FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左縦配置式タスクバーに変えてみたの巻

25.5インチのRDT261に変えてからは右縦配置式タスクバーで使って参りましたが、左配置に変えてみました。

理由は単純でサブディスプレイが右側にあるため、二つのディスプレイにまたがるように表示された場合、タスクバーが邪魔だったんですよ。もしサブディスプレイが左側においてあるならそのままで良かったんですけどね。というか、別に右にあるタスクバーが邪魔ってもそこまでの邪魔ってわけでもないんだけど。何となくそうしたほうがいいかなぁみたいな。

で、そんな感じで3日ほど使っておりましたが、やっぱり多少なれるまでは3日位かかりますね。よくマウスの移動方向を間違えたりしておりましたが、今回はすぐ慣れました。下方式から横方式にしたときは1週間くらい慣れるのにかかったんですけど。

ただ、横でも縦でも結局時計は右下だった、というのはまだちょっと慣れない。なんせ15年近くそういうデスクトップで来たわけなので咄嗟の視点移動はまだ右下へ。まぁこれもいずれは慣れるであろうと。

それからもう一つ、起動時、右上を起点にウィンドウを開くソフトの場合ちょっとうざい。起動すると毎回タスクバーがかぶる。これをどのくらい許せるかが左縦配置式タスクバーを使い続けられるか否かの分かれ道と見た。

まぁ暫く使って納得できなければ右に戻したり、もしくは大変面倒だけどサブモニターを左側にもってこようかなぁ、と思っている今日の日記でございました。
スポンサーサイト

何かわかんないけどA's Video Converter使ってみたの巻

AviUtlでCMカットしてフィルターかけてMP4にエンコードするのは綺麗だしサイズも小さくなっていいんだけど、いかんせん時間がかかる。そこまでの綺麗さは必要でないけど、とにかく手軽に大量にエンコードしたい撮り溜め番組を何とかしたい、ということでAviUtlじゃない方向性を模索してみることに。

と、思ったらそーいやA's Video Converterってのサブマシンにインストールして放置してたなぁ、と思い出した。たしかRADEON系のGPUを使って高速エンコードするとかそんなだったはず。多分。使ってみよう。

ちなみにサブマシンはAthlon64x2にHD5770のちぐはぐマシン。

インストールとか環境設定とかは・・・そこそこ前のことだから忘れた。ということで使うところから。

とりあえず、仕様とかよく分からないけど、PT2から抜いたTSファイル(AT-XのみなみけCMカット無し)を突っ込んでみることにする。設定はとりあえずAviUtlでよくやる1280x720pのアップスケーリングで逆テレシネとインターレース解除くらいで。約20分で終了。さすがに早い。

見てみた。さすがに汚い。インターレース解除も逆テレシネも全然効いてない気が。そしてフィルターかけないアップスケーリングは意味ないですね。あと元にしたデフォルト設定のままのビットレートだからファイルがでかい。30分で850MB。

ならば848x480でビットレート1000-2000kbpsの設定でエンコード。10分弱で終わった。早い。見てみた。うむ汚い。がしかし、適当にあとでみるだけとか、設定をiPod用にしてiPodで見る分にはこれで十分だ。っていうかビットレートもっと落としてもいいな。できたファイルは250MB位。

これらエンコード中のHD5770の状態はというと、特に平時より高温になるわけでもなく、GPU-Zによる計測ではGPU Loadも15-30%程度。CPUの占有率も片側が90%位、もう片方が50%と、かなりお手軽。AviUtlでGTX285を使うフィルターをかけるとものすごい勢いで電気とパワーを消費するのとは大違いだ。そういやA's Video ConverterもGeForceで使えるらしいんだけど、うちでは駄目だった。多分やり方が悪い。というかあんまりチェックもせずに適当にやったら駄目で諦めた系。

でもこれだけ早いなら多少汚くてもこれはこれでよさそうだ。とくに個人的にはiPodで見る用の動画を準備しなきゃ、ってのは大抵急な場合が多いのでありがたい。

ちなみに同じソースをCMカットしていつも通り1280x720のアップスケールでフィルターてんこもりのエンコードをして無駄によさげなMP4設定して約3時間、270MB。そりゃ長期保存したいものなら時間かかってもしかたないけど、見返すこともないようなものだけど、後で見る、ってのならA's Video Converterでエンコードしたものでよさそうだ。しかもへっぽこサブマシンでもおk、というのは相当良し。iPod用はこれからA's Video Converterを使うことにしよう。

TvRockのファイル上書き問題の巻

どうやらTvRockは同じ番組の録画を解除した後、また同じ番組を録画すると上書きしてしまい、以前のTSファイルが消滅してしまうようだ。そんなケースなんてあまりないだろうけど、たまにはありそうな気配がする。

というか、先週の土曜深夜のBSアニメ帯でBSフジが10分押し状態になり、放送時間がずれた。それはTvRockでちゃんと追尾できていて、結果的にどの録画も問題なかったんだけど、危うい感じも。具体的にどういう録画スケジュールになっていたかはっきりしないというか、土曜深夜は数時間にわたって衛星チューナー2つがほぼ常に使用されるという混み具合で分からないというか。

そもそも何故こんな事態が発生したのかがよくわからない。いつもはこんなことなかったので多分BSフジが10分押しだったからじゃないか、という推測はしましたが、それで何故BS-TBSの方が、という気はします。しますが、録画するチューナーをどう使われるかの問題なのでさもありなん、なのかなみたいな。謎です。

ってか、あの時間込みすぎですよ。

23:00からBS11ゼーガペイン、23:30からAngel Beats、日付変わって0:00から迷い猫オーバーラン、0:30からPEACE MAKER鐵、もしくはBS-TBSにうつっておおきく振りかぶって、1:00から会長はメイド様、同時にフジで四畳半神話大系、1:30さらい屋五葉、2:00からサンレッド。

BSの番組編成はどんだけ土曜深夜をアニメ密集地帯にする気なんだ! もうちょっと散らせ! そして今週末はBSフジ25:00から刀語(第5話)「賊刀・鎧」。はずせはずせー。まったくもう。ミスれないったらありゃしない。

それはいいとして、できたTSファイルを見ると、何故か同じ番組で二つ作成されていた。ファイルは消してしまったんだけど、例えば、

‎おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 「野球やりたい」 (BS-TBS 2010-05-23-0030).ts
作成日付:‎2010‎年‎5‎月‎23‎日、‏‎0:29:50
更新日付:‎2010‎年‎5‎月‎23‎日、‏‎0:59:46
4.54 GB (4,878,879,556 バイト)

‎おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 「野球やりたい」 (BS-TBS 2010-05-23-0030).ts
作成日付:2010‎年‎5‎月‎23‎日、‏‎0:29:50
更新日付:‎2010‎年‎5‎月‎23‎日、‏‎1:00:14
44.2 MB (46,348,580 バイト)

これがメイド様や四畳半でも発生しておりました。たしか。一回だけなら現状でも最悪、ファイルの消失は避けられるんですが、それをきっちり処理しておきたい、って話ですね。

何でしょうか、二つ目のTSファイル。元々ファイル重複チェックは存在するか否かだけのことはしていたので、局名が全角文字ということは後からPerlスクリプトで変更しようとして失敗した系。

うちは20秒前待機、10秒前録画開始なのですが、作成時間が同じで終了日付が妙だ。もしファイル名を上書きされていたら最初に作成されたTSファイルは消滅していたということに。これはよろしくない。大抵リピート放送されるCSならともかく、一発勝負の番組でこれは恐ろしい。

ってことで一番最初で言ったように対策を打つことにしたわけですよ。まったくTV見ながら書くと順番がめちゃくちゃすぎる。


sub FileCheck {
$LOOP++;
my $OutFileName = shift;
my $FileTmp = $OutFileName;
if (-e $OutFileName) {
$FileTmp =~ s/\.ts$//;
$FileTmp =~ s/\d+$//;
$OutFileName = "$FileTmp$LOOP.ts";
if ($LOOP >= 100) { exit }
&FileCheck($OutFileName);
} else {
rename("$OrgFileName", "$OutFileName");
}
return;
}


こんな感じのもんを追加しておいたり。サブルーチン名がチェックとか言ってるくせにファイル名変更までするという。てきとーてきとー。あと何かがどうにかなって無限ループしてしまうのを避けるために100回ループ縛りで。

全体としてはこちらに。まぁ誰にとっても使い物にならないのは間違いないです。見るほどのこともないですし。

ってゆうか、自分が欲しいと思った物は大抵発明されている理論からすると、こういうのも誰か作っているか、そもそもTvRock自体のオプションで何とかできたりする気はしてるんですけど。

兎にも角にもPT2みたいのでPCからTVを録画するのは自由度がとても高くて良いのですが、何かトラブった時は自力で何とかしないといけないのは面倒でございます。がしかし製品のレコーダーでトラブったら手の施しようがほぼないから諦めるしかない。やっぱりよし。

こうやって録画環境が徐々に強化されていくんですねぇ。まだこの先も色々ありそうだ。

●買ったの巻

やっちまったぜ。●買っちまったぜ。まじだぜ。ちょっと前に●なんていらねーよ的に言ってたのは自分への防波堤だったんですが、決壊してしまいました。自制心ないですね。

というか、●って何って話ですが、2chで過去ログが直接読めたりプロバイダがホスト規制されていても関係なかったり、書き込み時間制限がゆるくなったりする、いわゆる有料2chモード。うっかり金払ってしまった。

うっかりにも程があるんですけどね。ほんと。酔いすぎてた。

でもまぁ、33ドルですから。円高時代ゆえ、3000円程度です。ドル払いなので手数料いくらになるかとか、実際の支払額はまだクレジットカード会社のWEB明細に出てないから分かりませんが、プロバイダ変えるよりはいいです。プロバイダ変更手続きとかDDNSとか各種登録してるメールアドレスとか設定を変更する手間を考えると軽く目眩がしますし。バイダ変えたところで規制されたらまた同じだし。

規制されているのか否か、いつ解除されるのか気にするのも面倒なのでそこら辺気にしなくても良いというのは楽ではあります。特に中国人の糞野郎どもの影響でよくホスト丸ごと毎長期間規制されるODNですので。

そんなわけで、自分への言い訳満載で●な2ch環境を楽しむことにしましたが、実況にはいいですね。元々実況サーバは20秒の制限しかないので緩いのですが、それでもキターとか言いたい時に言えばないとむかつく。それができる! まぁ、メリットはそんくらいですね。ってゆうか俺的には実況専用ですね。ほんと。そんな感じでJane Styleに●のID/PASS設定して使っておる次第です。

さらに言い訳すると、2chを長いこと利用しているんだからたまには金出すのもいいかと思ってしまったりしたのもまた事実。そりゃ払わなくていいのなら払いたくはないんですけどね。思ってしまったもんは仕方がない。とりあえず一度くらい●使ってみようかなーみたいな。

でも自作PC板の過去ログとかも漁りやすいのは結構よさげ。今まではグーグルのキャッシュ頼みでしたから。そのキャッシュも検索ではかかるのになかったりすることもあるし。

ってゆーか、●ってなんて言えばいいんだろう。まる、なんだろうか。そういうのもわからん。わからんけど別に口で言うこともないだろうからいいや。

GeForceのドライバ新しくしようとしたけどやめたの巻

また愚にも付かない糞話なんですが、GeForceのドライバがWindows7入れた当初から同じ195.81なもんで、そろそろ色々新しくなってねぇかなぁ、と調べてみたんですよ。そしたらここ最近のドライバはMediaPlayerClassicでトラブルが出るそうで。しかも197.45で直しました、って言ってるのに直ってないそうで。なんだそりゃと。それ故に回避ですよ。

もう言いたいことは全て言ったんですが、ついでに言うと最近のというかここ1-2年、もうちょっと?くらいnVidiaがなんか絶不調ですね。名前変えただけのチップを新製品でーすとか言って出してみたり、新型チップがいつまで経っても完成せず、1年以上にもわたってフラッグシップモデルが変わらなかったり、やっと新型チップが出たら評価いまいちだったり、ドライバの不具合でファンが正常に回らずチップが焼けたり、目も当てられない悲惨さ。

GTX285はまだ戦えるから新型VGAを買おう、と言う気にはまだならないんですが、文化的な、というか、思想的なというか、何というか、好みの問題でまずnVidia、と思っておる私でもやばいなぁと思ったりします。

ってゆーか、他人の心配より自分の心配しろ系なんですけどね。どうしよう。スカパー入ったらいつもより+6000円/月の出費だし、今年タバコの値段あがるらしいし、やべー。

エンコード速度比較みたいな何かの巻

普段PT2+TvRock+TVTestで録画したものをエンコードする際、AviUtl+拡張x264出力でMP4に変換しているわけですが、変換に時間かかりすぎなんですよ。確かにできあがった動画ファイルはわりかし綺麗でサイズ小さめかなぁという感じはしますが。そこでどのフィルターが重いのかを調べてみることにした。

元ソースは今日捕獲していたフィルターの掛け甲斐のある(あんま綺麗じゃない)、
ゼロの使い魔 #03 (AT-X 2010-05-20-0830).ts。
e2のAT-Xなのでサイズと画角は720x480で16:9。
これからCMカットして本編の頭からケツまで、トータルフレーム数は42557frames。

あまりに適当でいい加減なのでざっと条件を書くと、

・CPUはOC無しで素のCore2Quad9550@2.83GHz/RAMがDDR2 800MHz。

・AviUtlの実行プロセスの優先度はLow。

・エンコード中も普通にTV見たり何かやったり割と普通にPCを使用しつつのエンコード。
・処理時間は適当実測。FPSはファイルの作成時間と最終更新時間の差をフレーム数から割った物を大体。
・推定とかなっているのはAviUtlとかで途中まで処理させてるタイトルバーの数値。%はその地点のもの。
 つまりはすんげーいー加減にも程がある数値。
 推定にある時間はそれを元に計算したさらにいい加減な数値。

・赤い字が使用フィルターとかタイムとかFPSとか条件とか(フィルターは公開サイトへのリンク付き)
・青い字が各フィルターの設定値

拡張x264出力(GUI)設定
AnimeHQ(多分綺麗め設定) 以下明示している1つのみで使用されている設定
--preset VerySlow --tune Animation --crf 18 --psy-rd 0:0 --qcomp 0.8 --scenecut 60 --bframes 9 --ref 12

AnimeNQ(多分バランス重視) 下記比較のほとんどで使用している設定
--preset Medium --tune Animation --crf 20 --aq-strength 1 --psy-rd 0.3:0 --qpstep 16 --scenecut 50 --bframes 3 --b-adapt 2 --ref 3 --direct auto --me umh --merange 32 --deblock 0:0

ここまで前置き。


フィルターもインターレース処理も何もなし
処理時間:50fps 851秒(14分11秒)

さすがに早い。約2倍速エンコード。余裕でリアルタイム圧縮も間に合いそうだ。やる方法は知らないというかあるのかどうかも知らないんですけどね。この設定でエンコードすることもないだろうから参考程度のもの。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4
処理時間:40fps 1078秒

以下全ての基準となるもの。
自動フィールドシフトのプリセット設定、"映画/アニメ"を元に解除レベルをLv4にしたもの。Lv3だとインターレース処理を取りこぼす事があったりしたので。ソースによってはLv3のが良かったりもする。個人的デフォルト設定。
24fps化は完全に行われているわけではなく、大体。頭から尻まで完全に24fpsだと分かっているものならいいんだけどそういうのを調べるだけでも相当手間なので全て自動フィールドシフト任せ。これもリアルタイム圧縮に間に合いそう。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + リサイズ
推定:6fps(計算上は2時間ちょっとの散歩道)

サイズ:1280x720
輝度:Spline36
色差:Spline36

720x480から1280x720へアップスケーリング。この処理が重かったのか。再生時にプレイヤー側で拡大表示させるだけでいいじゃないか論もあり。けど個人的には好んでアップスケーリングしております。まぁ少なくとも画角を考慮して848x480とか640x396とかにリサイズした方が再生時的にはよろしいかと。そこもプレイヤー任せ論ってのもありますけど。こういうのをリアルタイム演算するPS3は偉いなぁ。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + prefilter for nolinear sharpen(非線形処理な先鋭化用前置フィルタ) + nolinear sharpen(非線形処理な先鋭化)
推定:16fps(20%時。計算上は45分位)

prefilter:weight:32
nolinear sharpen
under:20
over:16
gain:36
noise:0
mask_x:0
mask_y:0
参照拡大:ON
underの値をgainに合わせる:ON
p-pでノイズ判定する:ON

割と最近から使用し始めたフィルターで系統で言えば線をくっきりさせるためのシャープネス系。使い出したばかりなのでまだ設定が固まってない感じ。
これもなかなか重めの処理をなさっていたようだ。でも効果が大きいから仕方ない。preと本体フィルターは基本的にセットで使用するプラグインで、preでぼかして本体でくっきりさせる感じ。何故そうなっているのかはreadmeで。勿論、プラグインの処理順番はpreを先にしないと無意味どころが害ありくらいのもので。
preの方を強くするべきか、pre処理する前にノイズフィルター&バンディング低減をしてpreを弱くするかまだ迷い中。とりあえずpreを使わないとちょっと色の境目がぎざぎざ気味だから薄くでもかけた方が見栄えがいい感じがする。あとソースがHDな場合は数値をもっと下げていいかも。そうしないとかなり固い絵面な感じに。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + NL-Means Light for GPU
推定:15fps(10%時。47分位)

空間範囲:4
時間範囲:2
輝度分散:36
色差分散:16
モード:2

強力なノイズフィルターである、NL-Meansを簡易化して演算をGPUでもしているもの(多分)。それでも重い。処理も重いけどPC自体が相当重くなる。どこがボトルネックになってるんだろ。そのうえGTX285が本気を出すのでファンの回転数を制御して温度を75度以下(80度位までは大丈夫なのかな)にしないと熱暴走でフリーズ必至。気温によってはほぼファンの回転が100%固定にしないといけなかったり。あと電気もかなり食います。蛍光灯がちらちらしまくります。電子レンジと同時に使ったらブレーカー落ちそう。っていうか、メインPCの電源を離れた別の系統から取ろうか検討中な有様。素晴らしいけど使いどころに困ったりします。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + NL-Means Light
推定:35fps(30%時。20分位)

範囲:3
分散:45

上記フィルターのさらに簡易版。演算にGPUは使用せず、処理も絞っているから随分軽くなっているご様子。高性能で使いやすいです。付属のノイズフィルターとどっちがいいかは比べてないですけど。今時のデジタル放送なら目立つブロックノイズやモスキートノイズを何となく消してくれれば大体いいのでこれで十分だったりします。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + WarpSharpMT
推定:33fps(30%。21分位)

depth:64
blur:3
bump:80
cubic:-12
上:0
下:0
左:0
右:0

にじんだ線をすっきりさせるフィルター。基本的にはシャープネス系のフィルターと共に使う感じのものなような気がする。弊害としてあまり強すぎると輪郭線が細くなりすぎて味気ない絵面になったりする。e2のAT-Xとかいろいろ弄られた上で放送されている番組向けのフィルター。逆にHDなソースをHDのままエンコードするならこのフィルターは必要ないと思う。


AviUtl:自動フィールドシフト + バンディング低減フィルタMT
推定40fps
range:15
Y:15
Cb:15
Cr:15
ditherY:15
ditherC:15
sample:1
seed:0
ブラー処理を先に:ON

最後のまとめ書いているあたりにバンディング処理フィルターを忘れていたのが発覚して適当に追加した感じに。こうしてみると処理はかなり軽いっぽい。縞模様があまり目立たなくなる上にノイズがすっきりするお得なフィルター。それでいて処理が軽いとなると使いやすい。ただ、他のノイズフィルターと同様、強くすると本来ある線やエフェクトまで大きく消してしまうのでデフォルト設定のままで、動かすにしても減らすかどうかってところかなぁと。もしくはソースが綺麗なら使わない。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + クリッピング
処理時間:46fps 933秒(15分33秒)

設定はソースによりけり。基本的には上下2(or上4下0)、左右3とするものが多い傾向。
処理の重さはそれほどでもないご様子。ただちゃんと比率考えないと絵面が歪んでしまうのが困ったところ。特にキッズステーションHDで放送中の未来少年コナンが上下はぴっちりだけど左右を各数十も削らないといけない物なんかはどうしたものか困った上、結局クリッピングを使用せずに素通し。元々4:3のものをHDデジタルリマスターにしたうえで上下ぶつ切り16:9にしているんだから変なのも当然なんですけどどうせなら4:3で放送してくれればいいのに。最悪でもぴっちり16:9でサイドの黒枠が出ないようにして欲しかったなり。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4 + 色調補正
処理:37fps 1137秒(17分57秒)

色の濃さのみ:48
前回スクリーンショット比較したときに色が若干褪せてるなぁと思って色調補正も比べてみた。けど多分動画変換には使用しないかも。スクリーンショット用。処理も重いと言うほどではないっぽい。


AviUtl:自動フィールドシフトLv4
x264:AnimeHQ
推定:16fps(30%時。計算上は45分位)

番外編でx264の設定だけを変えてみた
いつも使用しているx264設定はこれでして。どのくらい時間のかかるものだったか知りたかったものでして。B-Frame9に参照12とかなりエンコード・再生共に重くなるはずの設定ではありますが、思ったほどエンコード時間がかかるほどではなかったという感じも。ただAviUtlの設定の方はちょいちょい弄ってるけどx264の方はほぼ何も変えずにこれ固定。そのうちもっと軽めに落としていこうかなぁと。


で、各フィルターの時間を調べてみたわけですが、効果の大きい物ほど時間がかかるという、やっぱりそうですよね~的な結果になりました。どれかを外せと言われても困ってしまいます。綺麗っぽくなるように加工しなくていいならそれこそ自動フィールドシフト程度でいいし。どうせわざわざMP4にするなら綺麗にしときたいし。


総仕上げ。これを踏まえて、複合フィルターでエンコード。いつも通りとも言う。
x264はAnimeHQ設定(綺麗設定な方)
AviUtlで使用したフィルター(各設定は上の方に出てるとおり)
自動フィールドシフトLv4
クリッピング&リサイズ(クリッピングのみ)
リサイズフィルタ
バンディング低減フィルタMT
NL-Means Light
prefilter for nonlinear sharpen
nonlinear sharpen
WarpSharpMT
SS1267227155.png

これでエンコード完了まで3時間7分。秒間処理コマ数は3.8fps。長いですね。AviUtlのプロセスプライオリティーを普通にすれば3時間は切ったと思いますけどね。普通に色々やってたし。でもまぁ誤差ですね。

できあがったファイルを再生させてみると輪郭線の感じあたりはまだ弄りたい感じはしております。

というか、e2のAT-Xで放送されている全てのアニメがぼんやりしてるのがいくないんですよ。全ての元凶はそういうことなんですよ。輪郭線を綺麗にしたいんですよ。恋姫無双 乙女大乱とか新作のくせにぼけすぎなんですよ。その輪郭線あたりを綺麗にするために時間をかけてエンコードしているわけですよ。

あと元ソースが凄く汚いというか、いい加減だとやっぱりちょいちょい設定を弄ったりするところもでてくる。特にAT-Xなんてまだマシで、TBSチャンネルで放送している「けいおん!」位汚いともうかなりどうしようもない感が。あれ、何をどうしたらあんな汚くなるんだろう。YouTubeの方がまだ綺麗なんじゃないかとすら思うくらい汚い。綺麗なものはDVD/BDを買ってね、っていうのは分かるんだけどちょっと酷すぎるざます。本放送の地上波だとサイドカットだったし。そこら辺、「けいおん!!」では地上波で綺麗なのやってるので随分TBSも折れたもんです。まだ見てないんですけどね。まだ見るためのパワーが足りんみたいな。

元ソースが綺麗なものだとリサイズ+バンディング低減フィルタくらいで済ましてしまったりするんですけどね。っていうか、本当はあんまりフィルター掛けたくないのはやまやまですよ。絵面がいかにも加工してます的なものになっていきますし。のっぺりしたり味気なかったり色の境がくっきりしすぎたり。自然な感じに持って行けたらいいなぁと。

もしくはフィルターに何もせずCMカット程度でただMP4変換するだけの方に行くか。それはそれでありだと思ってます。1280x720へのリサイズだってやらなくていいかな感は持ってるんですよ。ただ一昔前のアニメは1280x720で作られてるものが多かったから何となくいいかなぁ程度に思ってそうしていただけですので。今でも1280x720制作のものは結構あるんじゃないかという気がします。

エンコードせず大量に保持している4:3な放送のTSファイルはCMカットもせずにMP4変換して置き場所節約しようかなと思ったりはします。一回見たら満足しそうなのだったりしますし、見る機会が当分先かなぁみたいなところもありますし。ここら辺は今後の運用次第みたいな。


何かあったらまた書くことにして終了。チェック無しで書いたので見直したりでもしたら修正が入る気配満点。


----
とりあえず上の10行直したところで気から尽きた

TSMemoryを使ってみたの巻

前回の続きみたいな感じです。

SSDへの移動に伴い、折角フリーウェアの類が実質的に高速化したんだから有効活用的な何かを考えてみた。

TVTestのTSMemoryプラグイン。これは何かと訪ねたら、要は番組視聴中のスクリーンショットを綺麗に撮ろうってなもの。動作原理というか仕組み的には、TVTestが動画のコマをそのままAviUtlに渡し、数秒位(デフォルト設定の10MBでSDなAT-Xで11秒位、HDなキッズステーションだと4秒位、設定は"TSMemory.ini")のコマから画像にしたいところに位置を合わせ、AviUtlでフィルターを通し、スクリーンショットはAviUtlの方で作成する、とまぁそんな感じの物です。細かい設定はreadme.txtに書いてあるのでそちらを参照のこと。

普通にSSを撮るのに比べたら一手間、二手間増えるので面倒なのは確かですが、面倒な場合は普通にSS撮ればいいので綺麗に撮るときはTSMemory、って感じでやるのがいいかなと。

でもメリットもあって、AviUtlの方でシークして画像にするコマを決められるので決定的瞬間に合わせやすいです。パンチラとか。パンチラとか。パンチラとか。

で、TSMemory、これはこれでいいんですけど、何せSS撮る毎にAviUtlが起動するわけで、HDDからだとちょっとレスポンス悪いんですよ。まぁそんな大差もないけど、気分の問題とも言えますけどね。一番重いのはフィルターてんこ盛りでのシークですから。でもこれを機に使ってみようと。

と、比較画像を置こうとしたらここのブログが500KB制限があった。うーむ。500x500picsに切ってみた。あ、e2のAT-XはSDだけどそれを1280x720で撮影しております。AviUtlの方も同様。

ソースは現在AT-Xで現在放送中番組におけるエース、kiss×sis。異論は認めない。実況板の速度からしたらまさにダントツ。二番目は多分一番後ろの大魔王。要はパンツとかおっぱいとかおしっことか大人気、ってことですね。私も大好きですよ。実際AT-XのDVD/BDショップでもアニメではkiss×sisが上位をしめているご様子。まぁそれはいいとしてですよ。

TVTestからの無加工スクリーンショット
mv2010051901.png
AT-Xはぼんやりしまくりです。

TSMemoryを使用してAviUtlで加工したスクリーンショット
mv2010051902.png
このくらいになるとAT-X HD並の止め絵になってないかな? かな? HDなAT-Xなんて見たこと無いですけどね。

フィルターとしては
クリッピング&リサイズ(クリッピングのみ)
リサイズフィルタ
バンディング低減フィルタMT
NL-Means Light
prefilter for nonlinear shparpen
nonlinear sharpen
WarpSharpMT

を使用。順番はこの順番だけど、また定まっていないという。設定もだけど。基本的にはあまり強くフィルターはかけないようにしてはいるつもり。

あとこうして比較してみると色具合違うなー。色調補正で色の濃さを少し増幅させ・・・るのはいいか。めんどくさい。そもそもどこで色が変わってるのかわかんないというか、調べるのもめんどくさいし。こまけぇこたぁ気にするな。でもちょっと気にしてるからいつか気が向いたら何かどうにかしようかなみたいな。

あとちょっと使ってみて思うのはスクリーンショット加工用にAviUtlフォルダを別に作るのがいいかもしれない。SS
用の設定と動画用となるとちょっと変えたいし。いちいち変えるのも面倒くさい。となるとSS用はもっと過剰に色味を付けて良いかもしれない。うむ、またしても定まらない。がしかし、フォルダは分けよう。そこは決定。

ちなみにほぼ同じ設定で動画変換もしておりますが、フィルター色々使ってるせいもあって30分アニメ一本変換するのに3-4時間ってやっぱり長いよなぁ。重さ的にはnonlinear sharpenセットとNL-Means Lightあたりが重量級。NL-Meansは基本的にはfor GPUを使わずに簡易版のGPUを使用しないただのLight版を使用。これでも十分ノイズが減るみたいだし。バンディング低減も合わせればほぼそれで良い感じ。ただfor GPUの方が強力に丁寧にできるのもまた確か。変換時間は同程度でも多分どっちも変わらないかもしれない。設定や環境に大きく依存するけど。

そんなわけでまだ動画変換設定が定まっておりません。過去作成してきたMP4を古い方から見ていると設定の移り変わりが分かるような分からないような歴史が刻まれつつおります。

プログラムのフォルダを移動する事業の巻

っていうかなんて言えばいいのやら。

インストーラーがきっちり用意されているような市販ソフトとか(インストール時にインストーラーから一般的でないDLLなんかがインストールされるもの)はデフォルトのまま素直に"C:\Program Files"とかにインストールするのですが、そうでないフリーウェアの類、特にインストーラーが用意されないものなんかは"X:\Software"みたいな独自のプログラム置き場においているわけですよ。何故ならば次回OS再インストール時なんかに"Software"フォルダをそのまま移植すれば済むからですね。また特定の場所にすることによって管理しやすくなりますし。

"C:\Program Files"は色々入っていてたり入ったりするので把握しておくのが難しく、さらに今時はファイルの改竄を防ぐためか、ここ以下のフォルダのファイルが更新されず、ソフトによっては不具合があったりしますし。

そういう都合で、Windows95時代からフリーウェアは"Online"というフォルダにおいていた訳です。あ、今は"Software"だった。そいやなぜOnlineにしたかというと10数年前TechWinの付録CD-ROMに入ってるフリーウェアが格納されているフォルダ名がそうだったからだった。関係ないけど今思い出したのだから仕方ない。

で、何したかって、別になんてことでもないんだけど、そのフリーウェアが何十本か格納されている"Software"フォルダを移動しなきゃ、って思ったしまったわけで。Windows7が一度死んでしまったときにバックアップのため起動ドライブのSSDに"Software"があったところからHDDに移動してそのまま使っていたんですよ。しかしこれがなかなか面倒くさい感じがしていて延期になっておりました。

特に自分が使いたいから入れているソフトの集合場所ですから。HDDにおいておくには勿体ないですよ。使用頻度は市販ソフト以上のものも多数ありますですよ。

とりあえずはG:\SoftwareからC:\Softwareにそのままコピー。トータル1.5GB。これで済むなら話は早いんですが、そうは問屋が卸さない。設定ファイルの書き換えをしなければならないのですが、いちいち全ソフトを起動してて設定確認するのはめんどくせーことこの上ないので"Software"の頭から秀丸のgrepマクロで"G:\Software"を検索。それを元に一生懸命"C:"に書き換える。

と言う作業をやっていて、"C"と"G"は見分けにくいったらありゃしねぇですよ。特に乱視持ちには。

だがしかしまだ作業がございます。レジストリですよ。頭から"G:\Software"を検索してがんばって書き換え。これはがんばった。小一時間作業する羽目になった。しかも作業的にミスは許されないので作業前に復元ポイント作成はしておいた。

あとはスタートアップやクイック起動バーに記録されているショートカットの修正。

これで大体おkなはず。

と色々起動して大体よさげな感じをつかみつつ、TvRockからTVTestを起動させると古いG:\の方から起動していた。TvRockの設定ってどこに記録されてるんだ。まさか逃していたとは。これは素直に設定から更新。ってゆーか、何故こんなことをしているかというと、TvRockの起動が遅いってのもあったからなんですけどね。SSDにしたら多少早くなるかなーみたいな。でも変えてみたところで大して差は無かったです。はい。そもそもEPGが格納されているところはHDDですし。だってEPGファイル更新しまくりですもん。SSDの寿命的に回避したいなぁみたいな。つーか、そういう寿命気にする奴が使うものじゃないですね、SSDは。まじで。

そんな感じでよく使うソフトのあたりは一通りチェック。よさげっぽい。が、まだミスってるところがあるかもしれないのでしばらく元の"G:\Software"の方はまだ残しておく所存。まったくもって小心者。

パスタブーム到来の巻

毎日素敵なお料理とナイスなアメリカンジョークをお届けする当ブログですが、こんなの冒頭から書いたらググって来た人に怒られるのでもうやめますが、新兵器買ったんですが、特にいう機会もないのですが、実況板に書き込みもできず暇なので書いてみたのですが。

計画性もなく書くからこういうことになる。要はあれですよ、電子レンジでパスタの煮込み処理をやっちまう容器みたいのを買ったんですよ。マックスバリュー198円で。

これがなかなか使い勝手が良くておかげで最近間食はパスタばっかですよ。間食でパスタとか食ってるからデブるんですけど、こまけぇこたぁきにするな、ってなもんで、パスタ祭です。

ただうちの電子レンジが多分18年前に4万程度で買った500Wのへっぽこレンジなので水からの加熱だとかなりきつい。そりゃもう当然の如く冷凍食品だって相当厳しいへっぽこっぷりなもんで。さすがに湯は沸かした方が早くていいというかそうしないとやってられないというか。

そのせいもあって、説明書通りのゆで時間+5分で放っておけばよしというのも厳しい。麺同士がくっついてしまって全然煮えません。それゆえに半分の時間が経過したら一度開けて麺をかき混ぜないといけないという。あまりお手軽というほどでもないです。がしかし、普通にやるよりは楽は楽。

あとは湯を切ってレトルトの100円ソースでもぶっかけてレンジに入れてもう一押しすりゃいいので。多少の温度低下が気にならないならレトルトかけてかき混ぜるだけでも大体おkですけど。

って、なんで突然お料理話を書いてみようとおもったのやら。そういえば以前ラザニアブームが来たときもここで書いた覚えがあるからきっと数年ごとにイタ飯ブームがやってきているに違いない。

お試し●ってなんぞの巻

2chでホスト規制に巻き込まれております。そんな中、月曜日です。AT-Xの月曜日と言えば見事にアレな番組編成でおなじみのHENTAIマンデーですよ。実況でキターとかおっぱいおっぱいとか良い最終回だったとかやりたいですよ。

そう思い、お試し●というものに手を出してみた。出したというか出そうというか。

何かと言われると、2chの関連サイトみたいなところで携帯ゲームとかやってポイント稼ぐと二週間限定なものの、●がもらえるらしい。

いまぶち切れ中なのでURLを調べるのが面倒なので適当にぐぐってください。っていうか、ぶちきれなんですよ。まぢで。とりあえず何となく訳も分からず数時間やってみたところ、糞みたいなクソゲーをあれこれ何時間もやらなければならない、という全貌がつかめて参ったところです。

ってゆーか、専門用語というか、俺用語みたいな単語が多すぎてわけわからんですよ。リンク先とか一般的な単語を使ってくれないんですよ。なんかうまく言えないけど。凄く寄せ付けない雰囲気。多分あまり人が群がると面倒くさいからそうしてるんでしょうけど。お試しでお手軽に●が使えると思っていた私がわるぅございました。

ニダーくえすと2をクリアしたらお試し●プレゼントというのでwiki見ながらクリアしてみたんですけど、必要アイテムがないと言われ、エンディングで追い返されました。キムチだかなんだかが必要なようで。調べるとキムチを手に入れるには別の何とかクエストだかいうゲームだか何かをやらねばならず、それをやるには別ゲーの柿を育てねばならないらしい。柿を育てるには水が必要らしく水はポイントを使って買うか何かで手に入れなければならないらしい。ここまでは掴んだ。

めんどくせーーーーー!!!!

さらに問題はゲームと言ってるくせにゲームじゃなくボタンを押すだけというもので楽しんでどうのってもんじゃないという。ゲームらしいゲームもあるかもしれないけどさすがに全部やってみるほどの根性はなかった。

あと基本的にゲームっぽいボタン押すだけゲームは携帯からやるんだけど(一部PCからもできるとかなんとか)、表示しなくても全く問題ない画像を無駄に読み込まされるので、最低でもパケホーダイみたいなものは必須。パケホーダイ入っていても画像読み込み時間が無駄なのでi-mode設定から画像読み込みをしないようにしたほうがよさげ。それからほぼ常に通信が維持される状態なので電池の減りがパネェ。新品電池フル状態からでも2時間持つか持たないか。

そんな感じでやってらんねーっていうか、さすがにそこまでの苦行するなら33ドル払うわー。と思ったりもしますが、そこまして実況板行きたいわけでもないので即買おうという風にならないのも微妙なところなんですけどね。まいったまいった。

ODNは中国人の金儲け道具の巻

なんだそのタイトルは、という感じですが、実際そんな感じなんですよね。大げさな言い方でもありますけど、大外れな言い方でもないです。

数年前からWEBサイトやブログを運営してたり利用してたりする人なら多少は分かると思うんですが、今やそこかしこで、特にネットゲーム関係のところで、ウイルス(分類したらトロイとかワームとかあるかもしないけど面倒だからウイルスで)が仕掛けられたサイトへの罠URLが頻繁に書き込まれるようになりました。

このウイルスは何をしているかというと、ページにアクセスしてきたPCの脆弱性をついてネットゲームのアカウント情報を取得したりします。そして中国人はその情報を元にゲームへログインしてゲーム内通貨やアイテムを取得、RMTとしてだれかに売る、というわけですね。まぁ要はデジタル窃盗ですね。販売も自前でやるので最大限の利益が得られ、元々値段なんてあってないようなものだから販売競争にも強い。元手もほとんど必要なし。

そして直接RMTに絡まなくても、日本国内にいる中国人留学生らが中継サーバーを立ち上げて、中国からそのサーバーへアクセス。ネットゲームによっては接続元がjpドメイン以外は排除するものもあるので、これで日本からの接続になりすましたりもしているようだ。

中継サーバーはともかく(でも中継サーバー業をやってた留学生が電気事業法かなにかの届け出してないかなにかで逮捕ってのはありましたね)、不正アクセスは当然犯罪なので、逮捕されたりするリスクはありますが、中国人の中には偽造パスポート等を使用してプロバイダと契約している連中もおるようで、警察も最終的に犯罪者の特定まではなかなかできないようです。

・・・ということを言われていますが、正直警察の怠慢か、対応できてないか、理解できてないか、のどれかだと思います。

ここに以前、ROで被害にあった人の顛末がちょっと出ています。書き込みの362です。
http://sky.geocities.jp/vs_ro_hack/thsec2_3.html

結局、偽造パスポートであろうと、中継サーバーであったにしろ、固定回線である以上、住所の特定は可能であろうに。まさか無線環境で、とは言わないだろう。ワイヤレスが普及する前からあることなんだから。今はどうかしらんけど。そういえば、ワイヤレス乗っ取りってのもあるだろうなぁ。一応、日本でもアキバあたりの怪しげなところでは他人のワイヤレス回線に相乗りするようなのが売ってたりするし。それでも無線のただ乗りでいくないことして逮捕ってのも聞くし。

と、ここまで書いて放置していた。

何が言いたいかというと、実況板に書き込めねーうぜー! ってことですよ。ODN規制されまくりなんですよ。ODNのホスト名は地域毎に割り当てられていたりするので本来なら特定の地域のみ規制とかできるんですが、odn.ne.jpとodn.ad.jp全て規制なんですよ。まぁ連帯責任とか五人組とかそういう感じみたいなもんで、要は●買えってことですかね。うぜー。

でも実況板で、きたーとか、見えたとか、いい最終回だった、とかやりたいだけですからね。金払うほどでもないですわね。どう見積もっても。解除されるまで待つことにしよう。

なんかぱっとしねぇの巻

アフィリエイト云々抜きにしてなんかおもしれそうだからつけとくか、と言う理由で付けているアマゾンの広告ですが、久しぶりに見てみたらよくわかんねー本ばっかりですよ。つまらんですよ。もっとハイテクな感じの物を出して欲しいですよ。うちのブログっぽいのは基本的にハイテク方向のものなんだから。この野郎。

ということで、広告に出る可能性があるものを、CD/DVDと家電&カメラ・PCゲームと家電にしてみた。そしたら今度はケーブルだらけ。何度ページ変えても様々なケーブルだらけ。つまんねー。

家電を削って試しに見てみる。ケーブル消えた。でもインクカートリッジなんて出されてもなぁ。俺プリンター使ってないんだよな。いらねーし。って、こういうこと書くから出てくるのか? だがインクの話なんてしたおぼえがねぇ!

試しにCD/DVDにしてみたら坂本龍馬のVHSとKinKi Kidsとか出てきやがった。一度でも俺様がそんな話したか? ぇぇ? この野郎。

また一つ元に戻してCD/DVDとカメラ量販店みたいなセットに。もうこれでいいや。よくページの内容にばっちりな感じで表示されてるところはどうやってるんでしょうねぇ。やってみてぇなぁ。

と思ったりもするけどあれはあれで本気で物を売りたい感じがしてそれはそれで方向性が違うなぁ。まぁいいやこれで。

日々是精進の巻

精進ってほど精進してるわけじゃないんですが、エンコード設定を調整したりなんだりは日々やっております。が、基礎となる知識がないもんだからそれが正しいのかどうなのかすらわかっちゃいませんよ。あたぼうですよ。

ふと思い出したのでついでに書いとこう。再起動せずにほぼ何かしらエンコードさせ続けるという状態で10日経過しておりますが、エラーが起きることもなく安定して稼働しているので、耐久性的には現状のマシンでいいかな、という確認はできたりはしました。がしかし、気温が上がってきたのでCPUのOCはやめた。何故ならばOCして長時間エンコードしてるとブルースクリーンエラー0x124が出ることがあるからですよ。同時にメモリーのクロック・電圧も上がっているので電力不足かもしれませんが。

そんなことをしつつ、AviUtilの最近のお気に入りプラグイン。

nonlinear sharpenとprefilter for nonlinear sharpenのセット。セットというか、使うならセットで使う物っぽいというか。

AT-XとかSDな放送局はもちろん、HDな放送局でもソースがSDだったりすると、しょんぼりなぼけぼけ画質なわけですが、それを何とかしてくれる系のものです。線がくっきりしたりしたりします。その後WarpSharpをかけると良い感じに。標準搭載のシャープフィルタに変わってこっちを使うようにしております。付属のものより輪郭周りが白飛びしにくい感じがします。

ってゆーかですね、ややまじめにエンコード始めて思ったのはアニメを放送に乗せるためのソースって結構いい加減というか機材不足なのかそんな感じで作られてるの多くね? って思ったりします。

で、そんなしょんぼり放送を何とか綺麗っぽくするためにわざわざAviUtilでフィルター掛けてるわけですね。だったらBDでいいじゃん、って言われそうですが、もちょっとやそっと気に入ったからって買えるほどないですし。そのうえ、作る側でもまだ色々困ってたりもするようで。まだBDだから綺麗ってわけでもないようで。やや有名どころではマクロスZEROのBDが第一巻から後ろになるにつれ徐々に綺麗になっていくという課程がみられたりします。会社によってはまだまだってところもあるようで。

まぁ放送形態によってたくさんありますからねぇ。機材も高いですしアニメとはまた別の知識・技術者も必要ですから仕方ないんでしょうねぇ。仕方ないから見る側で綺麗っぽくするしかないですね。

と、やっていたりするけど、きっといずれめんどくさくなる! そのために専用設定ではなく汎用設定を目指しているけど、ソースよってどうしても自動フィールドシフトやクリッピングの調整が必要なところがでてきたりするからめんどくさくなる!

どのくらい面倒かというとAviUtilの設定晒そうと思ってもいちいち数値書き写すのめどくせー。ここの書き始めの時はやろうとしてたんだけどなぁ。めんどくせぇめんどくせぇ。息をするのもめんどくせぇ。

あーあ、全放送がまともコンバートで1080i固定にならねぇかなぁ。1080pと言わないところが少し現実的。

未来少年コナンに四苦八苦の巻

キッズステーションで放送されている「未来少年コナン」が面白いです。詳しく調べていないですが、多分、物心つく前に放送していたらしきNHKのアニメです。見たことはないけど、昔レンタルビデオ屋でVHSのパッケージをみたことがあるなぁ、程度の物で、気になってはいたんですけどタイミングが合わなくて見てなかったんですよ。しかしせっかくやってるんだから見ねば、というか、TS確保してMP4で保存せねば、と。

しかもハイビジョン化されてます。さすがハイビジョンの音頭を取るNHKのアニメ。ならナディアもさっさとハイビジョン化しやがれ、と思うんですが、してくれるんでしょうかねぇ。昔ガイナックスと権利でもめてましたよね。してほしいなぁ。ってコナンの話でした。でもキッズステーションで放送されているコナンは多分HD化したものをドラゴンボール改みたく上下を切って16:9の1920x1080にしているので少しがっかりではあります。なんか前も書いたような気がしますけど。

で、何に苦労してたかというと、録画時間。かなり30分ぴっちりなんですよ。TvRockからデフォルト設定の60秒前待機、30秒前録画にしていると、1話のエンディング中の最後の方で終わってしまうんですよ。そもそもデフォルト設定はちょっと余裕取りすぎというか、冗長性ありすぎかも。土曜日深夜に放送される怒濤のBSアニメ群もケツがかけてたりしてたんですよ。迷い猫オーバーラン!の次回予告とか。もうがっかりですよ。

そこでTvRockの設定から予約待機時間を20秒前に、録画開始時間を10秒前にしてみた。そもそもここのデフォルト設定は処理能力の低いPC用の設定みたいなもんですよ。それなりに処理能力あれば10秒もあればいいんですよ。それでも少し余裕を見て20/10秒としてみましたが。あ、当然PCの時間はほぼ完璧であることが前提。インターネットから時間を合わせる方法はこちらに書いてたりしますので参考にするなり他の人を参考にするなりですよ。

と、いうことに数週間前に気がついてそうしていたのですが、うまくいかなかったんですよ。何故か。坊やだからというのもあるんですが、一度予約に入ってる物は設定から変えても反映されないみたいなんですね。だから個別に設定しなければならないと。でも反映される項目もあったような気がするんですけど、細かくは覚えてないです。TvRockは素晴らしいんですが、設定や予約管理はちょっとやりにくいところはありますね。けど慣れればおkレベルなのでこれでようがす。で、要はそういうところも知らないから2週も先にならないと予約待機時間とかの設定が確かめられなかったと。

で、この設定にしてやってみると良い具合で。未来少年コナンのEDも迷い猫の次回予告も確保。これでかなりきつきつの連続録画でもおっけーな感じになりました。万々歳です。

ところで、未来少年の方の探偵じゃないコナンと言えば、宮崎駿なんですけど、本当にいいアニメーションですよねー。オープニングとかよく動きますよ。魔女の宅急便などでおなじみ、宮崎駿お得意の大量モブ独立挙動も魚群という形で出ております。魚群は独立ってほどでもないけどらしいなーって感じで。同カットを本当に宮崎駿が書いていたのかは知らないですけどね! エンディングテロップとかみるとジブリ並で。豪華です。

背景とかも綺麗なんですよ。ただ、HDとはいえ、古いソース。デジタルのノイズの他にアナログ的なノイズというか、セル撮影時のノイズとか下書きの線?みたいのも見えたり。それはそれで貴重かもしれないなぁと思ったり思わなかったりで。そうなるとAviUtlでどうフィルターをかけていいものか迷ってます。

そりゃノイズはない方がいいのでNL-Means Lingt for GPUを使いたいんですが、そこは昔のセルのアニメ。手塗りだから特に背景の細かいもの淡い感じのところとか潰れちゃったりもするんですよ。例えば木目とか壁の汚れとかですね。実のところ、1280x720へのリサイズのみでノイズフィルターをかけずにMP4へエンコードしてみたのですが、ファイルサイズが900MBとかなり大きくなってしまった。これは30分アニメとしてはかなり巨大。動きがあるということもありますが多分一番の理由は前述したアナログノイズ。

この反省を元に3話目からNL-Means以下略プラグインを使用したら400MB代に。他のデジタルアニメに比べると若干大きめですが、許容範囲。見た目も綺麗です。綺麗なんですが・・・。

のっぺりしてるんですよ。デジタルアニメのべた塗りみたく。昔のアニメみたいなざらつき感、これはノイズではあるんですが、味でもあるんですね。そして細かい塗り分けものっぺりされてしまう。NL-Meansの設定を弱めにはしてるんですけど、のっぺり感は一度思ってしまうともう・・・。設定は上から4,2,24,24,2。でも綺麗に見えることも間違いなく・・・と困っているわけです。ちなみにバンディング低減フィルタも併用。ノイズ除去的にはこの二つを使うと随分ノイズが消える感じです。
これはもう、そもそも上下が切られている完全な映像じゃないからそこまで気にするならBD買えよということで細かいことは気にせず、ノイズフィルターを使って見た目重視で。BDはオリジナルに忠実でしょうから。宮崎さんデジタル加工嫌いみたいだし。って、BDでコナン出てるかどうかは知らないんですけどね。

ついでにコナンといえば、最初の頃出てくる船の船体ってナディアのノーチラス号に形が似てるような。ナディアはここからパクった、もとい、インスパイアしたと見た。同じNHK作品なので細かいことは気にしないだろうし。

さらについでに迷い猫が楽しい。毎回監督が違うシステムとかスタッフ入れ替え作品みたいのが好きでして。5話まで見て今のところお気に入りは大地丙太郎の4話と板垣伸の1話。今後も大物監督が出るとか出ないとか。もうそこだけで楽しみ。原作とか知らないし正直どうでもいいので、もう自由にやってくださいって感じで。

本当はもっと作画で遊んでくれてもいいんですけどねー。最近入り浸っている実況板で感じるのは今時のアニメファンは絵に厳しいからちょっとでも版権絵と違うと作画崩壊作画崩壊言い出しますから作る方も気にしてるんでしょうか。デフォルメしただけで作画崩壊と言われる時代ですよ。そんな世知辛い世なので一昔前に比べたら統一させようという努力は感じられます。でも基本的にカット毎に描く人が違うんだから絵の違いも楽しむくらいの心持ちがあってもいいと思うんですけどねー。まぁ見所は人それぞれですかねー。目パチ口パクカメラパンばっかりなのにキャラが整ってさえいれば神作画と言われてたりしますし。まぁ楽しめればなんでもいいですね。ええ、ようがす。

そして土曜日から月曜日までの録画分をエンコードするのがかなりきつくなって参りました。全部で15本くらい。1本2-3時間かかるのでPC休む暇ないです。もはやTSのまま確保が最強なのかもしれない、と思う今日この頃だったりもします。お気に入りの映画はTSのまま確保なんですけどねー。アニメは数が数だから。アニオタは辛いぜ。

TSのdropを考えてみるの巻

それほど発生するわけではないけど、どうやら自分ところのPCにこれと言って問題がないという前提ならば避けることができない問題、それがドロップエラー。つまりドロップする要因は大きく分けてハードウェアの問題と放送局の問題があり、放送局側の問題ならどうしようもない。

がしかし、あんまりわからんのですよね。どっちの問題なのか。一応、メジャータイトルならば2chのTSパケットエラー報告スレに報告が上がってきて、他の人でも同じ所でエラーが発生していれば放送局の問題と確定できるんですけど、情報が上がってこないのもあるでしょうし。

ということで少し勉強してみた。

一番の問題はパケットのドロップ。そうなると映像や音が壊れてしょんぼり。たまたまドロップした録画が発生したので、乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ #5・#6 (アニメシアターX 2010-05-09-0600).tsをお題に。

TvRockのログによると、
[10/05/09 06:59:46 0.9t8]:[T4]コマンド実行・正常終了
[10/05/09 06:59:46 0.9t8]:[T4]コマンド実行の開始 : perl G:\Software\COMMAND\TvRename.pl "I:\Record\Satellite\乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ #5・#6 (アニメシアターX 2010-05-09-0600).ts"
[10/05/09 06:59:41 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1055, Total=4107, Drop=0, Scrambling=4107
[10/05/09 06:59:41 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1046, Total=5408, Drop=0, Scrambling=5147
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1045, Total=4120, Drop=0, Scrambling=4120
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1041, Total=4126, Drop=0, Scrambling=4126
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1006, Total=236119, Drop=0, Scrambling=224613
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1005, Total=131476, Drop=0, Scrambling=131476
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x1001, Total=88544, Drop=0, Scrambling=88544
[10/05/09 06:59:40 0.9t8]:[T4]番組「乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ #5・#6」 録画終了 Card=OK, Error=0, Sig=15.22, Bitrate=37.6Mbps, Drop=0, Scrambling=462133, BcTimeDiff=-1.55sec, TimeAdj=+0.00sec, CPU_Weight=11.41%, FreeMem=3553MBytes, DiskFree=28.02%.

と、ドロップは発生していないように見える。

がしかし、Multi2DecWinでエラーチェックをしてみると

Input File: I:\Record\Satellite\乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ #05-#06 (AT-X 2010-05-09-0600).ts
Length: 3.01 GB (3,233,329,092 Byte)

[PID: 0x0000] Input: 35900, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0001] Input: 359, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0010] Input: 11488, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0011] Input: 16990, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0012] Input: 1488217, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0014] Input: 694, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0023] Input: 1389, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0024] Input: 1077, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0025] Input: 5395, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0403] Input: 35898, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0603] Input: 35898, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0701] Input: 1664965, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x1003] Input: 13253238, Drop: 1, Scrambling: 0
[PID: 0x1043] Input: 643495, Drop: 1, Scrambling: 0
[PID: 0x1C01] Input: 3556, Drop: 0, Scrambling: 0

Sync Error : 0
Format Error : 0
Transport Error : 0 Packet
Total Drop Error : 2 Packet
Total Scrambling : 0 Packet

Total Input : 17,198,559 Packet
Packet Stride : 188 Byte

と、2パケット落としているご様子。

PID、0x1003と0x1043でのドロップのようですが、そのPIDはなんぞや、という時はとりあえず録画した番組と同じチャンネルに合わせてTVTestの「ストリームの情報」を見ればいいようだ。勿論、放送局が違えばPIDも違うので、録画した局、AT-Xにチャンネルをあわせて情報を見ると
SS1267227144.png
PID 0x1003は映像、0x1043は音声っぽい。つまり、一番嫌な映像と音が壊れているしょんぼりパターン。

しかし1パケットのドロップなのでCMとかどうでも良いところでのドロップなら問題ないので位置も確かめておきたい。しかし、Multi2DecWinやtsselectだとドロップした地点が分からない。Multi2DecWinのプログレスバーからすると最後の方って感じなんだけど、Windows7のプログレスバーってコピー時もそうだけどかなり実際とずれてる。遅い。それゆえ、実際に後半をコマ送りして確かめるしかない。そこら辺チェックできるソフトとかあるのかなぁ。しらないのでAviUtlでコマ送り。

mv2010050901.jpg
発見。録画ファイル後半のCMのところだった。この画像は壊れ始めて少し行ったところ。最初は少なかった崩れががんがん崩れていってドロップした地点から27フレーム(1秒位)、カットが変わるまで画像が壊れた状態が継続する感じ。MediaPlayerClassicHomeCinemaでも再生させてみたらやっぱり同地点で壊れていて、音声も一瞬壊れてた。そいやテロップって映像とは別に送られて来てるんだろうか。テロップは壊れてない。そういうことも知らん!

これが再放送無しのものなら1秒程度こまけぇこたぁ気にするなと諦めるしかないけど、再放送ありの番組ならもう一回録画し直した方がよさそう。何故ならばドロップ地点の割り出しが手動でコマ送り、目視確認なのでめんどくせー! Multi2DecWinというかWindows7のプログレスバーが正確ならいいんだけど、見た目で80%位の所だったのに実際は最後も最後、割合で言えば98%位の地点。困ったもんだ。9月だったかそのあたりに出るらしいWindows7のサービスパックで改善されないかなぁ。

と、適当にぐぐってみたらMPEG2Repairなるものが引っかかった。
http://www.free-codecs.com/MPEG2Repair_download.htm
どうやら名前を読んでの如く、エラー修復してくださるようだ。最終バージョンは1.0.1.5で数年前に開発終了しているらしい。早速使ってみよう。

使ってみたところ、出力されたTSファイルをMulti2DecWinでエラーチェックしてみると確かにエラーが0に。しかし実際にファイルを再生させてみるとやっぱりぐちゃぐちゃ。どうやらMPEG2Repairの修復とは基本的に再生不可能になるエラーを回避するものなようだ。

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ #05-#06 (AT-X 2010-05-09-0600)test_Fixed.ts_snapshot_59.10_[2010.05.09_17.58.00]
同一の画像サイズじゃなくてすんまそん。コマも多分同じかなくらい。そもそもさっきのがAviUtlでこっちがMPC-HCから出力した画像。でも何にしても崩れ具合は同じ。

修復したファイルを再生してみると、映像は壊れたまま+音が飛んでる感じに。今回は同一位置で映像も音声も1パケットドロップしてるのでその地点に手入れが入ったのは間違いないようです。どうやら軽く調べるとMPEG2Repairは壊れている部分をNULLで埋めるとか無音にするとかそういうことらしい。

ま、そうですよね~。映像や音までは直してくれませんよね~。てっきり前後の映像からコマ差し替えみたくやるとかそういうのかと思ってしまった。でも他のソフトで読み込めないと何もできなくなるからこれはこれで使うことはあるかもしれないから確保しとこう。10数パケットまとめてドロップしたような録画ファイルがこの間あった気がするんですが、そういうのだと再生中に止まったりするし、そういう見たら消すようなものに最適。

もしこれ以上ドロップ箇所を修復したいというのなら・・・きっとAviUtlとかで壊れる前のコマを持ってきてそこだけ止め絵にするのが関の山じゃないかなぁ。それ以上の手段があるかどうかは知らないんですけどねー。

でもMPEG2Repairで調べると映像とか音ズレが直ったみたいな話もあるしなんでしょね。壊れ具合によって良い具合に直ったりもするのかな。よく分からないけど使っていけば感じも分かってくるだろうみたいな。

やべ、今更気がついたの巻

PCでのTV視聴環境がPT2+TVTest+TvRockになったおかげで、MonsterTV HDUCとは比べものにならないくらい遙かに快適に、それこそ掛け値なしに月とすっぽん位快適になったわけですが、慢心しておりました。浅はかでした。

録画中、あらかじめTvRockから視聴もする設定にしておかないと後から見ようと思っても面倒(おっかけ再生状態はできると思う)で、リアルタイム視聴はできないと思ったら、できた、という。全然気がつかなかった。衝撃の新事実ですよ。

元々このチューナーのシェアリングはSpinelでやるもんだと思っていたのでそれ以外じゃ似た機能はないとか思っておりました。全然知らないで推測だけで。ところがあるんですね。

みんなきっと気付いていると思うけど、私のようなおまぬけな人向けに言うと、RecTestには録画機能の他にもUDPでTV画像をネットワーク送信する機能があるようで。それをTVTestのBonDriver_UDP.dllを使って再生する形になるわけですね。素晴らしいですね。

RecTestが動作中はタスクバーにアイコンが表示されますが、それをクリックして開いてネットワーク+視聴というのをやれば現在録画中の番組がそのまま見られる。CS放送のようにトランスポンダに複数のサービスが同居するのであれば、ディスカバリーチャンネルを見ながらアニマックスを見るとかもできるわけですね。もちろんこの場合トランスポンダが別になるAT-Xは駄目です。まぁ変えたきゃ変えてもいいですが、録画してる番組も変わっちゃいます。

そろそろ現状の環境に慣れてきたのでSpinelまで手を広げてみようかと思ったけど、Spinelはいいやという感じに。何ができるのか細かいところまでは知らないんですけどね。録画専用PCとかこしらえたらSpinelは必須になりそうなんだけど。現状のままでもやりたいことは全てこなせそう。

アニソン三昧三昧の巻

今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧

約1年半ぶりの放送となったアニソン三昧ですが、聞いてました。頭からケツまで。その上、ラジオ深夜便のゲームミュージック特集込みで。たしか朝9:20から日付変わって1:00まで。その後の深夜便は2時台の正味40分位でした。

そんなアニソン三昧でしたが、結局2chの実況板に張り付いたまま、ということで実のある並行作業はさっぱりやってませんでした。Perlスクリプトをちゃんと書くつもりだったんだけどなぁ。無理でござんした。むしろ気がついたら日が暮れていた有様。実況やばい。まじやばい。それでも流石に夕方にもなると疲れてくる物で。エンコードしつつファイル名変換用スクリプトを新規で・・・と思ったけど手抜きで増築改修工事でやったりしておりました。

で、個人的に良かったところ。ついに、ついに現MIQ、旧MIO様の曲がきた。ダンバイン。長かった。4回目にしてついにご光臨。しかし水木のアニキもスパロボライブから生中継で電話に出てくれるならついでにMIQも出してくれよと。名前は出てたけど。そうなんす、MIQの名前自体は水木+緒方体制になってから毎回水木アニキの口からちらっと出てるんですよ。それなのに曲がかからなかったんですよ。それがやっと念願かないましたよ。

アニメを漠然とロボットものというジャンルで囲むと、ガンダムというビッグネーム、藤崎アナが登場してからはマクロス、という二大巨頭があったせいで他のロボットアニメが疎んじられている傾向があったのは確か。この2タイトルはタイトルも多く曲数も多いうえに相当数のファンもいるので特集枠があること自体は別に自然の流れですが、他にもたくさんありますからねー。そこが残念だった。

・・・だったのですが、今年は

# 047. 失われた伝説(ゆめ)をもとめて / アンディ [機甲創世記モスピーダ]
# 048. ガリアン・ワールド -Run For Your Life- / EUROX [機甲界ガリアン]
# 049. 夢色チェイサー / 鮎川麻弥 [機甲戦記ドラグナー]

この三連コンボですよ。これでかなり救われた。どう見ても微妙な知名度のロボットアニメ枠として確保されてる感じがしまくり。その意志だけは読み取れた。マイナーロボットアニメ枠。

そもそもアニメで使われたからという理由で全ての音楽をアニソンでくくるってのが乱暴なのであって、どの面からバランスを取るのか、とても難しいというのは分かるんですけどね。仕方ないです。

あとはー、まいっちんぐマチコ先生を放送していたときにCD飛び放送事故が発生したんですが、かけ直したのは良し。聞くのなんて放送当時以来ですよ。このペースだと下手すりゃ次聞けるときは還暦迎えてますよ。よってちゃんと流れて良かったです。買えって? そこまでするほどでもない。そういうのは死ぬほどある。気が向いて中古屋でたまたま見つけたら買わないこともないレベル。というか普段は思い出しもしない。だからこういう何がかかるか分からないリクエスト番組みたいのはいいでございます。CSの音楽番組でもリクエスト番組系はちょいちょい見てしまう。

それから後半のアニオタ濃度が上がったあたりでは最近の、放映中のアニメもちらほらと。いちばんうしろの大魔王とかAngel Beats!とかけいおん!!とか。特にAngel Beats!はリリース前のOPをTVサイズでやったのは意外。制作元あたりから借りてきたんだろうかねぇ。

そんな感じでだらだら聞いてて思ったのは割と最近の曲がよく知らないのが多い。それも見てたのに。何故か。DVDとかで見るとOP/ED飛ばしてしまうから覚えないんですよ。全然。しかも短期間でやっつけるのですり込まれない。そんなもんだから何となくはわかるけどよくわからん、という微妙な感じになっていたんですよ。しかしそこら辺はBS/CSの導入でTV放送から見る物が多くなりそうなのでそういうのも少なくなりそう。

他はなんだろ。丹下桜のろりろりヴォイスは健在だったとか、畑亜貴パネェとか。格闘家のなんとか乙という人は立派なオタなんだなぁとか。超イントロクイズみたいのちゃんと答えてたようだし。俺様も1回で分かったけどな! と無意味な対抗意識を燃やしたけど、あれは選曲がうまかった。すげぇムズいわけではないけど、「ぼくらの」というそこまでメジャーではないがオタならチェックしてるだろう的なものを混ぜてくるあたり。やっぱりオタたるもの面白い面白くないに拘わらず見ておくべきだということは痛感したのであった。・・・いつかはけいおん見るぞ! 録画してエンコもしてる!


あ、忘れてた。深夜便のゲーム音楽特集はFF、DQとかグラディウスとかのオーケストラ版みたいのがかかってた。実況板が予想外に盛り上がっておった。他の曲目はスーパースターソルジャー、マザー、ウィザードリー、スーパーマリオだったかな。スタソルはわかるけど、スーパー付いてるのって知らないなぁ。あとは大体おk。こうして聞いてみるとこれはこれでいいもんだなー。とか思って寝たのであった。

FM受信感度わりーの巻

本日のNHKーFM 今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧に備えてのループアンテナ製作ですが・・・大失敗しました。ノイズだらけでほとんど変わりません。何言ってるかさっぱりです。

てきとーでいいだろ、てきとーで! とか旧地上波で使用されていたと思わしきフィーダ線を拾ってきて針金付けただけではいまいち。ちゃんと調べてたらアンテナって奥が深いのね。技術的なところはいまいち理解できなかった。がしかし、なんかしらんが、ラジカセのアンテナロッドにコードをぐるぐる巻きにするだけでもそれなりの効果ありってことで適当にやってみたら確かに効果が。

どのくらい適当かというと、
NEC_0059.jpgこのくらいです。

でもきっとこれは巻き付けたフィーダ線よりそれをつるしているポジションがアンテナロッド的にいいからじゃないかなぁと。だがしかしロッド単体では実現できなかった高音質! でもモノラルだけどな! ステレオだとやっぱりノイズが多すぎ。遠いんですよ、NHKの送信局まで。山挟んでるし。

ところがでもしかし、モノラルとは言え、それなりにノイズ少なめで聞こえるようにはなった。綺麗な受信は相当気合い入れないと無理だと思うのでもうこれでようがす。大体聞ければいいんですよ! もっと綺麗に聞きたければきっと受信環境の良い誰かがうpげふげふ。

実際片手間でお気楽に聞ければようがす。問題は1日ラジオと心中する際に何をするか。TV見るわけにもいかんからなー。TVRock用TSファイルネーム変更スクリプトを弄ったりしてようかな。

テーマ:アニメソング - ジャンル:音楽

アニソン三昧復活らしいの巻

今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧

やばい、見逃すところだった。いや聞き逃すか。だってー前回、2008年の年末にファイナルと銘打ってたんだもん。そりゃいつかはやるだろうなと思ってはいたけど、こんなに早いとは。きっとお偉いさんの方々も脅威の聴取率(ラジオの聴取率はアンケートによる郵送らしいので一般的な聴取率調査は無理としても鬼のようなアクセス数や反響からわかるであろう)を前にまたやろうという方向になったんだろうか。個人的には3年くらいはクールタイム取るかと思っていたんだけどなぁ。早かったですね。

司会者は恒例の緒方恵美、前回から引き続き藤崎弘士。これはよし。双方ともアニメ的な知識もあって安定感がある。緒方恵美は第二回からの継続で今回で三回目。きっと慣れたもんでしょう。ちょいちょい入る業界話が楽しいです。藤崎弘士はNHKアナウンサー。福井勤務になってるって前回言ってたけど今回も福井からの召喚なんだろうか。このお方はマクロスファン。同じマクロスファンとしては今回もばんばんマクロス曲をねじ込んでいただきたい。そういや次の司会はNHKが誇る別のオタアナウンサー、里匠がくるんじゃないかと睨んでいたけど外れた。

そして前半部分に丹下桜。ここに驚愕。声優業に復帰していたとは。そういやラブプラスにでてるんだっけ。ゲーム機持ってないから全然疎いざます。謎の芸名チェンジや事業展開は忘れたことにして、ツバサクロニクルではさくらちゃんが別の人になってたりするNHKでですよ。そこら辺も何か言うのかなぁ・・・言わないか。むしろ言わなくてよしか。うむ。とにかく健在そうで何よりですよ。

後半は榎本温子にバトンタッチする方式らしい。みらくるみの人か。あんまり最近見かけないかなと思ってWikipediaで見てみるとやっぱり見てたアニメがほとんどない。うむ。がんばってくれたまえ。後半となるとオタ濃度が上がりますから。適当に萌えアニメ曲をうっちゃってくれればよし。

今回のアニソン三昧に期待することは・・・特になし。もう適当に垂れ流しにしてくれればもうそれでOK。1/2回目みたくTVアニソン縛りはやめて欲しい、ってことくらいです。あと今回はMIQというかMIOの曲流して欲しいなぁ。居間まで一度も流れてないんですよねぇ。アニソン界ではわりと古くから活躍してきた人なのにしょんぼりですよ。

こういうのは回数を重ねていくとマンネリもしてきますが、まぁ、アニソン、多いですからね。幾分の重複もあるだろうし、毎年やっても10年はやっていけるでしょう。聞く方が飽きるかもしれませんが、それでも通常の○○三昧よりは遙かに多くのリスナーが付くでしょうし。ってかここら辺もマンネリしようがなんだろうが適当でようがす。そのうち飽きられておしまいになるか恒例行事になるかは分かりませんが。

ってなことで・・・って、あー、この冬に地上波放送の調子が悪いということで家のアンテナを変えたんだけど、その際にVHFアンテナ持って行かれたんだった。まずい。FM放送がラジカセのロッドのみで受信しなければならない。うーむ。困った。間違いなく酷いノイズだらけというかほぼ雑音になる。ハンガーとか針金とかで即席アンテナでも作ってみようかな。ぐぐってみよう・・・

ぐぐってみた。どうやら1.8mくらいのT字のアンテナになるようなものをこしらえればそれだけで結構いいらしい。針金か電線か何かでちょっとがんばってみよう。

衛星メールがきてたの巻

スカパーe2の契約完了情報を取得するために居間のAQUOSにB-CAS突っ込んだまま一晩放置していましたが、地デジかBSになってたようでメールは取得できていませんでした。

仕方ないのでC-TBSウェルカムチャンネルにしてリモコンからOFFにして放置してたら2時間ほどで衛星メールが入ってきておりました。WEBからの契約申し込みからほぼ24時間。まぁ衛星メールなんて見ても見なくてもどうでもいいですけどね。PT2だけとかな人なら元から無いものとして扱ってよかろう、みたいな。

前回の教訓から衛星メールとEMM処理(B-CASカードに契約情報書き込みみたいな)は別と言うことは分かっておりますので、EMM処理が正常になされているか確認したいんだけど、今日は第一日曜日。すなわちe2の無料開放デー。EMM処理おkかどうかわからねー! が、ゆっくりEMM処理させられるからいいかという説も。さすがに半日もe2見てりゃいつかは処理されているであろう。

良いドロップ悪いドロップの巻

どうも時折PT2+TVTest+TvRockで録画した際にたまにドロップがでるなぁ、と思っていたのですが、別に高負荷だからでるわけでもなく、謎だったんですが、やっとぐぐってみる気になりました。片手間で。

それによると、どうやらよく分からない謎パケットが紛れ込んでいたり、放送局の方の元からエラーだったり、映像・音声以外のデータだったり色々らしい。

さっき録画したものを参考にすると、

TvRockのログ
[10/05/02 00:29:05 0.9t8]:[T4]コマンド実行の開始 : perl G:\Software\COMMAND\TvRename.pl "I:\Record\Satellite\迷い猫オーバーラン! 第4話 「迷い猫、脱いだ」 (BS11 2010-05-02-0000).ts"
[10/05/02 00:29:00 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x500, Total=3538, Drop=1, Scrambling=3538
[10/05/02 00:29:00 0.9t8]:[T4]エラー詳細:PID 0x12, Total=232678, Drop=3, Scrambling=0
[10/05/02 00:29:00 0.9t8]:[T4]番組「迷い猫オーバーラン! 第4話「迷い猫、脱いだ」」 録画終了 Card=OK, Error=4, Sig=16.63, Bitrate=18.8Mbps, Drop=4, Scrambling=3538, BcTimeDiff=+1.07sec, TimeAdj=+0.00sec, CPU_Weight=14.28%, FreeMem=2957MBytes, DiskFree=47.52%.


Multi2DecWin.exeのログ
Input File: I:\Record\Satellite\迷い猫オーバーラン! #04 「迷い猫、脱いだ」 (BS11 2010-05-02-0000).ts
Length: 3.76 GB (4,033,894,944 Byte)

[PID: 0x0000] Input: 17210, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0010] Input: 531, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0011] Input: 5723, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0012] Input: 232747, Drop: 3, Scrambling: 0
[PID: 0x0014] Input: 354, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0023] Input: 646, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0024] Input: 708, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0111] Input: 26523, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0121] Input: 17681, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0140] Input: 20904926, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x0141] Input: 232634, Drop: 0, Scrambling: 0
[PID: 0x01F0] Input: 17205, Drop: 0, Scrambling: 0

Sync Error : 0
Format Error : 0
Transport Error : 0 Packet
Total Drop Error : 3 Packet
Total Scrambling : 0 Packet

Total Input : 21,456,888 Packet
Packet Stride : 188 Byte


TvRockの方ではPID 0x500と0x12でドロップが発生している模様。そして同じファイルをMulti2DecWinでチェックすると0x12だけで0x500が引っかかってないご様子。どうやらM2DWinだとあまり正確にチェックしていないらしい。

で、ドロップしている0x500とか0x12とか、謎の奴らですが、よく分からないんですが、どうやら映像・音声以外の何からしい。0x12がEITという番組名、放送日時、番組内容なんかの情報で、0x500が何からしい。逆だったかな。なんかとりあえずどうでもいい情報ということは確か。つまりドロップしても何の問題もなし的なものなようだ。

迷い猫以外でもエラー起こしたファイルを確保しといたものをチェックしてみようかと思ったら、消してしまった。ミスで。しかも未見やエンコードは当分先かなって奴もまとめて全部。けしちまったー! やってもうたー!

一応、ファイル復活ソフトのDataRecoveryというもので一部復活させてみたりしたんですが、やっぱやめた! 何故ならばどうせ見ねぇ! 後回しにする程度の関心だったんだ。綺麗さっぱり諦めろ! それにHDDの空きが150GBだったものが900GB代になっとるやんけ。すばらしか。昨日一所懸命にDVDやいた分もあるんですけどそれ以上のスペース確保。これはこれでよしとしよう。でも3x3EYESと銀英伝外伝は復活させたかった。ってあー未練たらしい! 綺麗さっぱり諦めた諦めた。今回は縁がなかったということにする。

他のエラーが出ることもあるかもしれないからこれからはそういうのもちゃんとチェックしていくことにしよう。

TV関係登録三昧の巻

5月になりました。五月です。もしくはメイです。トトロです。

ということはモラトリアムでぬくぬく世間知らずで通していた時期が終了し、厳しい社会に立ち向かう時なのです。そうです。4月じゃなく5月です。俺的には。何故ならばB-CASの無料タイムが終了し、スカパーe2の無料体験もB-CAS1枚完全消化+もう一枚の無料無双も残すところ9日だからです。スカパーは月単位の契約なので1日に届けても無料が終わるギリで届けても関係ないのでむしろEMM処理をする余裕をみれば月頭の1日こそ申し込みタイムなのです。

ってことでやってやりましたよスカパーe2契約。予定通り基本パック+AT-X。合計約6000円なのでもっと見るチャンネルが絞られてきたら契約も絞っていくことになるかもしれませんがとりあえずはこれで。一ヶ月使ってこれで大体OKなことがはっきりしたし。それ以外で見てたのはスターチャンネルくらい。まぁ映画なんていいよ。どうせ放送してるようなものは間違いなく小銭でレンタルできる。その点アニメとなるとシリーズもので大量に借りないといかんのでそれがめんどい。それが放送波で見るメリット。キッズ以外は糞画質ですが。ところがキッズは画質が良くても見る物がないという問題もございますが。現状、HDリマスターの未来少年コナンくらいでしょうか。心底楽しみにしてるのは。ドラゴンボール改みたく上下ぶつ切り方式の16:9ですが。

と横道はいいとして、ついでにNHKもやってやりましたよ。B-CAS番号登録x2枚と衛星契約切り替えですよ。あっちが振込用紙送ってくる前に速攻こっちから出向いてやってやりましたよ。当然NHKネットクラブにも入ってやりましたよ。参ったかこの野郎。圧勝ですよ。

ってかNHKネットクラブはNHKの引き落とし領収書(年単位)を見たら仮パスワードとかそういうのがかいてあってかなりお手軽に登録できた。まぁそのくらいお手軽じゃなきゃ誰も入らないわな。入ってみたら上記のように契約変更やB-CAS登録も簡単に。B-CAS番号登録ページに元から情報が入ってたりしてた。うちは元から口座から自動引き落としでそれは変えずに単に契約を地上波から衛星に変えただけなので楽って話もあるけど。ちなみに衛星契約は1年まとめ払いで地上契約分+10165円だったかな。合計25000円位。忘れた。そんくらい。

NHKへの登録はB-CASカードの手持ち赤二枚とも登録。地デジ専用で登録制度もなくなった青カードは元から登録しなくていいだろうから放置。っていうか青カードは地上波専用ということになってますが、実際は無料のBSも見られますけど、これもそのうちうざいNHKのお知らせが出るんだろうか。もし出ないならCS見ない&NHKに金払いたくない人は青カード最強説も浮上してくるようなしてこないような。あ、いや、確認も何もしてないので嘘説の可能性の方が高いですよ。青カードをAQUOSにさして衛星見てから1週間くらいしか見てないし。

ということで、NHKのうざいうざいとおなじみの「お知らせ」は一度も目にすることなく退治してしまった。ちなみにPT2ってかbonDriver系でPCで見てる分だとお知らせは殺されて出てこないと思うのでPT2で使うB-CASカードを普通のTVで使うことはない、ってんなら登録する必要ないと思う。私の場合、居間のTVの分で必ず1つは登録するなら手持ちの分は登録してしまえ的にやりましたけど。NHKの場合は家単位での請求になるから視聴料変わる訳じゃないし。

しかしいつスカパーe2が本登録されるんだろう。HPには1-2日ってあるけど無料体験もそう書いてあったんだよな。しかも登録完了が衛星メールだけですか。普通のEメールの方に欲しいんだけど。仕方ないからAQUOSにe2登録した赤カード刺しておくことに。とりあえずWEBで申し込みして2時間程度じゃ登録完了衛星メールが来てなかった。以降は見てない。居間まで行くのめんどくしゃー。明日になったら見てみよう。

«  | HOME |  »

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。