Latest Entries

C-C-Bのドラム音源を買ったの巻

結局、説明するのに一番わかりやすいのは、ロマンティックが止まらないのドラムの音って言うのが簡潔だな、でお馴染みのSIMMONS SDS-VなるシンセドラムのVSTiプラグイン、VSDS-X買ってみました。

2014-12-07-225102.jpg

作者のサンプル曲。
https://soundcloud.com/alyjameslab/vsdsx-vst-simmons-sdsv-demo-vinyl-reproduced-for-fun

SDSVの音なんてサンプリング音源でたくさんあるだろうって? 違うんだ! 音を弄りたいんだ! せいぜいエフェクトをかけるとかじゃない、本物に近いものが欲しかったんだ! 本物はドラム叩けないので無理ですけど。

VSDSXは多分、エミュレーターって言い方でいいと思う。つまり、ハードウェアをソフトウェア的に模倣したもの。実機を持っていないし知識もないので違いは分からないけど、バス、スネア、タムH/M/L、ハイハット、シンバルとそれぞれの音を調整することができます。たしかアラレちゃんのOPの出だしのぽこぽこぴゅんぴゅんしてる音もSDS-Vなんだっけ? そういう音も作れます。

まぁ基本的には見事な80年代の音って感じです。一時期は洋楽邦楽問わずドラムといえばこの音だらけでしたね。有名曲を挙げるにしても枚挙にいとまがないというか。そのせいか90年頃には淘汰された印象はありますが、今でもダンス系音楽?の素材としては現役だとは思います。

ってか、要はC-C-Bのドラムです。ロマンチックが止まりませんよ。個人的にはBonnie TylerのHolding Out for a Hero。又は麻倉未稀のヒーロー。スクール☆ウォーズでもいいぞ! 曲頭のタム連打でぐらっときますよ。

そんな素敵な音の入手先はこちらになります。
http://www.alyjameslab.com/alyjameslabvsdsx.html

多分個人でやってる人で、シェアウェア(寄付ウェア)です。最低は15ユーロなので現状の相場ではPayPal+クレジットカード手数料込みで2500円くらいになるんでしょうか。20ユーロ払ってみたら3080円でした。

ただ、日本円からユーロへはPayPalの寄付システムの関係で使用できない為、一度作者のAly Jamesさんにメールを送って寄付の意思を伝えると、PayPalから振り込む時用のメールアドレスを記したメールが送られてきます。そしてPayPalからそのメールアドレスへ送金する、という流れになってます。

英語はgoogle翻訳でなんとか。ってか、
I want VSDSX!
ってだけのメールでも意思が伝わると思うです。

http://www.alyjameslab.com/vsdsx_donate.html
日本からの問い合わせがそれなりにあるのか、下の方に「IF FROM JAPAN SEND AN EMAIL TO」とANIMEな画像付きで案内されております。

また、一般的なシェアウェアと違い、ダウンロードしたものに後からシリアルなどを入力したりネット認証するわけではありません。寄付が確認されるとAJさんがコンパイルするところからやります。何故ならばソフトのaboutを見るとレジスト対象者に直接俺様ちゃんの名前が入っていたんですよ。ファイル本体の作成日もできたてほやほやです。

ここで思った。俺PayPalの登録が日本語そのままだったな、と。即ち、アルファベット名無しのはず。ということは無駄に翻訳したり調べさせてしまった予感。何故ならばちょっと名前間違えてる。AJ、すまんかった。だが発音的には合ってるからOKだ!

つまり、PayPalは日本語を使わずすべてアルファベットで登録するのが良さそう。そもそも国内用には使うことは多分ないし。しかしPayPalはアカウント作成時に登録した名前は変更できないのね。よって、アルファベット名にしたい場合はアカウントを取り直す必要がありそうでどうしたものか。うーん、あとで取り直そうかな。でも結局都道府県名は漢字混ざっちゃいそうな予感も。

で、送金すると3日以内に送ると言われるのですが、うちの場合は5日でした。うん。まぁこまけぇこたぁ気にするな! ってか、3日過ぎても来ないから、もしかしてメールに添付して送ったけど失敗したのかなとか思って。で、やりとりしてるメールボックスは5MBだからもし添付するならgmailのアカウントのほうに、とかいうメールだしたりしましたが、ノープロブレム、ダウンロード方式だ、そして今夜送る予定だぜ、とのことで、単に忙しかっただけっぽい。

ダウンロードは彼のサーバーにファイル名へ対象者の名前を含めたものがひっそり置かれ、それのURLを教えてもらうことにより直接ダウンロードする形になります。そして、サーバーの容量的なことや(多分両手ぶらりのノーガードでファイルが置かれているためセキュリティ的なことから)、ダウンロードが終わったら削除するからメールで教えてね、という感じのようです。またメールがきてから48時間で削除するとも。

インストールは、DAWのプラグインフォルダとして認識されるところへコピーすればOK。多分。Cubaseなら
C:\Program Files\Steinberg\Cubase 8\VSTPlugins
あたりへVSDSX.dllとVSDSXフォルダを放り込めばいいと思います。あ、Cubase Pro 8にアップグレードしました。1万円だったので。糞回線だとダウンロードだるいからパッケージ版まとうとしてみたものの、YAMAHAに問い合わせたらパッケージ版を出す予定が無いって言うし。ってそれはおいといて。VSDSXはCubase Pro 8でも動いてますよっと。

また、スタンドアロンでも動作します。MIDI機器からの入力やASIOも対応しています。よって、ドラム型のMIDIコントローラーがあれば接続して使うことができそう。って、MIDIドラムってあるのかな。ただのパッドじゃなくドラムセット的なやつ。そいや見たことないな。

2014-12-07-225106.jpg
プリセット。あくまでシンセサイザーなので(方向性は決まっているものの)いろんな音が作れます。多分、有名バンドで使われていた音っぽい設定なのかな。まぁ一番落ち着くのはデフォであろうFACTORY系の音ですけど。

で、これが楽しいの。まじ楽しいの。CCBみたいにタム連打してちゅくちゅん言わせまくりですよ。どのくらい楽しかったかといえばこのドシロウトの俺様ちゃんが1日で曲をでっちあげるくらい。1ヶ月たっても完成しそうにない曲を複数抱えているこの俺様ちゃんが。やっぱりモチベーションって大事だね。うん。


そのでっちあげたうんこみたいなインスト曲ですが、使用音源はVSDS-Xは当然として、UVI Digital SynsationsというKORGのmicroKEYのおまけでもらった90年頃の懐かしシンセ縛り。YAMAHA SY77、KORG M1、Ensoniq VFX、Roland D-50。当時のスターシンセ勢揃いですよ! もう25年も前になるのか。恐ろしい話ですよ。

うんこ曲の説明として、主旋律らしきものはSY77、コードで白玉系がD-50、アルペジオがM1、ベースとベルっぽいのがVFX。本当はVFXでオーケストラヒットをじゃんじゃんやろうとしたんだけど、なじませられる曲にならなかった。しょんぼり。ドラムがSDSVだと、どっちかといえばDX7(をエミュレートしたDexed)とかの方が食い合せがいいとは思うけど、音作る技術がなかったのです。はい。

ってか主旋律がひどい。うん。後にミクさんに歌ってもらおうかとも思いながら作ってみたけど、多少なりとも修正しないと歌詞載せたら酷い感じになりそう。ま、何もかも酷くて素晴らしいのは音色だけだがな! あと制作中にヘッドホンから聞こえてる音とかなり違うもんだなぁ。びっくりする。ほんまモンの素人さんなのでもし聞いていただいた人がいるのならありがとうございます、そしてすみませんでした、と。

それはともかく、この素敵なドラム音源VSDS-Xはたったの15ユーロ! キミもゲットして80年代の世界に浸ろう!
と、セールスしたくなるくらい素晴らしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tara765.blog107.fc2.com/tb.php/1545-cc62a244

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード