FC2ブログ

Latest Entries

PCI-E 3.0化失敗の巻

完成後、早速ウェルカムトラブルですよ。トラブルってゆうか、うまくいかなかったというか。

X79自体は無保証でPCI-Express gen3.0に対応しているので、NVIDIAの無保証3.0化パッチで試しにやってみたんですよ。

force-enable-gen3.exeを実行後(レジストリに値を追加するだけらしい)、BIOSで該当PCI-Eスロットをgen3に設定。再起動。

Windows8が起動しない!

ディスプレイに信号は来ているようですが、真っ黒画面のまま。デスクトップが表示されない。そこに行くまでなら普通な感じのブートシーケンスなんですけどね。

PCI-Eスロットが5番だったので4番に差し替え、再起動。

Windows8が起動しない!

再起動。

Windows8が修復メニューとか出た。なんぞ。一応、gen3.0化前に復元ポイントは作成しているのでここでは何もしないつもりですが試しに次へ?だったか何かを選択。何かリブートしてる。
(ここのリブートは後にイベントビューアーで見るとKP41扱い)

再起動したらデスクトップが表示されかけたところでまた止まった。

うん、分かった。うちではPCI-E 3.0は無理!

BIOSでgen2に戻し、再起動。

普通に起動した。

コマンドプロンプトから
force-enable-gen3.exe -revert
Windows側の設定解除。

再起動。

元の平常な状態に戻る。

うーん、無駄骨だった。何やらPCI-E gen 3.0はタイミング取るのが難しいようで、本来よりビットレートを落とした規格になったらしく。それでもX79環境ではタイミングが合わない構成があるらしく、正式対応にはしないとか何とか。よくわかってませんが。

うちの状態みたいに、デスクトップが表示されかけたり、そもそも表示されなかったりとか、不安定なのはきっとそういうことなんだろうか。まさにat your own risk。

もっとも3.0化の恩恵はほとんどないらしいし、ここは酸っぱいブドウ方式で、PCI-E3.0なんてなかったことにしておく。

PCI-Eスロットを1番とかにすればどうなるかとか試したい所ではあるのですが、めんどくさい病が発症。試さず。ってか、Windowsの起動前までなら普通に動いているのでWindows側の問題なのかな。可能性としてはレジストリ登録は対象PCI-Eスロットにあるときにやらないとダメなうえに1番2番スロットじゃないとダメとか。よくわかんねーです。

ついでに今回の事でVGAの挿し位置は4番スロットのままに。この位置だとサウスブリッジにもVGAのファンの風が当たりそうでいいかな、と。たまにサウスブリッジのファン回りますからね。その点、一番効果ありそうなのはサウスブリッジのヒートシンクによく風が当たりそうな2番スロットな気もしますが。まぁGTX680は発熱も少ないし、発熱しまくる使い方もいまのところしてないし4番のままでいいや。

場所効率としては5番がいいとは思うんですが、あと5番に挿すとデバッグコードが見えないし、サウンドカードとVGAしかささってないから4番で。

ってことで、無駄骨でしたとさ。
スポンサーサイト



テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

新メインPC完成の巻

そうですよ、2ヶ月位長々やってたくせに今この瞬間こそが完成なんですよ! 今夜はビフテキだ!

最終パーツたるVGAを取り付けて完成、と思いや、まさかの電源トラブルで完成が伸びましたよ。だがしかし色々ございましたが、最終的には何とかなるんですよ。完成だー!

構成は→の方に現在のPC環境へのリンクが。

最大のトラブルとも言える電源不良ですが、アマゾンの返品申請からメール(ブラウザから記入してそのままメールとして送る感じ)で問い合わせたところ、数時間で返答が来て返金対応してくれるようです。基本的には購入から30日経過後は20%減額されるようですが、今回は製品保証期間内だし玄人志向の物なので販売店対応となるからなのか全額返金っぽい。注意としてこの申請から返品が1ヶ月を過ぎると20%減額みたいなことは書いてた。

あと、別のトラブルも先ほど。やたらノイズ?コイル鳴き?のような異音が聞こえる。本体に耳を近づけると、どうやらマザーボード背面側のヒートシンクで覆われているあたりから音がする。しかしなぜ今? 今まで鳴っていたのに気づいてなかったんだろうか。いや、気づくよなぁ、このくらいの音だと。でかいわけじゃないけど絶対気づく。謎い。

となると、電源を変えたことによって電気特性が変わったとかそういう感じの何か? わからん。サブPCから大量のファイルをコピー中だったので、このコピーが終われば収まるかとおもいきや、そうでもなく。仕方ないので再起動。何故かおさまった。それ以降何度か再起動したけど再発はなし。PCの内部をいじるのに横にしたり立てたりしているうちに丁度悪い具合のところになったのかな。おさまったならいいや。

その後、負荷がかかっている時にPCへ耳を付けてみると件のノイズと同じパターンな感じのものが聞こえる。耳を付けるくらいじゃないと聞こえないから今まで気づいてなかっただけのことっぽい。これが何らかの要員で甲高い音になってしまうと離れていても聞こえるんだろうな、普通にしていれば聞こえることもないし。だがPCの置き場所を今より近づける定位置においた時はどうかと思うけど、TV見てれば多分気が付かないような気もする。とりあえず仕様ってことにしておこう。

今まで気づいてなかったことと言えば、HDDのアクセスランプ。
HDDアクセスランプがほぼ常時点灯します
確かに。言われて気がついたというか、作業ポジション的に今まであまりアクセスランプを目にすることがなかったけど、記憶にあるのは確かに電源とHDDのLEDがどっちも付いてた。しかしHDDへアクセスがあると思わしき時は点滅していたから気にも止めなかった。だがまさにこの通り。解決方法もまさにこの通り。一番下段のSATAコネクタを使用しなければ正常にアクセスした時のみLEDが点灯する。気づくと同時に解決したのでよし。これも仕様ってことにするしかなさそう。

しかし別の問題も。天板につけていた580円のケースファンの1つから異音が。かさかさ音がする。うーん、髪の毛か何かが巻き込まれた? 何かそんな感じの音。気に喰わないので元からP280に付いてきたファンに戻す。その後、どうせなら天板は2つとも戻すことに。何故ならば、元々の予定はオウルテックのOWL-FA1225Lという580円で買ったファンに12V→7Vの降圧コネクタをかまして低回転で使う予定でしたが、件の電源トラブルで焼けた降圧コネクタを使うのが何かもう縁起悪くて使いたくないなぁみたいな。そして全力回転ではP280付属ファンより音が大きいし。天板ファンならそんなに回転数上げる必要もないだろうから、結局元鞘って寸法ですよ。

ってことでひとまず完成し、さしたるトラブルも無さそうな新メインPCですが、役割としてはまだしばらくはエンコード地獄。現在のところあと2TB分くらい。これでも新メインPCが稼働してから大分片付いた。

あとはソフトウェア環境的な所がまだ手付かずなところもちょいちょいあるのでそういうところも。使っていくうちにだんだん整っていくところだから別段何かしなきゃってことでもないんですけどね。

って、お前! 確定申告やれ! メインPC完成後の仕事はまず確定申告じゃ! つーか、国税庁、減価償却資産の耐用年数一発検索サイト作れよ! いちいち細かく区分けされてもんなの一般人が知るわけねーだろ! とか苦戦しておりますが、3/15までには何とかがんばらざるをえない。

あー、明後日泊まりの研修的なのあるわー。ひきこもり気質にはだるいわー。特に宴会場とその後のホテルの各部屋個別に行われるであろう二次会的なもの。しれっと抜けて3DSのドラクエでもやってよう。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

850W電源がきたの巻

スーパーフラワー電源 80PLUS PLATINUM認証 850W(SF-850P14PE)が到着なさいました。


年末年始に調達したばかりだった、玄人志向 電源 80PLUS SILVER 700W PLUG-IN KRPW-PS700W/88+がコネクタの1つで謎のショートを起こし、もう怖くて使えねーよ、って感じの買い替えです。


SF-850P14PEの大きさは600-700Wクラスより少し、3cm位長めな感じ。しかしそれによってケースとの排気ファンの位置がどうこういうことはなさそう。

うちのケースはAntec P280なので電源は下配置。SF-850P14PEは電源ファンが常時回転か温度上昇時のみ回転(セミファンレス)かスイッチで選択できるのですが、この機能は電源が下配置なケースでのみ使ったほうがよさそう。上方に電源を置くレイアウトでセミファンレスONにすると熱の逃げ場が少なくなりそうな気が。とりあえずうちではセミファンレス機能を効かせて普段はファンが回らない状態で使ってみるテスト。ただ、機械の寿命と熱の関係からすると冷えるほうがいいに決まっているから回していた方がいい気がする。温度が上がらない限りファンは低回転で回るんだし。よって別に音が目立つわけじゃないし以降はファンまわしっぱなしで使う方針。


ケーブル取り付け関係。
ケーブルはセミモジュール方式でメイン電源用、PCI-Express用2本、EPS(ATX補助x2)が電源直付。他がモジュール式。取り出した直後は折り曲げられたケーブルの癖が結構強く取り回し辛い。が、そこまで酷いわけでもなく。まぁ、並。

PCI-E用ケーブルは先端が二股方式の1本じゃなく8pinの独立したものが2本生えてる。よって今時のミドルクラス以上のVGAなら2本そのまま付けることに。ここは好みが分かれそう。

EPS(補助電源)ケーブルは裏配線するとやっぱりちょっと短い。うちでは結局延長ケーブルは必須。マザーのレイアウトと電源の位置次第ですが。

SATAケーブルの長さは十分。その上、フラットケーブルで取り回しがかなりいい感じ。HDDに連続で並んでいるところへつけても結構無理なく曲げられるのでケースとの干渉も問題なさそう。KRPW-PS700Wの時はHDDのケーブルが結構干渉していてぐいぐい押し込める感じでケースの蓋付けてた。


動作関係。
消費電力はKRPW-PS700Wとくらべて電源OFF時(待機電力)で3.9Wから3.4Wへ0.5Wダウン。アイドル時で124W前後。KRPW-PS700Wの時より10W位下がった。ちなみにうちはSSDx2はいいとして、HDDが5台ぶら下がっているので、4gamerでよく見る似た構成のベンチ系記事の消費電力よりわりとお高め。

試しにFF14ベンチ。KRPW-PS700Wより10-20Wほど下がってる感じ。MAX消費量は大差なしに見えるけど、使う時と使わない時がきっちりしてるような。よくわからんけど、数字的にはそんな感じに見えるような見えないような。さすが効率がいいPLATINUM認証、と思っておくことにする。こんな現実を見てしまうと何かもう安物電源は買いたくなくなってしまいそう。


不満なところとしては、EPS(CPUの補助電源4ピンx2のやつ)ケーブルが1本しかない。850Wクラスなんだから2本あってもよさそうなもんなのに。あと5Vが計20A。今時5Vはあんまり使わないから足りなくなることもないとは思うんですが、昔基準の数字だと心許ない気がしなくもない。実際どうなんでしょうね、今時の5V消費量。


そんなところでしょうか。レビューってほどのものも書けないし、ファーストインプレッション? まぁそんなやつ。具合としてはかなりよさげ。数字として消費電力が下がっているので。後はどれくらい長持ちするか。こればかりは時間の経過でしかわからない。何はともあれ、性能的にはばっちりなのであとは何年かトラブルなく動き続けてください。


で、イカれた電源どうしよう。3年保証だから交換くらいはできるんだろうか。でも送り返すのめんどくせーなー。玄人志向だからAmazonへの問い合わせにはなると思うんだけど。まぁ気が向いたら何かしてみよう。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

久々にドロップエラーがでたの巻

録画機のOSをWindows7にして20日、初のドロップエラーが発生ですよ。しかもスターデジオ。EPG指定や自動検索録画じゃないからめんどい。ちぇ。

原因は不明。HDDのスキャンをしていた時ではあるけど、スカパー系の録画は別のドライブなのであまり影響はないとは思うんだけど。おそらく一番原因として思い当たるのは屋根から雪が落ちたんじゃなかろうかと。昨日から降っていた雪がわりと積もってるしよく雪が落ちる昼の録画だし多分そうだろうと。よってこれは不可抗力系ってことにしておこう。

録画機としては現在のところ安定しております。数日前に理由がわかっていることでアニマックスのガンダムUCの録画マージン部分でスクランブルエラーがでたくらい。

ただ、たまにEDCBに録画登録や録画登録されているものの設定を開こうとすると反応無しになることがある。ガンダムUCのスクランブルエラーの原因もこれのあおり。固まったからEpgViewerを強制終了させて立ち上げた直後にEDCBが立ち上がってなんぞ、と思ったら丁度ガンダムの録画タイムだったという。エラー自体は何の害もないものだけど、録画済みリストに黄色や赤のラインがのこるのはしょんぼりですよ。

テーマ:DTV - ジャンル:コンピュータ

録画機のHDDでセクタエラーの巻

録画機のイベントビューアーみたら、

デバイス \Device\Harddisk 3\DR3 に不良ブロックがあります。

というエラーがのこっていた。なんてこったい。だが、もう金はない! 何とかだましだまし使うしか無い。

対象のドライブはWDC WD20EARS-00MVWB。WDの緑の二代目。安物の2TBドライブ。やっぱり安いだけあって耐久度は低そう。まぁ録画用で通常よりハードに使われてきたドライブだからしかたないか。

ってかどのくらいのもんだろか。HDD SCAN V2.0でスキャンしてみた。
20130225_P55_29.jpg
6時間47分30秒で収量。秒間処理量は47.7MB/s。
不良セクタカウント17。

この程度ならまだOSとHDDが察知して使わないようにしてくれればまだなんとかなるんじゃないかな。多分。きっと。だといいなぁ。

ってなことで、スキャンディスクで「不良セクターをスキャンし、回復する」を実行。終わるのは…やっぱり7時間ぐらい後?

・・・

4時間10分くらいでおわっていたようだ。

ところが、イベントビューアーのアプリケーションにあるChkdskのログには
問題は見つかりませんでした

だってさ。でもお前エラーログだしてるじゃん!

って、これは空き領域だけの検査で、ファイルがあるところにエラーがあった場合は検出できないってことなのかな。ってことは一旦ファイル移して物理フォーマットかけたほうがいいのか。

しかし移すための空きがない。ないことはないが、手間が増えるのでエンコード待ち用ドライブを空けてからにしよう。ってことでまずはエンコがんばる。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

ベンチマークブーム到来の巻

ペリフェラルケーブルがスパーキンするという衝撃のトラブルが発生しましたが、大丈夫っぽいので届いたVGA、GIGABYTE GV-N680OC-2GD(nVidia GeForce GTX680)を付けてベンチ取ったりサンワサプライのワットモニターのTAP-TST8_TSLで消費電力測ったりなんかしてみちゃったり。

以下のベンチ等の数値は普段使っている常駐ソフトやサービス、ガジェットなんかが普通に動いている状態での計測でございます。ブラウザも閉じてません。タスクバーには10、タスクトレイには20のアイコンが見えます。そんな状態でのものです。

基本的には俺様ちゃんが新メインPCを使うにあたって、どんな具合なのか、手加減すべきところ、ゴリ押しできるところ、なんかをチェックして必要な時はあとで見られるように残すためのもので、他人様にはあんまり役に立つことはないと思いますよ。俺メモですよ。

GV-N680OC-2GDの動作クロックはアイドル時が324MHz、GPUを使用するソフトが稼働すると1071MHz or 1150MHzっぽい。GPU-Zを見ている限り。ツクモの商品ページやエルミタだと最大1137MHzになってたきがす。GIGABYTEのBIOS置いてあるところにもGPU CLOCK:Base Clock:1071 / Boost Clock:1137MHzとなっていますが、GPU Boostかなんかで1150MHzまで上がってるんでしょう、多分。GPU Boostのおかげで効率がいいのはいいんだけど、実際の動作クロック数がわかりにくくて目安がよくわからんす。以下のベンチ結果も実動作は1071MHzだったのか1150MHzだったのかは確かめてません。よく知らんかったとも言う。


大体のPCスペック。
M/B:ASRock X79 Extreme9 (BIOS:P3.30)
CPU:Intel Core i7 3930K
RAM:Corsair CMZ16GX3M2A1866C10 (DDR3 1866MHz 8GB x4 QuadChannel)
VGA:GIGABYTE GV-N680OC-2GD (VBIOS:80.04.47.00.11(P2002-0000)/ Driver:314.07)
あとはPC環境の巻

使用ドライバ
GTX285 310.70
GTX680 314.07

ベンチマーク。


GTX285 Windowsエクスペリエンスインデックス
プロセッサ:8.5
メモリ(RAM):8.5
グラフィックス:8.1
ゲーム用グラフィックス:8.1
プライマリハードディスク:8.4

GTX680 Windowsエクスペリエンスインデックス
プロセッサ:8.5
メモリ(RAM):8.5
グラフィックス:7.2
ゲーム用グラフィックス:7.2
プライマリハードディスク:8.4

ゆめりあ 最高 1024x768
GTX285 320W 114300
GTX680 310W 174711

旧FF14ベンチ 人男
GTX285 ---W H3217/L5576
GTX680 360W H7550/L9066

新FF14ベンチ 最高品質 1920x1080
GTX285 320W 3442 27.447fps
GTX680 330W 8069 69.72fps

ちはやローリングWE (Ver.1.10)
GTX285 290W 1953069m
GTX680 250W 1951558m

3D Mark Vantage
GTX285 350W P13044 (Graphics:10613/CPU:41731)
GTX680 350W P37332 (Graphics:35885/CPU:42470)

モンスターハンターフロンティア 大討伐 1920x1080
GTX285 330W 10125
GTX680 350W 31643

リアル彼女 ハイクォリティ 1280x720
GTX285 33fps
GTX680 68fps


以降はGTX680のみ。

3D Mark11 300-360-400W
P10188
-Graphics Score 10132
-Physics Score 12761
-Combined Score 8081

3DMark 300-360-400W 一部
Ice Storm Score 157442
-Graphics Score 317370
-Physics Score 56968
Cloud Gate Score 25745
-Graphics Score 47980
-Physics Score 9819
Fire Strike Score 6736
-Graphics Score 7313
-Physics Score 15005
-Combined Score 2786

おまけ。
夏海ベンチ1.3 1920x1080x32 8サンプル Pure Hardware T&L
31643
即終わるので消費電力どころじゃない感じ。他にもNatsumi in Winter/Natsumi in Summerを動かしましたよ。久しぶりにメガテン細江の曲を聞くことに。が、これらはスクリーンセーバーの形になっていて、結果がでるものじゃないのでなんとも。だが、解像度が1920x1080なせいか常時60fpsとはいかなかった。ってか、CPUもGPUも使用率が大分低い感じ。世代が合わないかなぁ、みたいな。


こんなあたりでした。テキストにメモったものを適当にはっただけだからそっけないけどきにすんなこのやろう。

傾向としては、DX9世代だと330W以下、DX10-11世代で360Wとかそんな雰囲気が。思ったより全然電気食わない。って、ずっとこの調子でゲームしたらそりゃ結構なもんですけど。

また、負荷が低いとあまり電気使わず、負荷がかかると一生懸命ってあたりは今時な感じ。3DMarkあたりはベンチによって300-400Wと大分幅広い感じだった。まぁCPUの方もSpeedStepが有効なのでそっちの影響もあると思いますが。

ちなみにこれらのベンチで一番ワット数があがったのがWindowsエクスペリエンスインデックス。瞬間的なものだけど430Wってのが見えた。まぁ目視なので見逃してる可能性もありますが。

アイドル時の消費電力は思ったより低かった。GTX285の時より20W位減りました。うちのPC全体で大体130W前後。さすが今の世代は省電力化が進んでいるご様子。


ついでにエンコード。このPCはエンコードを主眼にしているものなのでこれが本業ですよ。個人的に気になるけど調べていなかったこともあったので、この際色々やってみた。

テストソース。スカパーHDで放送したものを切り抜きスマレンしたもの。
アニソンヒッツ StylipS - STUDY X STUDY (スペシャプラスHD 2012-06-23-1730-土)
時間は4:03秒の実写PV。1440x1080i 29.970fps。
設定は圧縮率重視の結構重い感じ。細かいの言うの面倒。
出力は1920x1080p 29.970fpsに。
CUDAはインターレース解除フィルターで使用。

CUDA有 5:11 320W
CUDA無 5:19 320W
インタレ解除程度じゃ大差なかった。

同じソースで高精度映像ノイズ除去をかけてみる。設定は強さ128、範囲普通、時間軸有。
CUDA有 9:38 360W
CUDA無 25:00 330W
かなり差が出た。ノイズ除去するならCUDA有りの方がよさげ。そして30Wほど消費電力UP。が、GPUとしてはアイドル時と大差ない程度の発熱。具体的な数字はメモってなかった。てへ。

画質。そういやCUDA有りと無しでフィルターかけたときの画質の違いがあるのか否かしらん。そしてアニメみたいなのっぺりしたものじゃないとわかりにくい気がして別のテストソース。俺様的定番エンコテストのハイスクールD×DのED。90秒。上記の設定へさらに輪郭強調フィルターを追加してみる。設定は64、普通。
CUDA有 2:17 360W
CUDA無 3:58 330W
20130224_CUDAo.jpg20130224_CUDAx.jpg
CUDA有と無。FC2的に500KB以下というファイルサイズの縛りがあるのでJPEG圧縮かけてるので実際の画質というよりあくまで相対的なものってところで。

ノイズの乗り方がどっちがいいとか悪いとかじゃない感じでどっちもどっちじゃん、という気がしないでもない。よって倍くらい時間が変わるならCUDA有りでよいのではなかろうか、という結論にしとく。あっさりした結論だけど、ここらへんやるのに数時間もかけたんだよ!

とりあえずCUDA使うと+30W位っぽい。まぁ処理内容によるんでしょうけど。


そういやエンコード自体をCUDAでするのわすれてたからやってみた。
ハイスクールD×DのプロファイルをまんまCUDAでやる設定。とりあえずCBRで最大ビットレートは維持の20Mbps。
20130224_CUDAonly.jpg
1:32 330W
CPU使用率が大分さがって40%前後。消費電力はCPU分との相殺なのか330Wあたり。

やはりモスキートノイズとか目立つかな。ファイルサイズもフィルターのみにCUDAを使った時/CUDA一切無しの両方とも164MBなのに対して、CUDAのみのエンコードは214MB。

ついでにノイズフィルターと輪郭フィルター無しでインターレース解除とリサイズ(1440x1080i→1920x1080p)のみ有効でCUDAエンコード。
20130224_CUDAonly2.jpg
1:00 280W

実時間より速くなった。ファイルサイズは215MB。画質はノイズ&輪郭フィルター有りの時と大差ない感じ。まぁあまり強くフィルターかけたわけじゃないからこんなもんかなとか。

CUDA使う指定した時のデフォルトビットレートが4Mbpsのところを20Mbpsにしているのでビットレートでゴリ推してる感じも。なんせファイルサイズがでかい。ちなみに4Mbpsでインタレ解除のみフィルターの場合は44秒、ファイルサイズ45.6MBでした。画質は大分酷いです。動くところは全部破綻している感じ。

ってあたりでハイスクールD×DのEDをさらにビットレート変えてCUDAエンコードしてみた。
04Mbps 44秒 46MB
06Mbps 46秒 67MB
08Mbps 48秒 88MB
10Mbps 50秒 109MB
12Mbps 53秒 131MB
個人的にCUDAでエンコードするのはスマホとかで見る用の使い捨てエンコだろうから速いほうがいいけどでもサイズも増やしたくない。となると画質的に6Mbpsかなぁ。4Mbpsと6Mbpsは結構ノイズの量が違う感じ。6Mと8Mはわりと違う感じ。そこから上はあまり変わらない感じ。

これらを踏まえて実際に使うならって感じのインタレ解除以外のフィルター無しVBRでやってみた。
1280x720p 23.976fps VBR
4M-12Mbps 38秒 45.8MB
4M-16Mbps 38秒 45.8MB
6M-12Mbps 39秒 67.0MB
8M-12Mbps 39秒 88.3MB
10M-12Mbps 39秒 109MB
CBR 6Mbps 38秒 66.9MB

CBRもVBRも対して変わらない雰囲気。ファイルサイズも縮まらない。ってか、でかいよ。そのうえエンコード時間は10分前後。これならx264の設定を軽くしてエンコードしたほうがよさそうな気がしたので実際やってみた。

ソースはAT-X HDのハイスクールD×D #06。ファイルサイズ709MB。
設定はCUDAは6-12MbpsVBR。x264はTVMW5のパフォーマンス設定で"最速"プリセット。
1280x720p 23.976fps
x264 9:55 260MB
CUDA 10:2 1075MB

Core i7 3930Kのx264だとGTX680のCUDAより速くて綺麗でサイズも小さい。すべての面でx264に負けるとはうちではCUDAエンコードする意味自体なさげ。なんてこったい。ということで、フィルター処理用の補助ならいいけど、エンコードそのものにCUDAは使わない方針に。


ということで、VGAがGTX680になった記念で色々チェックしてみました。結構な時間をかけて色々やったおかげで、新たな環境の具合が大分つかめましたよ。ただ、GTX680で何するの、と問われると何もしない! いや、だが、何かはできる! いつか何かやりたくなるさ!

GTX680で何より良かったのは思った以上に消費電力が低くて発熱も低い。PCのケース開けっ放しってのもあるけど、新FF14ベンチ回しっぱなし程度なら40度台から上がらない感じ。ファンの回転数もMAXではないのでまだ余裕ありそう。

ただGV-N680OC-2GDは熱を後方排気せず、そのまま散らす感じなので、サイドファン付きのケースの方がいいのかもと思ったりはした。試しに蓋しめてしばらく使ってみましたが、熱が篭るってことも無さそうなので気にするほどではなさそう。アイドル時の温度も室温+5度程度。サブPCのHD6850より低いから次メインPCの更新したらそのままお下がりしてやっても大丈夫かも。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

うぎゃーショートだーの巻

Amazonに注文していたVGA、GIGABYTEのGV-N680OC-2GDが届いたので早速つけよう、いや、その前に復元ポイントを作ろうとPCのケースを空けたまま起動したんですよ。

ばちばち! もくもく!

えー! なんすかそれ!

即座に電源裏のスイッチを落としたんですが、どうやらペリフェラルケーブルの先端が焼けている。これはちょっと前にファンをテストで回す用につけていた物。そしてサウンドカードのXonarの補助電源用。焼けていたのはそのファンに付いていた分岐用のコネクタ。

この分岐用コネクタがよくないのかなと思って外し、再起動。

異臭がする!

また焼けてましたよ。しかもXonarの付け根のケーブルまで見事に。
20130224_DSC_0026.jpg
黒のGNDラインが見事に溶けてます。あぶないあぶない。まじあぶない。分岐コネクタを束ねたままだったのがよくなかったのか、コネクタが不良品だったのか、電源自体の問題なのか。

使用している電源は
玄人志向 電源 80PLUS SILVER 700W PLUG-IN KRPW-PS700W/88+
ってやつなんで、これはモジュール式電源なのですが、どうやらこのラインのモジュールの付け根がショートしてるか何かっぽい?

ちなみに他のパーツは幸運にも無傷っぽい。異常は見られない。Xonarも無事っぽい。一応、件のラインから電源取らなければ普通にPCが動いている。ワットモニター的にも異常はなし。


だが、今後もKRPW-PS700Wを使い続けるのはかなり怖い。PCがお釈迦になってもしょんぼりだけど、それ以上に火事にでもなったらそれどころじゃないし。精神衛生上も大変よろしくない。このまま使い続けるのは無理す。

よって、電源を変えることにした。今回のことで玄人志向に懲りたわけじゃないですが、別のメーカーで。どうやらスーパーフラワーがお値段と性能のバランス的に評判らしい。これはもう受け入れるしか無い。

スーパーフラワー電源 80PLUS PLATINUM認証 850W(SF-850P14PE)

現在750Wが13738円、850Wモデルで16271円也。

750Wにしようかと思ったけど、ここはひとつ850Wモデルで。実のところ、ワットモニターで消費電力を見ていたら、Core i7 3930Kで700Wじゃちょっと力不足かなと思ったりしていたこともあって。Prime95でCPUフルロード状態になると消費電力は400W超え。そうそうあることではないにしろ、これにVGAの消費が加わったらかなり危ういなと。実際そこまでいくことは無いにしても電源容量的にもう少し余裕は持たせたいなと。よって850Wモデルに。値段も2,533円差ならまぁいいかなと。突発的な電源交換とか思わぬ出費だけど、こうなりゃむしろぶっこんでやれ! べらぼうめ! ここらへんが限界ですけどね。やばい銀行の残高がピンチ!

ASUS
電源用ワット数計算機

さすがASUS様。便利なものがあるじゃないか。ここでうちの構成でやってみると
推奨する最低ワット数は 750 ワット
って言われましたよ。正直ワットモニターで見ているに、750Wも使うことはありえないと思いますが、実使用量は電源容量の半分位にしておきたいし。850Wで相応なラインなんですよきっと。ま、注文出した後にやったんだけどな!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

おい!の巻

いまだに部屋の真ん中に、もう1ヶ月以上鎮座されているメインPC様ですが、向こう側に行くにはまたいで通る必要があるわけですよ。で、うっかり蹴ってしまったんですよ。そんな強くじゃないですよ。ごん、って感じで。

そしたらKP41でリブートかかってやんの! どういうことだってばよ!

多分VGAの立て付けが大分悪いんじゃないかという気が。中いじった際にVGAに接触しただけなのに起動できなくなって、VGA挿し直すorぐりぐりすると普通に動くことが何度かあったので。RAMも何度か挿し直したな。多分、そこら辺の端子の接触不良だったりぎりぎり接触してるとかなんだろうな、って感じ。なんかちょっと嫌な感じ。

さすがに新メインPCの最後のパーツたるVGAを取り付けたら定位置に置くのでもう蹴ることはないし、こんなことももう起こらないとは思うけど。

叩いたり衝撃で調子が変わるなんて昭和の家電かよ! と思った今日この頃。

おかげさまで確定申告の作業が大分進んだようなそうでないような。とりあえず領収書の入力だけならほぼ終わった感じ。でもよくわかってないから科目とか間違ってたりよろしくなかったりしてそうで。そこら辺をチェックしつつ詰めていく感じに。ってすんなり行けばいいなぁ。減価償却あたりとかさっぱりですよ。会計ソフト側で勝手に前年分からいい具合に引き継いでやってくれてなさげ。どうしたもんか。

と、そんな感じですが、VGAは明日届く予定。つまり、明日は確定申告関係何もやらない気まんまん。あとドラクエ7やらなきゃ!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

こまいの届いたの巻

サンワサプライのワットモニターTAP-TST8_TSLが届いたのでメインPCに挟んでみてますよ。

それからソフマップに注文したケースファンx3と5インチベイに3.5インチドライブつけるマウンタもきました。で、ファンをちゃちゃっと付けました。ケースはP280で天板x2と背面x1。これで吸気ファン2、排気ファン3全て買ったことに。全部500円位ですが特価品だからいいんだよ!

ファンは心配しましたがわりと普通に付きましたよ。ピン留め方式なので埃フィルター挟む場合は困ったりするらしい。が、うちではフロントのフィルターもケースに取り付けるものなので問題なさそう。ただ、フロントに取り付けようとしたらHDD全部取り外したりしないとダメな気がする。超めんどくさそう。そんな特殊な付け方なので後でCPUファンに流用とかそういうのは融通効かなそう。

で、音ですが、まぁまぁ静かだと思います。付属の7Vに落とすコネクタを使うと更に。が、とりあえずは7Vコネクタを挟まない方式で。しかし、取り外して思ったけど、P280(ケース)付属のファンも別にうるさいってことはなかった。Highにするとそれなりに音でますけど。これならわざわざ交換することもなかったなぁ、と思ったりもする。でもせっかくつけたんだし。回転落とさなくてもわりと静かってのもいいかな。

あと、P280のファン回転スイッチってファン付属のものだったのね。てっきりケース側の機能かと思ってた。ファンに直接スイッチがついてた。あとKABUTO付属のファンは外してP280の付属ファンをCPU背面側のファンに。背面側はそんな回転上げても意味ないかなぁと。

で、変わり具合を見るためにエンコードさせてみた。

温度的には前回と同じ室温20度の状態で、若干温度下がったかも。2-3度なので本当に気のせいな可能性もありますが、まぁ、毒にはなってないかなと。静かには…なってないかな。CPUファンの音がちょっと大きめ。特に制御していないので常に1900rpm位。

そうだ、これも以前から何とかしなきゃと思っていたけどまぁいいかで済ましていた案件だった。CPUの回転数フル回転問題。

ASRock Extreme Tuning Utilityでファンコントロールできるのは知っていますが、常駐ソフトではなくUEFIでやってくれたほうがいいので、何度も再起動しながら確かめてみた。だってTarget Fan SpeedのLevelの意味がよくわからんのだもん。何のレベルだよ、と。

その結果、CPU Fan設定をAutomaticにして
Target Fan Speed:Level1
Target CPU Temp:60C
でいいんじゃね、という感じに。Level9だと常時MAX回転っぽい。ENERMAX ETS-T40-TBのファンは1500rmpを下回るとわりと静か、超えるとかなりうるさい感じっぽい。まぁ隣にファンヒーターおいてるので、今の時期は耳つけないとどこの何の音だかわかりゃしないんですけどね!

あ、多分ASRock Extreme Tuning Utilityでの設定の具合も同じじゃないかなとは思います。

アイドル時のCPU回転数は920rpm付近。CPU温度もそりゃ全力で回っている時よりは微妙に高めな気はしますが、ほぼ変わらない感じの30度前後。

ベンチしたりエンコードしたりして60度超えると回転数が上がっていき、全力回転に。負荷が下がり温度も落ちると徐々に回転が落ちていく感じ。これでよさそうだ。


そしてマウンター。ainexの3.5-5インチ変換マウンタ。プラスチック製のちゃちいものですが、まぁ、普通。580円なりのもの。サブマシン用。こっちはさくっと作業。大分SSDの収まりがよくなった。そしてAmazonに追加注文したRAMも当分来ないし、VGAも現状維持という方針にしたので、久しぶりに蓋閉めた。で、閉めた後に思う。排気ファンをP280のやつに交換すりゃよかったな、と。いつか気が向いたら。


で、やっとTAP-TST8_TSLで消費電力を確かめてみた。最初使った時、液晶のにじみみたいのがあったけど、使っているうちに馴染んだのか消えていた。

どうやら現在のX79なPCでは、アイドル時で150W前後。さすがにX79はお高い気がす。ってかHDD5台ってのが効いてる気もする。細かいのは気が向いた時ってことで、3D Markとかゲーム系ベンチマークを実行中だと300-350Wあたり。タスクマネージャー見のCPU使用率が80-100%付近のエンコードしている時は350Wあたり。Prime95でCPUがフルロード状態だと375-400W。大体そんな感じっぽい。

ってかCPUフル回転させただけで400Wまで行くってなにげに凄いな。700W電源じゃちょっと心もとなくなってきた。が、全コアAVX使いまくりのソフトなんてPrime95しか入ってないから大丈夫かな。GTX680がきたら全力時の消費電力は上がりそうだけど、今のGTX285とくらべてそこまで消費電力あがるわけではないとは思うんだけどどうかな。ってか、ゲームベンチ中もそんなでもないしな。

それからCPUの省電力系のC State系は全部OFFに。C1E、C3、C2/C6全部OFF。何故ならば消費電力自体に変化が見られなかったからあんまいらないんじゃね、みたいな。そのくせKP41の発生源になったりするからOFFの方がいいかなーと。

ちなみに今までは全部ONでC2/C6の設定項目をAUTOにして使っていました。これをAUTOじゃなくC6決め打ち設定にしたら起動後すぐにKP41発生。これにぶちきれて全部OFFにしてみた次第。これでしばらく使ってみる。

そいや、ASRock X79 Extreme9のBIOS、更新されてたなぁ。少し前に。まだ入れてないす。今3.10で2/8に出たのが3.30。CPUとUSB周りの修正っぽい。ってことで、BIOSアップデートしてみた。Windowsから。ASRockのBIOSアップデートはマウスカーソルも止まってフリーズ?って思っちゃう感じが怖い。少しすると進捗状況が表示されるのでじっと我慢。終わったから再起動。

あ、元のCPU周りの設定忘れた! うへ。がんばって復元する。多分3.10から3.30の設定項目自体は変わってないような気がする。ただCPUクロックまわりの挙動は変わったような変わらないような…うーん、どうだろう。同じつもりだけど違ってるって可能性も高いし。

だがしかし、以前の設定より低電圧で4.2GHzのPrime95で落ちない感じになったようなならないような。まだ1周しただけですが。VCoreのOffSetを-0.03VのにしたらCPUIDでの電圧が0.824-1.224付近になってた。あるぇ上限1.25V付近を目指していたのに。OffSetはデフォルトの設定が基準じゃなくあくまで現在の設定が基準なんだろうか。何かそんな気もしてきた。まだ今時のBIOSのいじり方がよくわかってないのであった。うへ。

でも問題ないならこれでいいか。電圧が下がって消費電力も下がってPrime95実行時の温度上昇によるクロックダウンが起こるペースがかなり長くなったような。4.2GHzフルロード時の消費電力も370-380Wと若干下がった感じ。2周いったし、よしとしておく。アイドル時の電力は144-150Wあたりと若干下がった感じ。まぁそんな正確にワット数出るわけでもないと思うから誤差レベルではあるけど。だが問題ないならむしろよしだ。あとは普通に使ってどうか、という感じに。

あと、クレジットカード払いでトラブったGIGAのGTX680ですが、10時間位過ぎてもAmazonのステータスが出荷準備中から動かないです。このやろう。まぁAmazonの表示は大分遅れるけど、発送メールさっさとこないものか。こういうクレジットカードのトラブルは故わいのでさっさと送って安心させてくれよん。

結局、注文から24時間以上過ぎた翌朝に発送されていたっぽい。やっと待つだけモードに。

っていうか、お前、さっさとVGA買って迷いを断ち切り確定申告に専念するんじゃなかったのか! あーあーきこえなーい。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

クレジットカード会社からの認証が得られておりませんの巻

Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

ご注文のお支払いにご指定のカードは、現在のところ、クレジットカード会社からの認証が得られておりません。

引き続きクレジットカードの認証手続きを行いますが、お手数ですが、現在ご利用のクレジットカード会社に直接お問い合わせください。

クレジットカード情報に問題が無いことがご確認いただけた場合、以下の方法でクレジットカード情報の更新ができます。


なん・・だと・・

AmazonでGTX680を注文したらこんなメールが来てました。なんすか。よくわかんないから、Amazonのアカウントサービスからクレジットカード情報を変更せずにただ更新ボタンを押してみるテスト。アカウントサービス - 注文履歴を見る - 支払い方法を変更するですね。あとは眠いので寝る。これが午前4時ごろの話。


起きてみたら続報メール無し。アカウントサービスでの品は未発送。そこでまたカードの更新を押して見る。1時間しても何も反応ないので、こりゃちゃんとカード会社に電話したほうがいいかな、と思って電話してみた。これが昼の話。


オペーレーターの人につないで聞いてみたところ、どうやらセキュリティチェックにかかって、保留されていたようだ。が、さっきやったばかりのカード更新送信のタイミングで認証が通っていたらしい。ってことで現状では後はAmazonの発送待ち、って状態らしい。

オペ子さんの話を聞くに、Amazonのカード情報更新ボタンを押すと即審査がされるっぽい。カード会社の記録時間とこっちから更新ボタンを押したタイミングが一緒。

あと店舗とかだとこういう場合、カード会社から確認の電話がくるらしい。が、ネットショップだとそれがなく、本人からの電話で解除されるとかそういう流れらしい。

あ、しまった。なぜセキュリティチェックにかかったのか聞くの忘れてた。折角だからクレジットカード会社のセキュリティチェックどうなっているか窺い知れるチャンスだったのに。

なんとなくぐぐってみると、どうやら深夜にでかい買い物をするとセキュリティチェックにひっかかることがあるようだ。確かに深夜というかもはや早朝に5万クラスの買い物はあまりしないような気はするけど、過去にも一度くらいはやったことはあるとは思うんだけどなぁ。まぁ判断はブラックボックス状態らしいカード会社のシステムだからなんとも。

一つ思ったのは、恥ずかしい買い物の時じゃなくてよかった!

何にしろ、あとはほっとけば来るであろう。14時頃には出荷準備中になっておりました。


そういや、サンワの簡易ワットチェッカーが届いた。新メインPCのアイドル消費電力150W。大体こんなところかなみたいな。あとで色々調べてみよう。で、お前確定申告は?

確定申告が手に付かねぇの巻

確定申告の時期ですよ。去年すでにe-taxをしているので金融機関の届出もしているし、今年は完全にネットでの処理のみでやれるはずなので大分スムーズにやれるはず。

が、終わる気配がない! 否! それ以前にまともに始める気配もない! なぜだ!

グラフィックカードを買わないからだ!

そうですよ、価格情報が気になって全然進まないんですよ。そんな頻繁に更新されるもんでもないのに。そして欲しいなと思った品の対抗品を調べたりするものだから全然ですよ。これは大変よくないですよ。とっとと買っちまえ!

よし、決めた! 買う!

GIGABYTE グラフィックボード nVIDIA GeForce GTX680 PCI-Ex16(3.0) OCモデル WINDFORCE GV-N680OC-2GD

46,364円。

これ! これ買う! もう決めた! Amazonで値段が数百円下がったらツクモでも同じ値段になってた。どっちで買おう。ツクモのポイント残高は500円ほどか。どうでもいいな。うーん、GV-N680OC-2GDでポイント付かないしAmazonで。ってかついでにイヤホン欲しいし。

JVCケンウッド ビクター ステレオ ミニ ヘッドホン HA-FX25-B

1345円。場合によっては雨降ってても使うから安物で。

イヤホンはいいとして、GV-N680OC-2GDは過去最安と比べても+1564円と値段変動もほとんどなし。値上がるとしたらツクモかAmazonの在庫次第かな。MSIのGTX680OCモデルはツクモで安売り終了→Amazonも安売り終了と見事に連動していました。他のPCパーツも結構連動しる。そういう価格決定プログラムなのかカルテルっぽい何かなのか知りませんけど。価格コム1位常連の-1円最安店はどうでもよし。逆に考えると大手の信頼や安心が1円で買えると思えば-1円店じゃ買わないわな。と思ったり思わなかったり。

そういえばGeForce GTX Titanのベンチマークが方々のメジャーサイトで解禁されましたが、結構素晴らしいですね。消費電力が思ったほどじゃないし、挙動をGPGPU特化に切り替えもできるし。これはGTX780かその次の世代あたりは結構素晴らしい感じになる? と思ったりしました。が、俺様ちゃんは今すぐVGAが欲しいんじゃ! ってことで、GV-N680OC-2GDですよ。

対抗としてかなり迷ったのはASUSのGTX680-DC2-4GD5。
ASUSTeK NVIDIA GTX680チップセット搭載グラフィックカード GTX680-DC2-4GD5 【PCI-Express3.0】


4GBモデルで、ASUSなので大分お高い6万超えコース。正月くらいまでならゲームバンドルモデルが5万中盤だったらしいんですけど。今現在の市場価格だとヨドバシとかポイントががっつりつくところで買ったほうがお得かも。

それからASUSのOCモデル、GTX680-DC2T-2GD5。
ASUSTEK社製 NVIDIA GeForce GTX680搭載 ビデオカード(オーバ-クロックモデル) GTX680-DC2T-2GD5


1月までなら結構5万円台前半で買えたようですが、もう在庫がないようで。次入荷しても円安が反映されてお高いのかなぁ、とか。しばらくしたら在庫復活するのかな。

ちなみに現在でも51,980円で出しているところはあります。
http://www.bestgate.net/search.phtml?e_sort=Price&word=GTX680-DC2T-2GD
在庫はあることになっているのですが、でも多分こない。評判や問い合わせを見るにQoo10自体があまり信頼できないような。問い合わせに全く返答が無しってどうなってんだろ。これ自体は恐らくただページ更新していないだけの杜撰な管理なところなんでしょう。Qoo10本店自体が出している品なのに。まぁ時間がかかっても来るのかもしれませんが即納はないだろうなと。使ったこともないQoo10の悪口はやめたまえ。あ、はい、すみません。一応会員登録はしてるんですけどね。そんなことはいいとして、GTX680-DC2T-2GD5は3スロット使う仕様なのが厳しいな。ドミノ移植もなかなかやりにくそうかな、ということで回避。

とか書いている間に、ツクモではGV-N680OC-2GDと肩を並べるように売っていた GALAXYのGF PGTX680-SOC/2GD5 WHITEが売り切れ。動作クロック的には1150MHzとGTX680-DC2T-2GD5より上ですが、出力ポートがかなりの変態仕様で。DVIがない。まぁDVIなんてそのうち消えるとは思いますが、今はまだ欲しい。変換コネクタはついてくると思いますがトラブルの要素を増やすから基本的に変換コネクタの類は使いたくない。そして補助電源が8ピンx2。まぁ些細なことではあるんですが、ここらへんで対象外でした。が、これがなくなると次ははGV-N680OC-2GDが無くなりそうな予感。

ってか、別にZotacのリファレンスでもいいんです、正直なところ。でも折角の4万超えVGAならリファレンスじゃないのが欲しいなと思うのもまた人情ってもんで。ってか、リファの4GBモデルもいいな。OCモデルっても実用上は誤差レベルでどうでもいいしな。

ZOTAC NVIDIA GeForce GTX680 搭載グラフィックカード GTX680 4GB DDR5 日本正規代理店品 (VD4632) ZTGTX680-4GD5R001

うん、これか。ってかこれもツクモと同額なのか。

んー、でもまぁ、VRAM4GBはうちじゃおいそれと使われることは無いだろうし、冷却能力としてはGIGABYTE独自の方がいいだろうし、そういうことで。

と、ここまで全て自分の退路を断つためのものですよ。いい加減買ってしまえと。実のところ、この1週間でMSIのOCモデルのやつとASUSのOCモデルと4GBモデルの奴はあと1回クリックすれば購入というところまでやってるんですよ! それでやめてるんですよ! いい加減に腹くくれってもんですよ!

そいや世間では新FF14ベンチ出たようですね。

新FF14ベンチを普段使ってるソフト(ブラウザとかそーゆーの)を閉じもせずにちゃらっとやってみました(VGAはGTX285)。1920x1080の最高設定でスコアは3442、平均FPSは27.447でした。やや快適だそうです。ついでにデフォルトの1280x720ではスコアが12716の非常に快適。CPUはそこまで負荷かかってないっぽい。ベンチ中の温度も50度程度。

そんな新FF14ベンチに触発されてVGAアップグレードしたい人や、Titanに密かに対抗するためにGTX680をSLIにしたいというマインドも増加することであろう。よってうかうかしてたらGIGABYTEのやつまでなくなってしまう! そのうえGTX700台の話は全く聞かない。聞いた所で出たばかりは高いから回避したくなるに違いない。よって買うなら今しかない! そう思って危機感煽らないとポチる気合が乗らない! 鬱のみんなーおらに元気をわけてくれー!

よし、GV-N680OC-2GDポチってくる!

そして確定申告まじめにやる!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

ソフマップで無駄遣いの巻

ソフマップで決算セールをしているようなのでお買い物。欲しい欲しい言っているVGAじゃなく小物を。

OWL-FA1225L(120mmケースファン 580円x3
HDM-07BK (3.5-5インチ変換マウンタ) 580円
DGC-JB6N(ノンフロンエアダスターDigio 300ml 1本) 380円x2

トータル3080円のお買い物。ってか、上2つが欲しかったんだけど、3000円超えないと送料無料にならないので、いつかは必ず使う消耗品のエアダスター2本追加して送料回避というケチ臭さ。でもこのエアダスター、近所のホームセンターで2本入り680円っての買ってきたばかりだったりもする。が、しばらく遠慮なく吹きまくれるのでよしとする。

OWL-FA1225Lはよくわかんないけど、P280に最初から付いてる3つのファンより静かなんじゃないかなぁ、と思って。別に静かでもない、ってんなら予備役に。580円ならいいかなと思って何も考えずにぽちった。で、買った後に調べたら、あるぇ? よくわかんないけど固定方法が独自仕様? やっちゃった? でもまぁ同じ12cm規格のファンなんだから、最悪工作すりゃきっと付くさ! ちなみに生産終了品で安めとかそういう系ぽい。

HDM-07BKは5インチベイ用の3.5インチドライブマウンタなんですが、サブPCのSSDが2つ入っている3.5インチケースが5インチベイにただ置いているだけ状態でして。そのうえ、3.5インチケースのSATAケーブル取り付け口がわりとゆるめだからせめてケース自体をちゃんと固定したいなと。システムドライブなんだし録画機だし地震か何かの衝撃で外れたら困りますよ。ってことでこれも何も考えずに。そのうえよく調べてもないので、来ないと実際どんなものかもわからないという。

あ、あとサンワサプライでも無駄遣い。元が2000円前後で売られてるからたいして安いわけでもないんだけどワットチェッカー。いつかは欲しいと思いつつ、何年か経過。PC用に正確じゃなくても目安は欲しかった。
TAP-TST8_TSL 1780円

そんな今日の無駄遣い。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

やっぱりグラフィックカードが欲しいの巻

欲しいですよ。グラフィックカードですよ。グラフィックボードとどっち言うのが主流なんだろう。どっちでもいいですよ。面倒だからVGAですよ。

ここ数日、確定申告のことも知らんふりで価格とか性能とか調べていたんですよ。GeForce系はGTX660-680、Radeon系はHD7850-7970の範囲で。そして思ったことはサブマシンは現状のHD6850でいいや、と。確かに性能は7850にするだけでもわりと上がるんですが、消費電力は6850の方が低いようですし、6850でもデコーダー/レンダラの設定や組み合わせで複数のTVTestや動画プレイヤーでも問題なくなったので、これでいいか、と。ってか、複数立ちあげでダメだった理由は多重にインターレース解除(しかも倍フレーム)したり、DXVA2を使う設定なのにレンダラにEVRを指定していなかったとか、そういうお間抜けな理由です。うへ。

んで、よさげだなぁ、と思ったVGAは。






このあたり。大体5万以下のライン。ただ、こうなりゃあと1万載せてASUSの4GBモデルでもいいんじゃねって気すらしてくるのは何かがおかしくなってるに違いない。ここで過去の俺様ちゃんはメインPC用にどんなVGAを使ってきたかを注文メールにより確認してみた。メールにない分は曖昧記憶により。

1998年?
Creative RIVA TNT
多分12000円位だったような

1999年?
Canopus GeForce 256 DDR
4万2000円だったような

2003年?
ELSA GeForce FX 5700
たしか3万円位?

2005年
Inno3D GeForce 6800 Ultra 256MB PCI-E/Dual-DVI+TV
65,550円

2009年
GX-285-NZDFF (GeForce GTX285)
36,171円

メインPCで使ってた分は確かこんなだったような。この中でやっちゃったなーと思ったのはFX 5700。ミドルクラスと割りきって買ったつもりだったけど値段の割に何もかも中途半端でやっちゃったなぁと思った記憶。結局GF256DDRに戻したような記憶もあったりなかったり。それで次に奮発してハイエンドなGF6800Uを買う流れになったような。しかしサブPC用のどうでもいい用に長年使った。

逆に良かったのはGF256DDRとGTX285。ってかGTX285今も使ってるじゃん! ほんと長持ちだなー。普通にPC使う分にはもう俺的GPU性能は頭打ちってところなんでしょうけど。GF6800Ultraは性能は高かった。だが爆熱すぎた。負荷かけるとコア温度が120度とかいってましたよ。燃えるぜ。それでも動いてたんだから恐ろしい話ですよ。まぁよくフリーズやテクスチャ崩れしてましたが。

こうみると最近?は3-4年位で買い替えか。ミドルクラス(GTX660とかHD7870あたり)を毎年買うのとどっちがいいのか微妙なところだ。ちなみに別にGeForce派というわけではなく、HD5000系からRadeonも使ってます。が、PCの用途的に何となくメインにGeForce、サブにRadeonという流れになっているだけです。

ついでに今、円安とスポット価格上昇で値上がりしまくりのメモリーですが、2000年に買ったRAMの注文メールが残ってた。
PC100 128MB SDRAM(モセル0003PR) @14,100 2PCS \28,200
合計金額 \ 30,419
うわたけー。容量で比べるのはかわいそうだから当時のメインストリームと今のとを考えても今は大分安い時代になったなという感じ。ってかモセルって懐かしい。たしか当時評判がよさげだったチップメーカーですよ。今はもうどっかに吸収されたんですかね。


で、VGAは何買うんだよ! おまえ!

あ、はい、すみません、決まってません。つーか、GeForce GTX Titanの発表が先ほどありました。なんか凄いらしいですよ。値段が。999ドル。性能もシングルではダントツでしょう。が、そんな金はねぇ! しかし同時にBTOとかショップブランドPCの予約がそのうち始まるそうで、思ったよりは数が出るのかも? いや数が少ないからこそのBTOとか優先なのかな。半年-1年後くらいに売れ残りのバルク品がちょろちょろ放出されそうな予感がしたりしなかったり。それでもいい値段つきそうな気がしますけど。

あーもーどうしよう。Titanはいいとして、今のところMSIのとGIGABYTEのとどっちにしよう、というのが今のところの段階。どっちも似たような値段で複数店舗にあるのでまだ迷っていられる、みたいな。でもMSIのやつがツクモで通常価格に戻ってしまったので買うならAmazon。でもZOTACの4GBモデルも気になるなぁ。ってもVRAMが4GBってSkyrimをmodてんこもりでやらない限りは使わないという話みたいなのでまぁいいかなぁと思いつつもGF680の時代は256MBだったわけだしそう思うと将来性を買って…ってあー、まだ楽しめる、この買物! 保留! 保留! 保留! どうせ買うものは新製品じゃないし今すぐと慌てることもないさ! Titan発表によるハイエンドクラスの値段の変動も気になるしね。あまりないとおもうけど! あると思ったほうが楽しめるじゃん!

とか言ってたらMSIのやつがAmazonで53,248円に上がってたよ! 安くなるどころの話じゃないよ! まったく何となくではあるが、Amazonとツクモとかは値段が連動しすぎるぜ! となれば価格的なところでみると残るはGYGABYTEのやつ。

いやここはどーんとASUSの4GBのやつ。これはまだツクモのネットショップには入ってないからこれがくればきっと決算セールでなんとか5万円台中盤位でこないすかね。こないすか。ああそうですね。って、価格.comの過去価格みたらとっくに出てたのね。って、あれ? 2013/2/8発売じゃなかったのか。おかすぃなぁ。って、先にゲーム付きのGTX680-DC2G-4GD5が出て、2/8に何も付かないGTX680-DC2-4GD5が出たってことなのかな。めんどくせー。

GTX680-DC2G-4GD5は現在大体62000円前後、楽天で1つ58000円弱の所があるけど納期2-3日でしかもトップページが衣服物を扱うところっぽく来るか怪しげ、となると確実に買えてポイントの付くヨドバシで65,900円がむしろいいのかもしれない。

正直、撤退戦の感じになってまいりました。買おうとしているターゲット品が切れたからこっちで、みたいな。実のところ、1ヶ月前からやってるんですよ! 気がつけば、リファ以外で4万円台中盤くらいで収まりそうなのはGYGABYTEとGALAXYのOC品しか残ってませんよ。どうしたものか。

と、ここらへんで冷静になる。俺今PCでゲームしねぇだろ! 3DSでどうぶつの森とドラクエ三昧だろ! PCで凄い勢いでネトゲとかのゲームしていた頃ならともかく、やってもねぇのに5-6万のVGAってどうなんだよ! ちょっと考えてみろよ!

あ、はい、なんか現実に戻された感じ。GTX285より性能上がって省電力化が図れるGTX660あたりでよくね? うん。なんか分相応って感じ。

まぁ、あれだ、今の買わない言い訳としては性能レビュー解禁待ちとか3月の決算セールとか。あとなんか、GTX680系のものが全体的に売り切れが多いんだけど、旧正月で供給が止まった? 円安の影響? Titanの影響で店の発注が止まった? わからん。わからんが、待ちだ! 3月になったら本気だす!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

CPUファンを増やしてみたの巻

基本情報:PC環境の巻

CPUクーラーにENERMAX ETS-T40-TBを使っているのですが、これは標準では前面ファンのみ搭載。しかし後方にもファンが取り付けられるようにスペースと金具が付いている。そして旧メインPCで使っていたCPUクーラー、SCYTHEのKABUTOの120mmファン(KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-P)が余っているので付けてみよう、ってな話です。

ASRock X79 Extreme9はCPUの前後にメモリースロットがあるため、干渉が心配でしたが、仮に背の高いヒートスプレッダが付いているRAMで8スロット全部埋めたとしてもギリギリ大丈夫そう。さすが薄型クーラー。

ファンの取付方向はセオリー通り後ろ側なので後方に逃がす方向へ。CPU以外にも後ろ側に付けてるRAMが前に付けてるものより温度高めなのも気になってたし。これで後方もそれなりに冷えそう。さらに排気風量が増えたので、リアファンはP280の簡易ファンコンで低回転だったのを高回転設定に。

CPUファン用の電源2は3ピンだけどきっと4ピンな電源1の方でPWM制御するんだろうということで気にしないことに。回ればいいんですよ。

音は、まぁ、普通。元から静かなPCでもないし。こまけぇこたぁ気にするな!


さて起動。しない!

マザーボードのDr.Debugとやらのデジタル表示にはb7?67?だかが表示されております。このエラーコードが出る展開、最初に組んだ時もあったな。ってことでVGAの挿し直し。ファン取り付ける際にVGA触ったりしたしその時に接触不良にでもなったのかも。つーか、なんつーデリケートっぷり。まぁネジで抑えずGTX285を取り付けると若干ずれてる感じだから、マザーボードとVGAとケースの立て付けの相性とかそこら辺の都合なのかも。


起動したのでH.264エンコードして温度を確かめてみる。まぁエンコード内容で大幅に変わるエンコードよりPrime95やれよって感じもしますね。あ、はい。すみません。あとでやります。エンコードが落ち着いたら。今回のエンコードはSDサイズなのでCPU稼働率は7割程度。

室温20度。
CPUはCore i7 3930K@4.2GHz VCore 1.240v。

ファン1つ。
20130218_X79_196.png
MAX:63度

ファン2つ。
20130218_X79_200.png
MAX:60度

うーん、大してかわらん! けど60度から上に行かないから少し効果はあったっぽいご様子。3度ほど。


後からついでにHDなソースのエンコードもやってみた。室温は25度。この時CPU温度は最大70度。SSはないけど、経験上、5度くらい下がってるかも。


じゃもっと高い負荷をかけるべき、ということでPrime95。CPUの保護機能を有効にしているので91度まで上がるとクロックダウンするからそれが避けられればいいのですが。

開始5分で80度突破。10分でフリーズ! フリーズ時の最大温度は88度。

88度じゃ落ちないと思うからこりゃきっと何かの電力不足のKP41ですな! イベントビューアーにも燦然と輝くKP41が。CPU電圧を標準より落としてるからそういうことなのかな。そういや以前も今と同じ設定でPrime95やったらKP41出て、でもまぁ、Prime95以外じゃ出ないしいいか、と妥協した記憶が出てきた。てへ。

CPUの電圧をデフォルトまで戻せばKP41はもう少しマシになるかもしれないけど、今のところPrime95以外では落ちないからまぁ、いいか。後々の課題ということで。また問題の先延ばしだよ!

温度的にも室温上がったりもっと長い時間回すと90度行きそうなので多分ENERMAX ETS-T40-TB的には4.2GHzでPrime95は無理ってことで。でもCPUファンは交換したいかなと思ってきた。もしくは簡易水冷にするか。これ以上の大きさのクーラーは多分ムリげだし。


で、CPUの温度的にはあんま変わらないけど、後ろのRAMやノースブリッジ?が冷えているようだからまぁいいか、ってことで。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

むしろTV担当機ほどGeForceにするべきかの巻

グラフィックカード選定が進みません。何かGeForceの新しいTitanが出るの出ないのとかRadeonが今年は新しいの出さねぇよとかいう話が出ている上に円安でどれも値上がりでどうしたものか。円安は仕方ないとして、何選ぼうかなと困ったり困らなかったりの日々ですよ。

今までメインPCはGeForceでTV/録画担当機はRadeonでした。これはメインPCはネトゲをよくやっていたのでGeForceの方がいいことが多く、録画機はRadeonの方が何となくいいんじゃねミドル帯安いし、ってことでそうなっていたのですが、メインPCではネトゲをしなくなり映像出力してくれれば大体なんでもいいんじゃね感が漂い、録画機ではTVTest用のデコーダーにLavFiltersを仕様している都合上、LavFiltersのCUVIDオプションが使用出来るGeForceの方がいいんじゃないか、と思って来ました。

現在、メインPCはGeForce GTX285、録画機はHD6850。ぼくのかんがえたさいきょうのぱそこんとしてはメインPCをTitanに、サブPCをHD7870にするあたりなんですが、まぁ、今でてる情報的にはTitan無理だなー。ないなー。金とか入手性とか。かといってGTX700系の情報はなく、だがしかし、近々Titanの公式発表と発売があるらしいという話で。もはやTitan自体は諦めなんですが、そうなると現行GeForceの680か670にするか、となるかとおもいきや、やっぱり発表を待つべきか、と。動きにくいですよ。

RadeonもHD7870あたりは手頃でワット/パワー的によさげだし、動画再生支援でHDx2、SDx2のDXVA出力が可能(らしい)なところも気になったりします。ってか、HD6850が性能的にいまいちに感じて来て。どうやらLavFiltersでDXVA(native)を使う+レンダラにmadVRなTVTestを立ちあげて、そこへさらにTVTestやLavFiltersを使うqonohaを起動するとがくがくする問題は何でもかんでもRadeon HD6850に処理を投げつけてたのが問題っぽくて。CPUも働かせろよってことでもあって今はそうしてるんですが、こうなるとHD6850より強めなVGAも欲しいなぁと。だが、あまり強いVGA乗せると今度は熱問題が再発しそうでどうしたものか。

そこら辺の事情に加え、もう少ししたらツクモあたりで決算セールするかな、とか。そんなことを考えていたら何も買えない状態に。だがうだうだしていると円安で価格上昇。現にVGAじゃなくHDDだけど、買おうかどうしようか思っていた日立の4TB HDDが1000円値上がりしていた。なんてこったい。

結局今迷っているのは、録画機をGeForce系にしてLavFiltersでCUVIDオプションを使うのがいいか、HD7000系の2系統動画再生支援を使うのがいいか、ってところだったり。今書いてて気づいたんですけどね。ゲームも動画再生もしないメインPCなんて余り物VGAつけとけばいいんですよ!

とは言ってみたものの、メインPCは折角ならUltraFastBootができる構成にしたいなぁとは思ってますよ。多分VGA以外は準備できてますから。そうなると最新のVGAでもごく一部しか対応していないらしいGOPだがUEFIだか何か対応のVGAを買わざるをえないんですよ。一部どころかMSIのGeForceのどれかが非公式っぽい感じで対応? それからRadeon HDの聞いたことないメーカーが初のUEFI対応ボードとか。そんなもんっぽい雰囲気。

ただ、UEFIでUltraじゃないFastBootを選んでも起動時間は変わった気はしない。電源投入からデスクトップの表示まで50秒位かかります。これ他にもなにか必要なんだろうか。大体電源いれて反応があるまで10秒はかかりますよ。そのうえRAID BIOSも出る。まぁこれは設定で表示しないこともできるはずだけど、表示されないとそれはそれで寂しいなぁと。ってか普通のBIOS画面みたいのも出てすぐ消えるから読めない。これも1秒設定になっているからですが、読めないならいらんか、とは思わないでもないが、トラブった時や異常の兆候つかめなかったら困るしとか思うと、FastBootは考慮しなくていいかなとも思ったり。

そんな具合で現実的なところでVGAを何にするかという話に戻すと、今サブPCで使ってるRadeonHD6850をメインPCで使ってサブ用にGeForce670かRadeonHD6870載せるのがリーズナブルでバランス的にも良さげなラインだろうか。メインPCは本当にテキスト画面しか見てないからなー。が、X79なのに今更HD6850のおさがりもなんか悔しい。

で、結論としては、様子見! まだしばらく迷ってウィンドウショッピング感を楽しむ!

テーマ:DTV - ジャンル:コンピュータ

TMSR4がバージョンアップしていたの巻

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4

TMSR4がバージョンアップしていました。目玉機能としてはおそらくCM検出機能。早速使ってみました。ってか使ってたけどドラクエ7に忙しくて書いてなかっただけとも言う。

CM検出精度は…うーん、いい時もあれば悪い時もあって、なんというか、参考程度にしておいた方がいいのでキーフレーム出力方式。一気にカットはちょっと怖い気味。一応、CM検出処理後、TMSR4が「信頼度」という値を出しますので、それも目安になるかなと。

検出時間。環境に強く依存するはず。よって複数のドライブでチェック。ドライブはどれも断片化は0%の状態。PC自体はX79環境でCPUはCore i7 3930K@4.2GHz、TMSR4の一時ファイル設定はRAMDISK指定とかそんなあたり。

ソースファイルは地上波のドキドキ!プリキュア #01。中身の時間は30分30秒。またプリキュアかよ! あ、はい、既に大分地上波やBSのTSファイルをやっつけたので、CM入ってる録画ファイルがこのくらいしかなかったのです。そいやまだちらっとも見てなかった。とかはどうでもいいとして。ちなみに、このファイルでCM検出した時の信頼度は37%で、確認してもわりとずたぼろ。A-Bパート間しかあってませんでしたが、それは今はおいといて。


日立 0S03229(HDS5C3030ALA630) 使用状況:1.29TB/2.72TB
68秒

WesternDigital WD20EARS-R(00MVWB0) 使用状況:387GB/1.81TB
54秒

RAMDISK DDR3 1866MHz QuadChannel
30秒



こんな感じでした。やはり基本的には読み取りストレージが速さが重要そう。一般的な環境のHDDなら大体1-2分ってところあたりかと。WD20EARS-Rが日立のより速かったのは意外。まぁこの日立のドライブは中身WD製って話もあったような気がしますが。そいや既にWDに統合された気がする日立ですがまだブランド統一されてないような。っってのもおいといて。


検出精度の問題もありますが、アニメとか大体CMの入るタイミングが決まっている番組の場合、CM検出にかかる1分もあれば手動でCMカットできちゃうので個人的にはあまり使わなそうな気もしたり。というか今更マニュアル見てショートカットキーをさらに学んだのでアニメ1本で30-40秒位でやっつける感じ。どこでCM入るかいまいちつかめない地上波の映画とかなら大体のあたりを付けるためには使うかも。


そうなんですよ、結局便利なのはシーンチェンジ検出+各ショートカットキーですよ。TVMW5/TMSR4とも操作は大体共通だと思うので、どうせなら自分が使いそうなのはちゃんと最初から覚えたほうがいいと痛感しましたよ。

特に最近はエンコード目的でPCを新しくしたのでTVMW5/TMSR4の使用頻度が増えたので、ショートカットキーを積極的に使うようにしたら大変快適になりましたよ。そりゃもう段違いに。

特に重要な感じのショートカットキーはシーンチェンジ検出の↓キー、PageUp/PageDown系のタイムジャンプ(環境設定のプレビュー移動量で指定)、動画編集後の確定のShift+Enterあたり。さらに、ロジクールのG510なるゲーミングキーボードの拡張キーにそれらのショートカットキーを割り当て。ショートカットキー類は左手で操作し、マウスから手を離すことなく操作可能になりましたよ。

20130214_X79_180.jpg
現在のG510拡張キー配置。

新規プロジェクト/プロジェクト読込/時間移動3U
時間移動3D(仮)/クリップ分割点/時間移動3D

時間移動2U/時間移動1U/時間移動4U
時間移動2D/時間移動1D/時間移動4D

保存/↑/編集確定
←/↓/→

まだ改善の余地が大分あるのですが、現在はこんな感じ。という俺メモ。ってか時間移動を適当にいじってたら綺麗な並びじゃなくなっていたがまぁよい。

環境設定のプレビュー移動量設定。主にうちでAT-Xの録画したもの用。
時間移動1:2秒
時間移動2:11.5秒
時間移動3:1810秒移動
時間移動4:1440秒移動

時間移動1の2秒は、AT-Xで番組が始まる前、ステーションIDの後に2秒の余白があり、その後に本編が始まる。いきなりぱっと画像がでるものはシーンチェンジ検出(↓)でいいのですが、フェードインから入るのも多く、そういうのは検出されません。よってステーションIDが終わったら2秒ジャンプというのが均一的な操作で確実なんじゃないかと思ってます。

時間移動2はうちのEDCBで録画した時に丁度AT-XのステーションIDの範囲でしかも終わりあたりにくる可能性が高い秒数。録画開始タイミングによっては多少ずれますがそういうのは仕方ない。ちなみにEDCBのデフォルト録画開始マージンは10秒。

時間移動3の1810秒ってのはAT-Xの2話連続枠でクリップ分割用。2話目のステーションID付近にジャンプ。

時間移動4は録画マージンの頭を削った後、尻に飛ぶための物。1440=24分アニメ。最近のデジタル制作ものならほぼ時間のズレもなし。古めだと多少前後したりするのでちょっと手前の位置にしておいてシーンチェンジ検出を使うのが楽そう。ここは作品によって値が変動するため、よくいじる。編集画面から直接秒/フレーム数を変えられれば楽になるんだけどなぁ。

こんな設定で頭/尻の余白カットの流れとしては、
11.5秒ジャンプ、ステーションIDでシーンチェンジ検出、2秒ジャンプ、[クリック、1440秒ジャンプ、編集終了。
キー操作で言えば、G10、G17、G11、"["クリック、G12、"]"クリック、G15 で完了。10秒かからないです。

CTRL+SHIFT+[Q] 現在のフレームを開始フレームに設定 ( [ と同じ動作になる)
CTRL+SHIFT+[E] 現在のフレームを開始フレームに設定 ( [ と同じ動作になる)

を使って全てキーボード操作にしようとしたんですが、拡張キーが空いてなくて。今試験中であまり使わないキーを探り中。基本的に戻るキー(PageUp系)は割り当て要らないな、と思い中な今日この頃。そのうえでキー配列を一旦整理したいなと。ってか、ここまで決まった操作だとG510のマクロ一発で済ませたくなってきた。後々やっていこうかなとは思ってます。


あと、バージョンアップしたら多少不安定になった気がするんですが気のせいですかね。今までスマレン中にエラー出して止まることなんて見たことなかったんですが、何度かってか10回に1回位エラーが出る感じに。全く同じ設定でやり直すと通るので謎い。うちの環境の問題かもしれないしどこらへんが良くないのかあたりも付けられないのでまぁいつか何かのきっかけで安定したらいいなぁと思いつつ普通に使う所存。

テーマ:DTV - ジャンル:コンピュータ

地獄のHDD整理の巻

メインPCもサブPCもかなり環境が変わったのでHDD整理ですよ。ファイルというよりはパーティション整理というか。もはやキャッシュ用ドライブが必要ないので50-100GB位で切っていたパーティションを統合してまるっと使いたいなと。

だがしかし、新しいHDDは追加していないので、必死にファイル整理ですよ。まぁ容量的には99%録画ファイルですが。それを整理するには基本的に削除はしないので、エンコードなりスマートレンダリングしまくらねばならんわけで、これはわりとこまめにやっていたんですよ。それがやっとHDDの整理をつけるのに必要な位空いた感じですよ。

パーティション切り直しソフトは昔からあるのですが、どうも信用出来なくて。それからこれを期にフラグメント解消を狙う意味で一旦まっさらにしたいんですよ。容量食ってるとデフラグかけるよりコピーしなおしたほうが早いですからね。多分。よって愚直にやりますよ。

あっちのHDDにファイル移したけど抱えきれないのでそっちのHDDにもファイル移してドライブまるごと空けてボリューム作成、空いたHDDにファイル戻して空いた方のHDDを…とかやっていたのでかなり時間かかりましたよ。メインPCは時間がかかるだけでいつやってもいいんですが、録画機のほうが大変。録画していない隙を伺っての作業に。

が、最後の方はもう面倒になってきて、ちょっとくらい録画でHDD使っていても大丈夫さ! 問題ねぇ! こまけぇこたぁいいんだよ! みたいな精神で気にしませんでしたよ。どうせスカパープレミアムのデータ量なんてたかが知れてますから。さすがに10Mbps以下程度の書き込みができずドロップすることもあるめぇよ。実際エラー出てないので多分大丈夫。

録画機はSSD RAID 160GB、SSD 80GB x1、2TB HDD x2、RAMDISKという構成でキャッシュ系ファイルはRAMDISKかSSDに投げてしまうので、もうHDDでそういう系の用途には使うことはありません。多分。よって2TB(1.81TB)なHDDを100GB+1.71TBとかに分けていた分を解除して1つに。これをまるまるスカパープレミアム録画用HDDに。もう1つあるHDDは地上波/BSの録画専用。キャシュ用パーティションにいたVMwareもSSDに移動。その他ドライバやEDCBの録画ログみたいな雑多なファイル類も単体で使ってるSSDへ。おかげでかなりシンプルで素直な構成に。

思えばキャッシュ用とかにわざわざパーティション切ってたのってWindows95時代からの伝統というか癖みたいなもんだったかも。昔はスワップファイルとかテンポラリファイルでシステムドライブがフラグメンテーションを起こしやすくなるのを回避する意味で使ってました。が、今時はSSDのうえに大容量なRAMが載せられますからね。いい加減いらんよな、と。

でもまぁ小回りが効く雑多なファイルを起きやすいドライブもあればあったで便利ではあるんですけどね。ダウンロードしたファイルとか画像とか音楽とかわりと細かいファイルをてきとーに置く用。メインPCの方はそういう用途に1TBという微妙な容量の古いHDDをまるごとつかうことに。録画機の方はあまりいらないのでSSD単体ドライブにその役目を担ってもらおう。

あとは録画用のドライブレターも変更になったのでTvRockやEDCB、その他対象ドライブを使用しているソフトのパスを変更。これはつい最近やったばかりなのでスムーズに完了。多分。重要なTvRockやEDCBでの動作は確認したけど何かのソフトでは忘れてそうな気はする。が常駐ソフトじゃなければ別に問題あるめぇってことで。


ってなことで何日もかけてやっていた作業が終わってすっきりさわやかになりましたよ。特にスカパープレミアム録画用ドライブはまっさらな状態からですよ。長期間録画用HDDに使っていたし、以前はTvRock/EDCBで同じドライブを使っていた時があったしファイルの作成/削除も頻繁なので酷いもんですよ。試しにデフラグソフトで断片化率を見ると50%を軽く超えてましたよ。

TvRock用のドライブが今回の作業でスカパープレミアムで録画したファイルを押し付けられて大変なことになっていますが、地上波/BSはそんな録画するわけでもないので問題ない。そして500GB以上空いてるからしばらくは大丈夫さ。スカパープレミアムの録画ファイルも順次メインPCに移動させてやっつけていきますよ。

が、HDD不足の予感がしてきました。最終的に、エンコ/スマレンしたファイルを置いている3TBなHDDの空きがそれぞれ1TBしかないです。そして現在未処理のファイルはトータル4TB。処理すれば現状の空きドライブでも収まるような気もしますが、空きはほとんどなくなりそうな予感。よってHDDの追加時期かも。

円安傾向なのでどのPCパーツも値上がりしていますが、決算セールあたりを狙って3TBか4TBのHDDを買う方向でいってみようか。あわよくばグラフィックカードも欲しいです。が、VGAに関してはGeForce系が新しいやつの発表が近々ありそうな感じなのでそれを見てからでもいいかなと。慌てる乞食は貰いが少ないぜ!

WizMouseすばらしいの巻

ウィンドウが非アクティブであっても、カーソルを対象ウィンドウ上に持って行くとスクロールできる素敵なソフトがございます。今まで使っていたのはWheelPlus。大分長いことお世話になってきました。そりゃもう超素敵で、これが入っていないPCなんて触りたくもないレベルです。なぜOS標準の動作じゃないのかと思うくらい必須ですよ。

特にテキストエディターみたいのを複数開いてあちこち参照したりするなら有り無しで生産効率はダンチですよ。動画再生ソフトでも大抵ホイールは音量の上下が割り当てられていると思うのですが、いちいち動画再生ソフトをクリックせずともカーソルを持って行ってスクロールすればいいです。フルスクリーンならそのままスクロールです。フルスクリーンでも非アクティブウィンドウになってる場合もあるようなのでないと困ります。

しかし、Windows8にしてから効きが悪くなってきたようで。実のところ、Windows7 x64の時からちょいちょい効果がでないソフトがあって、でもまぁしょうがないか、くらいで諦めていたんですが、Windows8になってどーんと増えた感じ。さらに録画機をWindows7にして気がついたんですが、うちの環境ではTVTestの音量調整がWheelPlusでミスりまくり。これはいかん。だがWheelPlusは既に開発停止したようで更新も望めない。

よって新たな類似ソフトを探さねば、となったわけですよ。

まず試してみたのが、Wheel_Redirector。試したバージョンは1.7.4。がしかし、いまいちでした。Windows7だと多分大丈夫なのかもしれませんが、Windows8ではWheelPlusと同様、反応しないソフトが結構あります。オプション設定でどうにかなるのかもしれませんが、細かいところはみてません。

さらに探して、WizMouseベクターに紹介ページ的なのがありました。これは素晴らしげ。Windows7/8の両方で試していますが今のところ完璧に動作しております。機能的にはシンプルでオプションもあまりないのですが、カーソル下のスクロールができれば他は求めないのでむしろおっけーです。オプションは「WizMouse Enabled」と「Start with Windows」と「Re-hook WizMouse if mouse capture lost」がONのデフォルトのままでいいと思います。問題がなければこのまま使う所存。

よさげかと思ったら、何かのタイミングで効かなくなることがある? ってかあった。立ち上げし直しで直ったのか、「Run as Administrator」オプションを有効にしたのが効いたのか不明だけどしばらく様子見です。


ついでに別の用途ですが、秀CapsもWindows8で一部?効かなくなっていたので更新。新しいもの(hcaps910b1_x64_signed.exe)をいれるだけでOKだった。CapsLockとアンダーバーの変更くらいしか使ってませんが、それでもあるなしでは大分違いますよ。

冬だ雪だ受信障害だの巻

雪ですよ。しかも気温がそれほど低いわけじゃなく、ややベタ雪ですよ。衛星放送のアンテナ的には一番やっかいな感じの雪ですよ。だが俺様ちゃんにはスカパーから買ったアンテナカバーがある!

EDCBで受信状況確認。Signal値はSignalQuality(BonDriver_BDAのデフォルトはSignalStrength)。天気が良ければAT-X HDで90-91あたり。悪ければ80-82あたり。
20130207_P55_18.jpg
Signal:62.00
低い。なんてこった。ドロップエラーが出るほどではないものの危うい感じ。確かに雲も厚いし湿り気味の雪も降っているがそれだけではなさそう。アンテナを見てくる必要がありそうだ。

20130207_DSC_0012.jpg20130207_DSC_0013.jpg

20130207_DSC_0014.jpg
おまけでコンバーター部。汚い! だが問題はない!

アンテナカバーの効果は・・・うーん、微妙!

果てしなく微妙。そもそもアンテナが若干上向きなせい+カバーに折り目が付いているせいで雪や水が引っかかりやすい感じ? とはいえ、ビニールの折り目をなくすにはどうりゃいいんですか。雪のない時期になったらカバーの上に重しを置いてぺったんこになるようにしてみよう。

ただカバーと皿の間には空気の隙間があるから金属の皿に直接付かず凍りにくく雪・氷も落ちやすいんじゃないかなという気はしたりする。あと雪が払いやすいかな。ビニールをぱんぱんやれば大体落ちるし。

ああそういやアンテナ2つあるんだから片方のカバーを外してどのくらい有効なのかテストすりゃいいのか。だがめんどくせぇ!

雪を払ってきた後のSignal値。
20130207_P55_22.jpg
82まで回復。やっぱりアンテナカバー表面についていた雪と水が邪魔していたようだ。

おまけでこの時のSignalStrength(通常BonDriver_BDAの値はこちら)。
20130207_P55_21.jpg
76。天気が悪いせいかさすがに弱め。

そんなわけで、やはりアンテナカバーをつけたから安泰ということではないようだ。スカパーのアンテナカバーはあくまでお手軽にちょっとはマシになる、程度かなと。もっと効果を上げたければ電波を阻害せず撥水性のある素材で折り目のないカバーを自作するほうが効果も高く安上がりかもしれないと思ったり。思っただけですが。

そうこうしている間にまたSignal値が落ちて来ました。もう少ししたらまた払ってこないと…。




追記ですが多少調べたので折角だから他ページから移動してきた。

http://www.jstv.co.uk/hint/022.php
 Strengthはアンテナが接続されているだけで反応するため、この数値が低くても受信できる場合があります(Strength表示がないデコーダーもあり)。そのためQualityが受信状況の目安となります。Qualityは電波が受信されないと数値がゼロになるため、これが80%以上の表示になるまで、画面 を見ながら少しずつアンテナを手で上下左右に動かして調節していきます。

Thread: Signal Strength vs. Signal Quality
http://www.satelliteguys.us/threads/94085-Signal-Strength-vs-Signal-Quality
Hermitmanさんが良いこと言ってます。多分。

SignalStrengthは基本的にLNBの接続・稼働状況を示す値。

SignalQualityは衛星から受信した電波の品質。

みたいな感じのことを言っているような。つまり、SignalStrengthは主に物理的な接続状態を確認する為の値、SignalQualityは電波受信状態を示す値、って感じになるのかな。ドロップエラーを少なくすることを考えるならSignalQualityの方が果てしなく重要ということに。

天気が悪くなるとSignalStrengthもいくばくか下がりますが、悪天候で受信不能な状態でもAT-Xの1チューナー使用時でSignalStrengthは74dBとかそのあたりだったりしてた記憶。ただ74dBという数字だけで見れば4つのチューナーを開いた状態ならでる値で(チューナーを開くたびにSignalStrengthが低下していく)普通に受信できる数値でもあります。ここらへんがdB表示ってどうなってるのかよくわかんねーなーとか思ってました。

あと悪天候に関連してですが、アンテナに張り付くべた雪はどうしようもないとして、雨や雪より分厚い雲が原因な場合が多い気がする。ゲリラ豪雨でも大丈夫だけど昼でも外が薄暗い曇りでは受信不良、ってことがありましたので。まぁ場合によりけりですかね。

それからこれらのSignal値は指定したチャンネル(ってかトラポン?)毎で値が全然違いますので、AT-X HDでは90でもBBCワールドは75、CNNjは68とかそんな感じです。

ついでなので誰でも無料でみられるスカパープロモ(JCSAT4A-TP06 599ch)でチェックしてみた。
SignalStrength 85
SignalQuality 83

SignalQualityは天候等で受信障害が出た場合、露骨に大きく下がる感じ。アンテナを屋根からの雪で覆われた時はTBS6981の最低値であろう5dBになってた記憶も(アンテナ線を抜くと5dBと表示される)。

テーマ:DTV - ジャンル:コンピュータ

今日のトラブルの巻

現役マシンを2台とも変えたものだから日々トラブルに見舞われてますよ。


まずX79でWin8なメインマシンの方。何故かタスクバーからタスク?それぞれのアプリの枠?が消える。アプリ起動するとタスクバーに出るじゃないですか。アレが消える。対処法はタスクバーを右クリックして「タスクバーを固定する」を選択し、一旦解除すると正常に表示される。なんでしょうこれ。純粋なバグだろうけど。

Spinelと通したTVTestとTVH264_HDでLavFilters+madVRを使い、それぞれ立ち上げた場合、数秒後にディスプレイドライバの応答停止が発生する。片方をMicrosoft DTV-DVD Video Decoder/EVRにすると問題なし。またLavFilters+madVRなTVH264_HDを2つ立ち上げるとやっぱり応答停止が発生。ここらへんはどれが問題かというより、そういうものだということで、設定や運用面で妥協点を探っていくしか無い。まぁあまりメインPCの方ではTV見ないから今まで気づかなかっただけという説もあります。


録画/TV担当のP55でWin7なサブマシンの方。リネームや削除ができない問題。何でしょうか。SSDでもHDDでも発生。ファイル名を変えようとするとフリーのファイラーやエクスプローラーが応答しなくなる。特にエクスプローラーが応答停止すると最悪で、ログオンしなおし状態っぽい感じでEDCBが録画中だと強制終了するっぽい。先日発生した、ショートカットが消せない問題に似てそうな気がする。ファイルシステムまわりがおかしいんだろうか。たしかにシステムドライブ以外はXPからの引き継ぎだから何かどうにかなっている可能性はあるけど、システムドライブでもこの問題はおきたし。わけわからんす。これはかなり嫌な感じがするトラブル。何をどう対策していいのか全くわけわからんトラブルなので何かがどうにかなって二度と発生しなくなればいいんですけどね。

そしてEDCB。かなり不可思議で初見な現象なんですが、録画が終わらない。それなのにEpgTimerには「一部のみ録画が実行された可能性があります」。これは厄介。可能性としては、しばらく家を開けた場合この状態になったら最悪で、録画が終わらず全チューナー使い潰されてHDDにTSファイルがたまりまくりそう。ただし、途中で止めたので本当にそうなるか不明。原因が全く不明なので、EDCBが悪いかもわからず。誤った情報のEPGだった可能性もあるし。なんとも。二度と起こらないことを祈るしか無い。

さらにTVTest。というか、デコーダーかレンダラの問題なのかも。LavFilters + madVR/EVRなTVH264_HDが動いている状態で、Microsoft DTV-DVD Video Decoder+EVRなqonohaを再生するとどちらもがくがくする。Microsoft DTV-DVD Video Decoderの挙動が変わったんだろうか。ちょっと前に、IE7だか8だか9だか10だかのついでにDecoderも更新されたようで、そのあたりからちらほらトラブルの話を聞くような聞かないような。これも使いながらいい具合のラインを探っていくしか無い。

デコーダーを別の選択肢も用意して様子を見るために、ffdshowを入れましたよ。入れ忘れていたとも言う。LavFiltersよりいいかもしれない。どうせインターレース解除にYADIFを使えればいいので、どっちも大差ないかという考えも。TVTest系でffdshow+madVRを使うようにしたらqonohaでのTSファイル再生でもがくつかなくなりましたよ。これもどれがどうなっているかさっぱりわからんので、使っているうちに慣れていい具合の落とし所がわかってくるだろう、みたいな。


これらはトラブルには違いないのですが、どれも挙動を掴んで慣れれば運用で回避できる問題なので重大なことではないのですが、まぁ、めんどくせーなー。まじでー。みたいなー。チョベリバー。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

Windows7落ち着くの巻

単純にメインPC用のOSとして数年使っていたという理由が大きいとは思うのですが、Windows7落ち着くわー。しっくりくるわー。画面みやすいわー。半透明なウィンドウや縁の影って見た目じゃなく実用品だったんだなぁと心底思いますよ。

システム的なところもまだWindows7が使いやすい感じ。7ならRAIDしていてもIntel SSD Toolboxでtrimできますよ。ためしにやってみたら数秒で終わりましたよ。早くRAIDなWindows8でもやれるようにならないもんですかね。どうしてもやりたければWin7機に繋げばできるんでしょうけど、めんどい。きっとそのうち対応するさ的な。

XPの入っていたSSDはWindows7の安定稼働までしばらく保持するつもりでしたが、この様子なら大丈夫そうだ。10年使ってきたXPとはいよいよおさらばの日がきたようですよ。それからファームウェア更新とフォーマットしないと。

小一時間ほど録画が空いていたのでここらへんやりましたよ。

まずファームウェアの更新。消えていいものばかりだし一時的に使ってみたVMwareとTvRockのEPG類だけバックアップしてファーム更新。再起動。どうやらファイルも無事でファームウェアも更新された。めでたしめでたし。

次は中身を綺麗さっぱりにする。まずボリュームの削除。む、削除できん。と思ったらページファイル割り当ててたんだった。仮想メモリ解除して再起動してボリューム削除。こうなりゃSecure Eraseもやってみましたよ。ボリュームを削除してパーティションも何もない状態にしないとできないようです。実行してしまえばわりとすぐ終わりました。これできっと工場出荷状態並の綺麗サッパリ具合に違いありませんよきっと。

後はVMwareとTvRockのEPGファイルなんかをコピー。ってあるぇ?そういやTvRock起動してやがる! これは嫌な予感。TvRockを終了させてTvRockを起動させてみる。何か怒られてる。なんて怒られたかは忘れた。何かのバージョンが違いますとかなんとか。やられた。

だがしかし、EPG等が無い状態で一度起動してしまったのが問題だろうから、もう一度EPG類をコピーしてからTvRockを起動したら元に戻った。恐ろしい話ですよ。


で、Windows7な録画機ですが総じてXPより色々いい感じはします。XPと今時?な.NET Frameworkが相性悪いみたいで、起動後デスクトップがなかなか表示されなかったりしてたのがうざかったです。1-2分くらいかかるのでいくら起動ドライブがSSDだろうが台無しでしたよ。


ただ問題も。
単にXPの時と同じ設定でいいかと思ったらそうでもなかった。気がつけばTVTestでmadVRが使えなくなっていた。この環境では使えません的な。さっき設定いじった時によろしくないものにしちゃったかな。そういやデフォルトに戻すバッチファイル付いてきてたな。"restore default settings.bat"を実行。使えるようになった。やっぱりそういうことだったご様子。

それからよく見るとLavFiltersが何かいまいち。インターレース解除がぼろぼろ。どうやらLavFiltersの設定でDXVA2 (native)を選ぶとずたぼろ。素直にインターレース解除はYADIFで50/60pにしたほうがよさげ。。またはDXVA2(copy-back)でもわりと普通。むしろ負荷が低いのでこれがいいかも。そうしよう。ついでにDXVA2 (native)はレンダラがEVRの時専用らしい。しらんかった。が、DXVA2 (native)+EVRでもインターレース線目立つのでDXVA2(copy-back)で。って今思ったけどインターレース解除が重複してるのかも。あとでVGAの設定も含めて見なおそう。

あれだ、ちゃんと今の状態に合う設定にしろよ、ということで。

だがさらに別の問題が。EDCBの録画が変。指定時間過ぎても録画が止まらない。しかも一部のみ録画が実行された可能性とか言ってる。一部どころかよけいなものまで撮ってるのに。この録画してるEDCBいつか止まるんだろうか。いやぁ止まらんだろうなぁ。これはやっかいなトラブルを見てしまった感じ。今日は9本録画してこの1本がおかしいから完全におかしいわけじゃないだろうけどなんだかなー。とにかく使い続けて挙動を確かめないと。

それから、恒例のTBS6981の持病と思われる、初回オープン時のチューニングミスは健在だった。TVTestとか立ち上げた時、たまにドロップだらけが続くやつ。

まぁねぇ、単にOS変えただけだからOSに依存しない以前のトラブルも基本は引き継ぎだわな。その上でまだ環境が整っていないからしらばく色々ToLOVEる三昧だと思いますよ。ぶつかった拍子にパンツずり下げるくらいのハプニングは起きますよ。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

XFast Chargerってなんぞ?の巻

ASRock X79 Extreme9の説明書をぼんやり見ていたら、気になるものが。

ASRock XFast Charger

何でしょうか。どうやら対応USBポートにスマホとか接続するとBC1.1対応してるから充電が超早くなるぜクソッタレ共、的なことが書いてあります。多分。つーか、BC1.1ってなんだよ。

USBバッテリ充電の基礎:サバイバルガイド - Maxim Integrated
http://japan.maximintegrated.com/app-notes/index.mvp/id/4803

これもぼんやり読んだふりしただけですが、とにかくBC1.1はUSBから充電するための規格っぽい。


以下はX79 Extreme9の場合ですので詳しくはそれぞれのマザーボードの説明書で、ってことで。XFast Chargerはすべてのポートで対応しているわけではなく、指定されたポートのみらしい。

USB2.0は背面のPS/2ポートと同じ並びのUSBポート2つ。
USB3.0は…なんて言えばいいんだろ、簡単に言えばフロントパネル用のところのやつ。背面の3.0ポートは非対応っぽい。


んだば、どれくらい違うか実際にシャープのandroid携帯電話、SH-01Dを充電してみるべ、ということに。

Screenshot_2013-02-05-16-44-15_s.jpg
残量19%まで減らしてから充電。

比較対象として、以前の画像。手持ちの中では一番充電が速いモバイルブースターのACアダプター(5V/1A)直結方式。
20120109-024039_s.jpg

グラフの横軸幅が違うので、違った印象になってしまいましたが、どちらも大体2時間30分ほどで100%に。ってことはこのマザーボードから供給されるのも5V/1Aってことかな。って、SH-01Dの方のリミットかもしれないからそうとも言えないか。

だが少なくとも、普通のPCのUSBポートから充電するより速い。通常は5V/500mAなのでもっともっさりな曲線になります。これは便利かも。もっとも既に充電環境はかなり充実しているのですが、将来的にもきっと役に立つさ! 多分!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

Windows7インストールIIの巻

暇つぶし用。もちろん俺様の。Windows7インストール実況的な。そしてメモ。
がんばって今日中には録画機でWindows7がそれなりに稼働する状態にするぞー。


まずはドライブ関係のつなぎ変えとBIOSの設定。
3TBのHDDを持ってこようとしたけど頓挫。空けられなかった! そのかわりSSD3台+HDD2台体制にすることに。x2のRAID+単品で。単品の方はVMware用とか残したいキャッシュとかにしようかなと。そして録画用一時ドライブにするのもいいかなみたいな。


ってことで、OSだけ入れ終わったのでドライバインストール地獄の始まりですよ。まずはチップセットINF。まずはこれからだよねー、と。次にIRST。なんとく。そしてRADEONのドライバ…インストールして再起動したらmom.exeで.NET Frameworkがないと怒られた。入れてくれよ! まぁよい今は無視。

続いてLANとサウンドドライバ。恒例の固定IPアドレスを振ってLAN完了。ホームグループのパスみたいのでてきたけどなんだっけこれ。とりあえずメモって無視。サウンドはWindows7標準ので音がでるけどさっさと製造元のドライバを入れる。

ここらへんで.NETを入れないとエラーでうざくなってきた。x64な3.5、4.0、4.5をそれぞれインストール。っと、前もって4.5のFull版をダウンロードしていたつもりがネットワークインストール版だった。そりゃ実行ファイルが1MBもないんだから気づけよな! すみません。長いダウンロードが始まってしまった。しょんぼり。

この時間に他のことをやっつけよう。
UACもうざくなってきたのでコントロールパネルからUACで検索してOFFに。
ログインのパスワードもうざいのでDOS窓「control userpasswords2」からしかるべき措置を。

メモ。
デバイスマネージャーを見るとあと認識されていないものはUSB3ドライバとPT2とPX-TBS6981でほかは大丈夫なようだ。
ライセンス認証開始まであと2日。ってことは3日で自動認証されるのか。OSインストール時に立ち上がったら認証する的なチェックをONにしたような気もするが何だったんだろう。まぁよい。認証開始。成功しますた。

とかやっていたら.NET4.5が終わった。
次はVCのランタイム。これは以前まとめてとっておいたので、2005-2012までのものをぼんぼん突っ込んでいく。こまけぇこたぁいいんだよ!

残りのデバイスドライバをインストール。USB3完了。
続いてPT2ドライバインストール。PT2-Driver-210/PT1-PT2-SDK-210。お、署名がある。昔は苦労したのに素晴らしい。2つとも認識。
TBS6981。2.0.1.5(ドライバ自体は2.0.1.3ぽい)。署名で警告が出た。でも入れる。こちらも2つとも認識されたようだ。

再起動。.NETも入ったしさっきまであったエラーもなくなった。

ここらへんでWindowsエクスペリエンスインデックス。
プロセッサ:7.4
メモリ:7.6
グラフィックス:7.7
ゲーム用:7.7
ハードディスク:7.9
まぁCore i7 870だから仕方ない。もっともCPUで7.9取るのは厳しいらしいですけどね。

あ、カードリーダーのドライバ入れるの忘れてた。この手のUSBものはデバイス装着前にドライバ入れる作法なようなきがするのでそんな感じに。正常稼働っぽい。

さらに忘れてた。マウスのドライバ。長年使ってきたMX1100がいよいよチャタリングし放題でこりゃだめだとなってきました。よってG700に交換。だがしかし、このG700、去年ロジクールに交換してもらってそんなに使っていないのにもうチャタってますよ! どういうことだってばよ! 面倒だからもういいや。そんな酷いわけじゃないのでこのまま使うことにする。そしてダメになったら別のマウス買う。G700はゲームとかメインPCで使う分には文句ないんですが、電池の消耗が半端ないのでサブPC用にはちょっと面倒なんですよね。

今まで使っていたフリーウェア群のコピー。

TVH264_HDを起動。
H.264デコーダフィルタをフィルタグラフに追加できません。設定で有効なH.264デコーダが選択されているか確認してください。またレンダラを変えてみてください。
なんぞ。あ、GrabTsForBD.dllをシステムに登録していなかった。これなんだろうと思っていたけどそういうものだったのか。Spinel通した別PCではGrabTsForBD.dllが必要ないのでBonDriver_BDA.dllが使うものっぽい。
映った。

TVTestも動作確認。ついでにTVTestは完全に0.8.0系統一に。この数ヶ月十分テストはできてさしたる問題もないし0.7.23に対するメリットもある。でもまだ消さずディレクトリのケツに_oldとか付けてとっておくこの臆病っぷり。TVH264_HDはデコーダーにLAVFilters0.55.2、レンダラにmadVR0.85.8。でもTVTestはMS製デコーダーにEVRというお手軽系で。

とかなんとか閃乱カグラ見てる暇あったらWindows Updateしなきゃ。時間かかるんだから。ってことで開始。まずは448.5MBから。

その間に使いやすくするための設定まわり。右クリックメニューのレジストリ項目とかWheelPlusみたいな便利なソフト動かしたりとか。

さらにTVまわり。
Spinel。そのまま動作確認。
EDCB。ドライブ構成が変わった為、パスの変更をしないと。EDCBのディレクトリをgrepしてみて旧ドライブレターが使われているiniとtxtを直接変更。Common.ini、EpgTimerSrv.iniとEpgAutoAdd.txt、ManualAutoAdd.txt、Reserve.txtだったかな。恐る恐るEDCBやEpgTimerを起動してみたら多分大丈夫っぽい。

問題はTVRock。レジストリを使うし設定ファイルはMyDocumentsの下にあるしめんどくさそう。大体個人用設定のあるパスはXPでは"C:\Documents and Setting"だけど"C:\USERS"以下だし。そのままXPのレジストリをエクスポートしてWin7に持ってきたところで正常に動くわけがない。試しにXPでエクスポートしたregファイルをテキストエディターから編集してみることに。
DOCUMENT" = "D:\\CASHE\\tvrock"
に変えてみた。MyDocの下にあるのあまり好きじゃないしドライブも変えてみた。
録画の保存先もドライブ構成の都合で変更しなければならないので
"MOVIES"のパスを変更。

レジストリを登録してTvRockを起動してみた。だいたいよし。ただし、TVTestのパスを変え忘れていたのと各チューナーの録画保存先は古いままだった。見逃したか、MyDocにある方に設定があったんだろうか、はたまた値がバイナリで気が付かなかったのか。あとXPから7に変えたらフォントの都合でTvRockバーや予約リストの行間が開く感じに。まぁよし。

突然今の俺様用メモ。
DirectX
ActivePerl
ファイラー
ATOK2010
VMware
インストールしてない。

WindowsUpdateもダウンロードは終わり、インストール中。これまた長そう。オワタ。再起動。長い再起動。そしてまたWindowsUpdate確認。今度は67.4MB。よろしければどうぞ的なものはまだ手付かずなのでまだまだ続くよー。ってか、.net4.5のやつがまた入れなおし状態っぽい。めんどくせー。もはや重要なものだから単体で確保しておいて使いまわすよりWindowsUpdateに任せたほうがいいのかも。最新のものは。

ファイラーどうしよう。メインPCの方はAs/Rなんですが、ツリーの挙動がちょっと気に入らない。エクスプローラーからリストの方へファイルのドロップもできないし。(注:これはAs/R側だけに管理者権限を付与して実行していた為でOSの仕様、As/Rちゃん悪くない、無知な俺様ちゃん悪い)よって慣れたまめFile5 Second Editionにしよう。

Perlのインストール。うっかり拡張子plの関連付けしないでインストールしてしまった。おかげでテストで録画してみたTvRockの録画後にリネームスクリプトが起動失敗。まぁ起動の仕方を変えてもいいんだけど、素直に関連付けしておくのがスマートということでPerlの再インストールをして関連付け。再インストールしなくても普通に関連付けすればいいとは思うけど別のトラブルが起きたら面倒なので愚直に。

録画周りは整ったっぽい。このPCの本分は大体よさそうなのであとはてきとーに。

とか言ってたらトラブル発生。重大なことではないけどうざい事。昔のショートカットファイル(*.lnk)が消せない。ファイラーからも管理者権限からのコマンドプロンプトからも消せない。反応しない。プロパティも開けない。おそらくアクセスできない感じとおもいきや実行はできる。実行するとC:\WINDOWS\COMMAND\RamConf.batが開けないとか言い出す。なんでやねん!

そのlnkはかなり以前、Windows95時代の名残なパスにRAMDISK用バッチで起動時にディレクトリを作るためのもの。それは問題ないんだけど、問題は当時、C:\Windows\COMMANDというディレクトリに置いていて、その設定が残っているところっぽい。消せない。試しにC:\Windowsの下にCOMMANDディレクトリを作ってみた。消せない、変わらない。問題のlnkがあるところで新規テキストファイル作成、lnkと同じ名前で上書き保存作戦。何故かC:\Windows\COMMANDの方にファイルができた。どういうことだってばよ! これはかなりわけわからん状態。どうしたものか。どうにかすればどうにかできるとは思うんだけどどうしたものか。後回しにしておくか。とりあえずの回避策としてRAMDISK用のバッチファイルを違う名前に。後は知らないふり。

その後、再起動してエクスプローラーから普通に消せましたとさ。さっきのは何だったんだ!

VMware。以前のUbuntuをそのまま使えた。一応VMtools入れろよって出たけどマシン構成からCDドライブ外しているせいでインストールできなかったっぽい。以降何も言われず。まぁいいか。GUI使わないしターミナルエミュレーターでしかアクセスしないしあんま関係ないんじゃねみたいな。そもそも前回のインストール時に入れたじゃんかと。

RAMDISK。結局RAMDAをインストール。半分の8GBをRAMDISKに。旧システムドライブだったSSDを単体で補助的に使ってみてるせいでいよいよRAMDISKの方をどう使っていいものか状態。当面は普通にTEMP用。


作業開始から約6時間、ここらへんで飽きてきた!


ひとまずはPT2もTBS6981も視聴/録画できるし、VMwareも稼働しているし必要なことは全てできている状態なのであとはまったりやっていきますよ。


最後におまけ。
X25-M 80GB RADI0 ストライピングサイズ16KB
P55_3.jpg

RAMDA W3U1600HQ-8G/N XMP 1600MHz (物理メモリ)
P55_1.jpg

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

Windows7インストールの巻

小一時間ほど時間が開いたので、いてもたっても居られず録画機にWindows7をインストールしてみましたよ。というか、今インストールしてみていますよ。

基本的な情報。
マザーボード Gigabyte GA-P55-USB3
メモリー 8GB x2
SSD X25-M 80GB x2 RAID0 StripingSize=16KB
OS Windows7 Ultimate x64

まず、BIOSでどうしたものか。このボード、表示が何かわかりにくい。Intelのチップセット制御のSATAとGigabyteが独自搭載しているSATAが乗っているのですが、その区別が微妙で。どうやら、おそらく、eXtreme Hard Drive (XHD) (Gigabyteのコントローラーらしい)自体は無効にして、その下にあるPCH SATA Control Modeを有効(RAID(XHD))にするとP55自体のRAIDコントローラーを使うっぽい雰囲気。多分。わかりにくいです。

ってなことで、AHCIで使っていたものをRAID(XHD)をENABLEにして再起動。

その後、Ctrl+IでRAIDコントローラーに入って、RAID構築。今回はストライピングサイズは16KB。

さらに再起動してまたBIOSに入ってブートドライブの指定。USB-CD-ROMを第一ブートドライブにしたうえで、さっき作ったRAIDボリュームがHDDの中ではもっとも優先度を上げてまた再起動。

OSが無いと怒られた。なぜだ!

以前ASRock X79 EXtreme9でWindows8をインストールした際、何故かeSATA接続なBDドライブを認識してくれなかった為、USB接続にしてインストールしたのでUSBにしていたのですが、なんでしょう。USB-CD-ROMという指定がダメだったのか。でも折角だからeSATAにつなぎ替えてみるテスト。そしてブート順位の一覧をよくみたらドライブ名が。あるぇ?もしかしてUSB接続だった時もあったのかも。果てしなくそんな気がする。なんてこったい。

そのごはeSATA接続でも普通にインストールが進んだ。こうなるとX79の方はなぜeSATAで認識してくれなかったのか疑問だが、変態ASRockだからそういうこともあるのかなと思うことにする。

何にしろWindows7のインストールは進んでいますよ。現在Windowsふぁいるの展開中(70%)。まさに実況モードになってきた。

こんな時間かかったかなぁと思いつつ、そんなもんだったかもとも思ったり。ファイルのコピーとファイルの展開で20分くらいかかってますよ。あ、いや、スタート時間が曖昧だ。でも大体そんなあたりな気もしてくる。いやでも・・・。って昼から飲んでるからこのザマですよ。だって打ち上げがあったんですもん。仕方ないじゃないですか。もうぐだぐだですよ。それなのにOSのインストールとかしたくなったから仕方ないじゃないですか。

とか言っている間に最初の再起動。20分程度だとやっぱりこんなもんかな。ぼーっと見てたらそのまま進んでCD-ROMドライブのブート順位を落とすというか消すの忘れた。まぁいい。次の再起動でやろう。Windows7の方はインストールの最終処理の実行中に。

Windows7と言えば、非公式OSキャラの声が水樹奈々さんでしたが、今日の0時にやっていた東京エンカウントへゲストに来ていて面白かったですね。杉田さんが女性ゲストだとちょっとそわそわな感じになるあたりも面白かったです。こういう時は中村さんがいることが特に心強い。

とか言っていたら二回目の再起動。今度はちゃんとBIOSからSSDを最初に起動するようにしてほかは全部Disabled。酔っ払ってるけどちゃんとやってるよ!

再起動が立ち上がったらユーザー名とかPC名とかシリアル入れたりそんな。そしてデスクトップの準備をしていますとな。デスクトップが表示された。音も出た。とりあえず、セーフモード並の最低限の状態にはなったようだ。この状態でSSDの消費量は36.4GB。やっぱりXPより大分多いのね。と思ったけど、ハイバネーション用に無駄に確保されるものを解除していなかった。解除すると24.5GB。あとpagefile.sysが16GB取られているのでそれも解除というか別ドライブに。これで8.51GB。なんちゅー無駄領域を確保されまくり状態。

って何かドライブの並びが気に食わない。そういやXP時代に並びが気に食わないけど面倒だからOSから変えようか、とか、ドライブがエラー起こしてとっかえひっかえしてOSから並び順を指定したツケが今ここに。なんてこったい。

とかやっていたら次の録画が始まる20分前になったので今日のところはここまで。Win7を入れたSSDを外して元のSSDを装着してBIOSからAHCIに戻して再起動。元通りのXPに。

録画予定さえなければあと2時間やれたのに。録画はなんだよ、と思ったら幽遊白書だった。まぁ正直あとでいくらでも拾えるわな。が、まあいい。戻してしまったからには次に大分時間が取れる明日までおあずけ。

あ、そういえばXPのSSDに入っているEDCBとTvRockのEPG情報や録画情報は更新されてからまだコピー取ってなかった。明日は忘れずにやろう。忘れた所でどうにでもなるけど。

ああ、そういえばメインPCに持ってきている3TBのHDDを録画機に移そう。そうしよう。となると3TBのHDDを綺麗サッパリにしたいのだが、うーむ、2TB埋まってる。何とかできないかな。1TBくらいならともかく2TBだとできそうにない! 最近エンコやスマレンさぼってたツケがまわってきた。今から必死にやって明日までに空けられるかやってみるのでこんな駄文書いてる場合じゃない!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

Windows7インストールの段取りの巻

新メインPC事業と共にもう一つ大切な、録画機64bitOS化事業にやっととりかかりましたよ。新メインPCは新規だから少しでも手が空いてたら片手間にまったり作業できるのですが、録画はスケジュールがあるのでそういうわけにもいかず、さらにRAMの到着に時間がかかったとか、旧メインPCで使っていたSSDを徴発せねばならないとかあったのでなかなか手がだせていなかったのですが、いよいよですよ。

まずは旧PCでRAIDで使っていたSSDを外して新PCで綺麗さっぱりに。念のため、RAID BIOSでRAIDを解除してから、Windows8からパーティション確保、クイックフォーマット。その後Interl SSD ToolboxからSecure Erase。しようと思ったら、
Secure Erase機能はWindows8またはWindows Server2012に対応していません!
なんだとこのやろう。まじでIntelのSSD系ソフトの大体の機能はWindows8に対応していなことこの上ない。RAID組んでるとtrimできなかったりするし。仕方ないのでDefragglerで空き領域のデフラグ。これで大体綺麗さっぱり気味? よくわかんないけど。だいたいこんなじゃね。

あと、これらの作業をする前の段階で、SSD Toolboxに新しいファームウェアあるよと言われたので更新した。こういうタイミングじゃないとファームウェア更新なんてできない。

取り敢えずベンチとって具合を見てみる。

Intel SSDSA2M080G2GC (X25-M 80GB)
X79_164.png
まさに二昔前のSSDという感じだけどたしか買った当初大体こんなだったきがするので恐らく正常。問題なし。

そういえばドライブの容量が微妙に違う。同時に買ったシリアルも近い2台だけど。死んだセルの差なのかな。やっぱりSSDってそういうもんなんだなぁと思った。
X79_165.pngX79_166.png
79,889,952,768 bytes
79,891,001,344 bytes
1,048,576 bytes差

上の方が1MBほど多く減ってます。自分の過去記事を見るに、購入は2010/01/21あたりらしいので、まるまる3年以上使っていたようだ。もうそんなになってたか。時の流れは恐ろしいものですよ。

SSD ToolboxでSMART値を見ると、それぞれ
664.69GB
642.84GB
の書き込みが過去にあった模様。ちなみにドライブの正常性は「良」で、推定余寿命は100%です。


ただ、逆に考えれば3年以上、RAID0でシステムドライブに使っても損耗はこの程度、という考え方も。惜しむらくは、購入当初のディスクサイズが記録に残っていないこと。どのくらい減ってるんだろう。

Googleで画像検索してX25-M 80GBドライブのプロパティを公開している人を探してみたら一人しか見つからなくて、しかもどうやらSSDを使い始めてすぐってわけでは無さそうですが、
79,919,312,896 bytes
でした。うちのよりは損耗していないっぽい。

この人を基準にすると、うちのドライブ達は工場出荷状態より約30MB分ほどは減っている模様。ざっくり1年で10MB位のセルが死んだ勘定? 結構死んでるかとおもいきや1GB死ぬまでにも100年かかりそう。まぁ単純に時間と比例していくものでもないとは思うのですが、結構タフかなという印象。

さらにサブPCも同じSSD使っていることをやっと思い出した。
80,015,491,072 bytes
さらに損耗してなかった。製造時期の違いとかもあったりするのかな。前2つよりはちょっと後に買った記憶。

何にしろ、これは本当にSSDの損耗はあまりきにしなくてよさそうだ。それより早く性能の方が陳腐化してしまう。X25-Mだって今日日はすでに遅いなーという印象は拭えないし。もっとも使用した体感ではなくベンチマーク上のことですけどね。

実際、現在のメインマシンでは以前と違い、ProgramDataディレクトリもUSERSディレクトリも、全て普通にSSDへ配置していますよ。X25-Mの時は損耗以外で単に容量が80GBx2と微妙だからってのもあったんですけどね。240GBx2ならそこら辺も気にしなくていいだろう、ということで。

こうなりゃ今の状態を残しておく意味で現在のシステムドライブ。稼働から約1ヶ月。
Intel SSD 520 240GBx2 RAID0
X79_167.png
ドライブの書き込み量は238.91GBと239.66GB。


ってなことで、とりあえずOSを入れるドライブは用意できた。並行して必要になりそうなドライバ類もダウンロードしてきた。既存のXPが入っている録画機のシステムドライブなSSDはWindows7で落ち着くまでそのままだからバックアップは必要ないけど、とりあえず最重要なTV周りのものは念のため。

あとは録画の空き時間に一気に作業をするだけだ! 困ったことに、今スカパーは10日間?の無料放送中なので、大抵の番組タイトルに[無]が入ってしまい、EDCBの自動予約が既に録画したものも大量に予約を拾う事態に。だが無料放送を対象外にしてしまうと、無料なレギュラー放送も対象外になってしまって録画逃し事故が怖い。かといって手作業で確認するのもだるい。よってうまく空き時間がきたらそこでやっつける作戦。

予定では火曜日に5時間ほどの空きが。この時間でやっつけられればいいんだけど、経験上微妙かなとも。再起動が必要な作業だけ最初にやっつければ大丈夫かな。一番のネックは低速回線におけるWindows Update地獄なんだけどね。トータルで500MB分くらいのダウンロードはあるような気がするので、それだけでざっくり2時間はかかりそう。インストールとか再起動とかあるから実際はWindowsUpdateだけで3時間位はかかるような気もするけど。それまでに効率よくやっつけられるように準備を整えよう。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

SSDのベンチやってない気がするの巻

RAMDISKのベンチやったあとで思った。SSDのベンチマーク取ってないような、と。

ってことでやってみた。

SSDはIntel SSDSC2CW240A310 520 Series(520系で240GBのやつ)を2つのRAID0
ストライピングサイズは64KB

IRST(インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー)のバージョンは11.7.0.1013

ベンチはCrystalDiskMark 3.0.2 x64
テストデータはデフォルト(ランダム)

Windows8をインストールしてから1ヶ月、trimとかそういうのは何もしてない状態。Intel SSD Tool BoxはWin8でRAIDな環境だとそこら辺対応してないし。デフラグソフトでやればいいんだけど、まだいいやみたいな。


ライトバックキャッシュ無効(デフォルト)
X79_157.png

ライトバックキャッシュ有効
X79_158.png

おまけ。ライトバックキャッシュ有効 CrystalDiskMarkでテストデータをAll 0x00 (0Fill)
X79_159.png


ライトバックキャッシュを有効にすると4K Writeが大分伸びますね。それ以外は誤差みたいなもんかなと思ったり。体感上は…RAIDじゃなく単体で使っていても大差ないんじゃないですかね。SSDにでかいファイルをコピーすることもそうあるもんじゃないし。

ライトバックキャッシュを有効にするには、デバイスマネージャーからディスクドライブの項目にあるRAIDボリュームのプロパティを開き、ポリシーの「デバイスでWindowsによる書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする」にチェックを入れ、IRSTのボリュームの管理、詳細設定からライトバックキャッシュを有効に。


今にして思えば、ストライピングサイズは16KBあたりにしとくのが無難だったかなぁ、と何となく思ったり思わなかったり。4KのReadが低い気が。まぁなんでもいいか。どのくらい違うか分かりませんけど。ネットで他の人と似たような環境のベンチ結果を見るに、各項目の上下にそんな差があるわけじゃないし、妥当なところかなと。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

SoftPerfect RAM Diskを使ってみるの巻

SoftPerfect RAM Disk

録画機のRAM取り付けしたりした流れで、RAMDAがバージョンアップしていないかなと確認していたりしていたらSoftPerfect RAM DiskなるRAMDISKソフトを見つけたので、試しにメインPCの方に入れてみたんですよ。

特に制限とかなく個人利用ならフリーで使えて結構よさげであります。

よさげなところはドライブレターが空いている限り、いくつでもRAMDISKが作れるっぽい。そして起動時のディスクイメージ作成や稼働後のファイル自動保存とかも簡単にやれそう。がしかし、これらの機能はうちでは使い道が思いついていないのでわりとどうでもよかったり。

しかしちょいちょい気になることも。まずこのRAMDISKを使用すると、管理用?の常駐プログラムが稼働しタスクトレイに居座るのですが、これを終了することはできないようで。もし終了させるとRAMDISKが削除されるっぽい。そんな警告が出た。これはちょっとどうかなと。常駐プログラムが何かの理由でエラー落ちしたらその時はRAMDISKもリムーブされるのかな。間違って停止とか強制終了とかの事故もありえそう。

うちではRAMDISKは主にテンポラリ用として使うからそういうのはちょっと嫌な感じ。最初にRAMDISK作成したらあとはOS任せにしてくれた方がいいのに。とはいえ、ろくに調べないうえにちょろっとしか使っていないので常駐ソフト無しで稼働させることもできるのかもしれませんが、削除した今となっては不明、ということで。

そしてこれは自分のやり方が悪かったんじゃないかなとは思うんですが、SoftPerfect RAM Diskで作成したドライブをネットワーク共有する設定をしてOKすると即Windows8がブルースクリーンエラーに。何度かやってみたのですが、

KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED

IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
のエラーが毎回でました。

おそらくRAMDAを削除する前に共有設定をきちんと解除せずにアンインストールしたのが原因じゃないかなと思ったりするんですが、未確認。ドライブ名とか共有名がRAMDAの時とは別でもエラーだったから謎い。どうせならドライブレターも変えてテストしてみるべきだった。単純にバグだったり仕様だったりするのかもしれませんし。RAMDISKドライブのネットワーク共有はお手軽にPC間でコピーしあえるので重宝してますから、共有できないのは厳しいざます。

そしてすでにまたRAMDAを入れてしまいましたよ。RAMDAにこれといった不満があったわけではないので、やっぱりRAMDAでよし、みたいな。

以前使っていたバージョンのRAMDAは起動時にRAMDAMiniEye.exeでエラーが出ていたのでスタートアップから外していましたが、Ver1.4.1.1_130127ではエラーがでないっぽい。が、RAMDAMiniEye.exeはなくても何も不都合がなかったし、自動バックアップも使わないので、今回もスタートアップから排除。

ついでにRAMDAのシェアウェア版はまだ半額キャンペーン中だった。1/31までと思ったら2/14までっぽい。多分ベクタープロレジ大賞関係で伸びたよかん。うーむ、どうしよう。


それから折角なのでこの2つのRAMDISKソフトでそれぞれベンチマークをとってみた。

SoftPerfect RAM Disk 3.3.3
X79_154.png

RAMDA RAMDA_STD_Ver1.4.1.1_130127 (メモリの確保の仕方=物理メモリ)
X79_156.png


RAMDAの方がちょいと速かった。もっとも体感できるようなものでもないと思いますけどね。精々RAMDISK内でファイルコピーする時くらいですかね。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

RAM様がいらっしゃったの巻

アマゾンに注文していたRAM様がご到着しましたよ。1/10注文で2/1着。


またアフィ貼るのかお前は! 薄汚いネット乞食め! 否、言いがかりだ! そうさ! そしてまた1つ注文した!

ってことで、RAM様が来なさったからには装着してみましたよ。結論から言えば、P55チップセットでもちゃんと8GBモジュールなメモリーを認識してXMPの1600MHz設定でmemtest86+でもエラー無し、至って健常。よって、どう使うかはともかく、もう1つ頼んでみた次第。何に使うんだよとか疑問はひとまずおいとく。そしてまぁやっぱいいらんとなったらキャンセルすればいいだけさ。どうせ配達予定は1-2ヶ月だから、多分まるまる1ヶ月はかかるだろう、みたいな。

使用したマザーボードは、GIGABYTE GA-P55-USB3 rev2でCPUはCore i7 870。公式なマザーボード仕様的には4GBなRAMが4枚が最大搭載量ってことになっています。それに8GBのRAMが載るのか否か。そこら辺が懸案事項でしたが、8GBモジュールのRAMでもきちんと認識しているようです。
pc2013020201.jpg

そして、GA-P55-USB3の最大搭載量は32GBなのかも。
Memory Upgrades for Gigabyte GA-P55-USB3 Motherboard
ここによると最大は32GBいけそう。それからぐぐったところ、同じくP55系チップセットでも32GBいけたという話も複数見ました。こりゃ結構いけるんでね、みたいな。もし32GB認識してくれなかったらもう1セットAmazonに注文してX79なメインPCで64GBにする! 現在のX79マシンの設定の1868MHzで動くかはわかりませんが64GB載るなら1600MHzでもいいや。それはいいとして。


おまけ。

CPU-Z(1.62.0 x32)でのMemory/SPD情報。
02-02-2013153322.jpg
02-02-2013153317.jpg
XMP-1600とXMP-1868の設定が入っています。ただし1868MHz時は1.65V設定。そして1600MHzでしか使っていないので、1868MHzで動くかどうかは試していません。

ついでに古いCPU-Z(1.60x32)でSPD情報を見るとXMP-1778とか出ますが、SPDがどんな仕様なのか知らないので気にしないことに。
02-02-2013152426.jpg

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード