Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter使ってて思うことの巻

何か色々文句言ったことがあるような気がするけど、ぼちぼち使い出したTwitterですが、いまだに何言っていいやらという感じはするし、全く分からない風習や馴染めないこともちょいちょいあったりはします。

いくら短文縛りとは言え、過去のログから文章の前後を見ても何を対象にした発言なのか分からないのは、ちょっとなんだろう、という感じがする。恐らく、自分がフォローしている何らかのツイートに対するレスポンスなのだろうが、リツイートではない為、本人以外は意味をなさないことが多い。とはいえ、記録として見ることを一切排除すれば、或いは今の状態に対するレスポンス以外どうでもいいならそれでいいのか。

語尾の「奴」。「○○終わり奴www」といった感じで見かけるものの、本来の文法、用法からは読み方すらわからない。やつ、なのか、ど、なのかはたまた別なのか。また、奴という語から対象は第三者のようで基本的には自分が対象っぽい雰囲気。「語尾 奴」でぐぐってもノイズが多くてわからん。最大の疑問は終止形ではなく連用形に奴を付けるっぽいこと。なぜだろう。用法的に同じと思われる、語尾に「マン」を付ける風習も見かけるが、これの同類と見るべきなのだろうか。そして使っている人はそこら辺を理解して使っているのだろうか。雰囲気で使っているだけなのだろうか。

無言フォーローが失礼であるような風習。これは多分多数派ではなく一部の人なのだと思うけど、無言フォローが失礼だと考える風習があるようだ。フォロー時に一言言えるようなシステムであるならそれも理解できるものの、むしろいちいち何か喋ってフォローってのはむしろ相手に返答という面倒やフォローバック等のようなレスポンスを半分強制しているようにも感じる。よって礼儀正しいようで、実は図々しいな、と思ったりする。

お気に入り。未だに利用方法がわからん。基本的には簡易ブックマーク代わりなのかな、と思ったりしたけど、分類できないようなので数が増えると使い物にならないような。解除できるところにポイントがあるかと思ったりするけど、いちいち外したりするのも手間なのでそういう目的でもなさそう。となると、自分用というよりは相手に対するアピール目的がメインなのかな。

フォロワーの数。多くなるとノイズ増えすぎじゃないんだろうか。特にBOT機能で何の役にも立たない文言を垂れ流している人が何人もいたら邪魔くさいったらありゃしなそう。きっと専用クライアントを使えば流れる情報を制御したりフィルタリングなりなんなりできそうな気はするんだけど。

xx回ツイートしました、xx回リツイートされました的なBOT機能か何かを使っている人がいるけど、本人以外は何の役にも立たない情報を他人に見せる行為、あれは何をアピールしたいんだろうか。謎である。一時間ごとによくわからん挨拶的な定型文を流すBOT的機能も謎だけど。それが宣伝ならまだ理解できる。

あとお前ら若いな! まじで! 精神的にじゃなく推測する実年齢で! まぁ考えてみれば音楽に興味持つのって中学生だよなぁ。特に中二。これぞ由緒正しき本来の意味での中二病。俺様ちゃんがシンセ買ったのは高一だったけど。しかも田舎だから本屋もなくて音楽本の立ち読みもできないし、街にいっても高くて買う気にならないし、ってこれはそこまで情熱を持ってなかったということだけど、付属のマニュアルと中学高校の音楽の教科書が音楽知識の全てだった。D-10のマニュアルは音の概念から入ってわりと丁寧に書かれていた記憶があるけど、理解が追いつけていないところは多々あった。

当時、Roland D-10(中古59800円)とYAMAHA QX5FD(知人3000円)を使用し、後述の「シ」のせいでわけわからなくなりつつ譜面見ながら、ほぼ雰囲気で打ち込みして遊んでた時は当然スケールやコードの概念を全く知らなかったなぁ。なんでC、Dm、Em、F、G、Am、Bdimとかmあったりなかったりってかmってなんだよ鍵盤の同じ並びなのに法則性わかんね、dimとかどっから湧いて出てきた何者だよ、と思ってました。

そのうえスケールを指してCという場合とキーを指してCという場合があること自体を知らず、完全に混乱し、何がなんだか分かりませんでした。そもそもスケールの概念を知らなかったと思います。今なら分からないことがあればGoogle神が即先生を教えてくれるのでいい時代になったと思います。若い頃からネット端末とインターネットがあるというだけでも羨ましです。むしろ妬ましいです。はい。

ついでなので。

高校の音楽の授業の時、調号の一番右の#があるラインがシだ、といわれたのがずっとわけわからなかった。今ならそれは移動ドの読み方であり、右の#が導音シになるからその一つ上の音が主音のドとなる、と理解できるのですが、当時はそんな説明があったかないかもはや定かではないのですが、ここがシ、という感じで教わったのでナニソレとしか思っていませんでした。筆記テストではそういうもんなんだろうとシドレミ…とか五線譜を数えれば答えは分かるものの、理屈が分からないままだったので全く身につかなかったなぁ、というのを思い出したので書いてみた。でもずっと覚えていて気になっていて、最近になりやっと何のことか理解できた瞬間、全てが一気に分かり嬉しかったというのはあるからいいことにする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tara765.blog107.fc2.com/tb.php/1554-c406d4a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

TaRaRiRa

Author:TaRaRiRa
精神的に向上心のない者は馬鹿だ
あ、はい、すみません
現在のPC環境

主に音楽用Twitter

 

検索フォーム

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。