Latest Entries

俺BEST BUY 2014の巻

何となくここ数年書いてきたような気がするので、頼まれてもいないのにある種、強迫観念のようになってきたようなこないような、俺BEST BUY 2014でございます。今年買った様々なものにどのくらいよさげだったか、1-10位まで書いてみよう的な感じです。

今年は本当に無駄遣いしまくった。ここに出ている分にはほとんどAmazonでの購入ですが、できもしない音楽系のものはAudio DeluxeJRR等の海外サイトや本家海外サイトも結構あった気がする。あまりの無駄遣いっぷりがもうどうしようもないです。自省するためにも、むしろきっちり何を買ったかを書くべきなんですよ。反省してまぁす。



10位
ANKER Astro M3

モバイルバッテリーです。13000mAhと、現在使用しているスマホのSH-01Dなら6回位充電できるのでかなりの大容量。その分でかい。重い。サンヨーのモバイルブースター2個分以上。だがその圧倒的大容量はなかなか素敵。そして安い! 東日本大震災以降、電池とかの予備はどうしても常に考えざるを得なくなってしまったので精神的にも安心。おまけにLEDライトが付いているのですが、これが地味に役に立つ。満充電からなら20日くらい点灯させられる計算になります。実際20つけっぱなしなんてないけど、いつまでも尽きない安心感が何よりですよ。



9位
センチュリー 裸族のお立ち台 USB3.0 CROSU3

思ったより便利。満杯になった録画機のHDDを録画機側で整理したりスマートレンダリングするのはだるい、かと言ってTB単位のファイルをコピーするのはだるい。それもLAN越し。それならHDD交換した方が早くて楽ってもんで。満タンになったHDDをまた見る際も装着が楽。そこまで使用頻度は高くないけど便利なのは確か。



8位
白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600
と各種コンデンサー

数千円で車のエアコンが直せたので万々歳ですよ。これが無かったら車中で凍死していた。実用品の点ではダントツだった。まぁ直っちまえば言うことも特に無いがな! あ、こては使いやすかったです。温度調整できるし、こて先の温度が上がるのが超はやい。手持ちの精密機器用を謳っている23Wのものではかなり辛かった。特にはんだ吸い取り作業。



7位
WESTERN DIGITAL WD60EFRX

SATA接続の6TB HDD。数字的に8TBだったらキリが良かったのになぁ、と思いつつもそれは時間が解決してくれるであろう。しかし6TBだとかなり余裕感。録画機に2台付けているので半年くらいは放置してもいけるはず。やはりでHDD容量かけりゃでかいほどいいな!



6位
SONY MDR-CD900ST

正直、音のことは分からん。どんなヘッドホンがいいのかも知らん。しかし、製造されて30年も現役で使われて続けているんだからきっと間違いないであろう、と。リファレンスはこれ、って感じらしいので盲目的に買ってみたのですが、きっと素晴らしいに違いない。うん。やっぱり素人的には絶対の信頼を寄せられるものって重要なんですよ。



5位
クリプトン・フューチャー・メディア 初音ミク V3 バンドル

ゲームから入ったからにはVOCALOIDライブラリはミクさんだろうと買ったのでした。そしたらCubase LE 7が貰えますキャンペーンが終わったっぽいのに普通に貰えて、そこからキャンペーン中だった最上位版Cubaseにアップグレードしたんだった。今思えばCubase8へ誘うためのものだったような気がしないけど、損してるわけじゃないのでそれも良し。

別にボカロPになりたい的なことではないのですが、リア充じゃなくても個人で歌付きの曲が作れるんだから凄い時代になったもんだなぁと思います。とにかく歌がないと普通の人にはあまり興味持ってくれませんからね。問題はミクさんに歌ってもらう曲がさっぱり作れないのでさっぱり遊んで貰えないことです。曲ができてもミクさんの調声してる時間ってかなり少ないし。あ、購入するならAmazonより他やDL販売の方がいいような気がします。



4位
KORG microKEY-37

小さめのMIDIキーボード。バンドルソフトが素晴らしい。おかげでUVIのDigital SynsationsとかKORG M1 LeとかApplied Acoustics Systemsとかいただけた。そのうえ、KORG Legacy Collectionに5000円弱でアップデートできた。まぁ、mkcroKEY-61ならまるっとLegacy Collectionフル版が付いてくるのですが、そうなるとキーボードが邪魔という。ってか、Legacy Collectionいいですね。WAVE STATIONは実用的な音色が山ほど入ってるし。MS-20がなにげに今でも通用しそう。ただ、キーボードとしてはあまり使っていない。足元にあるのでちょろっと使いたい時くらいで普段はAxiom AIR 49がメイン。



3位
藤巻メソッドシリーズ

数ヶ月前まで中学教科書レベルも危うい音楽知識だったこの俺様ちゃんが、少なくとも簡単な曲らしきものなら作れなくはなくもない可能性が無きにしもあらず、なところまで来たような来ないような程度にはなったようなならないような感じなので、きっと素晴らしい本に違いない。特に「聴くだけ楽典入門」は圧倒的によさげ。楽典って言われると楽譜の読み方とかそういうの?って感じがするけど、そういうのもあるけどおまけ程度(語弊はありそうだけど)でもっと使えることがメインです。他に聴くだけ音感入門は音楽に対する考え方が変わったかもしれない。コード作曲法、編曲法もかなり実践的。多分、純粋に学問としての音楽を、DTMを前提にしている本な為、実践的に感じる気がする。

藤巻メソッドの何がいいって、本の内容を藤巻先生が音声で読んでいる+おまけ話があるため、むしろ音声データのほうが本体みたいな感じで、本は授業中の教科書とか資料集とかそういう感じです。そして音声データは再生してしまえばプレイヤーの停止を押さない限り嫌でも本の内容が耳に入ってくるのですよ。気分が乗らない日もあるわけで、そんな受け身でもとにかく内容が進んでいく。内容が理解できるかどうかはまた別だけど、いいんですよ。本気で読み聞きしてても分からない事は山ほどあるからな! ループしている間にいつかそれなりに理解できるようになればいいな、と思ってます。そのくらいにしておかないと理解が追いつかないんだよ!



2位
Steinberg Cubase

最初はこれどうしたらいいんだ、と思っていたのですが、そこそこ慣れてきたかな感。アップグレードキャンペーンで勢いで買ってはみたものの、正直後悔していた。絶対元取れるほど使えないだろうし、すぐ飽きるかもしれないし、って感じで。まだ懲りずに遊んでます。コードもおぼつかなかった素人的にはとても使い勝手のいいDAWだと思います。コードトラックが便利すぎて。単にメモにも使えるし。まぁ他のDAWは少しだけStudio Oneを使っただけですが。

現在Cubase Pro 8を使用しておりますが、F3押してミキサーを開くと時折落ちます。多分バグだと思いますが、使用頻度の多いキーなので辛い。あと一部、というか、AASのVST(KORG microKEYのバンドルのStrum Acoustic Session等)をロードすると高確率で落ちる。なんでしょか。トータルで正直、7.5の方が安定していたような気がしないでもないけど、バージョンアップで安定してくれればいいな。



1位
Project DIVA F 2nd / mirai2

PS VITAと3DSのミクさんのゲーム。リズムゲームは初めて遊ぶものだから全く勝手が分からなかったけど、クリアだけなら多少はできるくらいには成長したようなしないような。少なくとも聞いたことのない曲のEXTREME☆9でも初見で最後までいけるようになったのだから! あ、クリアじゃないよ!

なんというか、全てはこいつらが悪い! いや良いのか! このゲームのおかげでまた音楽で遊んでみたいなと思った次第です。そして音楽方面へ湯水のごとく金を使うことになったという。おそらく既に30万くらいは使った気がする。うんこみたいなドシロウトが。まさに緑の悪魔。これならミクさんグッズとかフィギュアでも買ってたほうがまだ安く済んでたよ! でも良し!



とにかく音楽系多めだった。素人が図々しくも。特に今年前半はこれといって何か買ったわけでもなく、後半は音楽関連の無駄遣いしかしてない気がする。思ったのは、Roland D-10とYAMAHA QX5FDで何となく大雑把にしか読めない譜面打ち込みだけで遊んでいた頃と違い、今や音楽制作自体全てがコンピューター上で行うことも珍しくないようで、シンセサイザーもシーケンサーもサンプラーも主流はソフトウェアになっていて隔世の感ですよ。シンセにしても今でもフラッグシップ機は相変わらず30万位するようですが、90年前後主流だったデジタルシンセはいまいち流行っている風でもなく、むしろ80年以前のようなアナログシンセこそ至高みたいな雰囲気を感じます。また、音を作る機材というよりはプレイヤー用の機材という感じで、音源としてはソフトウェア、それも少し高いものでも数万程度と買いやすくなっていた分、つい小銭を使いまくることに。分不相応にな! さらにまだ欲しいのたくさんあるけどな!

そして何より恐ろしいと感じたのは、最初から最後まで個人である程度のレベルの音が作れること。何となく各トラックの音量バランスが合っててそれが聞き苦しくない程度にミックスされていれば、あとは聞く人が音量上げ下げすりゃいいじゃんって世界だと思っていたら、ミキシングからマスタリングまで個人でやれる時代になっていたとは。というか、やらざるを得ないというか。覚えることがあまりに多すぎて、遊びで手を出してみたらとんでもない沼に足を突っ込んでいた気分です。

しかしこれで「趣味は?」と聞かれても堂々と音楽です! と答えられる。今まではパソコンです、とかそんくらいだったからなぁ。パソコンで何する、となると自分でも「あれ何してんだろう」って思うのに。そして自作PCも趣味だから、パソコンを作る、っていうと大げさに受け取られる。すると説明がめんどーくさい。その点、音楽、と答えられることの何と快適なことか。まさに一般的で無難な趣味。しかも作る方って言えると何か頭よさげじゃん!

今の自分にとって音楽は始めたばかりのブームみたいなもんで、今はまだ面白がって遊んでいますが、今後落ち着いてくると思います。それでもだらだらと長年続けられる趣味になればいいなぁ、と思っています。



特別賞
VSDS-X VSTi
Simmonsの電子ドラムSDS-V(系)のエミュレーター音源。サンプリング音源はきっと数あれど、エミュレートして実機のように音自体が作り出せる音源としては唯一らしい? シェアウェアで15ユーロから。Simmonsの電子ドラムの音が大好きだったので超素晴らしいですよ。正直、1990年頃には既におもしろ音な、むしろダサい音のポジションにあったと思うのですが、個人的には今でも純粋にかっちょいい音だと思っています。いつか復権すると信じてる! この間WOWOWで見た電気グルーヴの25周年ライブでもSDS-V的な音をアドリブで結構使ってたし! 電子パーカッション?はRolandのだったけど。

日本からの購入だとPayPalの都合により、一旦作者にメールを出す必要があるため、少し面倒ではありますが、Simmonsの電子ドラムや85年前後の曲が好きな人ならきっと満足すると思います。

C-C-Bのドラム音源を買ったの巻
でもう少し詳しく書いてます。



継続賞
ピザシティーズの冷凍ピザ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/pizza-cities/
去年の1位だった素晴らしいピザですよ。まだ買ってるよ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tara765.blog107.fc2.com/tb.php/1548-f56c29af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード