FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F接栓が抜けていただけだった!の巻

もうタイトルだけで言いたいことが言い終わった系ですよ。1チューナー映らなくなってチューナーこわれたーたいへんだーDigital Devices Cine S2買おうとか言っていたくせに。よくよくみたらF接栓が抜けかけてましたよ。馬鹿ですよ。

多分録画ミスしたログから察するに丁度モニターを設置するための作業していた歳に踏んづけたようで。EMM更新用にソニーのチューナーと分岐させてたケーブルを。で、ゆるゆる抜けかけ状態だったのでそのケーブルを使っていたチューナーが無反応になったと。

なんてこったですよ。Digital Devicesのチューナーわりと買う気満々だったのに。こうなると今じゃなくていいな感がどうしても出てしまう。モニターというデカブツも買ったし。どうせならセールやっていたはずなのでその時に買おうかなとなるわけですよ。もしくはユーロ安狙いとか。

全くおまぬけな話ですよ。
スポンサーサイト

どうやらチューナーが1つ逝ったらしいの巻

ディスプレイに続いてチューナーも何か逝ったっぽい。

とはいっても全然に壊れたとかじゃなく、TBS6981が2枚あるうちのどちらかの片側のチューナーが逝ったっぽくてそのイカレチューナーをEDCBで開きっぱなしにしておけばとりあえず録画ミスとかはないのですが…。アンテナケーブルつなぎ変えて駄目っ子チューナーを最後にしておき、EDCBの設定で3チューナーとして使う手もあるかな。まぁ、その状態でつかうのもなんかなーと。何かがっかりハイテクマシンな感じがどうにも。

ということで久々にDTV方面というかPCでTV方面の情報収集をしているのですが、だいぶ落ち着いた感というか使う人は使ってる感というかそんな感じですね。決してユーザー数は多くないというかたいして増加しているわけでもない感。まぁこのくらいがいいんでしょうね。あまりあれこれ厳密になっても面倒だし。単に手軽に録画してそのファイルを残したいだけなので。

で、ソフトウェア方面とかはあまり見てないのですが、まずはハードウェアということで前々から気になっていたDigital Devices製品。最近新製品のCine S2 V7Aが出たようで良さげだなーと。

DD Cine S2 V7A & DuoFlex S2 V4A
本家製品紹介ページ
http://www.digital-devices.eu/shop/en/tv-cards/complete-sets-with-4-tuners/288/4-tuner-tv-card-dvb-s/s2-fuer-pcie-set-dd-cine-s2-v7a-und-duoflex-s2-v4a

本家購入ページ €251.26
http://www.digital-devices.eu/shop/en/tv-cards/complete-sets-with-4-tuners/288/4-tuner-tv-card-dvb-s/s2-fuer-pcie-set-dd-cine-s2-v7a-und-duoflex-s2-v4a

買う気ではいるものの、まだちょっと調べ物ということで俺用リンク。

買うならDD Cine S2 V7A & DuoFlex S2 V4A のセットが4チューナーでよさげかなと。€251.26だと今は31,000円程。うーん高いっちゃ高いがまぁこんなもんかな。いいチューナー?乗っかってるみたいだし。まぁこんなところか。

とりあえずアカウントは登録してみた。DTM関連以外の海外通販でアカウント作るの久しぶりだな。アメリカのアニメショップでBD買ったぶりだな!

試しに買うマネしてみようとやってみた。Prices plus VAT and shipping costsのリンクが死んでるのか送料が表示されない。送料いくらなんだよ! PayPalの1クリック購入押してみたら価格表示なしで購入 or DIEだし。値段見せろよ! なんかPayPalの1クリック購入は価格が表示される店とされない店があって全部表示するようにしろよと常々思う。で、普通にproceed to checkout購入ページに進んでみたらちゃんといくらか表示されていた。

あとちなみにPayPalで購入する際は現地通貨払い設定にしておかないと為替手数料に4%取られますよ。現地通貨払いならクレジットカード会社で大抵は1.6%位かと。VISAで1.63%だった記憶。DTMやって身についた知識。でも改めて設定確認しようにも今その設定がどこにあるのかわからんのよね。デフォルトで現地通貨払いになってるからいいんだけど。もしこの設定はずれたらサポートに聞いてそうしてもらうよう設定してもらうつもり。ちなみにPayPalへの登録は名前と住所はアルファベット表記。というかアメリカ式というか。そうじゃないと購入先にいらぬ迷惑かけたりライセンスが文字化け起こしたりで面倒だたので。今は自分で変えられるか知らないけど、自分がやった時は名前の変更は理由を書き込んでサポートにメール送って変えてもらう形でしたよ。サポートへは日本語でおk。理由としては2bytes文字が含まれてると不都合が生じるから変えたいとか書いた記憶。

で、横道にそれたので軌道修正。Cine S2 V7Aを購入する場合のお値段。

DD Cine S2 V7A & DuoFlex S2 V4A €251.26
DHL International 5 €28.55 / UPS Express Saver €47.76
DHLなら合計 €279.81

うーん高い! まぁ仕方ない! ドイツから遥々来るんだからそのくらいかかるか。DHLで3500円くらいか。トータルで34,500円位。でもTBS Technologiesで同等であろう同じチューナー搭載機のTBS6908が$369.99、現在のドル建てで42,500円だからまぁいいところなのかな。やっぱりまだユーロが安い感じでお得感があるな。趣味でDTM始めて一番身についているのは為替感覚かもしれない…。DTMお得だな!

せっかくだからクーポンコードどっかに転がってないかなぁとぐぐってみたけど見つけられなかった。ついでにドイツのAmazonを覗いてみたけどV7Aがなかった。そのうえ最初アクセスした時に私はボットではありません的なやつやらされた。しょんぼり。割引無しで買うことに抵抗を覚えるようになってしまったのもDTM始めて身についた感覚だな…。DTM貧乏くさいな、って俺がだな。うん。スーパー行っても50%割引品が第一目標だしな!

あ、あとCine S2 V7Aを買うとすると電圧変更にあい工房のAK-1311FFも4つ必要になるな。ダイオード挟んで簡単に工作できるとはいうものの、プロが手作りしたものが確実できっといいな、と。正直よーわからんしな! あ、あとケーブル挟むからF接栓も買わないとな。まさに備忘録。書くことによって記憶が補強される的な面も。どうでもいいよ!

8チューナーにしてマルチスイッチ導入も考えたけどそこまではいらないかな。たまに1つ2つ録画がかぶることはあるけどCSは大抵どれかの日をずらせば良いことだしそれで済むと考えるとコストと手間がかかりすぎるし。

ってなことで後々故障確認したうえで気分が乗ってたらポチる!

買ったモニターのお詫びメールがきたの巻

4KディスプレイJAPANNEXT JN-VC490UHDを買いまして、今のところこれといったトラブルもなく使えております。目や首の動かし方もそれほど負担がないので慣れそうな感じ。

どうやらフリッカーフリーを謳っていたにもかかわらず実はそうじゃなかった、ということが発表され、返品、もしくは継続使用する人には1万円キャッシュバック、となったようです。

個人的には拘っていたところではなく、フリッカーフリーじゃなくても別にいいので貰っちゃっていいんですか、って感じなのですが、いただけるものはいただきますよ。はい。ということで使いますメール出しましたよ。メール自体はAmazonのマーケットプレイスに出店しているアキバプラスから来た感じです。まだどういったプロセスでキャッシュバックされるのかは分かりませんが、まぁいい塩梅にやっていただけるでしょう。

輝度最大のままならフリッカーは発生しないので、Desktop Lighterみたいなソフトウェアで輝度を落とせばいいという考えもあります。消費電力を考えると直接暗めにしたほうがいい気がしますけど。個人的にはモニター側で60まで輝度を落としてもフリッカーを感じないです。まぁ動画とか見たら気づきやすいのかな。気付くだけなら携帯のカメラ越しに画面見ればいいだけでブログ用の写真を撮った時に気付いたんですけど。

で、個人的にはメーカー側の対応はいい感じかなと思います。なんせ妥協できる範囲の事だし1万円だからな! このモニターが7万円で買えたと考えるとお安いなーと。まぁそんな何百台も売れてないでしょうから費用としても大したことはないと思うし赤字にはなってないんじゃないかなと。知らんけど。

ただやっぱり(多分どこかの大手メーカーが発注した余りであろう)パネル以外の作りは雑には感じます。是非もっと儲けていい製品を出して欲しいです。あとやっぱり会社情報とかきちんと出して身元をあきらかにしてほしいですね。あまりに謎すぎる。パネルの素性自体はわりとちゃんとしているんでしょうから情報をきちんと把握していて堅実な作りだったら人気商品になったでしょうに。勿体無い。っても大型PCディスプレイ自体マニア向け商品だろうから絶対数はそんなに出ないか。

あとは不具合おこさず長持ちしてほしいです。ディスプレイを修理するくらいなら新品買ったほうが安くなるだろうし捨てる手間を考えても超だるいしー。とにかく長生きしてくれ。

追記
Amazonマケプレで買ったのでAmazon経由で返金処理自体がなされたようです。告知、メール返信応答とかなりのハイペースで対応されたようで。土日なのに。実際に返金されるのはカード会社次第なので1ヶ月後とかが普通かなと。JAPANNEXTの対応は良いものだけど土日は休んでもいいと思うっすよ。社長だけがやってるんならそれでもいいですけど。客商売なのでいろいろですけど。個人的には…無理して根性でやってるのは高感度大幅アップですよ。そりゃそうですよ。スポ根好きだし。でもまぁ無理せずいいもの出してくださいな。終わってしまったら元も子もないし。

4Kディスプレイ JapanNext JN-VC490UHDご購入の巻

先に書いておきますが、ディスプレイとかパネルの知識はとんとないので専門的な事は書いてないです。一般人の漠然レビューあらため駄文でございます。前置きが長いのでこのモニター買おうかなどうしようかなと思ってる人は最後の方くらいしか役に立たないかもしれないです。

JapanNext JN-VC490UHD


4Kディスプレイは3年位前から欲しいなーとは思っていたものの、その当時はまだシャープが32インチ30万とかのを出したばかりでまぁ当分無理だなーとか思って暫く忘れておりました。どうせ買えねーよ、と。

時は流れて、現在…から1ヶ月前。メインディスプレイ、途中から録画機のディスプレイとして大変酷使してきた三菱RDT261WHの上側バックライトがご機嫌斜めになりついたりつかなかったり。画面の上側1/3位が暗くなる感じ。見えないわけじゃないんだけど。しばらくそのままつけておいて温まった頃?に電源入れ直せばわりと復活するという状態。バックライトがだめになりかけてるのかコンデンサーの劣化とかが考えられるのかなーと思ったりするけど原因不明。ただしもう10年位酷使しているのは間違いないので寿命であろう、と。

であれば、新しいディスプレイを買わねばなるまいな、と。色々調べたんですよ。雑に。そしたら時代はすっかり4Kディスプレイが安い世界になっておりまして。まぁそれは時代の流れとともにそうなっているであろうとは思っていたけど、最も驚いたのは全く知らんメーカーがかなり増えてて日本の有名メーカーが撤退したりぱっとしてなかったりする事。特に贔屓にしていた三菱がディスプレイ事業から撤退していた事。話自体はどっかでみかけていたけど贔屓メーカーがいなくなるのは寂しいし次どこの買えばいいんだよって感じで。三菱の画像エンジンはIOデータへと引き継がれたそうだけど。

DELLとかPHILIPSみたいな世界的大メーカーは健在なようで、ドット欠け交換保証やアフターサービス込みでわりと人気のようです。しかもそんな高くないし。グラフィッカーが買うようなハイエンドモデルは高いけど。普通に考えたらそういったメーカーのものを買ったほうがいいと思います。


そんな感じで今時のディスプレイ事情を調べつつ、現実的な欲しいラインを探っていったわけです。今回選定する方針としては、アップスケーリングとかせずに等倍表示、つまりFHDモニター4枚並べているつもりで使用する事です。必然的に40インチ以下は対象外となります。

となると、現在26-27インチのモニターを使用しているのでこれを前提とすると55型のモニターを買えば大体そのまま4枚分となりますし、購入した姉妹モデルで55型のJN-VC550UHDとかなりますが、仮にこのくらいかなーと寸法を測って妄想でモニターを設置してみるとさすがに55はでかすぎな予感がひしひしと。

機能面ではLEDの輝度調整を映像に反映させる的な技術(?)であるHDR対応パネルがいいなとか思っていたんですけど、どうやらまだ一部ハイエンドTVが対応しはじめた位っぽくて。そして2017年春のWindows10アップデートで対応するらしいとか。つまり完全に過渡期。しかも当分は簡易搭載。規格もはっきりしてないっぽい。となると今回はHDRは気にしなくていいかなと。そもそも映像情報としてHDR情報がなければいけないわけで、そういうBlu-ray買う予定もないしゲームもしないと思うのでいいや、と。HDRの仕組み自体は以前からそうすりゃいいのにと思っていたものなのでついにきたか、という感じではあるけど、自分の使い方と現状ではまだ気にしなくていいや、と。そもそもパネル側が勝手に判断してよさげにHDR的効果を付けてほしいんだけど。まぁそうなると物凄く細かいLEDバックライトが必要になって非現実的か。知らんけど。

あと特に気をつけなければいけない接続規格。4Kで60Hzで接続となるとDisplayPort1.2かHDMI2.0になるようですがこのバージョンがめんどくせー感を醸しまくり。さらに著作権保護に関する規格でHDCP2.2。これに対応していないとPS4は駄目っぽい。PS4ちょっと欲しいんですよってのはいいとして。正直な所、こういったところをそれなりに理解しているのは仕事でもなければPCオタクくらいなもんだと思うんですよ。もっとシンプルにならないですかね。そこら辺を考えると4Kっていまだに過渡期なんだなと思ったりもします。
パネルについてはTNはきついかなーくらいで。とはいえ、メインモニターは三菱RDT271WLMというTNパネルなんですけどね。正直、IPS系がいいかなと思ったりするけど何でもいいかなとも。そんなにこだわりはないです。JN-VC490UHDはSVAとのことで多分TV用として製造されたパネルなんでしょうね。

そして大型モニターを調べていると至近距離で使うとなると、どうやら端の方が見えにくい感じらしい。となれば曲面がいいなーとなり、総合的に勘案してJN-VC490UHDがいいなーとなったわけです。


それにしても今回購入したJN-VC490UHDのメーカー、JapanNextなる会社、本当によくわかりません。一体何者でしょうか。

とりあえずトップはベッカー サムエルさんらしい。名前でぐぐるとアキバ電気という店をやっていた?らしい。価格表示ミスでしくじった事があるっぽい。まぁこれは仕方ないな。Amazonでのアキバプラスってマケプレ出店名はこれの後継ってことなのかな。まぁ正直会社としては何か不備を感じなくもないけど、とりあえずは真っ当に商売しているっぽい気配。って俺何様だよ! 俺様だよ!

そしてアウトレットのログインページを見てみると何故かIDとパスワードが入力済み。どう見ても俺様ちゃんが使うID。が覚えが全くない。ブラウザのパスワード管理設定を見ると2015年の秋に登録したことになってる…DTMはじめたあたりだ…。パスワードをあさってみたらどうやらアカウントを作った事があるディリゲントという音楽方面のお店の販売サイトと同じサーバーが使われているようだ。紛らわしい! 多分ほかでも使われているであろうから会員登録した覚えがないのにIDとか入力済みだった場合はそういうことっぽい。

そんな謎メーカーですが、興味がそそられたので買ってみようと思った次第。完全に推測ですが、TVメーカーやパネルメーカーで余ったパネルを買ってきてどこかの工場で製品に仕立てる感じじゃなかろうかと推測しております。パネル以外の作りがまさに必要最小限って感じだし。スペック的にはよさげだしパネルは多分大手TVメーカーあたりが発注したものであろうと推測して買ってみた次第ですよ。



ここまでが前置き! なげーよ馬鹿野郎!



購入について。私はAmazonで買いました。本家で買っても結果的に同じ値段のようですが、クレジットカード的にAmazonの方が楽かなーと。そいやこのディスプレイ、発売日前までは2万円引きという触れ込みでしたが現在でも2万円引きで売られています。多分恐らくですが、これはよほど爆発的に売れない限りは仕入れられたパネルの分しか作らない・作れないと思うし、そもそも作った分は売り切る事が前提だと思うのでこれが事実上の定価ではなかろうかと。79,970円+送料2000円。でした。とか書いて念のためAmazon見たら3000円上がってた。釣り効果でそこそこ売れたのかな。俺も釣られた一人だけどな!


配送について。私が受け取ったわけではないのでどこが運んできたのかは分かりませんが、多分クロネコヤマトでしょう。しかし、伝票番号が間違っているのか入力ミスなのか不明ですが、Amazonでは輸送中、クロネコの追跡サービスではそんな番号はねーよと言われます。おかげでまだこねーだろと部屋の掃除サボってるすきに来たもんだから無駄に疲れた。


設置組み立てについて。
ってか梱包箱でけぇ。まじでけぇ。部屋に入れられるかちょっと悩んだレベル。あと重い。箱状態で24kgらしい。重さとしてはまぁそんなでもないけど、一人で作業する場合はでかいからかなり抱え込んで持つことに。できれば友人知人家族に手伝ってもらった方が捗ります。一人でやったけどな! ひとりでできるもん! 一人でも戦争はできる! 小野田さん! 言いたくなっただけです。

特に最大の鬼門は箱から出すところとスタンドの取り付け。一人で作業する場合、箱から出すのは根性で。そしてスタンドの取り付けはモニターを床に置いて下側に積み重ねた本とか台を置いて浮かせてスタンドをネジ止めする事になると思うのですが、これもうちょっとなんとかできなかったんですかね。変に力がかかってパネル痛めるのも嫌だなぁと思い布団の上で作業しましたよ。

大きくもない+ネジを片側3本計6本でスタンドと本体を固定するわけですが、心もとないったらありゃしない。地震とかで揺らされ続けたらいつか緩んで脱落してもおかしくない。そもそも震度5くらいの地震が発生したら前後に倒れる可能性は十分あると思う。でも本体約20kgに対応するアームがあるのかどうかも調べてないし現状では暫く付属スタンドを使わざるを得ないのでこれで諦める。

そしてマニュアルによるとスタンドの下には薄い布をしけと書いてありますが、これはスタンドの精度をごまかすためでしょう。接地面が水平になっていません。かくつきます。多分ここをJapanNextというか依頼した会社が作った部分なんでしょうね。妄想だけど。とはいえ、モニターの重量があるので超不安定とかはないと思うのですが、やはり心もとないのは確か。あ、あとスタンドの下には滑り止めのゴムみたいのがついてますがあれがすぐ剥がれる。むしろどうやってくっついてたのか謎なくらい取れる。あまりに雑すぎる。

スタンドに関しては、ネジ止めしているわけなので高さ調整角度調整とかはできません。角度調整できないのは本当に不便。現状、スタンドの前方に1cm位の厚さのハードカバーの本を挟んでる有様。まぁよさげなポジションが確定するまでの暫定処置ではありますが。


設置する台について。画面上端が座った状態の目線よりあまり高くなると多分疲れる気がします。基本的には下に見るというか見下ろす感じが見やすいであろうとは思いますので。とはいえ、画面上端が目線と同じくらいだと画面下端が見辛い。ちょうどいいポジションを探るにはいろいろ試さないといけない気配。


曲面パネルについて。わりと至近距離で使用するので曲面がいいのかなーと思って曲面買ったのですが、まぁたしかに端っこの方は平面より見やすいのかもしれない。とはいえそんな深いカーブで曲がっているわけではなくやんわりはんなり曲がっているのでどれ位違いがあるのか分かりません。そもそも49インチの平面ディスプレイ使ったことないしな。でも悪くないとは思います。


PCとの接続について。付属しているケーブルはHDMIなのですが、うちのGeForce GTX 680で4K映像を60Hzで出力するにはDisplayPortを使用しなければならないので別途DPケーブルを買う必要があります。

AINEX DisplayPortケーブル AMC-DP1230

長さは3m。問題なく接続されていると思います。ヨドバシで買いましたけど。

ついでに今更な事で誰も求めていない情報でしょうけど、GTX680はDisplayPort接続した4KではH.265のデコード補助をする的な文言を過去にどこかで見た事があるのですが、そんなことはないっぽい。CPUの負荷と映像のかくつき的にはHDMI接続で4K動画を見たときと同じ感じ。

そしてGTX680での色差ですが、4:4:4ではなく4:2:0?4:2:2?だったと思います。世代的に仕方ない。ぶっちゃけよくわからんけどな! 間引いて楽してんだろ! 新しいVGA買えよって話です。


付属品について。しょぼいスタンド、取り付けネジ、HDMIケーブル(1.8m、袋にHigh SpeedとはあるもののHDMI2.0とか対応規格の文言は無し。あ、ROHSは書いてる。)、リモコン+単4電池2本とあまり中身のない変な日本語マニュアルがついてきます。どうせならマニュアルはPDFでDLできるようにすればいいのに。できるかどうか確認もしてないけどな!

JN-VC490UHD-man.jpg
他人のこと言えた義理じゃないけど、だがさすがにマニュアルの表紙くらい誤字確認しろよと言わざるをえない。局面LEDモニター。


スピーカーについて。しょぼい。箱の中でしゃべってるのかよという感じ。常にリバーブがかかってるような。昔のラジカセみたいな音はいいとしてなんでこんな残響入ってるんだろ。音が出りゃいいや用。Windows10の場合、タスクバーのスピーカーアイコン右クリックから再生デバイスを選択し、UHD-DP-8というものを無効にして他を使えばよし。


消費電力について。画面設定の明るさで露骨に消費電力が変動します。サンワサプライのワットチェッカーをコンセントに挟んで計測。雑に小数点は四捨五入。多分表示している色次第とかもあるのかな。まぁよくわからんけど同じ画面でってことで。デフォルト設定である明るさ100で92-95Wあたり。以下ざっと明るさ設定値とワット数。

明るさ20 50W
明るさ50 65W
明るさ60 70W
明るさ70 75W
明るさ80 82W
明るさ90 87W
明るさ100 95W

使用したワットチェッカーはこちらのTAP-TST8

実際使用している消費電力が目に見えるのは色々便利ですね。

それはいいとして、そもそもの事として明るさ100だとちょっとまぶしく感じます。そしてハーフグレアパネルなので、っていうか、ハーフってなんだよ、と思うのですが、要は映り込みはばっちりです。バックが黒いと画面に馬鹿面が反射して映ってしまいます。輪郭分かるほどがっつり見えるわけではないけどばっちり見えます。よってできれば照明なしを基本にしたいなぁという感じはします。

で、電気消してる状態なら20でも大丈夫に感じます。そこから下はさすがにちょっときついかな。照明つけてる状態でも70は違和感ないです。50でもいいくらい。

ただし、明るさを100から下げるとフリッカーが発生します。フリッカーフリー謳ってた気がしますそうじゃないです。普通に出ますよ。ココらへんからもJapanNextはその程度なんだなぁとおもったりします。個人的にはこだわるポイントじゃないので返品だとかはなりませんが。

追記
フリッカーフリー誤記について謝罪があり、返品 or 1万円キャッシュバックがすぐ発表されました。返金も次の日に行われたかなりのスピードっぷり。やる気自体はあるようで好感度はあがります。ゆるっと。が、やっぱりマニュアルの誤字とか含めいろいろ脇甘いっすよ。甘々っすよ。希少糖っすよ。言いたくなっただけですよ。


設置したの図。
DSC_0061.jpg
キーボード正面がJN-VC490UHD、右側が27インチの三菱RDT271WLM。

何が良さげって、広いディスプレイはDTM方面によさげかなーと。Cubaseに限らないとおもうのですが、ミキサー画面は常時表示しておきたいけど、FHD程度じゃそうもいかずマルチモニターにしたいなぁと思っておりました。正面画面の右下がデフォルト表示のミキサーウィンドウ、中央あたりのミキサーにかぶさってるのがMIDIノート打ち込みウィンドウでこれらがFHDよりちょい小さいくらい、、左下のウィンドウはu-heのHive100%設定表示、中央下の小さいのがWAVES L2です。

4K映像。
DSC_0021.jpg
スカパープレミアムのChannel 4Kで放送されたアリスの2013年ライヴ。PCの性能の問題で映像情報量が増えるとわりとかくつく。H.265恐るべし。今時のコンシューマCPUとかVGAならデコード支援あるんだろうけど。


それにしてもAmazonの商品ページのレビュー評価酷いなー。初期不良引いたらそうなるわなって感じだけど。中々のギャンブルだな。さすがにレビュー書いてる人の位だと初期不良で交換扱いになるとと思うけど再梱包と送り出しとかめんどくせーったらありゃしないわな。またそんな何百台何千台もでているとは思えないのでそれだけ不良品率高いということになるんでしょうね。うちのは今のところ何の問題もなくかどうしておりドット欠けも多分ないと思います。少なくとも気がつくものはないというか。むしろあっても気づきたくない。バブル期に買い込んだ絵画の真偽判定みたいな。なんだそりゃ。


とか書いてるうちに眠くなってまいりました。体力が尽きたというか。またJN-VC490UHDについて気が向いたら書きたいと思います。はやりモニターみたいなデバイスのレビューは時間による慣れとかそういう要素もあると思うので。そもそも大して玉数でないであろうモニターの事なんて需要ないだろうけどな!

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。