Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ直った気がするの巻

この数日間、ほぼ車(ホンダ CE1)のエアコンの基盤関連のことをしておりました。壊れたマザーボードを使ってのハンダ吸い取りとかハンダ付けしたり。

2014112101.jpg
元は固形か液体かよくわからん(液体だけど)ものだったのを見た目的にあからさまな液体コンデンサに取り替えたらオリジナルよりすげー古い基盤な感じの見た目に。でもがんばった。

だって割と簡素なプリント基板でもこういうのにハンダ付けしたことないし。いや、思い起こせば中学の技術の時間に…あったようなないような。何かはあったかな…。そういう点では当時存在意義の分からなかった技術の授業って意外と役に立ってるな。カンナのかけ方とか。いや、技術の時間以外は1度しかやってないがな! あ、でもノミは2回くらい使ってるし、ハンダ付けだって技術の時間でやったからこそ当時PCエンジンのヒューズ交換とかやれたわけだし、やっぱり意外と役に立ってる。ま、本業が科学の先生が担当だったがな! でも各ジャンル的に考えてもそこまで遠くないな。うん。

ってなことで、冬を前に車のエアコン(ってかファン制御、即ちヒーター関連込み)が故障してどうしようと明け暮れていたものの何とかなって良かった、って感じですよ。

なんせ基盤をよく見ると9個のコンデンサ中7個のコンデンサがあからさまな液漏れ。そして基板の腐食。パターンも剥がれかけているところがあったり。なんてこったい。

学んだことは、液漏れしたところはきちんと綺麗にしないといかんということ。無水アルコールで綺麗にするべき。買ってくるのめんどくせーからジッポーオイルをちり紙に付けてピンセットで摘んで拭いていたがな! ナフサが大丈夫なのかは知らん! とりあえず掃除をきちんとやらなかったせいでコンデンサの全取替しても期待通りの挙動をせず、ファンコントロールがきかなかった模様。

そんなこんなで古いコンデンサから漏れでた電解液で腐食した基盤を綺麗にしたら期待通りの動作をするようになった。きっとどこかで汚れが短絡して動作不良を起こしていたんだろう。きっちり綺麗にするべき。

あと思った。


はんだこて。温度調整できる50Wのものを買ったらすげー使いやすい。特にハンダを吸う時。23Wの精密基板用を謳う安物こてだとパワー不足でどうにもならなかった。ハンダ吸う時は高めの温度設定(470度)でさくっと、ハンダ付けする時は低め(320度)でやってみた。素人だけどな!

ピンセット重要。ハンダ付けする際にコンデンサの足を掴んでいるとヒートクリップと同様の役目を果たし、加熱からの保護をしてくれそう。きっと手練には常識どころかもっといい方法あるよ、って感じのことなんだろうけど。なんせ素人なもんで。

他にもこの際揃えちゃえと、ニッパーとかラジオペンチとかも買ったけどそれなりに活躍。あ、こて台も買った。あれのおかげで今回はやけどせずにすんだ。

基盤も傷んでるし、ハンダ付けがへっぽこすぎてコンデンサがはずれたりしてまたやり直すことのないことを祈っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tara765.blog107.fc2.com/tb.php/1542-3c5d9980

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。