに分割
BonTsDemuxはhttp://2sen.dip.jp/dtv/にあるBonTsDemux mod 10k7 + nogui + es。旧板のより使いやすいし音もずれないし良い感じっぽいです。使い方もファイルをD&Dして変換開始を押すだけ。設定も大抵の場合弄ることはないかも。

・出力されたm2vとwavをaviutlに読み込み。ファイラーからドロップしたりメニューから開いたりとか。

・aviutlのフィルター
標準装備以外の物では
Lanczos 3-lobed 拡大縮小
何となく、標準装備のフィルター、クリッピング&リサイズでクリッピングだけしてリサイズはこのプラグインを使ってます。あと個人的にSDサイズ(720x480画角16:9とか)の動画でも1280x720にアップスケーリングしたり。普通にプレイヤーで拡大するのと大差ないじゃん・むしろファイルサイズでかくなるだけ説もあるんだけど、640x360や848x480なんかと比べるとやっぱり違うと思う。そこら辺は再生ソフトの性能とか設定とかあるんだろうけど。あとサイズ・比率的にもすっきりしてて美しい。最大化しない再生にも丁度良いし個人的に好きなサイズ。

自動フィールドシフト
インターレース処理とか担当。設定>インターレースの解除>自動フィールドシフト。詳細設定に関しては正直自信がないので他の人にまかせた。何となくフィーリングで。

ワープシャープ マルチスレッド版
アニメで輪郭をすっきりさせたりして絵面が良い具合になったりします。同じ人が作ったものでアンシャープマスクというのもあり、よくセットで使われたりしますが、個人的にはあまり使いません。好みの問題ということで。

今のところ、この程度で済ましてます。今時はデジタル放送なのでゴーストとかないしノイズも少ないし、フィルター掛けるとエンコード時間伸びるし。

でも他にも使ったり使わなかったりするプラグインはあるのですが、あえて言うと、これはかなり強烈。
NL-Means Light for GPU
短いOPとかEDとかPVとかのエンコードではこれも使ってみたり。ノイズフィルターとしては鬼のように強力だと思います。ただし処理の重さも強力です。CPUではなくGPUで処理するのですが、このフィルターを使用すると事実上、PCは使用不能状態なくらい重いです。CPUの使用率は低めなんですけど。GTX285でこの有様です。そのうえ、設定によってはGPUが根を上げてフリーズ寸前で画面がゴミだらけになったり。ドライバのせいなのか熱暴走なのかは分かりませんがそのくらいヘビーです(0x124ブルースクリーン落ちすることもあるので多分電力不足?)。ただし動きの速い部分で発生するノイズとかもかなり軽減します。相当凄い感じです。それゆえに単品短時間ものでは使いたいかなぁみたいな。なによりエンコードをGPUを活用できる数少ないソフトウェアの一つですし。

x264のエンコード設定もフィーリング。基本的にはプリセット基準。お手軽。きちんと残したい物はがんばって綺麗っぽくなるように。後なにやらDXVA(GPU再生支援)とかの互換性と考えるとオプションの"--level 4.1"がいいらしいということでそうしてる。けど、適当エンコードでもまだ再生支援効かないってのはできてないからなんとも。昔のバージョンの話かもしれない。

本当はちゃんとスクリーンショットも取って設定も出して・・・としたかったんだけどまだ音ズレが解消したばかり状態なので、簡単に書いてみた。まぁ知識もさっぱり無いので詳しく書けないってこともあるんですけど。

知恵が付いたら書き足したりしなかったりします。

TS/MP4音ずれ問題の巻

PT2買って録画しまくりなのはいいとして、問題はエンコードで長々と躓いておりました。

エンコード環境的にはPC的にはコレで、ソフトウェア的には、TVTest(Rectest)で吐きだしたtsファイルをBonTsDemuxで映像と音声を分離し、aviutilでCMカットなどの編集とインターレース解除、サイズ変更等をした後、拡張x264でエンコードしMP4/AACを出力、という感じです。

大雑把に言ってますが、まだ細かいところは全然手が付けられていません。なぜなら原因は音ズレ。これが全然解決できなかったからエンコード時間とか画質とかそういうところ以前の問題だったんです。どれくらい悩んでたかというともう何日も。そしてやっと原因が分かったかもしれない。

原因は再生プレイヤー側だった!

っていうか、Haali Media Splitterの問題っぽい。というのもプレイヤーとして使っているMedia Player ClassicおよびHome Cinemaでだけ音がずれるというか、動画の先頭部分が早回しみたくなったりなんかおかしかった。しかしWindows Media PlayerやQuick Time Playerではずれてない。

ひたすらエンコード設定を見直してはエンコードしてまいりましたが、どうやら何ともまぬけなところに原因があった気配濃厚。インストーラーのMatroskaSplitter.exeを2010/03/27版のものをインストールしたら上記のような音ずれがなくなった。ゆえに多分これが原因だったんじゃないかなぁと。現に直ったし。

しかし気がかりなのは、自作の録画したTS->MP4ファイル以外では音がずれた物に当たったことがないんですよね。これがたまたまなのか、やっぱり自分ところに微妙な問題があって新Haaliで何とかなっただけなのかは分からず。でも環境的には現状維持できるし問題が他に発見されなければこれで行く予定。

本当はもっと細かく書きたいところだけど、まだ寝る寸前に発覚したばかりな状態なので眠いやらめんどくさいやらよくわからないやらそんな感じ。でもやっと問題解決の出口が見えてきたようでよかったよかった。

«  | HOME |  »

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。